30代の服装、大人な男を演出する洋服選びとコーディネート

30代になり、20代の時に着ていた服装がしっくりこないと感じることはありませんか?

30代の男性に合う、落ち着いた大人の男という雰囲気のあるファッションを心掛けたいものです。

まずは30代男性の服装で抑えたいポイントを紹介します。

やはり大切なのは清潔感です。また大人の雰囲気を醸し出すには色使いも重要です。

アイテム別でみると、ジャケットやチェスターコートなどが誠実そうなイメージが持たれるでしょう。

30代男性におすすめなトップスやボトムスの選び方やコーディネート例もご覧ください。
通勤や普段着はもちろん、女性と会う時の服装にもおすすめな落ち着いた大人の男性の服装スタイルをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髪型に悩む男性必見!40代になっても若く見えるコツを教えます

男性も40代になると、髪の毛が薄くなってきたり白髪が増えてきたりと髪の毛に関して悩む人も多くなってく...

男性の靴のおすすめな選び方についてご紹介します

男性が靴を選ぶ時は、デザインや履き心地、それから値段で決めるという方が多いと思いますが、それだけでは...

男性の服装【40代向け】簡単におしゃれに見せる着こなしのコツ

男性の服装選びについて、40代でおしゃれが苦手な男性はどんなアイテムを選んだらいいのか着こなしに悩む...

ジーンズはベルトをしないとキマらない?ベルトの選び方

ジーンズを履く時ベルトをしないという方は意外といます。でもジーンズこそベルトをしないとキマら...

顔でかい男性は帽子が似合わない?似合う帽子選びのポイント

帽子はおしゃれアイテム!コーデに取り入れると、全体の印象にグッと違いが出ます。しかし 顔でかい、頭が...

髭がおしゃれな外国人から学ぶ、格好良い男の作り方

髭がおしゃれな人を思い浮かべた時に、イケメンの日本人の俳優を思い浮かべたという人も多いと思いますが、...

顔が面長の人に似合うメガネやファッションはコレ

メガネはおしゃれアイテムの一部として認識されていますが、おしゃれなフレームをかけても、「なんだかしっ...

黒いスーツに合うのはどんな靴や色?革靴の色選びについて

黒のスーツのときにはどのような靴を合わせたらいいのでしょうか?一番合わせやすいのは黒ですが、どうも重...

ツーブロックは短髪で!20代メンズに似合う髪型をご紹介します

メンズに圧倒的な人気のツーブロックですが、ビジネスマンなら短髪ツーブロックにすることがおすすめです。...

髭を伸ばしておしゃれな男性に変身するためのシェーバーの使い方

おしゃれに見える髭に憧れてはいるものの、シェーバーやはさみなどを使ってどう整えればいいのかわからない...

男性の服装の中で、冬向けのものについて知りたい

ファッションに気遣うのは、女性だけではなく、男性も同じです。とはいえ、おしゃれな服を1枚買えばそ...

タイツのデニールは気温で変える?季節に合ったタイツの履き方

タイツのデニールは気温に合わせれば間違いなし?寒くなるにつれて上げていくのがタイツのデニール。...

髭の剃り方が重要!おしゃれ度がアップする髭の剃り方とコツ

いい加減な髭の剃り方をしてしまうと、おしゃれとは程遠いただのだらしない髭面になってしまうだけ。髭...

男性の短髪のスタイリングにワックス!使用方法のポイントを紹介

男性の短髪はスッキリとして爽やかな印象がありますよね。そしてスタイリングがしやすそうにも見えます。...

洗濯パンのサイズが小さいときの対処方法について紹介します

洗濯パンのサイズが小さいから洗濯機が置けない…そんな困った状況のときには、こんなアイテムがおすすめで...

スポンサーリンク

30代、男の服装に求めるポイント

自分では若い頃と変わっていないつもりでも、いつの間にか似合わなくなった服ってありませんか?

10代や20代の頃に比べると、肌の色や髪の毛の張り、体型等が少しずつ変化しているため、どうしても同じ服装をすると違和感を感じてしまいます。その違和感に気付かずに若い頃のままの服装でいると、なんだかチャラい人やダサい人という印象を女性に持たれてしまうことがあります。

年齢に合わせた似合う服装をするのは大人のたしなみ

30代男性は、落ち着きや安定感を感じさせる服装をすること

洋服の形、着た時のシルエット、サイズ感、それぞれに拘りましょう。

自分の体のサイズを知っているのも大人な印象を与えます。サイズが合っていない服を着ていると、清潔感に欠けて見えてしまう恐れもありますし、自分のサイズを理解していればスタイル良く見える服や似合わない服にも気づけるでしょう。

洋服は選ぶ色で印象が変わる

10代や20代と30代では似合う色も少しずつ変化していきます。

30代は今までよりも落ち着いた色を選ぶのがお勧め

まずは、ベーシックカラーの中から自分に似合う色を見つけましょう。

カラフルなコーディネートが好きな人は、ベーシックカラーをベースに、インナーなど見える面積の少ないアイテムにカラフルな物を取り入れたり、靴下や裏地などで遊ぶのがお勧めです。

デザイン的には、ドレス、シック、シンプルというキーワードをイメージして服を選ぶと、大人っぽい服装に近づきやすいです。

30代男性におすすめ!誠実に見える服装

30代になると自分が昔思っていた30代に比べて自分は全然子供だと思ってしまう人も多いでしょう。そして、30代になっても大人としてかっこいい男性に憧れますよね。

大人としてかっこいい男性の服装ってどんなイメージでしょうか?

落ち着きがあって器の大きさを感じさせたり、清潔感があって身なりに気を遣えている、拘りや余裕を感じさせる服装…大人の男性のイメージは人それぞれあると思いますが、多くの人が連想する大人の男性に簡単に変身できるアイテムがあります。

30代はジャケットをコーデに取り入れる

ジャケットを羽織ると、一気に大人っぽくなれます。

もちろん、そのジャケットにあったインナーやパンツを合わせることも大切です。

ジャケットは襟の形がテーラードカラーを選ぶと大人に似合うきちんと感を感じられます。普通のキレイめなジャケットでも良いですが、おしゃれさを出したいのであれば、素材に拘ったり丈感に拘ってみましょう。ただ羽織るだけでなく、袖を捲って腕を出しても良いでしょう。

ジャケットを格好良く着こなすためには、デザインや素材以上にサイズが大切

デザインによってオーバーサイズや細身の作りがありますが、必ず試着して体に合っているかどうか確認しましょう。

窮屈に感じて安易にサイズを上げるとおじさんっぽくなってしまうので注意が必要です。逆に小さすぎても変なので、シワの入り方もチェックしましょう。

また、すとんとしたシルエットでテーラードカラーのチェスターコートも大人の男性にお勧めのアウターです。チェスターコートは縦長のラインでスタイルアップさせることが出来ます。チェスターコートの場合は多少大きめでもおしゃれに着こなしやすいです。

30代男性が着たい服装は白シャツや白カットソー

ジャケットが格好良くても、その他が変だと意味がありませんので、中に着るトップスもちゃんと選びましょう。

カラーコーディネートで悩まない服装

清潔感があって万能なのは白いトップスです。

ジャケットのインナーとして着るTシャツやオックスフォードシャツは白無地や白ベースを選ぶと、他のアイテムの色が何色でも合いやすいです。

ジャケットの下に白いシャツやTシャツをインナーとして使えば、きちんと感が出ます。寒い時期にカーディガンやセーターを重ね着してもバランスがとりやすいです。

なお、お勧めの白インナーですが、ここでもサイズ感は大切です。着丈は長めを1枚持っておくのがお勧めです。重ね着したときに裾から白インナーが覗くだけでコーディネートがしまって見えます。

シャツは白一色でも良いですし、白の配分が多い柄物や杢カラーも比較的合わせやすいです。白ベースでポケットや袖の裏は色が違うなどのワンポイントがあっても良いでしょう。

カットソーやTシャツを選ぶとき

襟ぐりの形にも拘って選びましょう。首が詰まっているTシャツをおしゃれに着こなすのは結構テクニックが必要ですが、広めのVネックやUネックならそれだけでスタイルアップしやすく、おしゃれっぽさも出せます。

30代の男性のボトムス選びのポイントやコーディネートの例

30代男性にお勧めのアウターとインナーをご紹介してきましたが、最後はボトムスです。

服装がおしゃれに決まるかどうか、大きく左右させるのはボトムス

最初に、ドレス、シック、シンプルというキーワードをイメージして服を選ぶと良いとお勧めしましたが、ボトムスもこのキーワードを基準に選ぶようにしましょう。

アウターやインナーとの相性が良いボトムスは細身のパンツ

ただ細いのではなく、いわゆるスキニーパンツを選びましょう。

ジャケットやセーターの下から覗く白シャツもチェスターコートも縦長効果が期待できますが、そこに細身のパンツを合わせると相乗効果でよりスタイルが良く見えやすくなります。

30代の男性の体型変化

おしゃれさよりも楽さを取ってしまっている人もいるのではないでしょうか。お腹周りが気になりだした人にも、細めのボトムスはお勧めです。

少しゆるめで腰が隠れるくらい長めのトップスやオーバーサイズのトップスと細身のパンツを合わせましょう。ゆったりとフィットのコーディネートは視覚的にすっきりして見えやすくなります。

ベーシックカラーの黒、紺、チャコール、デニム等を選べばトップスやアウターの色も合わせやすいです。

どうしても細身のパンツに抵抗を感じる人やスラックス系のパンツが好みの場合

くるぶし丈のパンツを選びましょう。少し長い場合でもくるぶし丈になるようにロールアップして、靴下で遊ぶのもおしゃれです。

スラックスを選ぶとき

ストレートシルエットより足首の方に向かって細身になるシルエットだとおじさんっぽくなりにくいです。

くるぶし丈のスラックスと合わせるトップスは、白いシャツとセーターの重ね着をしたり、Tシャツとジャケットを合わせると失敗しにくいです。

男のきれいめアイテム・カジュアルアイテムとその比率

ここまで読んで、キレイめのアイテムでトータルコーディネートしたら、30代に似合う服装になるんだと思ったでしょう。

キレイめの服装で固めてしまうと、かっちりしすぎてしまう

また、老けすぎてしまう場合があります。かといって、カジュアルに寄せすぎると子供っぽくなって違和感を感じる服装になってしまいかねません。

スーツ以外の30代らしい大人っぽい服装

清潔感を感じられるシンプルな服装がお勧めです。

キレイめファッションにカジュアルアイテムを取り入れて、休日らしい程よいリラックス感や遊び心を取り入れましょう。

ここまでお勧めしたアイテムも、トップスなら「丈が長め」というのがカジュアルさを出しますし、ボトムスなら細身シルエットやロールアップでカジュアルさが出ています。

例えば、ジャストサイズのジャケットとジャストサイズの白シャツと黒の細身パンツでは、ジャストサイズのジャケットとシャツ、ボトムの黒にキレイめ要素を感じますが、カジュアル要素はパンツのスキニー位です。

このコーディネートだとキレイめが多くてかっちり感が強めに感じやすいですが、インナーをVネックのTシャツや丈の長いシャツに替えるとカジュアルさが増して、程よいリラックス感や余裕も出せます。

比率で言えば、キレイめ要素をカジュアル要素より少し多めにすることで、程よいリラックス感や余裕を感じる大人の服装になります。