ホーローの食器はキャンプに向いてる?おすすめな点と注意点

ホーロー食器をキャンプで使用している風景を良く見かけます。洗い物などを考えると使い捨ての食器が良いように感じますが、ホーローの食器がキャンプに使われるのには、どのような理由があるのでしょうか。

ホーローの食器がキャンプにおすすめな点、またホーロー食器を購入する際のポイントについても紹介をいたします。

もちろんどのような食器も一長一短です。注意しなければいけない点もあるので、そちらも良く考慮して、購入を考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【シーバスの時期別釣り方】6月からの夏場の釣り方をご紹介

シーバス釣りは年中楽しむことができます。しかし時期によって釣り方を変える必要があります。そこ...

キャンプ初心者の夕飯!時間短縮方法と夕食におすすめのメニュー

子供と一緒にキャンプを楽しみたいと考えているパパもいますよね。でも、キャンプに対する知識がないキャン...

バーベキューの焼きおにぎりは下準備がポイント。崩れないコツ

肉や海鮮や野菜をたくさん焼きたいバーベキュー。もちろん焼きおにぎりも外せないメニューです。焼きお...

ホタテを焼くバーベキューでは下処理にポイントが。手順を紹介

バーベキューで焼く魚介といえば、定番のホタテ。是非殻付きのまま食べてみませんか。殻付きのまま焼い...

ニジマスの塩焼きの美味しい焼き方!バーベキューでの調理のコツ

夏の楽しいアウトドアはキャンプにバーベキュー、自然を思いっきり満喫できます。川辺でキャンプを...

BBQコンロを手作りする方法!割安な作り方と本格的な物まで

アウトドアを楽しむ上で外せないのがBBQです。外で食べる美味しいお肉は格別ですよね。アウトドア用...

スポンサーリンク

ホーローの食器がキャンプにおすすめな点

「キャンプ」というと、一昔前は山や海で泊まる、どちらかというとワイルドな趣味といった傾向でしたが、ここ最近はオシャレな趣味の仲間入りを果たしたイメージがあります。
「キャンプ」がおしゃれな趣味にまで格上げされた裏には、キャンプ用品がオシャレになったことが上げられると思います。その中でも、食事に関するキャンプ用品は種類もデザインも増えて、一昔前とは全く変わってしまった様に思います。

キャンプ用品の食器はプラスチックの食器セットや、ステンレス製のものが多かったのですが、最近はホーロー食器でもキャンプ用のタイプを見かけます。
これから食器を揃えるなら、オシャレなホーロー食器がおすすめです。

ホーローのデザイン

なんだか少し懐かしさを感じさせるレトロなフォルムで、雰囲気のある食器ですよね。
また、デザインも豊富で性別問わず使いやすい食器です。

ホーロー食器をおすすめするのは見た目が良いからだけではありません。

ホーローの使いやすさ

「ホーロー」という名前は、鍋やフライパンの方がよく耳にする加工ではありませんか?
このことからもわかるように焦げつきにくく汚れにくいのが特徴で、さらに丈夫なこともあり、キャンプに向いている食器なのです。

また、ある程度の重さがあるので、紙皿やプラスチック皿のように飛ばされてしまう心配がほとんどいらない点も、実は意外とメリットです。

キャンプに使用するホーロー食器の選び方

キャンプ用の食器としてホーロー食器を選ぶ時には、ポイントがあります。

場所を取らない食器を選ぶこと

キャンプはとにかく荷物が多くなりがちです。

スタッキングタイプ

できるだけコンパクトにまとめるためには、食器などはスタッキング出来るタイプがおすすめです。

セットタイプ

また、一式揃える予定なら、セットになっているタイプを選ぶと良いでしょう。セットになっているものはまとまっているので単品で揃えるよりも安く済むことも多いです。
さらに、ケースもついている商品ならスッキリとまとめることが出来ますよ。

食器とセットになっているケースは意外と便利です。

我が家では、包丁やキッチンハサミ、竹串などそのままでは少し危険な調理器具や、栓抜きやコルク抜きなども一緒にケースにいれて持っていきます。

一式揃えるなら、ケース付きのセットが一番おすすめです。

ホーロー食器をキャンプで使う場合の注意点

キャンプ用でホーロー食器を選ぶ時には、「コンパクトにまとまること」はポイントになりますが、実はもっと重要な注意点もあります。

ホーロ-はステンレスや鉄などをガラスでコーティングして作られているので錆や汚れに強い素材です。
しかし、それはしっかりとコーティングされている状態の話です。

ホーローは丁寧に取り扱うこと

落としたりぶつけたりして、ガラスコーティングが剥げてしまうと、そこから錆びてしまったり、汚れが取れなくなってしまいます。

地面など柔らかい場所であれば無傷で済むかも知れませんが、アスファルトなどの固い場所に落としてしまうと、ガラスコーティングが欠けてしまう可能性が高くなるので注意してくださいね。

ホーローはフライパンに使われるほど熱伝導率がよい製品

熱湯や焼き立ての食材などを入れると、一気に熱くなります。

ホーローのマグカップなどは持ち手も熱くなることがあるので、火傷には十分注意してくださいね。

他の素材の食器と比べると重さもありますから、子供も一緒のキャンプの時にはプラスチック食器なども併せて用意するのがおすすめです。

おしゃれなホーロー食器は写真映えするのもポイント

ホーロー食器にはいくつか欠点もありますが、それを許容できるだけのメリットがあります。

ホーローの最たる魅力はその見た目

エナメルっぽくレトロなフォルムは自然と調和すると、とてもオシャレです。
特に山キャンプには、ぴったりでしょう。

女性とキャンプに行く時には、写真映えするオシャレなホーロー食器はとてもおすすめです。

最近のキャンプはバーベキューでお肉を焼くだけではありません。ダッチオーブンを始め、いろいろなアウトドア料理がありますよね。せっかくの手のこんだ料理も、紙皿では味気なくなってしまいますが、ホーロー食器ならとても美味しそうに仕上がるはずです。

また、ホーロー食器は熱伝導が良いので、中にチョコレートなどを放り込んで網にのせておけばチョコフォンデュを楽しむことも出来ますよ。
甘いものが恋しくなる頃に、ぜひ挑戦してみてくださいね。

ホーローの食器とプラスチックの食器を比べてみる

キャンプ用の食器セットの定番といえば、プラスチック製です。安価なのでとりあえず購入したという人も多いはずです。
プラスチック製の食器とホーロー食器は、それぞれのメリット・デメリットが異なります。

プラスチック製の食器

メリット

ケース付きのセットで購入しても安価な点です。
また、とても軽いので持ち運びに便利で、落としも割れることはほとんどなく、傷がついても使用が可能です。
熱いものを注いでもコップの持ち手が熱くなることは無く、火傷の心配も少ないです。

デメリット

ただし、汚れ落ちはそれほど良くなく、カレーなどの場合には着色してしまうこともあります。

ホーロー製の食器

メリット

一番のメリットはなんと言っても見た目の良さです。料理もワンランク上に見えるほど、引き立ててくれることでしょう。
ステンレスや鉄にガラスコーティングを施してあるので、汚れに強く強度もあります。カレーはもちろん、油汚れも落ちやすいので冷たい水で洗い物をするキャンプではとても後片付けをしやすい食器と言えるでしょう。

デメリット

ただし、ガラスコーティングが欠けてしまうとそのメリットは失われてしまい、錆びなどの原因にもなるので、取扱いには多少注意が必要になります。
また、熱伝導率が良いのでコップの持ち手が熱くなる可能性もあります。

この様にそれぞれにメリットがありますから、重要視するポイントにあわせて選びましょう。
また、どちらかだけではなく、コップはプラスチック製、皿はホーロー製と、使いやすいものを揃えるという方法もあります。