一人暮らしのレイアウトはコレで決まり!男性におすすめな部屋

一人暮らしの男性の部屋のレイアウトはどのようにすれば、好印象なのでしょうか?

女性がいいなと思うのは、ほどほどな部屋のようです。あまりにもオシャレだと、異性に慣れすぎているのでは?と思われてしまうことも。

まずは、シンプルに清潔を心がければなんとかなります!男性の一人暮らしの部屋づくりについて紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新社会人の一人暮らしの物件の選び方のポイントについて徹底解説

新社会人になって初めて一人暮らしをする場合、どんな点に注意して物件を選べばよいのかわからない人の方が...

浴室の換気扇の掃除方法を紹介します!定期的に洗いましょう

浴室の換気扇をキレイにするための掃除方法とは?浴槽は毎日洗っていても、換気扇はついつい先延ばしにしが...

エアコンのコンセント位置はどこがオススメ?コンセント問題

エアコンに適しているコンセントの位置はどのくらいの高さなのでしょうか?エアコンを後から設置するときに...

リビング階段で起こるデメリットは扉を付けることで改善される

二階への階段がリビングにあるご家庭も多いでしょう。リビングに階段があることで子供が帰ってきた時に...

水道の蛇口から水漏れ!水漏れの原因別・自分で修理を行う方法

自宅のシングルレバーの水道の蛇口から水漏れをしている場合、一体どんなことが原因で水漏れをしているのか...

窓拭きにはどんな道具があると便利?プロも使用する窓拭きグッズ

窓拭きは掃除の中でも面倒だと感じる方が多いのではないでしょうか?洗剤で汚れを落としたり乾拭きをしたり...

浴室リフォームをDIY!壁の塗装や簡単パネルと隙間コーキング

浴室のリフォームはDIYでも可能な部分があります。浴室の壁であれば、手順やコツに気をつければ自分で塗...

新築祝いの相場を紹介。甥に贈る金額と時期やマナーを確認

かわいい甥が新築を建てたという喜ばしい知らせが届いた時に思うのが「新築祝いはどうしよう」ということが...

東京のアパート探しのコツ!後悔しないための住まいを選ぶ

東京のアパート探しのコツが知りたいあなた。東京は人が多い大都会で、憧れている人も多いのではないでしょ...

庭のDIYをタイルを使って簡単に!メリットやポイントについて

庭を素敵にdiyしたいと考えている方、どのような材料を使用するか迷っていませんか?タイルなら敷くだけ...

玄関のコンクリートにできたひび割れの原因や修理の必要性

玄関のコンクリート部分にひび割れを見つけたら、ちょっとしたひび割れだからと言って見逃してはいけません...

窓をリフォームで大きくした場合のメリットとデメリットと費用

大きな窓は日差しもたくさん入り開放感がありますね。室内が明るくなることで電気代の節約になった...

外壁塗装を自分でするときは準備が大切!失敗しないポイント

外壁の塗装を自分でするのは可能です。ただし、外壁塗装というのは道具やコツがわかれば自分でもできますが...

家族がバラバラで寂しい。状況を打破したい。多くの原因は自分に

家族がバラバラで寂しい…。仕事で疲れて家に帰っても、妻や子供に無視される。リビングに居場所がない。妻...

庭を自分でDIY!人工芝の施工を自分で行う時の手順と管理方法

自宅の庭を自分でdiyして人工芝を施工しようと考えている人もいるのではないでしょうか。でも、...

スポンサーリンク

男性の一人暮らしのレイアウトとは?イメージする事が大切

インテリアが得意ではない男性でも一人暮らしなら部屋をおしゃれにしたいと思いますよね。友人や女性を招いたとき、部屋の印象次第で自分のイメージもアップします。おしゃれな部屋だと生活していても気持ちが良いものです。映画やドラマ、雑誌で見るようなおしゃれな部屋にしたいと考えても、いざ家具を買おうと思ったらどれを選んだら良いのか迷ってしまうことと思います。

家具を買い揃える前に、どんな部屋にしたいのかをイメージしてみてください。ファッションにテイストがあるように、部屋にも決まったテイストがあります。自分の好みのテイストを見つけ、それに合った家具やカーテン、ラグ、それに小物等を選ぶことがポイントです。
部屋のテイストにはシンプル、スタイリッシュ、北欧風、アメリカン、ナチュラルなど様々です。雑誌などは完成された部屋なので、どのテイストでも素敵に見えてしまうでしょう。その中でも自分が好きなテイストがあるはずです。それをひとつに決めることから始めてください。

一つのテイストに決めることが難しいのなら、なんとなくでも大丈夫です。明るくナチュラルな雰囲気にしたいか、シンプルでスッキリとしたスタイルにしたいか、それともアンティークが好きかなど大雑把でも良いので、まずは自分がしたい部屋をイメージしておきましょう。

一人暮らしのレイアウトに迷ったときはシンプル・イズ・ベスト

部屋のテイストに迷って決められないと、なかなか家具を買うこともできませんよね。家具にはいろいろなタイプがありますので、適当に買ってしまうと統一感のないバラバラした印象になってしまいます。

男性の一人暮らし、シンプルが好印象

特にインテリアが苦手、おしゃれが得意ではない男性なら、部屋を小物で飾っておしゃれに見せることもハードルが高くなってしまいます。
部屋をシンプルにすると、片付いた部屋の印象になり、生活感が出にくいです。また、物を少なめにすることで掃除もしやすくなりますので、キレイな部屋をキープしやすくできます。

シンプルな部屋にする場合は、たくさんの物を部屋に置かずにスッキリとさせるのがポイントです。家具も必要なものだけを購入し、使いやすいシンプルなデザインの家具を選んでください。

家具にも統一感が大切

白い家具や濃い茶の家具など、デザインがシンプルでも様々な色や材質だと部屋にまとまりがでなくなってしまいます。

例えば白い家具と決めたのなら、ベッドやテーブル、オーディオボードなどを同じ白い家具で統一します。男性らしさが感じる黒い家具も素敵ですが、黒はホコリが目立ちやすい色でもあります。また、黒い家具が多いと部屋を暗くより狭く見せてしまいますので、あまりおすすめできません。

白っぽい木製の家具で統一するとナチュラルで温かみのある雰囲気を作ることができます。

男性一人暮らしのレイアウトは過ごしやすさも忘れずに

家具を購入する前に、部屋のレイアウトもイメージしておきましょう。ベッドやテーブル、ソファーの位置を決めたら、どれくらいの大きさの家具を置くことができるかを測って置くことも大切です。家具を購入するときは家具店で選びますよね。

店のような広いスペースだと家具は実際より小さく見えてしまう

自分の部屋にも置くことできるように見えても、大きすぎて部屋の中に入らなかったり、空きスペースが無くなってしまうこともあります。まずは部屋におけるサイズを知っておくことが大切です。

レイアウトを考えるときは、生活動線をイメージする

生活動線とは?
部屋の中で何かをする時に必要なスペースのことを言い、人ひとりにつき60センチ必要です。

ベッドとテーブルの間、デスクとクローゼットの間など家具と家具の間は60センチ空けることをイメージしてください。

クローゼットや食器棚などは扉を空けるスペースも考える

備え付けのクローゼットの前にベッドを配置してしまうと、収納の扉を開け閉めすることが不便になってしまいます。朝起きてから支度をして出かけ、帰宅してから寝るまでの動きをイメージして家具のレイアウトを考えると、生活がしやすくできます。

家具のレイアウトには収納場所や窓の位置、ドアの位置も重要です。家具はあれもこれも欲しくなりますが、窓やドアによって意外と置くことができないものです。家具を買う前にレイアウトを決めておいてください。配達してもらったときにも設置場所をすぐに指示することができますよ。

一人暮らしのNGレイアウト…男性は気をつけましょう

一人暮らしの男性で気をつけたいのが、物をたくさん飾ってしまうことです。

片付けが苦手、掃除が苦手な男性は物を増やさないようにする

部屋にたくさん飾ったり小物を置いたりすると、部屋がうるさく見えてしまい、せっかくシンプルな家具でまとめてもスッキリとしたおしゃれな部屋にはなりません。自分の好きな物を部屋に飾ると、好きなものに囲まれて気分も良いものですが、おしゃれ感はなくなってしまいます。

できるだけ物を増やさないようにしてください。

男性の中にはフィギュアやサングラスなど小さいものをコレクションしている人も多いでしょう。ゲームが好きな人ならゲームソフトが部屋中にあふれてしまいます。このような小物はボックスやケースを使ってまとめて収納してください。フィギュアならフィギュアを飾るためのケースがありますし、棚のひとつにまとめて収納すると目立ち、おしゃれに見せることもできます。

部屋をスッキリさせるとちょっとした小物が引き立ちます。自分らしさを部屋に出すことができます。そのためにも物を減らしてシンプルな状態をキープしてください。

男性の一人暮らしの部屋はとにかく小ギレイを目指しましょう

男性の中には掃除が苦手という人も多いことと思います。ですが、せっかくおしゃれにした部屋なのに、汚れていたり不潔な状態ではイメージダウンになってしまいます。汚い部屋だと生活していても気持ち悪くはないですか?
最初に部屋を整えた時を忘れずに、その状態を維持するように頑張ってください。

部屋が汚れると、その分掃除も大変になる

掃除が面倒という人ほど、毎日少しだけでも掃除することを心掛けてください。

就寝前には必ず部屋を片付けておきます。ゴミはゴミ箱へ、出した物は片付け、汚れた衣類は洗濯カゴへ、使った食器は洗って片付けてからベッドに入りましょう。これらの物はためてしまうとあっという間にゴミ部屋になってしまいます。一日分の量なら片付けもすぐに終わります。

定期的に掃除をするのも大切です。家具の上にホコリがあったり、髪の毛やゴミがたくさんついたラグでは気持ち悪いですよね。どんなおしゃれな部屋でも清潔感が一番大切です。掃除と換気をして、清潔な部屋をキープしてくださいね。