敬語が使えない若者との接し方とは?注意するべきしないべき

敬語が使えない若者と接するときには、どのように対応したらいいのでしょうか?

今更、敬語が使えないことを指摘したところで・・と諦めずになぜ敬語を使わないのか考えてみましょう。

こちらが思っているほど、相手は深く考えていないのかもしれません。また、そんな新人や後輩に注意をするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょう。敬語の使えない若者との接し方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

法事の香典で新札を使えるのか。覚えておきたい香典のマナー

法事や葬儀の場合の香典には、新札は避けた方が良いという話を聞いたことがあると思います。そこで、法...

花束の渡し方と向きにはマナーがある。タイミングや相場も紹介

退職や祝い事などで会社の上司や同僚に花束を渡す機会はあるでしょう。イベントでの花束を渡す役割...

元上司に香典を包む場合の金額の相場と金額に迷った時の考え方

元上司の不幸、あるいは元上司の身内の不幸の一報を聞いた場合、元上司という間柄なためいくら香典を包むべ...

結婚祝いの相場とは?孫に渡す金額とタイミングについて

孫に結婚祝いを渡すときにはどのくらいが相場となるのでしょうか?可愛い孫だから、できるだけ出してあげた...

男の爪の長さはどれくらいが最適?長さの基準と女が理想の男の爪

女性は意外と男性の爪を見ています。爪の長さが長い男性は、あまり清潔な印象を持たれないため、女性にモテ...

ラジオに出演することになった場合の話し方のコツを教えます

ラジオを聞いていると、パーソナリティーの話につい夢中になってしまいますよね。もしラジオに出演...

プレゼントの選び方!彼女への誕生日プレゼント【30代編】

30代の彼女の誕生日に、どんなものをプレゼントしようか悩んでいる男性もいるのではないでしょうか。...

趣味が釣りの場合履歴書に記入するのは有りか無しか。例文も紹介

あなたの趣味はなんですか?趣味を聞かれても特に趣味がないと困ってしまいますね。また趣味といっ...

プレゼントの選び方!彼女の誕生日プレゼントはコレ【20代編】

もうすぐ彼女のお誕生日があり、どんなものをプレゼントしようか考えている男性もいるのではないでしょうか...

【結婚式の持ち物リスト】男性ゲストが忘れずに持っていきたい物

結婚式に招待された時には、どんなものを持っていけばよいのでしょうか?特に遠方で行われる結婚式の場合に...

プレゼントに彼女へ時計を贈りたい!選び方のポイントやおすすめ

プレゼントとして彼女へ時計を贈りたいときは、どんな時計を選んだら喜ばれるのでしょうか?いつも身につけ...

結婚式二次会での服装【新郎の場合】ポイントやおすすめを紹介

結婚式二次会での服装について、新郎の場合、どんな服装をしたらいいのでしょうか?結婚式での衣装は決...

彼女へのプレゼントを腕時計にするなら?選び方のポイント

彼女の誕生日プレゼントとして、腕時計を贈ろうと考えている方も多いのではないでしょうか。腕時計とい...

ご祝儀は兄弟の場合はいつ渡す?ちょうどいいタイミングについて

兄弟が結婚式を挙げるときにはご祝儀をいつ渡すのが正解なのでしょうか?お祝いしたいという気持ちはあって...

賞状の受け取り方にはマナーがある?もしものために覚えておこう

卒業式で卒業証書を受け取った時、緊張していてどうやって受け取っていたのかよく覚えていないですよね。...

スポンサーリンク

敬語が使えないのはなぜ?若者が敬語を使わない理由

「敬語が使えないのはなぜ?」若者が敬語を使わない理由には、こんなものがあるそうです。

若者が敬語を使えないのは、相手の年齢が同じか年下だと思ったから

世間のなんとなくのルールで、「自分と同じ年だったり年下だったら、敬語を使わなくても良い」というのがあります。
ただそれは、学校や友達付き合いの中での話です。
会社などの社会に出た場合は、例え相手が同い年だろうが、年下でも、先輩や上司にあたるのであれば、敬語が基本です。
社会に出て大切なのは、年齢よりも立場だと言うことを伝えましょう。

堅苦しい職場が嫌だからと、敬語を使わない若者もいる

職場の中には、みんなフレンドリーで敬語も使わずあだ名で呼び合うようなところもあります。
それを自分の働くところでもしたくてして、敬語を使わないのが理由だという時もあります。
その行動を上司が良しとするのなら問題ありませんが、職場の雰囲気などがそうでは無いのなら、その会社のルールに従わせましょう。

敬語が使えないに若者には失敗させるといい

採用はしたものの、あまりにも敬語が使えないと会社側も「これでは外に出せない」と思い、完璧な敬語が使えるまで徹底的に教育したくなりますよね。
しかし、敬語が使えないに若者には失敗させるといい経験になりますよ。

といっても、これは先方にも失礼のないように、あらかじめ言っておく必要があります。
そうすれば、相手の会社の方も新入社員が上手く敬語を言えないことを大目に見てくれます。

ただ、失敗をした時に、お客様の前で怒鳴りつけたり、後で注意する時に長い時間グチグチと言わないようにしましょう。
慣れない敬語を言うのは、新人にとっても大変な事です。
それをいちいち目くじらを立てて叱ると、伸びる能力も伸びなくなってしまいます。
言葉使いを注意するのは程々にして、それよりも仕事の内容を覚えさせることに重きを置きましょう。

敬語を使えない若者のお手本になるように振る舞いましょう

「今の若者は態度も敬語もなっていない」なんていう先輩や、上司の方々からの声をよく聞きますよね。
しかし、口ではそう言いつつも、「あなたはどうなの?」と言われてしまうような態度と言葉遣いをする人も少なくありません。
上の立場にいる人こそ、敬語を使えない若者のお手本になるように振る舞いましょう。

仲の良い取引先の相手や、同い年や年下の上司にタメ口を使っていませんか?
また、相手が年下とわかりきっているとは言え、初対面や立場が上の人には敬語で話すようにしましょう。
「ビジネスでは敬語が基本だぞ」と言いながら、自分自身が敬語を使っていないのであれば、新しく入った人にも示しがつかず、あなたの言うことを聞いてくれないばかりか、自分の事を棚に上げる人間として軽蔑されてしまうかも知れません。

ただ、だからといって、今までタメ口を使っていた相手に突然敬語で話すように変えると、相手にも驚かれるので、無理に直す必要はありません。
これから出会う相手にはきちんと敬語を使うようにしましょう。

敬語の使えない若者に伝えるときの方法

敬語の使えない若者に敬語の必要性を伝えるときの方法をご紹介します。

まずはなぜ敬語が必要なのかを伝える

そもそも「なぜ仕事をする上で敬語が必要なのか」それを伝えるようにしましょう。
それには多くの理由がありますが、まず第一にあげられるのは、「相手を敬う気持ちを表すため」です。
相手を敬うから「敬語」という言葉が生まれ、使われてきました。
「堅苦しい」や、「言葉遣いが難しい」などの理由で使おうとしない人もいますが、それは言い換えれば、「相手を敬っていない」ということにも繋がるのです。
今まで使ってこなかった人からすると敬語は難しいですが、まずは「ですます調」から始めさせてみましょう。

敬語を使えないと下に見られる

フランクな雰囲気の上司や社長も、会議や大事な取引先の相手にはきちんと敬語を使います。
あまり敬語を使わないようでも、使い分けは出来るのです。
その姿が格好良く見えたからといって、それを若いうちからするのは感心しません。
若い社員が敬語をまともに使えないと「この人はまともに仕事が出来なさそうだな」と思われてしまいます。
なので、少しでも込み入った話をする時は、すぐに上司を通して話をされ、重要な仕事はほぼ任されることはありません。
最初の数年はそれでも問題ないかと思いますが、何年経っても、いつまでも新入社員と同じ扱いを受けるようになるという事を伝えましょう。

敬語が使えない若者には丁寧に説明しましょう

働く年齢になっても、基本的な敬語が身についていない人は、語彙力不足です。
敬語能力をいきなり100点にすることは無理でも、70点位は欲しいものです。
敬語が使えない若者に70点以上の敬語力を身に着けさせるためには、まずは丁寧に説明することが必要になります。

例えば、どこかの地方の方言を、別の土地に住んでいた人にいきなり覚えさせるのは困難です。
最初は戸惑い、イントネーションや独特の言い回しに困惑することでしょう。
敬語を話せない若者は、これと同じなのです。
今まで触れてこなかった言葉遣いに戸惑うと思いますので、丁寧に根気よく教えるようにしましょう。

方言に慣れなかった人も数年も経てば、地元の人と変わりない方言で話すことが出来るようになりますので、新人の人が敬語を話せないとしても、すぐに見限ったりせずに修正していくようにしましょう。