開店祝いの花はいつまで?送り主として気をつけたいマナー

友人がお店を開くと聞くと、開店祝いとして花をプレゼントしたいと考える人も多いでしょう。

しかし、初めて花を送る人にとっては「いつまでに送ればいいのか」疑問に感じるのではないでしょうか。

そこで今回は、開店祝いに花を送る場合のマナーについて詳しく説明します。基本的なマナーから開店日に間に合わなかった場合についてもしっかりと理解しましょう。

また、開店祝いにおすすめの花の種類や予算についてもご紹介します。参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ラジオに出演することになった場合の話し方のコツを教えます

ラジオを聞いていると、パーソナリティーの話につい夢中になってしまいますよね。もしラジオに出演...

披露宴の挨拶で上司が主賓の挨拶をする時の文章構成とマナー

部下の結婚披露宴で主賓の挨拶を頼まれた場合、上司としてしっかりと挨拶を行い、結婚式に花を添えたいと考...

花束の渡し方と向きにはマナーがある。タイミングや相場も紹介

退職や祝い事などで会社の上司や同僚に花束を渡す機会はあるでしょう。イベントでの花束を渡す役割...

女性がスーツのボタン開けるのはマナー違反!女性のスーツマナー

スーツのボタンを開けている男性を見かけることはありますが、女性のスーツも男性のようにボタン開けること...

プレゼントに彼女へ時計を贈りたい!選び方のポイントやおすすめ

プレゼントとして彼女へ時計を贈りたいときは、どんな時計を選んだら喜ばれるのでしょうか?いつも身につけ...

法事の香典で新札を使えるのか。覚えておきたい香典のマナー

法事や葬儀の場合の香典には、新札は避けた方が良いという話を聞いたことがあると思います。そこで、法...

賞状の受け取り方にはマナーがある?もしものために覚えておこう

卒業式で卒業証書を受け取った時、緊張していてどうやって受け取っていたのかよく覚えていないですよね。...

男性上司の送別会で贈るプレゼント【40代】相場と選び方を解説

今までお世話になった40代の男性上司が転勤でいなくなることになったら、今までお世話になったことへの感...

日本では当たり前のマナーを海外から見ると。マナーの違い

日本では当たり前のことが海外の人から見ると不思議だったり、逆に海外に行って日本では普通のことがマナー...

指輪の測り方はこっそり!サプライズに指輪を贈るコツと注意点

指輪のサイズの測り方にはこっそりサイズを測る方法もあります。彼女へサプライズで指輪をプレゼントし...

教師の彼氏への誕生日プレゼント!男性教師が喜ぶアイテムを紹介

教師をしている彼氏がいる女性の中には、彼氏の誕生日プレゼントにどんなものをプレゼントしようか悩んでい...

プレゼントの選び方!彼女への誕生日プレゼント【30代編】

30代の彼女の誕生日に、どんなものをプレゼントしようか悩んでいる男性もいるのではないでしょうか。...

フラッシュモブの結婚式が離婚の引き金に?サプライズ演出は注意

フラッシュモブを取り入れた結婚式はとても人気がありますが、一方でそれが離婚の引き金になってしまうこと...

【結婚式の持ち物リスト】男性ゲストが忘れずに持っていきたい物

結婚式に招待された時には、どんなものを持っていけばよいのでしょうか?特に遠方で行われる結婚式の場合に...

ご祝儀は兄弟の場合はいつ渡す?ちょうどいいタイミングについて

兄弟が結婚式を挙げるときにはご祝儀をいつ渡すのが正解なのでしょうか?お祝いしたいという気持ちはあって...

スポンサーリンク

開店祝いに花を送りたい時はいつまで?基本的なマナーについて

お知り合いの方が、お店を開店することになり、お祝いとして、お花を贈りたい。

そのお花ですが、いつまでに送れば、相手の方にも失礼にならずに済むと思いますか?

指定ができるのなら、開店する日の午前中に送る

一番適切な時間は、相手の方のお店が開店する日の午前中です。ただ、色んな方がこの時間帯に集中して送ると、相手の方も困ると思います。ですので、前日の日に早めに送る方もいるようです。

どちらが良いかはあなたの判断になると思います。一番共通しているのは、開店する日の午前中ではありますが、相手が忙しいから、その前日に送る、そんな気遣いを見せても良いとは思います。

日程が事前にわかっているのなら、前日に送って、早めに済ませる方が、相手の方のスケジュールにも合うと思います。開店日の前日か当日の午前中が相手にとっても失礼のない時間になります。少し早めの方がひょっとしたら、お互いにとって、都合が良いかもしれませんね。

開店祝いの花をいつまでに送るかは花の種類によっても違います

相手の方も忙しさも考えて、開店祝いのお花は、前日や当日に送った方が良いとは思います。ただ、花の種類によって、少し扱い方も変わると思います。

例えば、開店祝いのお花でも、鉢植えは、相手の方もお店の中に飾れるものになります。

相手の方もお店のどの位置に置くのか、決めたいと思います。ですので、鉢植えを開店祝いとして送るのなら、前日に送り、お店のどこに置くのか、決める時間を与えた方が良いと思います。

スタンド式の開店祝いの場合は、あまりお花が持たないので、前日というよりは、当日送り、当日の開店の華やかさをより強調するお手伝いをしてもらうべきです。

スタンド式のお花はあまり持ちません。そのため、前日に送っても、枯れるスピードも早いです。

開店祝いのお花としてはあまり役立ちません。ですので、スタンド式のお花を開店祝いとして送るのなら、開店する当日の午前中に送りましょう。それがベストタイミングになると思います。

開店日前までに花を送れなかった場合はいつまで送るべきなのか

うっかり、開店祝いのお花をお友達に贈るのを忘れていた。でも大丈夫です。開店して、数日後までは、開店祝いのお花、贈ることができます。

1週間の猶予はある。忘れていたとしても、開店してから、1週間以内は、開店祝いを贈ることができます。できるなら、当日までに贈りたいところではありますが、忘れてしまったのなら仕方がありません。これから贈ってもまだ遅くはありません。ただ、猶予は1週間です。それ以上だと失礼に当たるかもしれません。できるだけ、開店してから1週間以内にお花は贈るようにして下さいね。

連絡も忘れずに。

相手の方もいきなりあなたから開店のお花を受け取ったら、驚きます。そうならないためにも、いつくらいに開店祝いのお花を贈るのか、連絡を入れて下さい。

開店祝いを送る時のマナーとして知っておきたい「六曜」

開店祝いとして、お花を贈ることを考えているのなら、六曜については、是非知っておくべきだと思います。

開店する日が、大安という縁起が良い日でも、前日にお花は贈らない

開店する側の方も、縁起の良い、大安を選んで店を開けます。カレンダーでその日が大安がどうか確認できますよね?あ、この日は大安だ。そうすると、できるだけ、前日には、開店祝いのお花は贈らない方が良いと思います。前日より当日の方が、よりあなたからの配慮が見える形になります。

というのも、六曜を理解している方は既に知っているかもしれませんが、大安の前の日は仏滅という縁起が悪い日です。その日に、開店祝いのお花を受け取るのが、良いことなのか、悪い事なのか、その判断をしなくてはなりません。

悪いと受け取った方がいいと思います。縁起の良い日に開店祝いのお花を受け取る方が、相手の気持ちも晴れやかになる。そう見込んで、開店祝いのお花は当日贈るべきです。

もう少し相手に気遣いをしたい時には、六曜についても気をつけるべきです。

開店祝いに送る花の選び方や予算について

お店を開店する時に、開店祝いとしてお花を贈ります。商売を始める方にこれから起業する商売が繁盛するように、幸運を願って、胡蝶蘭のお花を贈りましょう。

胡蝶蘭は、幸運を意味する

胡蝶蘭は、見た目も高級そうなので、開店にはお似合いのお花です。特に鉢植えで何かお花をプレゼントしたいなら、胡蝶蘭が一番意味や見た目も含めて最適だと思います。

鉢植えなら胡蝶蘭がベスト、花束にするのなら、割と豪華なものがベストになります。
胡蝶蘭に比べて、ブーケは比較的、お金もあまりかかりません。ですので、経済的な面も考慮しなくてはいけない方は、安めに、少し豪華なブーケがお薦めになります。

一番高いのは、恐らく胡蝶蘭で、次がスタンド花だと思います。胡蝶蘭は高いものだと、3万円以上もします。スタンドは次に並び、25000円くらい、それを目安にして、開店祝いのお花の予算にして下さい。

開店する時に出すお花は、開店日の前日、もしくは、当日がベストです。忘れていた場合でも、1週間以内であれば、まだ贈ることができます。

スタンドの場合はお花が長持ちしません。そのため、当日に送るのがベストになります。あとは、贈る花の意味も考えて、開店日に間に合うように贈って下さい。贈る時は、受け取る側の方が驚かないように、一言伝えてからにして下さいね。