結婚式への出席準備【男性ゲストの場合】持ち物やマナーを紹介

結婚式へ出席する際は準備をきちんと進めることも招待されたゲストとして大切なことです。例えば、男性ゲストの場合でも結婚式のマナーとしてふさわしい準備をする必要があります。

そこで、結婚式への出席準備について、男性ゲストの場合の持ち物や気をつけたいマナーなどお伝えしていきましょう。

これで、初めて結婚式に出席する場合でも慌てずにスムーズに準備することができるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フラッシュモブの結婚式が離婚の引き金に?サプライズ演出は注意

フラッシュモブを取り入れた結婚式はとても人気がありますが、一方でそれが離婚の引き金になってしまうこと...

結婚式二次会での服装【新郎の場合】ポイントやおすすめを紹介

結婚式二次会での服装について、新郎の場合、どんな服装をしたらいいのでしょうか?結婚式での衣装は決...

高校の卒業式に着ていく保護者服装のポイントと注意点

高校の卒業式に出席する保護者服装。特に女性は何を着ていけばいいかと悩むのではないでしょうか。40...

ホールインワンのお祝いをしないのはダメなの?由来と費用を解説

自分がホールインワンをしたら、周囲にお祝いをするという話を聞いたことがあるゴルファーさんもいますよね...

【上棟式の挨拶】施主として挨拶をする際のポイントと注意点

上棟式では、今後の工事の安全を祈願し、施主として大工さんたちに向けて挨拶をする機会があります。...

プレゼントに贈りたい彼女との記念日に贈る女性が喜ぶギフト

彼女へ付き合って1年の記念に、何かプレゼントをしたいと考えている男性もいると思います。贈るならば、や...

年賀状の送り方、結婚式後に上司に送る場合の一言例文とマナー

結婚式が終わって一段落したでしょうか。結婚式後の二人で出す初めての年賀状はどんなデザインにし...

開店祝いの花はいつまで?送り主として気をつけたいマナー

友人がお店を開くと聞くと、開店祝いとして花をプレゼントしたいと考える人も多いでしょう。しかし...

彼女へのプレゼントにおすすめのバッグ選び!失敗しない選び方

彼女へのクリスマスプレゼントにバッグを贈ろうと思っている男性も多いと思います。しかし、女性へバッグを...

謝辞のコツやポイント!新郎の謝辞で笑顔と感動の結婚式に

結婚式の新郎の謝辞でゲストの方々や両親に感動してもらいたいと考えた時、どんな文章でどんな内容の謝辞に...

開店祝いの花や札はいつまで飾るべき?お店側の対応方法

開店祝いの花を貰ったときはいつまで飾っておけばいいのでしょうか?開店祝いの花を飾る期間はだい...

パーティーに適した服装。メンズの間違いない服装選び

カジュアルパーティーに誘われたけど、どのような服装で出席すればよいのかわからないという方はいませんか...

披露宴の余興で挨拶をするときのポイントや注意点を紹介

披露宴の余興で挨拶をするときには、どのようなことを話せばいいのでしょうか?長いよりは短いほう...

男性上司の送別会で贈るプレゼント【40代】相場と選び方を解説

今までお世話になった40代の男性上司が転勤でいなくなることになったら、今までお世話になったことへの感...

結婚式の持ち物で男性が必要なものについて知りたい

結婚式に出席する時に、事前に確認しなくてはいけないのが「持ち物」です。女性はたくさん必要なものが...

スポンサーリンク

結婚式に出席するときはご祝儀はふくさに包んで準備するのがマナー

友人の結婚式に初めて出席する時には、必要な持ち物を揃えるのにも緊張しますよね。

私は、初めて招待された結婚式が、地元から離れた遠方での結婚式だったため、持ち物も準備の段階からそわそわして仕方ありませんでした。

一度友人の結婚式に出席してしまえば流れがわかるので、回数を重ねるごとに慣れていきますが、それでも事前準備は大切だと思います。

準備に余念がないようする

忘れてはいけないのが、「ご祝儀」とご祝儀を包むための「袱紗」

ご祝儀は受付で必ずお渡しするものになりますので、忘れてしまうと大変です。

必ず前日までに表書きを書いて中身を入れ、当日になってから慌てないように準備しておきましょう。

結婚式で受付をしていると、袱紗を使わずにご祝儀を直接内ポケットの中に入れている人、裸のご祝儀袋をそのまま手に持って受付に並んでいる人、をよく目にしますが、このような男性ははっきりいって目につきやすいですし、マナーを知らない人だということが一目瞭然なので、格好悪いです。

ご祝儀は、袱紗に包むか、袱紗が無くてもハンカチに包んで持参するのが結婚式出席の際のマナーになりますので、かならずポイントとして押さえておきましょう。

結婚式に相応しいとされるのは明るい色の袱紗かハンカチ

暗く沈んだ色味のものは弔事の時に使う袱紗になりますので、葬儀に出席するときに持参する弔事用の袱紗は間違っても結婚式には持ち込まないように注意してください。

紫色の袱紗は慶事用と弔事用のどちらにも使うことが出来ますが、基本的には慶事用と弔事用の袱紗は別物を用意しておくことになりますので、社会人になったのを機にどちらも一式揃えておくのが良いでしょう。

結婚式への出席では男性も基本的に必要最小限の持ち物を準備すること

女性の場合には、小さなハンドバッグを持って結婚式の会場に入るのが一般的ですが、男性の場合には鞄を持ちません。
持ってはいけないという決まりはありませんので、必要な方はクラッチバッグなどの小さめの鞄を持っても良いですが、手ぶらで出席した方がスマートです。

結婚式会場へ持ち込む荷物はできるだけ最小限に

スーツのポケットや内ポケットの中に収まる程度におさえましょう。

基本的な男性の持ち物

  • 袱紗とご祝儀
  • 招待状
  • ハンカチ
  • ポケットティッシュ
  • 財布
  • スマホ

の6つです。この程度であれば、スーツのポケットに入れても余裕がありますので、立ち姿勢もすっきりして見えて問題はありませんね。

必要であれば、「携帯ヘアワックス」や「マウスウォッシュ」などの身だしなみグッズもポケットに忍ばせておきましょう。

結婚式へゲストとして出席するときは招待状の準備も忘れずにしましょう

先程、持ち物の部分でも紹介しましたが、招待状は忘れずに持参するようにしましょう。

私は以前、友人の結婚式に出席するために田舎から都心へと向かいましたが、招待状を忘れたがために大変な思いをした経験があります。
招待状には、会場の住所や電話番号、式の開始時刻や集合時刻、詳細の地図などが記載されていますが、これを忘れてしまったために会場までたどり着くのにものすごく苦労しました。
当時はスマートフォンがまだ普及していなかったので、友人に電話で連絡をして集合時刻を確認したり、結婚式会場までのアクセスを自分で探したりしなければいけなくなり、慣れない都心での移動手段がわからない私はプチパニック状態になりました。

今ではスマホで招待状の写真を保存しておけば、簡単に画像をチェックすることができるので、招待状を持ち込む必要性は昔ほどはなくなったといえますが、結婚式会場によっては、招待状の提示を求められる場合もありますので、当日は一応、会場まで招待状を持って行くようにしましょう。

結婚式へ出席する男性ゲストの服装のポイント

友人の結婚式に出席する時には、服装の準備にも気を遣いますよね。

最近の結婚式では、昔のように正礼装や準礼装がマナーの式は少なくなっていますので、男性のスーツの形や色も、自由が効くようになってきました。
しかし、結婚式の服装の基本が黒いスーツであることは変わりありませんので、新しくスーツを購入する時には、一着目は黒いスーツにすることをおすすめします。

招待状に、「平服」と記載がある結婚式

増えていますが、平服とは普段着のことではなく、略礼装のことをさしますので、黒いスーツやダークカラーのスーツの着用が必要になります。
他にも、昼の式ではモーニング、夜の式では燕尾服を着る「正礼装」や、昼の式にはディレクターズスーツ、夜の式にタキシードを着用する「準礼装」など、結婚式で使われる服装の呼ばれも様々ですので、自分が招待された結婚式がどのような服装で参加することを求められているのかにも注目して見てみると、知識が高まりますね。

招待された友人との関係性も、服装選びを左右する

平服の結婚式では、ダークカラーのスーツも良し、グレーやネイビーのスーツでの出席も可能

友人が親しい友人の場合には、少し砕けたダークカラースーツと、おしゃれなシャツ、ネクタイでカジュアルダウンをしてみても良いでしょう。

結婚式では持ち物の準備と最低限の身だしなみのマナーが大切

これまでも紹介してきたように、結婚式に出席する時には持ち物の事前確認と、身だしなみの確認が大切になります。

身だしなみの部分では、人によっておしゃれの程度が異なるので、やりすぎて目立ちすぎないように注意することが大切です。

間違っても、新郎新婦や主賓よりも目立たないこと!シャツの色はおしゃれをしても淡い色までにとどめ、原色使いのものや派手な柄が入ったシャツは身に付けないようにしましょう。

髪型が寝癖のままだったり、シャツがしわしわだったりと、不潔な印象になるようなことは避け、爪やヒゲなどをきれいに整えて、靴を磨き、アイロンがかかったきれいな服装で身だしなみを整えてから出かけるようにしましょう。