転勤で挨拶をするときにはどんな一言を言うべき?挨拶の内容

転勤が決まり、今までお世話になった方々に挨拶をするときにはどのような一言を話せばいいのでしょうか?

挨拶の内容は、自分の思いを伝えつつ失礼にならないようにする必要があります。では、失礼とならない挨拶や一言とは?

また、転勤先ではどのような挨拶をしたらいいのでしょうか?転勤の挨拶をするときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パーティーに適した服装。メンズの間違いない服装選び

カジュアルパーティーに誘われたけど、どのような服装で出席すればよいのかわからないという方はいませんか...

教師の彼氏への誕生日プレゼント!男性教師が喜ぶアイテムを紹介

教師をしている彼氏がいる女性の中には、彼氏の誕生日プレゼントにどんなものをプレゼントしようか悩んでい...

プレゼントの選び方!彼女への誕生日プレゼント【30代編】

30代の彼女の誕生日に、どんなものをプレゼントしようか悩んでいる男性もいるのではないでしょうか。...

プレゼントを選ぶなら、彼女の誕生日にふさわしいものを選ぼう

プレゼントをする機会は、ホワイトデーやクリスマスなどさまざまですが、その中でも最も大事なのは彼女の誕...

【結婚式の持ち物リスト】男性ゲストが忘れずに持っていきたい物

結婚式に招待された時には、どんなものを持っていけばよいのでしょうか?特に遠方で行われる結婚式の場合に...

女性がスーツのボタン開けるのはマナー違反!女性のスーツマナー

スーツのボタンを開けている男性を見かけることはありますが、女性のスーツも男性のようにボタン開けること...

プロポーズしたいけど、失敗して別れることにならないか心配

大好きな彼女と、これからもずっと一緒に居たいと考えるのならば、プロポーズするのが良い方法ですよね。...

【上棟式の挨拶】施主として挨拶をする際のポイントと注意点

上棟式では、今後の工事の安全を祈願し、施主として大工さんたちに向けて挨拶をする機会があります。...

余興のダンスを結婚式で盛り上げるコツや成功させるポイント

結婚式をする友人にあることを頼まれると、責任重大だと感じることもありますよね。人によって違うかも...

男の爪の長さはどれくらいが最適?長さの基準と女が理想の男の爪

女性は意外と男性の爪を見ています。爪の長さが長い男性は、あまり清潔な印象を持たれないため、女性にモテ...

披露宴の挨拶で上司が主賓の挨拶をする時の文章構成とマナー

部下の結婚披露宴で主賓の挨拶を頼まれた場合、上司としてしっかりと挨拶を行い、結婚式に花を添えたいと考...

開店祝いの花はいつまで?送り主として気をつけたいマナー

友人がお店を開くと聞くと、開店祝いとして花をプレゼントしたいと考える人も多いでしょう。しかし...

謝辞のコツやポイント!新郎の謝辞で笑顔と感動の結婚式に

結婚式の新郎の謝辞でゲストの方々や両親に感動してもらいたいと考えた時、どんな文章でどんな内容の謝辞に...

年賀状の送り方、結婚式後に上司に送る場合の一言例文とマナー

結婚式が終わって一段落したでしょうか。結婚式後の二人で出す初めての年賀状はどんなデザインにし...

緊張も少なく!結婚式の友人代表スピーチを手紙にするメリット

親友に結婚式の友人代表のスピーチを頼まれたら?どんなにあがり症でも、大切な友人の晴れ舞台!断ることは...

スポンサーリンク

転勤するときの挨拶や一言は話す相手によって内容を変えよう

働いていれば転勤を命じられることもあります。
転勤する時はお世話になった会社の人に自分の感謝の気持ちを伝えたいと思うでしょう。でも緊張しているとなかなか自分の伝えたい気持ちを伝えることができない人もいるはずです。
ここで事前に転勤する際の挨拶について考えてみましょう。

実は転勤をする時の挨拶は話す相手によって内容を変えるといいのです。
会社の事業所全体など大人数の前で人事異動の挨拶をする時にはどうしたらいいのでしょう。
大人数が見ている中で挨拶をすることに苦手意識を持っている人もいます。
緊張からどうしてもセリフが棒読みになってしまう人もいます。

しかし挨拶を聞いている人からすると、この先大丈夫だろうかと思ってしまうのです。
そこで典型的な挨拶や覚えられる挨拶であっても練習しておきましょう。
挨拶に盛り込むことは次の部署について、今の部署での思い出や今後の抱負について話すといいでしょう。
典型的な文面であってもはっきりと話すことによって相手に伝わるはずです。

では逆に部署内など人数が少ない人への挨拶にはどんなポイントがあるのでしょうか。
いつも一緒に働いてきた人への挨拶はフランクな内容がオススメです。
部署全体への挨拶は先程のような典型的な挨拶でもいいかもしれません。
ただ部署全員一人ひとり顔を合わせて挨拶すると感謝の気持ちが伝わります。
お世話になった上司へ自分はこんなことを教わったなどを一言添えることで、上司も喜ぶでしょう。

転勤の挨拶で必ず入れたい一言とは

転勤の挨拶でも典型的な文面での挨拶は嫌だと思う人もいるでしょう。
いつも一緒に仕事をして、プライベートも仲が良いという職場であれば、ある種の家族のような絆も生まれてしまうものです。
そんな職場であれば典型的な挨拶だと送り出す側も寂しく思ってしまうかもしれません。そこで挨拶をする上で必ず入れると良い一言についてお話します。

転勤になったときはお礼をしっかり伝えましょう

何年間お世話になりましたやご指導いただきありがとうございましたというお礼は絶対に外せないポイントです。
部署の人が少ない場合は些細なことでも構わないので、上司一人ひとりにどんなことに感謝しているかを添えてお礼を伝えるといいでしょう。

転勤になり挨拶するときはエピソードを盛り込もう

自分が一番頑張った仕事に関しての話を入れるといいでしょう。
その時に今の自分にはそれによってどんなことが身についたのかも添えましょう。
上司はあなたのそのエピソードを聞くことで部下が育ってくれたことに喜びます。

部下や同僚の場合は一緒に仕事をした内容でもいいでしょう。
困難を共有したことを話にいれることで思い出深い挨拶になります。
エピソードを1つでも入れることで挨拶の内容に厚みが出てきます。
簡潔にでもいいのでお話してみると喜ばれること間違いありません。

転勤の挨拶や一言で気をつけたいこと

転勤する前の挨拶が終わればホッとするでしょう。
しかし挨拶は転勤前だけではありません。
転勤した後にもこれから働く職場に挨拶をしなければなりません。
これから一緒に働く仲間たちへの挨拶はあなたの第一印象になるので、もしかすると重要になるかもしれません。

転勤先での挨拶の注意点は簡潔に分かりやすく話すことです。
異動後は色々と仕事が多いですし、職場内の異動時期であればバタバタしている可能性があります。
そんな時に長い挨拶をするとイライラする人も出てくるかもしれません。
挨拶は2分から3分くらいの目安で考えましょう。

また挨拶中は下を向くと暗い印象ややる気がない印象を与えてしまうので、真っ直ぐ前を見て大きな声ではっきり言うようにしましょう。
広い職場だと聞こえづらいということもあるので、考慮すべきポイントです。

転勤後なかなかスケジュールが合わずに顔を会わせて挨拶することが出来ない人もいるかもしれません。
その際にはメールでの挨拶も必要になるでしょう。

メールでの挨拶を刷る時には個人宛にメールをするようにしてください。
これは転勤する前でのメールの挨拶でもいえることですが、直接自分の業務で関わった人にはできるだけ一人ひとりメールを送信し、一斉送信はできるだけ避けた方がいいでしょう。
個人宛でメールを送る際、お世話になった人には挨拶の時のように3行ほどの短いエピソードを添えると喜ばれます。
メールを送信する際は送信先と自分の関係によってふさわしい文章にすることに注意しましょう。

転勤の挨拶や一言は必ず行おう

転勤後の挨拶は自分が働く会社にだけする訳ではありません。
これから自分の取引先となる会社があれば、その会社にも挨拶に行く必要があります。
これから仕事でパートナーになる可能性があるので、しっかり自分の顔を相手に覚えてもらうことが必要なのです。

まず異動したら現職での取引先や社内外から自分宛てにくるであろう電話などのリストアップをしましょう。
転勤前の職場での社外への挨拶はしっかりアポイントメントを取りましょう。
そこで異動日と業務の後任者の紹介をすると相手側も安心するので、忘れずに後任者の話もすることは重要です。
一番いい挨拶方法は後任者と一緒に挨拶に行くことです。
そうすることで相手も顔をみて挨拶ができるので、今後の取引に安心感が出てくるはずです。

転勤後に挨拶状を送ると言う人もいるでしょう。
挨拶状を送るタイミングは少し業務にも慣れてきたくらいです。
なぜかと言うと新しい職場に着任してからの自分の様子も合わせて伝えられるといいからです。
挨拶状を見た人が頑張っているなと思える内容がオススメです

急な辞令によって転勤が決まったケースもあります。
その時はバタバタしてしまいうっかり挨拶状を送ることが遅くなってしまうでしょう。
その場合であっても着任してから1ヶ月以内、もしくは2ヶ月以内がマナーなので忘れずに挨拶状を準備しましょう。

転勤した先での挨拶や一言はポジティブにいこう

挨拶をしっかりしようと思っても、緊張から声のトーンが小さくなる人もいます。
多く聞いている人は「この人緊張しているのかな」と理解してくれるでしょう。
しかし中には悪い印象を持ってしまう人もいるのです。

せっかく転勤して新しい生活が始まる時に悪い印象を持たれてしまうのは残念です。
そうならないためにも挨拶で心がけることがあります。
それは明るく話すことです。
ボソボソと話すと聞いていていい気持ちになれません。

朝礼でも一番大きい声で挨拶をする人は元気だなと思うでしょう。
それと同様に転勤後の挨拶でも意識して大きな声で挨拶するようにしましょう。

声のトーンだけではありません。
ネガテイブなことを言うことも暗い印象になってしまうのでいけません。
新たな職場で失敗しないかを心配する人もいますが、それを声に出してはいけないのです。

例えばよく挨拶で「初めての仕事のためご迷惑をかけます」と話す人がいます。
謙遜していることは理解できますが、相手はマイナスな感じに捉えてしまうのでやめましょう。

しかし日本人は自分では気づかないうちに謙遜する言葉を使ってしまいます。
もし挨拶の時にうっかり出てしまったのならば、「初めての仕事で迷惑をおかけするかもしれませんが、前職の経験を活かしながら頑張りたいです。」と前向きに聞こえるように言葉を変えるように意識してみてください。
そうすることで挨拶を聞いた人はこの人は未経験なことであっても頑張ろうと思っているのだなと感じてくれます。

初めてする仕事は誰しもが緊張することです。失敗することもあるかもしれません。
しかしそれは初めてなのだから当然のことなのです。経験を積んでいくことで失敗はなくなります。なので心配することはありません。