髪型に悩む男性必見!40代になっても若く見えるコツを教えます

男性も40代になると、髪の毛が薄くなってきたり白髪が増えてきたりと髪の毛に関して悩む人も多くなってくるでしょう。

しかし、40代になったとはいえ「おじさん」と思われないような髪型にしたいと考えているのではないでしょうか。

そこで今回は、40代男性におすすめの髪型について説明します。まず髪の毛の長さですが、短めにするようにしましょう。その方が清潔感を持たせることができるからです。

また、パーマをかけることもおすすめです。その方が若くみえるとも言われています。

白髪が増えてきても、それをカバーする髪型もあります。美容師さんとも相談して、自分に合った髪型を探してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

30代の服装、大人な男を演出する洋服選びとコーディネート

30代になり、20代の時に着ていた服装がしっくりこないと感じることはありませんか?30代の男...

ジーンズはベルトをしないとキマらない?ベルトの選び方

ジーンズを履く時ベルトをしないという方は意外といます。でもジーンズこそベルトをしないとキマら...

肩幅が広い男性がスッキリと見えるコーデ術!洋服選びのポイント

肩幅が広く、似合う洋服が少ないとお悩みの男性はいませんか?特にスポーツをやっていた方などは、肩周りに...

髭を伸ばしておしゃれな男性に変身するためのシェーバーの使い方

おしゃれに見える髭に憧れてはいるものの、シェーバーやはさみなどを使ってどう整えればいいのかわからない...

男性の服装がおしゃれに見えるコーディネートとバランスのコツ

あなたの周りにおしゃれな服装の男性はいますか?同じような洋服を着ていても、おしゃれに見える人とそ...

全身黒ファッションをださくみせないコーデとおしゃれアイテム

ワントーンコーデはおしゃれの上級者という印象がありますが、全身黒のファッションはいかかでしょう。...

男のすね毛を薄くしたい!簡単にできる処理方法とポイントを紹介

男性の中には濃いすね毛を薄くしたいとお悩みの人も多いのではないでしょうか?夏になるとハーフパンツ...

メンズの髪型で、おじさんにも似合う髪型を知りたい

メンズの髪型をしようと思った時に、その人がしたい髪型にすることが第一に思われますが、それ以上に気を付...

洗濯パンのサイズが小さいときの対処方法について紹介します

洗濯パンのサイズが小さいから洗濯機が置けない…そんな困った状況のときには、こんなアイテムがおすすめで...

男性がいい匂いになる香水の選び方や付け方をご紹介

モテる男性の条件として一番に来るのが「見た目の格好良さ」だと思われますが、それだけを満たすだけでは本...

男性の服装の中で、冬向けのものについて知りたい

ファッションに気遣うのは、女性だけではなく、男性も同じです。とはいえ、おしゃれな服を1枚買えばそ...

男性の靴のおすすめな選び方についてご紹介します

男性が靴を選ぶ時は、デザインや履き心地、それから値段で決めるという方が多いと思いますが、それだけでは...

黒いスーツに合うのはどんな靴や色?革靴の色選びについて

黒のスーツのときにはどのような靴を合わせたらいいのでしょうか?一番合わせやすいのは黒ですが、どうも重...

筋肉を鍛えているイケメンがおしゃれに見えるのはなぜ

世の中には趣味や職業柄、筋肉を鍛えている人がいますが、それだけでも格好良いのに、顔がイケメンの人に限...

男のロン毛はパーマや髭でセクシーに!ロン毛のポイント

ロン毛パーマに挑戦してみたい!そんな男性も多いのではないでしょうか。男性の髪型で最も難易度が高い...

スポンサーリンク

40代の男性は、清潔感のある短い髪型がおすすめです

40代と聞くと、「ちょっとおじさんかも…」と思う人もいると思いますが、実際の40代の男性は年齢よりも若く見える人が多い傾向にあります。
しかし、だからといって、10代や20代のように若い髪型にしているのは、さすがに無理があると言うものです。

若く見せたいけど、無理してると思われたくないと思っている40代の男性には、清潔感のある短い髪型がおすすめです。

男性でも意外と老けて見られることを嫌がる人がいますが、老けてきた顔を髪の長さで隠そうとするのは返って逆効果です。

40代男性にはすっきりとおでこを出すショートの髪型をおすすめします。

とはいえ、短くした髪を切りっぱなしにするのはちょっともったいないことです。
「自分は髪が短いからドライヤーを使わなくても良い」と考える方も多いと思いますが、ドライヤーは髪を乾かすだけではなく、髪のボリュームアップに大いに役立つのです。
少し面倒でもドライヤーの風を髪の根元に当てて、髪をふんわりさせて挙げましょう。
また、毛先にワックスをつけると、髪に良いニュアンスをつけることが出来、仮に風などで髪型が乱れても、簡単に直すことが出来ます。

40代男性に似合う髪型は「ツーブロック」!セットも簡単です

ショート以外に40代男性に似合う髪型には「ツーブロック」もあります。

ツーブロックは、頭の頭頂部周辺の髪の長さを残し、こめかみあたりから後頭部にかけて短く刈り上げたりカットする髪型です。
見た目のおしゃれさや、セットの簡単さなどのメリットがあるので、幅広い年代の男性から高い支持を集める髪型です。
ツーブロックは、セットが簡単とはいえ、きちんとした手入れが必要です。
外出の際は、軽くワックスを付けてから行くことをおすすめします。
もっとしっかりセットしたい人は、ドライヤーを使うと、よりスタイリングがしやすくなります。

ちなみにツーブロックはヒゲとの相性バッチリです。
なので、より男らしい見た目にしたいという人は、ツーブロックにするのと同時にヒゲを伸ばしてみるのも良いですね。

40代男性はパーマをかけることで若く見えるというメリットもあります

40代の男性が「パーマをかける」と聞くと、どのように感じるでしょうか。

40代男性がパーマをかけるメリット

「年の割にチャラチャラしてる」、「髪に負担が掛かりそう」などと考えるかも知れませんが、40代男性はパーマをかけることで若く見えるというメリットもあります。

チャラチャラして見える事を気にするのであれば、髪は染めずにカールもキツくしないようにすると良いでしょう。
また、パーマが髪の負担になるは気になることだと思いますが、それは頻繁にパーマをかけたり染めたりする場合だけです。
それほど頻度が高くなければ、髪に極端なダメージが加わることもありません。
それよりも、普段の生活に乱れが出ないようにしたり、頭皮環境を良くすることの方が大切です。

パーマをかけている髪のセットの仕方の流れとしては、「髪を根本まで濡らす」、「髪の水分をタオルで取った後にドライヤーで8割ほど乾かす」、「ワックスやムースでスタイリングする」という流れになります。

一見ショートやツーブロックの人と変わらないように思えますが、実際にやってみると、同じ工程なのに、時間が短くなるのを実感出来るでしょう。
特に、最後のスタイリングの時は、髪にヘア剤を軽く馴染ませるだけで完成します。

40代男性の欠点をカバーできる髪型について

40代になると見た目こそ若くても、10代や20代の時に無かった悩みが出てくるのではないでしょうか。
そんな40代男性の欠点をカバーできる髪型についてご紹介します。

白髪

30代の時は数本あるかないかだった白髪も、40代になると格段に増えて来ます。
その時に、白髪染めするのも良いですが、ここはあえてナチュラルな状態にするのもおすすめします。
30代の時は顔の若さと白髪がアンバランスだったものが、40代の渋みと白髪の相性が良くなりますので、渋みを出したい人は、髪をショートにして、黒染めをしないことをおすすめします。

薄毛

個人差はあるものの、40代を過ぎると格段に増えてくるのが薄毛に悩む人です。
本気で薄毛を隠したいのであれば、カツラを使うことをおすすめしますが、費用やメンテナンスなどのことで躊躇しているのであれば、「あえて隠さない」という方法をおすすめします。
自分は周囲に気づかれていないつもりでも、不自然に伸ばした髪で隠すのはあまり関心出来ません。
強い風に吹かれたり、雨で髪が濡れてしまうと、隠さない以上にみっともない姿を晒してしまうことになるからです。
ソフトモヒカンや坊主などにすると、逆に気にならなくなります。

40代男性の髪の悩みを解決するためには「シャンプー選び」も大切です

男性は女性よりも比較的シャンプーにこだわりがなく、石鹸を使っている人や、「とりあえず安いやつ」といった理由で選んでいる人も少なくありません。
しかし、40代男性の髪の悩みを解決するためには「シャンプー選び」も大切です。

40代男性がシャンプー選びで一番気をつけたいポイントは、「頭皮ケアが出来る」ということです。

良い匂いになったり、髪に優しいということも大切ですが、髪の毛穴に詰まった脂汚れを効果的に落としてくれることを第一に選ぶようにしましょう。
また、シャンプーの仕方も大切です。
最初に、ブラッシングをして髪の表面についてホコリを落とし、次にシャワーで残っているホコリと汚れをすすぎ落とします。
この時の時間は3分ほどを目安に流しましょう。
次にシャンプーですが、シャンプー液を直接頭に乗せるのは絶対にやめてください。
というのも、シャンプー液は思っている以上に落としづらく、その残りが蓄積して頭皮ダメージや嫌な臭いの原因になる可能性が高いからです。
ですので、手のひらか、風呂桶で泡立ててから頭に乗せるようにしましょう。
頭を洗う時は、髪よりも頭皮の汚れを落とすように意識して指の腹で洗いましょう。
いくら痒くても爪を立てるのは厳禁です。
それ後、頭皮にお湯を行き渡らせることを意識して充分にすすぎ、最後にコンディショナーを髪に行き渡らせて、もう一度流したら終了です。
髪が短い人はコンディショナーはいらないと考えると思いますが、短い人でも、髪のケアを考えるのであれば、必ずコンディショナーもつけるようにしましょう。

このように、40代男性は髪型についてあれこれ悩むと思いますが、自分に合った髪型をして、正しいケアをすれば素敵な紳士になれますので、是非実践していきましょう。