フラッシュモブの結婚式が離婚の引き金に?サプライズ演出は注意

フラッシュモブを取り入れた結婚式はとても人気がありますが、一方でそれが離婚の引き金になってしまうこともあるようです。
「きっと感動してくれるはず」と、秘密裏に計画を練ったサプライズ演出が離婚の原因になってしまう。それではあまりにも悲しすぎます。
では、フラッシュモブの結婚式が離婚の引き金になってしまうのはなぜなのでしょうか。成功させるためには?
サプライズの内容によっては、相手だけでなくゲスト側も快く思わないことがあります。十分注意しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プレゼントの選び方!彼女への誕生日プレゼント【30代編】

30代の彼女の誕生日に、どんなものをプレゼントしようか悩んでいる男性もいるのではないでしょうか。...

兄弟の結婚祝い、式なしでもご祝儀は渡しましょう。渡し方と相場

兄弟や姉妹が結婚するのは大変おめでたいことですが、最近は結婚式をあげずに入籍だけで済ませるという式な...

指輪の測り方はこっそり!サプライズに指輪を贈るコツと注意点

指輪のサイズの測り方にはこっそりサイズを測る方法もあります。彼女へサプライズで指輪をプレゼントし...

彼女へのプレゼント【誕生日編】選び方のコツや喜ばせる方法

彼女のプレゼント選びに悩む彼氏は多いのではないでしょうか?例えば、誕生日は彼女にとって大切な記念...

披露宴の余興で挨拶をするときのポイントや注意点を紹介

披露宴の余興で挨拶をするときには、どのようなことを話せばいいのでしょうか?長いよりは短いほう...

年賀状の送り方、結婚式後に上司に送る場合の一言例文とマナー

結婚式が終わって一段落したでしょうか。結婚式後の二人で出す初めての年賀状はどんなデザインにし...

日本では当たり前のマナーを海外から見ると。マナーの違い

日本では当たり前のことが海外の人から見ると不思議だったり、逆に海外に行って日本では普通のことがマナー...

結婚式二次会での服装【新郎の場合】ポイントやおすすめを紹介

結婚式二次会での服装について、新郎の場合、どんな服装をしたらいいのでしょうか?結婚式での衣装は決...

女性がスーツのボタン開けるのはマナー違反!女性のスーツマナー

スーツのボタンを開けている男性を見かけることはありますが、女性のスーツも男性のようにボタン開けること...

賞状の受け取り方にはマナーがある?もしものために覚えておこう

卒業式で卒業証書を受け取った時、緊張していてどうやって受け取っていたのかよく覚えていないですよね。...

男の爪の長さはどれくらいが最適?長さの基準と女が理想の男の爪

女性は意外と男性の爪を見ています。爪の長さが長い男性は、あまり清潔な印象を持たれないため、女性にモテ...

プロポーズをフラッシュモブで!失敗ないためのポイントを紹介

最近プロポーズをフラッシュモブによってしたいという人も増えているようです。しかし、フラッシュモブ...

転勤で挨拶をするときにはどんな一言を言うべき?挨拶の内容

転勤が決まり、今までお世話になった方々に挨拶をするときにはどのような一言を話せばいいのでしょうか?...

元上司に香典を包む場合の金額の相場と金額に迷った時の考え方

元上司の不幸、あるいは元上司の身内の不幸の一報を聞いた場合、元上司という間柄なためいくら香典を包むべ...

趣味が釣りの場合履歴書に記入するのは有りか無しか。例文も紹介

あなたの趣味はなんですか?趣味を聞かれても特に趣味がないと困ってしまいますね。また趣味といっ...

スポンサーリンク

フラッシュモブの結婚式が離婚の引き金になってしまう理由

フラッシュモブ嫌いの人も中にはいる

昔から、テレビでは「ドッキリ」をメインとした番組が人気ですよね。

未だにドッキリ番組の人気が衰えないのは、ドッキリを仕掛けられた人のビックリした顔や反応が面白いからということも理由のひとつです。

見ている側としては、ドッキリと分かっているからこそ、仕掛けられた人のリアクションを落ち着いて見ることが出来ますが、何も知らずに仕掛けられる方の気持ちはあまり考えることはありませんよね。

自分がドッキリを仕掛けられる側だったら、その内容によってはドッキリだと分かってもモヤモヤしてしまったり、腹が立つということもあり得ます。自分がサプライズやドッキリが好きだからと言って、同じように相手もサプライズ好きと決めつけるのは止めた方が良いです。

大勢の人が結婚のお祝いに来てくれる結婚式で、フラッシュモブをしたことが原因で相手が怒ったり、泣いてしまって式が中断してしまう可能性だってあります。

フラッシュモブは、友人やプロの力を借りながら大掛かりな人数で行うサプライズです。
成功すれば達成感も感じられ、気持ちも満たされるかもしれませんが、フラッシュモブをする相手の気持ちをまずは尊重することが大切です。

フラッシュモブの結婚式がきっかけで離婚になるのは少なくない。全ての人がフラッシュモブで感動するとは限らないことを知っておくべき

サプライズが嫌いな人の理由とは?

普通に彼をデートをしていたら、通行人が急に踊り始め、それを見ていた周りの人も輪に加わり、面白半分に見ていたら、彼も最終的に踊りだし、音楽が終わったところで、花束を差し出して感動的なプロポーズする。抱き合う2人、そして祝福するダンサー達…。

フラッシュモブというと、このようなシチュエーションを思い出すという人も多いのではないでしょうか。

多くの女性にとって、プロポーズは特別な場です。

このような準備も必要で、大掛かりなフラッシュモブでのプロポーズは、「私のためにこんなに準備をしてくれて嬉しい!」と感じる人もいれば、「プロポーズは2人きりが良かった」などと感じる人もいます。

結婚式の中でフラッシュモブをする場合も同様です。

女性は、みんながみんなサプライズ好きではありません。

私の友人に、とてもサバサバしている人がいますが、彼女は昔から「サプライズが大っきらい」と周りに公言していました。私は、サプライズするのもされるのも好きな方なので、サプライズが嫌いな理由を聞いたところ、「サプライズをされてもどうリアクションすればいいかわからないし、そんなことで悩むのも嫌」とのこと。

サプライズする側にとっては、相手に喜んでほしいという一心でするフラッシュモブでも、された側にとっては周りに見られている中どんなリアクションをしたら良いのかということで気を遣うものになるということです。

フラッシュモブが苦手な人もいる、こういった配慮があれば結婚式で離婚してしまうことはない

サプライズする相手の気持ちを重視する

フラッシュモブは、現実から夢の世界へと引き込まれるような錯覚を覚えやすいもの。

フラッシュモブをする側からすると「喜んでもらえるだろう」と期待をしながら臨むフラッシュモブでも、された側は「もっと喜んだ方が良いのかな?」などと気持ちの食い違いが起こってしまうことも珍しくありません。

映画を一人で観ていると、感動した時は素直に涙がこぼれても、周りに注目されている中では自分の気持ちに集中できないこともあります。

2人の気持ちの温度差が「結婚」という幸せな気分から一転、「離婚」を決断するという大きなきっかけになってしまうこともあるのです。

結婚式でフラッシュモブをしたいと考えた時、それは”誰のために”したいのかをじっくり考えてみましょう。

新郎から新婦にするフラッシュモブなら、新婦がフラッシュモブに対してどう感じているかを日常の中で、それとなく探ってみるなど、相手の本当の気持ちを知ることが大切です。

フラッシュモブ結婚式を成功させるポイント

フラッシュモブを結婚式の中で入れるタイミングも重要

フラッシュモブは、ある程度の人数でダンスなどパフォーマンスをするので、結婚式で行うと盛り上がりやすいというのは事実です。

ただ、”盛り上がるから”などと短絡的な理由でフラッシュモブをすると、失敗してしまうこともあります。

フラッシュモブを盛り上げるためには、相手の気持ちの他にも、披露する会場との密な連携が欠かせません。

フラッシュモブは他の余興よりも時間がかかるため、他にもプログラムが組み込まれている披露宴では、時間が推してしまい、決められた時間の中で収まらなくなったり、会場によっては広さや音響の関係でフラッシュモブ自体が出来ないところもあります。

結婚式の中でフラッシュモブを入れる時は、式の中盤~終盤にかけて、食事が終わり、ゲストが歓談している時間がおすすめです。

フラッシュモブを入れるタイミングや、動き方など、会場と打ち合わせやリハーサルをこまめにして、本番まで完璧になるように準備を進めましょう。

みんなが楽しめるような結婚式にすること。これが一番大事

結婚式は来てくれたゲストに対して感謝を伝える場でもある

フラッシュモブをしたことで、”離婚”につながるのは稀なケースかもしれませんが、せっかく相手を喜ばせようと思って準備したフラッシュモブが原因で離婚になるのは避けたいことですよね。

でも、結婚式は夫婦となる2人が初めて行う共同作業とも言われています。

招待客の出欠を取ったり、引き出物や料理を決めるなど、しなくてはいけないことが山積みで、特に式の2~3ヶ月前からは会場の担当者と何度も打ち合わせをして自分達の披露宴の準備をしなくてはいけません。

結婚式の準備は、2人の気持ちが一緒の方向を向いていないと、どちらかに負担が多くかかってしまい、「どうしていつも私ばかりが…」と楽しいハズの結婚式が苦痛なものになってしまうこともあります。

一生に一度の大切な結婚式は、自分が満足するためではなく、みんなが笑顔になれるような結婚式にすること、そして、自分たちのために時間を割いて来てくれたゲストに感謝の気持ちを表すということに意識を向けると、自然に良い結婚式が出来るのではないでしょうか。