財団法人に就職するメリット、転職希望者が多い理由とは

財団法人への就職を考えた場合、どのようなメリットがあるのかが気になるのではないでしょうか。

財団法人に就職するメリットとは?一般企業と比べてどんなメリットを得られるのでしょうか。

人気が高い業種ですが、難点は求人募集が少ないことです。
求人募集が少なく転職希望者が多い業界なため、就職したい場合は常にリサーチしてアンテナをはる必要があるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ネギ農家の収入はいくらあるのかみてみよう。休みや仕事の内容等

農家は大変な仕事というイメージがあると思いますが、実際はどうなのでしょう。ネギを作っているネ...

謝罪メールへの返信の返信は必要?謝罪の際のビジネスマナー解説

自分が仕事でミスをして謝罪メールを送った時、相手からの返信メールには返信したほうが良いのか悩むことも...

日本は仕事量が多いと言われる。効率化を求めない日本人の働き方

日本は仕事量・労働時間が多い、長い。それは、労働基準法で定められている1週間の労働時間が諸外国と...

生徒と教師の距離感は?正しい距離感で円滑な人間関係を築こう

今教師をされている新米の先生の中には、生徒と教師の正しい距離感についてよくわからない人もいるのではな...

退職の意向は口頭で2週間前に伝えても有効!退職の知識を解説

今勤めている会社を退職したいと考えている人もいますよね。退職の意向は2週間前に伝えなくてはならないと...

東日本と西日本の電圧の違いとは?年数の古い家電は要注意

東日本から西日本へ引っ越す場合、電圧が変わるけれど家電はそのまま使えるのでしょうか?どこから...

トップダウンとボトムアップの心理学からみた経営手法と問題点

トップダウンとボトムアップ。この2つは心理学用語であり、能動的処理と情報処理という対極的なもので...

職場の人にラインをブロックされた?考えられる理由と確認方法

「もしかしたら、職場の人にラインをブロックされているかも」というお悩みを抱えている人もいますよね。ラ...

県庁や市役所へ民間から転職するメリットと勉強方法について

民間企業から県庁や市役所といった地方公務員へ転職したいと考える人が増えていると言われています。...

メーカーの営業が楽って本当?実際のところを知りたい

働く会社の中には、残業代なし、休みなしで馬車馬のように働かさせる、いわゆるブラック企業が存在します。...

電気スイッチの修理は業者へ!選ぶポイントやお得にする方法

電気のスイッチの修理は自分でも簡単にできるのではと思っていませんか?電気に関わることは危険が伴う場合...

イベントで仕事を休むときに気を付けたい理由や事前の申請

イベントで仕事を休むときに、どんな理由で休みを取得したらいいのか悩むことはありませんか?例えば、...

労基の監査が行われる理由とは?監査が入る目的とは

労基(労働基準監督署)の監査が入るのには理由があります。入念な調査を行い、確固たる証拠が集ま...

退職の挨拶状はいつ出す?タイミングや注意点について

退職が決まったら挨拶状はいつ出すのがマナーなのでしょうか。本来であれば会って挨拶をしたいところですが...

スポンサーリンク

財団法人に就職するメリットとは

財団法人とは「法人格を付与された団体」のことを言います。これまでは財団法人を設立するためには主務官庁の許可が必要でしたが、平成20年に改正され主務官庁の許可なしでも設立が認められるようになりました。
また、一定の財産があれば誰でも設立することができます。設立者が1名以上必要で、この他にも理事3名、監事1名、評議員3名のように専門知識を持つ人が何名か必要になってきます。

財団法人に勤めるメリットは様々な経験を得ること

学生の支援に関わる部署であれば、総務・広報・図書館などのような様々な分野の業務にも携わることができます。
また、待遇・収入面が安定しており、不景気や経営状況で減給されたり、倒産する心配もほとんどありません。一般企業よりも給与が高いとも言われています。

公共性や公益性が高いので、公務員でないのに社会に貢献できる事業に携われるのは、やりがいに繋がり、魅力のひとつではないでしょうか。

財団法人に就職するメリットの1つが良い意味での「ゆるさ」

民間の企業は利益を上げないと組織を継続して維持することはできませんが、団体法人は特に利潤を追求しなくても自動的に事業原始を調達できる部分があります。そのため競争意識などが薄く、穏やかな人が多いという印象を受けます。
実際に、民間企業から転職した人は「ゆるさ」を感じる人も多いようです。営利を追求しない点に対しては物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

成果をあげて評価されることにやりがいを感じる人には、団体職員は向かないとも言えます。仲間と協力して困難を乗り越えたり、そのことにやりがいや達成感を味わうことは少ないでしょう。
財団法人は非営利であることが多く、公益性の元に存在しなければならないというのがあります。一般企業のように利益の為に頑張るという必要はありません。

メリットもありそうな財団法人に再就職することは可能だがリサーチが必要

再就職先に財団法人を考えている人もいるかと思います。
財団法人は公益性が必要なので求人に費用は掛けられません。また、一般企業よりは空きが出ることが少ないため、実際にも求人は一般企業に比べて少ないと言えます。それでも全く求人がないわけではありませんので、地域の情報などにも敏感になっておくことは大切です。

財団法人は求人を出したくても出来ないというのが実際にはあるようです。
公益性のある団体は、会費を集めて運営費にあてるというのが収入の一部になっています。そのため会員数を減らすわけにもいかず、しかも30人ほどで構成されている団体がほとんどのため、公益性を考えると増員がなかなか難しいようです。

財団法人に転職するためのカギはリサーチ力

公共性が高い団体も多いので、採用活動も公共に公平にされることを重視する傾向にありますので、ハローワークで募集をする団体が多いのも特徴でもあります。財団法人のホームページでも求人情報を注意して見ておくことが大事です。

団体によっては高学歴や特別な資格を求めていることもあるので、募集要項はしっかりと確認することが必要です。

一般財団法人と一般企業の違い、就職する際の注意点

一般企業と財団法人の違いには、利益の分配があります。株式会社は出資者である株主が投資したお金を元に会社を設立して運営します。会社の利益が出ると株主に配当金という形で利益を分配します。

一方、財団法人は寄付された財産を運用します。運用益である金利などで運営しています。 利益を上げてもその利益を会員などに配分しません。
ただ、財団法人が利益を追求する活動をしても問題はありません。また、一般財団法人の非営利型については法人税が一部非課税になるといった優遇がされています。

財団法人は離職率が低いのもあり、求人自体が多くありません。また、利益を追わない団体のため、そもそもの求人自体が少ないのもあります。
求人を探す場合は、財団法人のホームページで採用情報をチェックするか、自分が住んでいる地域か団体の活動地域のハローワークで求人を探す方法があります。

財団法人は求人募集が少ないのに就職希望者が殺到する人気の業界

財団法人の中は新卒の採用しか行なっているところがあります。そのため、財団によっては募集が見つからないこともあります。

財団などの公益法人は、業務内容によって規模や管轄などが異なっています。その法人が行っている業務によって、中途で採用するのかどうかにも違いが出てきます。多くの財団法人は欠員が出たときに求人を行っているようです。

財団法人への転職を考えているのであれば、希望する財団のホームページをこまめに確認することです。医療関係であれば厚労省管轄の団体を調べるのもポイントです。求人自体が少ないため、情報は広くこまめにチェックしておかなければなりません。最近では転職エージェントや求人サイトへ募集を出すこともあるようです。

求人自体が少ないため、財団法人が募集を出したら応募者が殺到することも考えられます。書類選考もありますので、経験やスキルをアピールしておきましょう。