キャリーケースのステッカーが剥がれるのを防ぐコツや選び方

キャリーケースのステッカーが剥がれるとその部分が汚れてしまうことがあります。気がつくとステッカーが剥がれかけているなら、それは貼り方が良くないのかもしれません。

そこで、キャリーケースのステッカーが剥がれるのを防ぐコツについて、貼る場所を綺麗にすることやドライヤーを使った方法、旅行の前に貼っておくことやステッカー選びのポイント、キャリーケースの素材への注意などお伝えしていきましょう。

キャリーケースにステッカーを貼ることで自分の物だという目印にもなりますし、オリジナリティーもありオシャレですよね。
ぜひこちらを参考にして、剥がれにくいステッカーの貼り方を試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

北欧旅行の持ち物を紹介。必需品からあると便利なアイテムまで

海外旅行の行き先で北欧も人気の旅行先です。そこで今回は北欧へ旅行に行く時の持ち物について紹介しま...

スーツケースキャスターを自分で交換する方法!必要な部品と工具

スーツケースは遠方の旅行に欠かせないアイテムの一つです。しかし、使っているうちにキャスターの部分が壊...

八丈島の海水浴はいつまで?海水浴に行くならこの月がおすすめ

八丈島の海水浴はいつからいつまでがシーズンなのでしょうか?子供と一緒に海水浴に行くのならライフセーバ...

【高校生の卒業旅行】カップルは日帰り旅行を楽しむようにしよう

高校生にとって卒業旅行は楽しみで仕方ないという人が多いでしょう。中でもカップルにとっては、ゆっくり二...

高校の卒業旅行に行かない理由と行きたくないときの上手な断り方

高校の卒業旅行に行かないと断るのには勇気がいります。しかし、友達から旅行に誘われたけど、実際あまり乗...

ツーリングでは荷物の盗難対策もしっかり準備して楽しもう

ツーリング先では荷物の盗難について心配になることもあるでしょう。ツーリング先での荷物の盗難対...

海外旅行の持ち物リストを作成!男性が特別必要なものとは

海外旅行へ行くとなると、国内旅行とは違って忘れ物をしては行けない!と、持ち物の準備にも気合が入ります...

スポンサーリンク

キャリーケースに貼ったステッカーが剥がれるのを防ぐ方法

旅行の友であるキャリーケース。着替えなど必要な荷物を沢山入れているので絶対に紛失や盗難に合うのを避けたいものです。飛行機に預けると荷物を受け取るターンテーブルに出てきたときに同じようなキャリーケースがあると自分のものかどうか分からなくなってしまう場合があります。また、自分が間違えなくても自分と似たキャリーケースの所持者が間違って持っていってしまうかもしれません。

紛失事故を防ぐためにもキャリーケースにはステッカーを貼ることは大変有効です。

そして、どうせ貼るなら自分の好きなステッカーを貼りキャリーケースをお気に入りのアイテムに作り上げたいものです。
しかし、せっかく貼ったステッカーが飛行機に預けて出てきたときには無くなっている場合があります。恐らく他の荷物等に擦れた時に剥がれてしまったのでしょう。
それが旅行先で購入した思い出のステッカーの場合は大変なショックを受けます。
ステッカーは可能な限りしっかりと貼り付けて不幸な紛失を防がなければなりません。
そのためにはまず、貼る面を綺麗にすることが大事です。貼る面に油分やほこりが付いているとステッカーの粘着剤がしっかりとキャリーケースに密着しません。ステッカーとキャリーケースの間に何も余計なものがなくなるように油分が付いている場合は台所用の中性洗剤などで除去します。しっかりと水拭きしてしっかりと乾かしましょう。

ステッカーは温度によってキャリーケースから剥がれるのを防げる

粘着剤は温度が高いと緩んで物体にしっかりと密着します。そのため温度の低い場所で貼ると剥がれやすいのですが、温度の高い場所で貼ると剥がれづらくなります。

キャリーケースにステッカーを貼った後に軽くドライヤーの温風を当てて押さえるとしっかりとステッカーを密着させることができます。

ドライヤーの吹き出し口はかなり高温になります。温風を当てるときに近づけすぎてステッカーを溶かしたり焦がしてしまわないように気をつけましょう。キャリーケースの変質にも注意しましょう。手で触ることが出来ないほど熱くならないように「温める」程度に留めておきましょう。

キャリーケースのステッカーが剥がれるのが嫌なら気をつけること

ステッカーはシールです。子供の頃にシールを机や壁に貼った経験のある方は多いと思います。こういったシールは貼って直ぐのうちは剥がしやすいのですが、時間が経つと剥がすのが大変です。
私も小さい頃に机に貼ったシールを成長してから見るとかっこ悪いので剥がそうとしましたが、表面だけ取れても粘着剤や白い紙の部分が残って剥がすのに大変苦労しました。
そう、シールは貼って直ぐは剥がれやすいのですが、時間が経つほどに剥がれづらくなるものです。
キャリーケースに貼るステッカーは、旅行へ出発する直前に貼ってはいけません。前日、いえもっと可能な限り早くから貼っておくようにしましょう。

キャリーケースに貼るステッカー選びのポイント

世界にステッカーは無数にあります。その中では粘着剤の強いものもあれば弱いものもあります。粘着剤が弱いステッカーはどうやってもすぐに剥がれてしまいます。買って貼ってみて初めて分かる事なのでどうしようもありませんが、お店の人に聞いたりして情報が得られる場合もあります。お同じ種類のステッカーで柄違いを購入したい場合は、まずは一枚だけ購入して試してから他を購入しましょう。

また、形が複雑なステッカーはどうしても剥がれやすくなります。四角も角があるので丸よりは剥がれやすいでしょう。全体が丸くてシンプルな形のステッカーは剥がれづらいです。

キャリーケースの素材によって剥がれやすいものもあるので注意

ステッカーだけではなくキャリーケースの素材も重要です。

表面がエンボス加工のようにでこでこになっていたり溝があったりして平らでない場合はどうしてもステッカーは剥がれやすくなってしまいます。
また、2面が平らで湾曲している部分はまだ良いのですが、球面的に湾曲している場所もステッカーが密着しないので剥がれやすくなります。カーブをしている部分に貼る場合はアルミのような色をした厚みの薄いステッカーが良いでしょう。

ステッカーを貼る場所も重要です。

キャリーケースの中央が盛り上がっているものは中央部に貼ってしまうと台に置いたとき等に擦れるので、ステッカーは剥がれやすくなります。中央が盛り上がっているキャリーケースの場合は端の方に張りましょう。キャリーケースにバンドをする場合は中央に貼ってしまうと隠れて見えなくなるので、やはり端に貼ると良いでしょう。

キャリーケースは荷物受け取り所のターンテーブルに表面が上になって出てくるとは限りません。そんな場合のために裏側にもステッカーを貼っておくと確実な目印になります。

訪れた国の国旗のシールを貼る場合もあると思います。しかし、もし次に行く国が過去に訪れた国と敵対関係にある場合は思わぬトラブルの原因になってしまう可能性があります。

国旗のステッカー以外でも、訪れる国でタブーになってしまう可能性がないかよく調べてからステッカーを貼るようにしましょう。
一目で日本人と分かるステッカーも避けた方が安全でしょう。