ホタテを焼くバーベキューでは下処理にポイントが。手順を紹介

バーベキューで焼く魚介といえば、定番のホタテ。是非殻付きのまま食べてみませんか。
殻付きのまま焼いたときに、必ずといっていいほど上の方の殻にホタテの身がくっついていることはあります。

そうならない為に、ホタテに下処理をしておきましょう。
この下処理をすることで、ホタテの汁や旨味を逃すことなくいただくことが出来ます。

ホタテをイタリアンにしたり、オシャレなバーベキューにしてみませんか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニジマスの塩焼きの美味しい焼き方!バーベキューでの調理のコツ

夏の楽しいアウトドアはキャンプにバーベキュー、自然を思いっきり満喫できます。川辺でキャンプを...

バーベキューの焼きおにぎりは下準備がポイント。崩れないコツ

肉や海鮮や野菜をたくさん焼きたいバーベキュー。もちろん焼きおにぎりも外せないメニューです。焼きお...

【シーバスの時期別釣り方】6月からの夏場の釣り方をご紹介

シーバス釣りは年中楽しむことができます。しかし時期によって釣り方を変える必要があります。そこ...

ホーローの食器はキャンプに向いてる?おすすめな点と注意点

ホーロー食器をキャンプで使用している風景を良く見かけます。洗い物などを考えると使い捨ての食器が良いよ...

キャンプ初心者の夕飯!時間短縮方法と夕食におすすめのメニュー

子供と一緒にキャンプを楽しみたいと考えているパパもいますよね。でも、キャンプに対する知識がないキャン...

BBQコンロを手作りする方法!割安な作り方と本格的な物まで

アウトドアを楽しむ上で外せないのがBBQです。外で食べる美味しいお肉は格別ですよね。アウトドア用...

スポンサーリンク

バーベキューの時にホタテを焼く場合は下処理が大事

バーベキューといえばお肉がメインになることも多いですが、ホタテなどの魚介類もおすすめです。
ホタテは刺身として食べられるほど新鮮なものでも、殻付きで売っています。

せっかく刺身で食べれるほどの鮮度ですから、焼き過ぎは避けたいですよね。
バーベキューでホタテを焼いた時に失敗談には、「貝の口が開かない」、「貝殻が外れない」、「砂が入っていた」、「ホタテの出汁が全部網の底に流れた」などなどたくさん耳にすることと思います。
実際私もこの中のいくつかは経験しました。

バーベキューでホタテを美味しく食べるなら必ず下処理を

  1. ホタテは網にのせる前に、一度開いて身を外しましょう。
  2. 外した身を貝殻に戻して、網で焼きます。
  3. 砂がついていたら、しっかりと洗い流してくださいね。
    少し手間ですが、こうすることでほとんどの失敗を防ぐことが出来ます。
    貝柱以外は苦手という方は、貝柱だけを殻に戻して焼けばOKです。
    苦手な部分は他の誰かの貝殻にのせてしまいましょう。
    ホタテと一緒にバターやアスパラなどをのせて焼くと、見た目も華やかになりますよ。

バーベキューで焼くホタテの下処理の詳しい手順を紹介

バーベキューでホタテを焼くなら、下処理するのが絶対におすすめです。

下処理に必要なのは果物ナイフや洋食用ナイフなど、細めのナイフです。
専用のナイフも売られていますから、気になる方は調べて見てくださいね。
とても使いやすいので、たくさん捌く時にはあると便利です。

ホタテ貝は同じ様な貝殻が2枚合わさっていますが、よく見ると片方は丸みを帯びて、もう一方は平らな形をしています。

バーベキューでホタテを焼く時の下準備の仕方について

  1. 平らな形の方を下にして持ちましょう。
    貝殻の隙間にナイフを入れて、平らな貝殻にそって貝柱を切り離します。
    貝殻と貝をつなげているのは貝柱なので、それを切ると貝殻が外れます。
    平らな形の貝殻を取り外しましょう。
  2. ウロと呼ばれる黒い部分は食べることが出来ないため、取り除きます。
  3. もう一方の貝殻を下にして持ち、貝柱を貝殻から切り離します。
  4. 丸みを帯びた貝殻に、ホタテを戻します。

バーベキューでホタテの串焼き。下処理や味付けについて

バーベキューでホタテを焼く時には、貝殻で焼くことが多いと思いますが、他の方法で食べることも出来ますよ。

殻のついていないホタテを串焼きで食べるのもオススメ

エビや玉ねぎ、ピーマンなども一緒に串に指すと、カラフルになるのでおすすめです。

シンプルに塩と胡椒だけでもとても美味しいのですが、少し手間をかけて下味をつけてみませんか?

オリーブオイルにすりおろしにんにく、酒、レモン汁、塩、胡椒を混ぜてマリネ液を作ります。

くし切りにした食材をマリネ液に入れて1時間ほど放置しましょう。
味がしみたら串に刺して、網の上で焼くだけです。

マリネ液は袋で作ると少量でも具材に絡ませることが出来ますし、後片付けも楽になります。

ホタテを殻ごと食べたい。ハーブソルト焼きのレシピ

バーベキューでホタテ貝を食べる時には、貝殻にホタテを焼くことが多いですよね。
お醤油を垂らしてだし汁ごと食べるホタテは格別です。

しかし、バーベキューが続いていたりするとたまには別の味で食べてみたい思うこともありますよね。
そんな時には、ハーブソルトがおすすめです。

下処理したホタテを貝殻に乗せて、焼きましょう。
途中でオリーブオイルを回しかけて、ハーブソルトを振ります。

いつもはお醤油で和風の味わいを楽しむことの多いホタテですが、オリーブオイルとハーブソルトで一気に洋風の味になりますよ。

他には、味噌とチーズを乗せて焼くのもおすすめです。
バーベキューの場合にはチーズに焦げ目をつけるのは無理ですが、アルミホイルやもう一方の貝殻で蓋をすると、とろりと溶かすことができますよ。

バター醤油やバターにんにくもおすすめです。

バーベキューでホタテのイタリアングリルでオシャレに

友達同士でバーベキューの時には、少しオシャレなメニューにしたいと思うこともありますよね。

お醤油で頂くホタテも、洋風にするとグッとオシャレになる

ホタテ貝は下処理しておきます。
貝殻にホタテをのせて、もう一方の殻で蓋をして焼き始めます。
ある程度火が通ったら、蓋の貝を外しましょう。
そこに白ワインとオリーブオイルを垂らして洋風グリルにしましょう。
塩と胡椒を振って完成です。

ミニトマトやレモンスライスを帆立貝と一緒に貝殻で焼いて、チャービルなどを添えれば、レストランにも負けないオシャレな一品になりますよ。

いろいろな食材で楽しむことが出来るのも、洋風グリルの良い点です。
オシャレな一品に仕上げたいなら、色鮮やかな野菜を添えると良いでしょう。
ミニトマトやレモンの他に、アスパラやパプリカなどもおすすめです。