黒いスーツに合うのはどんな靴や色?革靴の色選びについて

黒のスーツのときにはどのような靴を合わせたらいいのでしょうか?一番合わせやすいのは黒ですが、どうも重くなりがちですよね。

しかし、黒ではない色を選んで目立ちすぎるのもビジネスシーンでは考えものです。

黒い靴を選ぶ時、黒以外を選ぶ時にはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?ちょっとしたポイントを押さえればスーツの着こなしがさらにアップするはずです。ぜひ、試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

タイツのデニールは気温で変える?季節に合ったタイツの履き方

タイツのデニールは気温に合わせれば間違いなし?寒くなるにつれて上げていくのがタイツのデニール。...

ノースリーブニットは男ウケが良い!男の意見と着こなしのコツ

彼氏が居ない女性の中には、男ウケの良い洋服を身に着けることで恋人候補の男性を探したいと思っている女性...

顔の大きさの男性の平均とコンプレックスを小さく見せるコツ

顔の大きさを男性で気にしている人もいるでしょう。特に顔の大きい男性はそれをコンプレックスに感じていて...

ジーンズはベルトをしないとキマらない?ベルトの選び方

ジーンズを履く時ベルトをしないという方は意外といます。でもジーンズこそベルトをしないとキマら...

股上が浅い深いとでは印象が変わる!男性大人デニムの選び方

どんなに年齢を重ねてもおしゃれをしたいと思う気持ちを持つということは素敵なことです。でも最新の流...

スポンサーリンク

黒いスーツに合う靴といえば「黒」

社会人も数年目になって来て、会社でも「営業」についていると、外見により注意を払う様になります。

これまでは新社会人として、いつも「このスタイル」みたいに決まったスタイルで働いていたけれど、靴をもう少しオシャレにしてみたい。仕事をしている時は、大抵黒いスーツなので、靴はどんな物にするとよりプロフェッショナルに見えるだろうか。

スーツや靴の基本は黒

社会人になって、まだ間もないのであれば、余計あまり黒以外の色を選んで目立つ事など、考えない方が良いと思います。それよりは、常に「基本」に立ち返り、「基本は黒」と肝に銘じる方がビジネスマナーに叶っていると思います。迷っているのなら、「黒」です。

黒も、ピカピカしているとオシャレに見える

あまりツヤツヤしすぎていると、ビジネスには向きませんが、ただ、少しパーティ感のある場所へ誘われているのであれば、いつも以上に磨いてみても、オシャレになります。

黒いスーツに合わせる靴は濃い目の茶色もおすすめ

基本に戻ることは周りからも評価されます。でも、外見を常にブラッシュアップする姿勢も周囲から良い評判を得ると思います。

黒いスーツに、黒系の茶色の靴も合いますよ。

ただ、あまり茶色を意識すると、少し靴だけが浮いてしまいます。

コツとしては、「黒に近い茶色」を選ぶことだと思います。

黒の革靴に飽きてきてしまった、少し違った色に挑戦してみたい、そんな気分であれば、少し茶色を取り入れて見ると気分もスッキリすると思います。

また、靴をそういった形でオシャレさを出すのであれば、ベルトの色にも気を使う事をお勧めします。実は、靴とベルトの色を一緒にする事で、よりスーツとは違う靴の色が目立たなくなります。ベルトと靴の色を統一する事で、よりオシャレ感を引き出す事が出来ます。これから営業で相手の企業の方に会う時など、意識してみて下さい。

黒のスーツと靴が合わない…ポイントはベルト

ビジネスで定番なのは、黒のスーツだと思います。そうすると、どうしても靴も黒になりがち。逃げ道として選ばれるのは、やっぱり茶色系の靴だと思います。けれど、初心者であったり、あまりファッションにこだわっていない人だと、どうしても違和感が出てくると思います。

茶色の靴を履く時は、ベルトや腕時計の色にも気を使う

正直、あまりオシャレではない人が、黒のスーツに黒以外の色(例:茶色の靴)を履くとなると、アンバランスが生じて、他の人からの評価が低くなりがちです。

どう上手くカバーする事が出来るかがポイントになって来ると思います。どうしても挑戦したいのであれば、茶色の靴を買う時に、同じ色のベルトや腕時計を買って、同じ色が靴だけではなく、数箇所ある色のコーディネートにしましょう。

そうする事により、茶色の統一感がより出てきます。靴という一箇所だけだとどうしても浮いてしまいます。数箇所に拡大して、バランスをとっていきます。

どんな靴下を履くべき?黒いスーツのとき

就活の時の面接であったり、「明日は大切な商談だ」など、明日に備えて、準備をしている方、いますよね。黒のスーツも準備して、靴も用意した。最後に悩むのが、靴下だったりします。

靴下の色は、スーツか靴の色に合わせる

ビジネスの中で「常識」と捉えられているのは、靴下もスーツか靴の色に合わせる事です。大抵、スーツは黒、紺などダーク系の色だと思います。それに合わせた色の靴下を履くことをお勧めします。

無地がお勧め

ビジネスでも「ここぞ」という様な勝負の時であれば、色もダーク系の色で、柄も無い物の方が適切だと思います。リブソックスも目立たないものであれば、ビジネスシーンでも特に問題にはならないと思います。

間違っても、赤などの色がついた物を履くことはお勧めしません。文字が入っている物もお勧めできません。あくまでも、ダーク系で、スーツと似たような色の靴下を選び、履きましょう。

黒いスーツと礼服の違い

黒いスーツと礼服の違いは中々難しい物があると思います。

結論から言いますと、黒いスーツと礼服は別物になります。「見た目に大した違いも無いし、葬儀に黒いスーツを着ていっても、問題はない」と軽く見ていると、恥ずかしい目に会うと思います。

他の、結婚式などは、黒いスーツを着ていっても大差はないので、それ程気にする必要はありません。ただ、葬儀となると、明らかに差が出てくるので、1着用意して置いた方が恥をかかずに済むと言えます。

特に葬儀はいつ行かなくてはならないのか予想がつかない事もありますよね?いざという時に、「手元に黒いスーツしかない」などの緊急事態に陥る事もシバシバだと思います。日頃から、いざという時の為に、葬儀様の礼服を一着用意しておくべきだと思います。

だからこそ、「黒」を強調しすぎたスーツは避ける

葬儀のイメージを避ける為にも、就職活動用のスーツもあまり黒を強調しているものは避ける方が無難かなと思います。紺系の黒だったり、黒にも色んな黒があります。あまりにも葬儀を連想させる様な色の物は避けましょう。

社会人になると、スーツ、靴、靴下など「どんな物にしたら良いのか?」と頭を悩ませる事も多々あると思います。そんなあなたの悩みを解決できる情報を上記に記述しました。あなたの参考にはなりましたか?気をつけたいのは、あまり黒すぎると、葬儀の礼服のイメージが湧いてしまう事だと思います。オシャレも意識して、濃い黒のスーツは選ばない方が、就活や会社でも浮かないかと思います。