髪の毛が細いのは生まれつきだが、それは将来薄毛に繋がるのか

髪の毛が細い人の中には、生まれつきの人と、後から細くなるタイプの人がいます。
その両者の違いにはどういったものがあるのでしょうか。
また、髪が細い人や、細くて柔らかい髪の人特有の悩みを解決する方法や、薄毛を予防するヘアケアの方法などについてもご紹介します。
これを参考に、ご自身の悩みを解決する糸口になればと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

足の柔軟。筋肉を伸ばすストレッチで得られる様々な効果

足の柔軟性を高めることは、運動のパフォーマンスを上げ、能力を高める効果を期待することができます。...

脳がリラックスしやすいのは音楽を聞いているとき?理由と聞き方

音楽には脳をリラックスさせる効果があると言われているのはどんな理由からなのでしょうか?脳が心...

背中で手を組むことができない!加齢による身体の後ろ側がひどい

背中で手を組むことができない!イタイ!イタすぎる!自分はいつからこんなにも固くなってしまった...

握力を鍛えるためのボールの使い方と種類について解説します

握力を鍛える場合、ハンドグリップやダンベルを使う方法を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、ボールを...

足の臭いが取れない時の対処法!足を清潔にして臭いを解消しよう

足の臭いが取れない事に頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。特に女性の場合は、靴を脱ぐ場面がや...

悪阻はいつから始まるか?結婚式の日取りの決め方について

悪阻はいつから始まるかわからないからこそ、結婚式の日取り決めは大切です。悪阻が始まるのはどのくらいか...

スポンサーリンク

生まれつき髪の毛が細い人は薄毛になりやすいのか

男女の共通する悩み、それは髪の毛が細いこと。
髪の毛が細いと将来薄毛になると心配している人は多いでしょう。

必ずしもそんなことはありません。
しかし、そうでない人に比べ「薄毛になりやすい」と言うことが言えます。

髪の毛が太い人と細い人の違い

張りやボリュームがある、健康な髪の毛に見えるんですね。
生まれつきで髪の毛が細い人は、髪の毛が太い人に比べ髪の張りやボリュームがないことから、そのような心配をしてしまいます。

なぜなら、髪の毛が細いことは頭皮になんらかのトラブルがある可能性があるからです。

健康な髪を生やすには髪の根元となる頭皮の環境を整えることも大切

健康的な頭皮で健康的な髪の毛を生やすためには、ケアで改善することができます。

しかし、髪の毛を「太くする」それは不可能ですので、日々のケアを心がけましょう。

生まれつき髪の毛が細い人は、こんなケアをしよう

生まれつき髪の毛は細い、そんな人の心配事は「将来薄毛にならないか」ですね。

遺伝と生まれつきは異なります

遺伝の場合には、将来薄毛になりやすい可能性は高くなりますが、生まれつきの場合には薄毛の可能性も遺伝よりは低くなります。

また髪の毛のケアによって抜け毛や切れ毛を少なくしたり、髪の毛に張りをだすことができます。

抜け毛や切れ毛は髪の毛のボリューム悩んでいる人にとっては重要ですよね。

一番良い方法としては髪の毛を太くするケアがあることなのですが、それは残念ながら医学的に解明されていない分野です。
細い髪の毛で悩んでいる人のために少しでも早く解明されることを願っています。

ボリュームが欠けないように日々髪の毛のケアをしっかりしていきましょう。

髪の毛のケア方法

  • 洗髪料の種類を頭皮や髪に優しい成分のものにする
  • 頭皮マッサージ
  • 髪の毛の洗い方
  • お風呂後の髪の毛のケア

生まれつき髪の毛が細い人にも実践してもらいたい、正しいシャンプー

シャンプーの仕方、人それぞれ自分流ではありませんか?

シャンプーの仕方にも正しい仕方があるんですよ。生まれつき髪の毛は細い人は正しいシャンプーの仕方を実践していきましょう。

髪の毛をいたわるシャンプーの方法

シャワーの温度

髪の毛問題には頭皮に負担を与えないということも大切です。
シャワーの温度が高すぎると頭皮が乾燥しやすく、頭皮の環境があまりよくありません。美容室でシャンプーする時、熱いと感じることはほとんどありまえんよね。

36~38度のぬるま湯でシャンプーをしていきましょう。

洗髪する前に髪をとかす

シャンプーをしている時にかかる頭皮の負担はけっこうなものです。

絡まった髪やスタイリングで固まった髪は、髪を洗う前にブラッシングしておきましょう。こすうることで洗髪時の抜け毛を最小限に留めることができます。

優しく洗髪

洗髪する時、頭を綺麗にしようという一心で爪を立てて痛いと感じるくらいゴシゴシ洗ってしまう方がいます。
これは言うまでもなくNGです。

指の腹で優しく円を描くように、これがシャンプーの仕方の基本です。
洗髪前にブラッシングしていることからスムーズに髪を洗うことができます。

健康的な頭皮のために、マッサージは有効です

髪の毛が細いことで悩んでいる人は頭皮のケアが大切です。
髪の毛の根本的な問題は髪の根本の頭皮が原因であるとも言えます。

頭皮が固い、乾燥している、荒れているなど何らかのトラブルを抱えているこのような悩みに繋がってしまうことがあります。

健康的な頭皮があってこそ、健康的な髪の毛が生える

これを忘れてはいけません。

  • お風呂時や朝晩など洗面所に立つついでに手の腹で優しく頭皮をマッサージしましょう。
  • 頭皮が固いと髪の毛トラブルが発生しやすいので、頭皮を柔らかくする
  • 頭皮が乾燥しやすい人は洗髪時のシャワーの温度を36~38度に。(熱いと乾燥しやすい)
  • 頭皮に塗るローションなどを活用する

など様々なケアやアイテムがあります。
自分にあった方法で頭皮改善に向けて動き始めましょう。

生まれつき髪の毛が細くて柔らかい人は、こんな対策をしてみよう

生まれつき髪の毛が細い人はボリュームを出すためにこんな対策があります。

髪が細い人の工夫

パーマ

髪の毛が細い人は特に髪の毛のトップのボリュームが欲しいですよね。部分的なパーマをかけてボリュームを出しましょう。

ウィッグ

部分的なウィッグがあります。値段や質によって見栄えが異なります。
自分にあった、より馴染むウィッグを探してみましょう。

ドライヤー

髪の毛にボリュームがあるように見せるにはドライヤーのかけ方も重要です。
髪の毛の表面側からではなく、表面の髪の毛を持ち上げて根本から乾かしていきましょう。

ワックス、スプレー

ワックスやスプレーはボリュームを出す効果がある一方、ボリュームを抑える効果もあります。

使い方を間違ってしまうと逆の効果がでてしまうので気をつけましょう。
ちなみに、髪の毛の量が多く太いのが悩みな私はボリュームおさえるためにこれらを使用しています。
私の旦那も元々髪の毛が細かったのですが30歳を超え、かなり気にしているようです。
部分パーマをかけてみたり、育毛剤の使用、洗髪料を変えたり、ドライヤーの仕方、ワックスなどを様々なことを駆使しながら努力をしています。

髪の毛は日々のケアですぐに改善されるものではない

日々の積み重ねが大切

そのためには金銭的な面や労力など負担も大きいです。

今はドライヤーやワックスなど金銭的な負担がならないようにしていますが、その仕方でもかなり見栄えが変わりますよ。
ボリュームを出すことで若々しく見えます。

あなたも自分にあったケアで頭皮環境や髪の見栄えを整えてみましょう。