パーティーに適した服装。メンズの間違いない服装選び

カジュアルパーティーに誘われたけど、どのような服装で出席すればよいのかわからないという方はいませんか?「パーティー」と名の付くものに頻繁に出席するような方なら良いですが、一般庶民にはなかなかないことです。
そこで、カジュアルパーティーに出席する時の、基本のメンズの服装についてご紹介します。
迷った時には、まず定番の服装をベースにコーディネートを考えてみましょう。
また、おしゃれな男性に見せるためのコツもご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プレゼントの選び方!彼女への誕生日プレゼント【30代編】

30代の彼女の誕生日に、どんなものをプレゼントしようか悩んでいる男性もいるのではないでしょうか。...

【高校の卒業式】母親の服装のポイントと注意点

高校の卒業式は、どんな服装が良いのか?大切なセレモニーだからこそ、ママの服装も気合が入ってしまいます...

プレゼントを選ぶなら、彼女の誕生日にふさわしいものを選ぼう

プレゼントをする機会は、ホワイトデーやクリスマスなどさまざまですが、その中でも最も大事なのは彼女の誕...

兄弟の結婚祝い、式なしでもご祝儀は渡しましょう。渡し方と相場

兄弟や姉妹が結婚するのは大変おめでたいことですが、最近は結婚式をあげずに入籍だけで済ませるという式な...

趣味が釣りの場合履歴書に記入するのは有りか無しか。例文も紹介

あなたの趣味はなんですか?趣味を聞かれても特に趣味がないと困ってしまいますね。また趣味といっ...

男の爪の長さはどれくらいが最適?長さの基準と女が理想の男の爪

女性は意外と男性の爪を見ています。爪の長さが長い男性は、あまり清潔な印象を持たれないため、女性にモテ...

サプライズプロポーズを失敗しないために出来ること

女性はサプライズが好きだからといって、サプライズプロポーズをしたら失敗したなんて話を聞いたり、テレビ...

女友達へのプレゼント【30代が喜ぶ】選び方やおすすめを紹介

女友達へのプレゼントについて、30代の女性へ贈る場合、どんなプレゼントが喜ばれるのでしょう?女性へ贈...

男性上司の送別会で贈るプレゼント【40代】相場と選び方を解説

今までお世話になった40代の男性上司が転勤でいなくなることになったら、今までお世話になったことへの感...

披露宴の挨拶で上司が主賓の挨拶をする時の文章構成とマナー

部下の結婚披露宴で主賓の挨拶を頼まれた場合、上司としてしっかりと挨拶を行い、結婚式に花を添えたいと考...

顔合わせの食事会で進行役をする場合のセリフ例と注意点について

両家の顔合わせの食事会で進行役をすることになった場合、どの場面でどんなセリフを言っていいのか悩んでし...

指輪の測り方はこっそり!サプライズに指輪を贈るコツと注意点

指輪のサイズの測り方にはこっそりサイズを測る方法もあります。彼女へサプライズで指輪をプレゼントし...

プレゼントに贈りたい彼女との記念日に贈る女性が喜ぶギフト

彼女へ付き合って1年の記念に、何かプレゼントをしたいと考えている男性もいると思います。贈るならば、や...

結婚式二次会での服装【新郎の場合】ポイントやおすすめを紹介

結婚式二次会での服装について、新郎の場合、どんな服装をしたらいいのでしょうか?結婚式での衣装は決...

転勤で挨拶をするときにはどんな一言を言うべき?挨拶の内容

転勤が決まり、今までお世話になった方々に挨拶をするときにはどのような一言を話せばいいのでしょうか?...

スポンサーリンク

パーティーに出席する時のメンズの基本の服装

カジュアルパーティーに招待されたことはありますか?パーティといったら結婚式の披露宴や謝恩会くらいしか参加する機会がないという場合が多いのではないでしょうか。他にはせいぜい友人同士で集まる気さくなパーティくらいです。

カジュアルパーティに招待された場合、どのような服装をしたらいいのかわからないですよね。結婚式のようなパーティならきちんとしたスーツを選びますが、カジュアルならスーツだと堅すぎる印象がありますよね。普段着だと外したときに大失敗です。

カジュアルパーティと言っても、いろいろな人が集まる場であることには間違いありません。ビジネスにおいても恋愛においても、新たな出会いがあるかもしれません。服装によってその人の印象が決まってしまうので、失敗はしたくないですよね。

カジュアルパーティでも普段着での参加はおすすめしない

デニムやチノパンといったラフな服装は相応しくありません。
また、仕事で着るようなきっちりとしたスーツはマナー的には問題ありませんが、オシャレ感がないのでパーティでは浮いてしまうことも考えられます。

カジュアルパーティでの服装の基本はジャケット

ジャケットさえ着ていれば、多少普段着っぽい服装であってもキチンと見せることができます。

おすすめの服装は、シャツに細めのパンツ、そしてジャケットです

カジュアルなシャツやパンツでもジャケットを羽織るだけで印象が変わってきます。オーソドックスなシャツならネクタイを締めるもの良いでしょう。

ジャケットの中にベストを合わせると更にパーティーっぽくオシャレになります。ベストはニットやラフなデザインのものではなく、タイトなベストを選んでください。

メンズのパーティーの服装でネクタイは必要なのか

カジュアルなパーティでもネクタイは締めた方が良いのかどうか悩みますよね。カジュアルと言ってもたくさんの人が集まるパーティーなので、きちんとした印象が必要です。

カジュアルパーティの場合はノーネクタイでもマナー違反にはならない

ネクタイがあった方が印象は良くなりますが、必ずしもネクタイを締める必要はありません。

ただし、ネクタイがないことでラフな印象にならないような服装を選んでください。例えばジャケットならニットやジャージー素材のものではカジュアル感が強くなってしまいます。洋服は素材によっても印象が変わりますので、ネクタイを締めたいのであれば堅めのジャケットを合わせるなどをしてください。

スーツの場合ならワイシャツを着てネクタイを締めますが、パーティーならスタンドカラーやノーカラーのシャツを合わせることもできます。この場合も襟がないことで普段着っぽくならないように、ジャケットやパンツでキチンとした印象をつくるようにしてください。

ネクタイを締める場合

ビジネス用の堅い色柄ではなく、仕事の時には使わないような色柄のネクタイを選ぶと良いでしょう。明るい色やデザイン性の高い柄のネクタイを選ぶことで、ネクタイで見た目が堅くなりすぎることもありません。

パーティーのメンズの服装に定番のネイビージャケット

パーティーの服装はジャケットが決め手とわかっていても、ジャケットのデザイン次第で全体の印象も変わってきますよね。

キチンとした印象にしたいからとスーツのジャケットを選ぶのは避ける

スーツのジャケットではいかにもスーツという感じがしてしまい、中に着るシャツや下に合わせるパンツと合わずにちぐはぐになってしまいます。スーツのジャケットだけを羽織るくらいならスーツで着てしまったほうが良いでしょう。

きちんとして見えるジャケット選びに迷ったとき

ネイビージャケットにしてください。

紺や濃紺のジャケットは定番スタイル、流行に関係なく使うことができる最強のアイテム

どんな服装にも合わせることもでき、多少ラフな服装でもネイビーという色がキチンとした印象に仕上げてくれます。

黒いジャケットも堅い印象になりますが、場合によっては重たいイメージになり、冠婚葬祭やビジネスの印象が強くなってしまいます。ネイビーなら黒よりも軽くなり、合わ方によって堅くもカジュアルにもできます。

普段から形の良いネイビージャケットを1枚用意しておくと便利になるでしょう。ジャケットはサイズ感も大切です。袖や丈の長さはもちろん、肩幅のサイズ感も気をつけて選んでください。

パーティーでおしゃれに見せる着こなしのコツ

パーティーに向けたコーディネートにもポイントがあります。ただシャツにジャケットを合わせるだけではオシャレな感じはなく、普段着っぽくなってしまいますよね。ネクタイを合わせることで、スーツではなくても仕事スタイルに見えてしまう可能性もあります。

ジャケットに合わせるパンツの色はコントラストが大切

ジャケットとは違ったトーンのパンツを合わせるか、同系色でまとめるのなら同じトーンは避けて濃淡で違いを出してください。

例えばネイビーのジャケットにした場合なら、パンツは薄いグレーや茶を選ぶと良いでしょう。春夏なら白いパンツを合わせて軽やかさを出すのもおすすめです。
ダークグレーのジャケットなら薄いグレーのパンツを合わえるなど、同じ色でも色の濃さを変えて変化をつけるようにしてください。

ジャケットにシャツ、パンツといった洋服だけでなく、ベルトや靴にも気をつけましょう。ベルトと靴を同じ色に揃えると全体的にまとまりが出てきます。色に迷ったときは黒が無難です。黒い靴とベルトならどんな色のパンツにも合わせることができます。

洋服の素材選びは季節に合わせて

普段の服もそうですが、パーティーに着ていく服もその季節にあった素材のものを選んでください。

どんなにオシャレに決めることができても、季節感を無視した素材ではオシャレも台無しにしてしまいます。

冬の時期に薄いペラペラの生地の服を着てしまっては本人が寒いどころか、見ているだけで寒そうです。反対に夏の暑い時期に秋冬の素材を選んでしまうと、暑いだけでなく体調まで崩してしまいかねません。洋服には着る季節に合わせた素材があります。パーティーの時期に相応しい素材の服を選ぶことも基本です。

パーティー向きの素材


  • 麻素材のアイテムを取り入れたり、綿でも薄い生地のものや白や水色といった涼しげに見える色を選んでください。

  • ウール素材のジャケットにしたり、中にベストを合わせるなど、温かみの感じられる服装にすると良いでしょう。
パーティーにもいろいろなスタイルがありますが、カジュアルなパーティーならオシャレも楽しんでくださいね。