八丈島の海水浴はいつまで?海水浴に行くならこの月がおすすめ

八丈島の海水浴はいつからいつまでがシーズンなのでしょうか?子供と一緒に海水浴に行くのならライフセーバーさんがいる時期がいいですよね。

温かい八丈島は、気温さえ高ければ秋でも海水浴はできそうですが安全面を考えたらこの時期までにしておくといいでしょう。

八丈島のおすすめ観光シーズンや海で会える珍しい魚たち、おすすめな海水浴場を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャリーケースのステッカーが剥がれるのを防ぐコツや選び方

キャリーケースのステッカーが剥がれるとその部分が汚れてしまうことがあります。気がつくとステッカーが剥...

北欧旅行の持ち物を紹介。必需品からあると便利なアイテムまで

海外旅行の行き先で北欧も人気の旅行先です。そこで今回は北欧へ旅行に行く時の持ち物について紹介しま...

【高校生の卒業旅行】カップルは日帰り旅行を楽しむようにしよう

高校生にとって卒業旅行は楽しみで仕方ないという人が多いでしょう。中でもカップルにとっては、ゆっくり二...

ツーリングでは荷物の盗難対策もしっかり準備して楽しもう

ツーリング先では荷物の盗難について心配になることもあるでしょう。ツーリング先での荷物の盗難対...

高校の卒業旅行に行かない理由と行きたくないときの上手な断り方

高校の卒業旅行に行かないと断るのには勇気がいります。しかし、友達から旅行に誘われたけど、実際あまり乗...

スーツケースキャスターを自分で交換する方法!必要な部品と工具

スーツケースは遠方の旅行に欠かせないアイテムの一つです。しかし、使っているうちにキャスターの部分が壊...

海外旅行の持ち物リストを作成!男性が特別必要なものとは

海外旅行へ行くとなると、国内旅行とは違って忘れ物をしては行けない!と、持ち物の準備にも気合が入ります...

スポンサーリンク

八丈島の海水浴 安心して遊べるのはいつからいつまで

東京都にある離島・八丈島は人気の観光スポットですが行くならきれいな海で海水浴が出来る時期を狙いたいものです。

八丈島にある海水浴場が開くのは海開きの7月1日が多いようです。
そこからは8月いっぱいまでは基本的にライフセーバーさんの滞在している期間となるので安心して海で遊ぶことが出来ます。

9月に入るとライフセーバーさんの滞在期間ではなくなるため、安全面からは海に入るのをやめるようにしていくのが懸命です。

八丈島は本島に比べて海水の透明度が高くとてもきれいです。
海の魚を見たり、ダイビングをするにはとても向いている海です。

八丈島の海水浴はいつまで?9月以降はクラゲに注意

八丈島の海は四季の影響を受けるため、いろいろな条件で海の透明度や海水温が変化します。
季節によって見られる魚も違いますので1年を通してダイビングを楽しめます。

ですがその中でもダイビングのベストシーズンは5月と10月です。
その年の気候にもよりますが暑すぎず寒すぎずといった環境下でダイビングを楽しめるのはそのふたつの時期がおすすめです。

5月は特に海水の透明度が高く水温も20℃~25℃とあたたかいです。
さらにクマノミの産卵期間にも当たるため、運が良ければクマノミの産卵シーンに出会える可能性もあります。
ウミウシや季節の来遊魚がたくさん訪れる時期とも重なるため水中にはとても美しい景色が広がっています。

10月は海水の透明度は5月には劣りますが水温は5月の頃とあまり変わらず25℃前後です。見られるお魚は5月の頃から居る季節の来遊魚はもちろん、イソマグロやユウゼン玉などその時期にしか見られないお魚に出会える可能性があります。

通年見ることが出来るアオウミガメや、テングダイなども八丈島の海には泳いでいますのできれいな海の中の景色を見に行くには八丈島はぴったりです。

ですがきれいな海にも『クラゲ』は住んでいます。
水族館で見ればきれいなクラゲですが実際に海で出会ってしまうと刺されてしまうこともありますのでそういったときには対処が必要です。

楽しい海水浴がクラゲのおかげで苦い思い出になってしまうこともあります。早急な対処で大事に至らないように注意しましょう。

八丈島の海水浴シーズンは8月!いつまでが観光シーズンなの

海水浴のシーズンは先述したとおりですが島全体の観光シーズンはいつまでなのかということも気になりますよね。

八丈島の観光ベストシーズンは5月、7月、8月、11月がおすすめです。
特に5月と11月は気温が落ち着いており、暑すぎず寒すぎずといった環境で観光を楽しめます。
気温が20℃前後で雨も少ないため非常に旅行に向いているといえます。

海に入るのであれば7月や8月を狙いたいところですがスコールのような雨も降るため、一日に一回はそうした雨に降られることを想定しておきましょう。

南の島ではありますが都内よりも涼しい場所です。

四方が海に囲まれており気持ちのいい風が吹きますし、アスファルトの照り返しなどもあまりありません。
緑が多く木陰も多いため35℃などまで気温が上昇することもなく、スコールが打ち水のような作用をして涼しく過ごせる場所です。

紫外線は少々強めであるため、旅行で訪れる際にはサングラスや日焼け止めなどの対策と準備を行っておくといいと思います。

八丈島の海水浴で出会える仲間たち

八丈島では通年してアオウミガメやツバメウオ、ユウゼン、テングダイ、ナメモンガラ、レンテンヤッコ、トサヤッコなどを見ることが出来ます。

八丈島の海に生息している生き物は季節によって見られるものが違いますが、12月から6月までの間は、

  • ウミウシ
  • カエルアンコウ
  • ウチワザメ
  • ツマジロオコゼ
  • フリソデエビ

などが見られます。

4月になると季節遊来魚が訪れはじめ、キンチャクガニが顔を出し始めます。
5月にはクマノミの産卵期が始まり、6月に入るとフリソデエビの子供が現れ、その間は冷水塊になるとニタリやマダラエイを見ることも出来るときがあります。

8月に入るとイソマグロやヒレナガカンパチのシーズンに入りユウゼン玉なども見ることが出来ます。

このように一年を通していろいろな魚が泳ぐ八丈島の海は、季節によって同じ場所でも全く違った景色を見せてくれます。

夏にも行ったけれど冬にも、と行ってみると夏とは全く違った景色が水中に広がっていると思います。

八丈島の海水浴と温泉を紹介します

八丈島に行くなら海水浴場には必ず行きますよね。
海水浴をしたなら温泉にも浸かりたいです。
八丈島を楽しみ尽くすために海水浴場と温泉は知っておいて損はないですね。

八丈島の海水浴場

  • 底土海水浴場
    ファミリー向けで波が低い砂浜にある海水浴場です。
  • 横間海水浴場
    夕日が綺麗で良いロケーションで写真を撮ったり出来る海水浴場です。
    波は少々高めなので大人向けですね。
  • 垂土海水浴場
    波が少し高めでダイビングに向いている海水浴場です。
    たくさんお魚を見られます。
  • 乙千代ヶ浜海水浴場
    海水プールがありお子さんも安心して遊べる海水浴場です。
    少し波のある海ですが楽しく遊べると思います。

 

実は温泉地八丈島

海水浴で有名な八丈島ですが実は温泉もたくさんあります。
ですが八丈島は温泉宿ではなく温泉施設とお宿に別れている形態を取っている場所がほとんどです。
そのため利用する際は各温泉施設や町役場でお得な温泉一日周遊券を購入して温泉巡りも楽しみましょう。

湯巡りも海水浴も楽しめるとなると八丈島に行くだけでとてもリフレッシュできそうですね。
日頃の疲れを癒やしに八丈島に行ってみてはいかがでしょうか。