【自炊男子】一人暮らしの自炊を長続きさせるための簡単なコツ

一人暮らしの食費を節約するためには、やはり自炊生活を始めることです。仕事が遅くなったときなどには、つい外食が多くなったり、コンビニのお弁当を買ってくるという生活スタイルの方も多いと思います。
しかし、自炊を積極的にすることによって、かなりの費用を節約することができます。
「でも自炊を続ける自信がない…」と感じている方も少なくないと思いいます。
そこで、初めての自炊でも長続きさせるための簡単なコツをご紹介します。
無理をしすぎるのは挫折の原因になってしまいます。自分のできることから始めてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

傘、壊れた?閉じれない傘に焦った時の対処法と修理方法

傘が壊れた?電車に乗ろうとして傘が閉じれないと、本当に焦りますよね?空いている電車内で傘を広...

値上げ告知用文書の書き方や注意点について解説【飲食店編】

物価や食材の値上げは一般家庭にとっても痛いものですが、飲食店となると客離れの可能性もあるため、文書を...

バーベキューコンロの掃除を簡単にしたい方必見のテクニック

楽しいバーベキューの後に待っているのが、バーベキューコンロの掃除や後片付けです。バーベキューコン...

眼鏡を初めて作るときには眼科へ。眼鏡はあくまでも医療器具です

 眼鏡を初めて作るときには眼科を受診しましょう。 眼鏡の販売店でも、視力検査を行っていただけ...

コンビニで商品の入れ忘れをされないためにできる予防対策

コンビニで商品の入れ忘れをされた経験はありませんか?楽しみにしていたデザートなど食べようとしたら入っ...

専業主婦とニートの違いって?大きく定義が違います!

専業主婦への風当たりが強い世の中ですが、ニートと並べられるのは、ちょっと違うと思います。職に...

カエルは縁起が良いといわれる理由!カエルで幸運に遭遇しよう

カエルと聞くと気持ち悪いと思ってしまう女性は多いのではないでしょうか。ある雨の日にカエルを遭遇し...

ミルクの温度の確かめ方!赤ちゃんのミルクを最適温度にする方法

いつもはママが赤ちゃんのミルクを作っていても、いざ自分が作るとなると温度の確かめ方がいまいちよくわか...

主婦とニートの違いについて。主婦はニートではありません

主婦はニートと一緒だ!こんなふうに言われてしまいますが、違いは歴然。違いはたくさんありますが...

受験の不安で毎日泣きそうなあなたへのアドバイス

高校や大学への進学を考えているのなら、避けて通れないのが受験です。学校や塾から「大丈夫」と太鼓判...

タッパー弁当の仕切りのアイテム。定番からおしゃれアイテムまで

毎日のお弁当作りは大変ですね。お弁当箱にはどんなタイプの物を使っていますか?色々な素材や形の...

窓の断熱効果を上げるDIYの二重窓を作る方法!冷気を防ぐ内窓

寒い季節になると窓からの冷気が気になったり、結露が気になります。窓際に行くとひんやりとした空気が漂い...

白点病治療のために鷹の爪を使用する期間と注意点について解説

金魚などがなりやすい病気の一つである「白点病」。その代表的な治療方法は塩浴ですが、鷹の爪を使った治療...

検索の方法。意外と知らない検索方法とそのコツについて

検索の方法って30パターン位あるのをご存知ですか?知りたいことを知るのに便利なインターネット...

車のシートを自分で洗浄する方法!気になる汚れと臭いを除去

小さなお子様がいると車のシートも汚れがちです。お菓子のカスやジュースのシミ、靴の泥汚れが付いてしまう...

スポンサーリンク

一人暮らしで自炊をするために必要なアイテム

一人暮らしでしっかり自炊をしようと思ったら、ある程度の調理グッズが必要です。

鍋、スライパン、包丁、まな板は最低限揃えましょう。

一人暮らし物件のキッチンはスペースが限られているので、最初から沢山の鍋やフライパンは不要です。鍋もフライパンも中くらいのサイズ1個か大小1個ずつあれば良いでしょう。

取っ手が取れて重ねられるタイプなら省スペースで収納に困りませんし、作った後鍋ごと冷蔵庫にしまいやすいです。

他に、100均でおたま、フライ返し、菜箸、計量カップ、計量スプーン、ザルとボウルを1セット買っておくのがお勧めです。包丁やまな板も100均で販売されています。

これから自炊を始める場合は、自炊が続くかどうかが分からないので、まずは100均で揃えて、自炊にハマればこだわりの調理グッズを探してみると良いでしょう。

一人暮らしの自炊を簡単にする電子レンジ調理

自分ひとりのために食事を作るのは結構面倒くさい物です。調理工程の多い料理を作るのが面倒でいつも決まったものばかりで飽きてしまったり、料理をするのは良いけど後片付けが面倒で自炊が続かない人も多いです。

一人暮らしで自炊を続けるためには、手軽さや簡単さがキーワードになります。

そこでお勧めしたいのが、電子レンジで調理をする方法です。

電子レンジはお弁当や冷えた料理を温めるのに使いますが、調理にも使えます。

電子レンジ調理は、一人暮らしの自炊にぴったりな、時短、簡単、工程や洗い物が少ないというキーワードが詰まっています。

切った野菜を加熱するだけで短時間で温野菜を作ることが出来ます。

耐熱皿を使えば加熱に使った容器のまま食卓に出せ、マヨネーズやドレッシングをかけるだけで野菜料理が一品完成します。

肉や野菜と調味料と合わせて加熱すれば電子レンジだけでおかずを作ることも可能です。

加熱中はある程度ほったらかしておけるので、時間を有効に使うことも可能です。

なお、調理の際は耐熱皿や耐熱ボウル、ラップを使いましょう。

一人暮らしの自炊生活を簡単にする便利な調理グッズ

電子レンジ調理が一人暮らしの自炊には簡単で手軽なのでお勧めですが、更にシリコンスチーマーや電子レンジ調理専用のジッパーバッグを使えば、電子レンジ調理の幅が広がります。

大きな鍋がなくてもパスタが茹でられる電子レンジ調理器や炊飯器が無くてもごはんが炊ける調理器、揚げ油不要で揚げ物が作れる調理器もあります。

他には、炊飯器や電気圧力鍋を使った調理法もあります。

普通にコンロで料理を作ると、調理中はそばを離れることが出来ませんが、電子レンジや炊飯器を使って調理することで、ある程度ほったらかし調理が可能になります。

キャベツの千切りが出来るピーラーを使ったりするのも良いでしょう。

ご飯はまとめて炊いて冷凍保存が簡単便利

一人暮らしでの調理を簡単にしたり、自炊で節約するときに欠かせないのは冷凍保存です。

ご飯を炊飯器で炊くときはまとめて炊いて、1食分ずつ冷凍しましょう。こまめに炊飯すると洗い物が多くなってしまうのと、電気代も高くなってしまいます。

冷凍したご飯は美味しくないイメージを持っている人もいると思いますが、ご飯を冷凍保存するときにはポイントがあります。まずは、熱いうちに冷凍保存容器に入れて蓋をするか、ラップで包んでしまいます。冷ましてから蓋をしたりラップで包む人がいますが、そうすると温め直した時にぱさぱさした食感になりやすくなります。

ご飯の蒸気を閉じ込めた状態で包めたら、アルミトレイの上に乗せたりアルミホイルで外側から包んで冷凍庫へ入れます。凍るまでの時間を出来るだけ短くするのも、解凍後に美味しく食べるポイントです。

また、容器に入れたりラップで包むときは、なるべく空気に触れる面を少なくしつつ、ぎゅうぎゅうに詰めないようにします。詰めすぎるとご飯粒がくっついて団子状になりやすくなります。

なお、解凍するときは自然解凍NGです。冷凍状態から電子レンジで一気に温めましょう。

料理を作るときも、多めに作って残りを冷凍保存袋などに入れて冷凍するのがお勧めです。温めて食べるだけの状態になっていれば1回分の調理をカットできるので、ご飯を作る気分になれない時にも役立ちます。

もちろん、調味料と合わせて加熱するだけの状態で冷凍するのもお勧めです。安売りの時に材料を買ってきて、まとめて下ごしらえして置けば、面倒な工程を省くことが出来ます。

自炊のために調理しやすい食材をストック

一人暮らしで自炊を簡単にするには、調理しやすい食材を揃えたり、調理しやすい状態に下ごしらえしておくのがお勧めです。

一人暮らしにお勧めの食材は、安定した低価格であるや保管期間が長めの物、冷凍保存できる物のいずれかに該当する食材です。

例えば、安定した低価格のもやし、比較的長期保存が可能な玉ねぎや白菜、冷凍保存が出来るブロッコリーや肉等。

もやしは足の速い食材ですが、安くて調理が簡単な食材です。水につけておくと多少日持ちしやすくなります。

多くの野菜は冷凍保存が可能です。下茹でして水気をきってから冷凍することで、必要な分ずつ使うことが出来、下ごしらえが済んでいるような物なので、調理工程を短縮することも可能です。

一人暮らしだと使い切れない事が多いネギも切ってからキッチンペーパーで多少水気を吸い取って、冷凍保存バッグに平らにして入れて冷凍するとくっつきにくく、冷凍出来ます。味噌汁や彩りなどに少量ずつ使えて便利です。