生徒と教師の距離感は?正しい距離感で円滑な人間関係を築こう

今教師をされている新米の先生の中には、生徒と教師の正しい距離感についてよくわからない人もいるのではないでしょうか。

生徒と近くなりすぎても、遠くなりすぎても、円滑な人間関係を築くことが難しくなります。

ここでは、生徒と教師の正しい距離感についてお伝えします。生徒たちとどのようにコミュニケーションを取ればいいのか悩んでいる人は、これからご紹介する内容を参考に、どうやって人間関係を気づけば良いのか考えてみましょう。

生徒との距離を知ることで、お互いに学校生活を豊かなものにできるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

退職の挨拶状はいつ出す?タイミングや注意点について

退職が決まったら挨拶状はいつ出すのがマナーなのでしょうか。本来であれば会って挨拶をしたいところですが...

労基の監査が行われる理由とは?監査が入る目的とは

労基(労働基準監督署)の監査が入るのには理由があります。入念な調査を行い、確固たる証拠が集ま...

イベントで仕事を休むときに気を付けたい理由や事前の申請

イベントで仕事を休むときに、どんな理由で休みを取得したらいいのか悩むことはありませんか?例えば、...

トップダウンとボトムアップの心理学からみた経営手法と問題点

トップダウンとボトムアップ。この2つは心理学用語であり、能動的処理と情報処理という対極的なもので...

県庁や市役所へ民間から転職するメリットと勉強方法について

民間企業から県庁や市役所といった地方公務員へ転職したいと考える人が増えていると言われています。...

ネギ農家の収入はいくらあるのかみてみよう。休みや仕事の内容等

農家は大変な仕事というイメージがあると思いますが、実際はどうなのでしょう。ネギを作っているネ...

謝罪メールへの返信の返信は必要?謝罪の際のビジネスマナー解説

自分が仕事でミスをして謝罪メールを送った時、相手からの返信メールには返信したほうが良いのか悩むことも...

メーカーの営業が楽って本当?実際のところを知りたい

働く会社の中には、残業代なし、休みなしで馬車馬のように働かさせる、いわゆるブラック企業が存在します。...

財団法人に就職するメリット、転職希望者が多い理由とは

財団法人への就職を考えた場合、どのようなメリットがあるのかが気になるのではないでしょうか。財...

職場の人にラインをブロックされた?考えられる理由と確認方法

「もしかしたら、職場の人にラインをブロックされているかも」というお悩みを抱えている人もいますよね。ラ...

退職の意向は口頭で2週間前に伝えても有効!退職の知識を解説

今勤めている会社を退職したいと考えている人もいますよね。退職の意向は2週間前に伝えなくてはならないと...

日本は仕事量が多いと言われる。効率化を求めない日本人の働き方

日本は仕事量・労働時間が多い、長い。それは、労働基準法で定められている1週間の労働時間が諸外国と...

スポンサーリンク

生徒と教師の正しい距離感は?近すぎず・遠すぎずが理想

幼い頃から教師という仕事に憧れて、教員免許も取得し、やっと教師に晴れてなれた。実際先生になって見ると、生徒との距離感が難しいと感じる時期を通されます。

先生と生徒の年齢にあまり差がないと、余計に適切な距離感を保つのが難しくなって来ると思います。

年齢差があると、先生の存在感が重く、生徒との距離も思っている以上に遠い物になります。これが難しい所ですよね。年齢差がないと、先生との権威もあまり教室で出ないかも知れませんし、生徒と先生の関係も、先生というよりは、年上のお姉さん、お兄さんの様な、親近感が出過ぎになりがちです。

生徒との距離が近い事はそんなに悪い事ではありません。ですが、近すぎると、本当に叱らなくては行けない時に、舐められます。生徒も先生としての権威をあまり感じられなくなり、叱っても反省もしないし、授業中もうるさいままになります。

距離が遠すぎて、生徒から何も話して貰えないのも問題です。ですが、あまり距離感が近すぎて、あなたの先生としての権威が示されないのも問題です。きっと、教室内をコントロール出来なくなると思います。ある程度の距離を生徒と持つようにしましょう。

生徒と教師の距離感で最適な距離感について

教師として、生徒とどうやって適切な距離感を保って行くのか、特に教師になって間もない先生には、これが難しい問題になります。

やめた方が良いのは、笑いで生徒との距離感を縮める様、試みる事だと思います。教師としての権威が授業中に示されないですし、生徒からも舐められる行為だと思います。

教師として、生徒と仲良くなる事に必要以上に重点を置きすぎない方が、生徒との距離は保てると思います。「理解らない事があったら、いつでも質問して下さい」などの一言があれば、自然と生徒とのコミュニケーションも円滑になって来ます。

生徒との距離感を縮めようと焦らない事、力まない事がコツだと思います。関係は時間が経つに連れて、形成されて来ると思います。

生徒と教師の距離感が近すぎる場合と遠すぎる場合

一旦教師になると、必ずぶつかる問題に、生徒との距離感があります。

近すぎても教師と先生という関係よりは、友達の様な感覚になってしまうし、遠すぎて、生徒の問題を全く理解していないのも、何か問題が起こった時、周囲から批判を受けてしまいます。

あなたは教師です。相手が生徒とはいえ、深入りするのは、教師としての役目からは外れます。生徒からして見ても、あまり親しくなり過ぎると、あなたの存在が教師というよりお兄さんやお姉さんという存在になり、必要以上に悩み事を相談されます。

あなたの負担も増えて来ますし、本来あなたが教師としてすべき仕事以外の負担になります。そこは線を引いて、コミュニケーションをとって行くべきだと思います。

また、あなたの存在があまりにも遠すぎて、何も話す事が出来ないというのもそれはそれで、教師として指導する範囲が狭まります。特に教室内で何か問題があるのであれば、あなたが教師として把握し、対応をしなくてはいけません。

生徒との距離感が少し狭いかなと感じるのであれば、時々アンケートを取るなど工夫してはいかがですか?

距離感についての考え方・生徒を一人の人間として認めよう

生徒と中々距離感が近くならない事が悩みの教師の方。もしかしたら、「生徒だから」と生徒の事を少し軽蔑して見ているから、中々生徒の方が心を開いてくれないのかも知れません。

教師として生徒との距離が中々縮まらない原因が全て、生徒を一人の人として見ていないからという訳ではありません。ですが、自分よりかなり年下の生徒を目の前にして、「まだまだ人生経験が足りないな」など、何処か生徒を一人の生徒として認めていない部分があり、それが態度で出ているから中々距離が縮まらないのかも知れません。

人生経験がまだまだな生徒から学ぶことも沢山あります。生徒がやる事も別な角度からみたら、とても新鮮で、「こんな事をやりたいんだね」とあなたが学ばされる事もあります。

生徒も沢山のミスもします。でもそれはあなたも一緒。ミスをしない人間はこの世にはいません。年齢差はありますが、お互い不完全な人間と認めて、時間をかけて成長して行く事に目を向けていって下さい。生徒との距離感が変わると思います。

生徒と円滑な人間関係を築くために教師ができること

教師が生徒と適切な距離感を保つ為に必要な事、出来る事は、「え、そんなの私、僕では無理」と思う事ではありません。

基本的な事と言えば基本的な事にはなりますが、生徒からして見れば、笑顔で接してくれる事、えこひいきが無いこと、挨拶をしてくれる事など、教師としてどういった態度を一人一人の生徒に接してくれるのか、見ています。

教師も一人の人間ですから、自分が好む生徒も出てくると思います。でも、そこでえこひいきをしてしまったら、生徒から嫌われる、「あの先生は結局のあの生徒には特別な態度を見せるから」と自分から指導をしても従ってくれない原因を作ってしまいます。

教師からして見れば、自分が苦手とする生徒にも、なるべくちょっとしたコミュニケーションでも取るように心がけて下さい。なるべく全員と均等に接する事で、生徒からの信頼も得やすくなります。

中々難しい事ではありますが、試してみて下さい。

教師が生徒との適切な距離感を保つのに、どうするべきなのか、どんな点に注意したら良いのか、客観的にではありますが、ポイントを説明して来ました。参考にはなりましたか?これから生徒と適切な距離感を作り出す事が出来るよう、努力していって下さいね。