男のロン毛はパーマや髭でセクシーに!ロン毛のポイント

ロン毛パーマに挑戦してみたい!そんな男性も多いのではないでしょうか。
男性の髪型で最も難易度が高いといっても過言ではないのがロン毛。一歩間違えれば、清潔感がない、ただのだらしないロン毛になってしまいます。
ロン毛はパーマや髭でセクシーでワイルドに魅せるのがポイント。
女性から引かれてしまうようなロン毛にだけはならないように注意しましょう。
ロン毛パーマならではのヘアアレンジもありますのでチャレンジしてみては?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

顔の大きさの男性の平均とコンプレックスを小さく見せるコツ

顔の大きさを男性で気にしている人もいるでしょう。特に顔の大きい男性はそれをコンプレックスに感じていて...

男のすね毛を薄くしたい!簡単にできる処理方法とポイントを紹介

男性の中には濃いすね毛を薄くしたいとお悩みの人も多いのではないでしょうか?夏になるとハーフパンツ...

メンズの髪型で、おじさんにも似合う髪型を知りたい

メンズの髪型をしようと思った時に、その人がしたい髪型にすることが第一に思われますが、それ以上に気を付...

全身黒ファッションをださくみせないコーデとおしゃれアイテム

ワントーンコーデはおしゃれの上級者という印象がありますが、全身黒のファッションはいかかでしょう。...

男性の服装【40代向け】簡単におしゃれに見せる着こなしのコツ

男性の服装選びについて、40代でおしゃれが苦手な男性はどんなアイテムを選んだらいいのか着こなしに悩む...

肩幅が広い男性がスッキリと見えるコーデ術!洋服選びのポイント

肩幅が広く、似合う洋服が少ないとお悩みの男性はいませんか?特にスポーツをやっていた方などは、肩周りに...

男性の短髪のスタイリングにワックス!使用方法のポイントを紹介

男性の短髪はスッキリとして爽やかな印象がありますよね。そしてスタイリングがしやすそうにも見えます。...

男性の靴のおすすめな選び方についてご紹介します

男性が靴を選ぶ時は、デザインや履き心地、それから値段で決めるという方が多いと思いますが、それだけでは...

筋肉を鍛えているイケメンがおしゃれに見えるのはなぜ

世の中には趣味や職業柄、筋肉を鍛えている人がいますが、それだけでも格好良いのに、顔がイケメンの人に限...

タイツのデニールは気温で変える?季節に合ったタイツの履き方

タイツのデニールは気温に合わせれば間違いなし?寒くなるにつれて上げていくのがタイツのデニール。...

髭を伸ばしておしゃれな男性に変身するためのシェーバーの使い方

おしゃれに見える髭に憧れてはいるものの、シェーバーやはさみなどを使ってどう整えればいいのかわからない...

男は着物の羽織もカッコよく!着方や選び方と組み合わせのコツ

男性で着物を着ている人を見ると、羽織も着ている人を見かけたことはありませんか?男性の和装スタイル...

顔でかい男性は帽子が似合わない?似合う帽子選びのポイント

帽子はおしゃれアイテム!コーデに取り入れると、全体の印象にグッと違いが出ます。しかし 顔でかい、頭が...

ノースリーブニットは男ウケが良い!男の意見と着こなしのコツ

彼氏が居ない女性の中には、男ウケの良い洋服を身に着けることで恋人候補の男性を探したいと思っている女性...

髭がおしゃれな外国人から学ぶ、格好良い男の作り方

髭がおしゃれな人を思い浮かべた時に、イケメンの日本人の俳優を思い浮かべたという人も多いと思いますが、...

スポンサーリンク

男性全員がロン毛パーマが似合うわけじゃない?ロン毛パーマが似合う条件

風になびく、ふんわりとしたロン毛。パーマでニュアンスを出した男性のロン毛に憧れているという人もいるでしょう。実際、ロン毛の男性は、どこかワイルドでありながらも、謎めいていて素敵ですよね。

なぜ、そのように感じるのでしょうか。短髪の男性とは違い、顔周りがちょっと隠れたり、目元がハッキリと見えないなんてことも、そう感じさせるポイントなのかもしれませんね。長い髪を後ろでキュッと一つに束ねた髪型も、何か職人気質を思わせる個性的な男性という感じがします。

しかし、このロン毛。似合わない男性が多いのも事実です。髪を伸ばせば、誰でもロン毛にすることはできます。

しかし、思い出して見てください。あなたが想像する、素敵なロン毛の男性はどんな人ですか。彫りの深い、ハッキリとした顔立ちの人ではありませんか。細身でありながらも骨太で筋肉質、長身で、若干日本人離れした男の色気漂う男性ではないでしょうか。

そんな男性でなければ、なかなかロン毛が似合うことがないのも、また事実なのです。

男の色気を出す、おすすめのロン毛パーマ

実際、ロン毛が似合うかどうか、伸ばしてみなければ分からないというところもあるでしょう。

確かにロン毛の似合う男性は、短髪の男性よりも色気を感じることがあります。ニュアンスを出すためにも、ロン毛にパーマは必須です。

ただ、髪が長いというのでは、女性っぽくなってしまいますが、パーマをかけることで、オシャレ感が増し、男性らしさと色気を併せ持つ髪型なることがあります。

ロン毛にパーマをかけたら、清潔感を出すために、ウェットに仕上げるというのもポイントになります。

ウェットにすることで、髪質をより綺麗に見せることができます。質感のあるロン毛であれば、女性ウケも間違いありません。

しっかり髪を分け、額を見せると、スッキリとした印象になります。横のロン毛が、ちょっと顔にかかったとしても、もったりと重たい感じにはならないはずです。

上級者であれば、外巻きパーマにしてみるというのも手です。アパレル職であれば、この髪型はスーツとの相性もバッチリです。品が良いので、違和感はないでしょう。

ロン毛パーマの男性におすすめしたい、こなれ感を出すヘアアレンジ方法

男性のあなたがロン毛パーマにした暁には、ぜひ、いつもおなじ髪型なのではなく、アレンジを楽しんでみてください。

ロン毛なので、結ぶことが可能になります。女性はよく長い髪を束ねて、アレンジしていますが、それと同じだと考えてください。

ただし、男性なので、女性と同じという訳には行きません。

王道なアレンジ方法としては、後ろで一つに結ぶのがお勧めです。ピッと纏めてしまうのではなく、若干ルーズな感じに結びましょう。また、高い位置に結んでしまうと、若干、ポニーテールっぽくなってしまうので、あくまでも下の方、低いところで結んでみてください。

高い位置で結びたいのであれば、髪がさらにまとまるように、お団子ヘアにしてみましょう。高すぎて、髷っぽくならないように注意してください。キツめにパーマがかかっていても、結ぶことでよりモードな感じに仕上がります。

ロン毛が似合う男性は少数?難易度が高く女子ウケもあまり良くないのが現状

ロングへアの似合う男性は色っぽくて素敵です。かつては、ロングへアの男性が街に溢れていたという時代もありました。

今でも、ロン毛が似合う男性はいます。しかし、限られているのが現状です。かなりのイケメン、彫りが深くワイルドな印象でありながら、清潔感がある、そんな男性なら問題ないかもしれませんが、なかなかいません。

しかも、ロン毛の男性は、女性にはモテにくいというのは現状です。ウケは良くないと言えるでしょう。

一般的な社会人にロン毛の人は見かけないですよね。

誰も彼もがロン毛にしていいという訳には行かないのです。折角ロン毛にできるというチャンスがあったとしても、ロン毛にすることで、なんとなく清潔感がないように受け取られてしまうこともあります。

ロン毛にするためには、それなりに髪にお金をかけなくてはなりません。艶のある綺麗な髪、パーマをかけるなどしてニュアンスのある髪を目指さなくてはなりません。
オシャレでこの髪にしている、お金や時間がなくて、髪を切りに行けないというようなロン毛とは違うというところを、女性に感じてもらう必要があります。

ロン毛にするならパーマは必須!髭でおしゃれでワイルドに魅せるのがポイント

モテるロン毛の男性もいます。あなたがそこを目指しているのであれば、まずはその髪にパーマをかけましょう。

ロン毛は重たい印象になるので、カラーをするというのもお勧めです。ロン毛にしたのにいまいちワイルドさが足りないというのであれば、ぜひ、ひげを伸ばして見てはどうでしょうか。

ロン毛にひげ。汚らしい印象になってしまうのではないかと思われがちですが、ひげも、かっこよく整えることとが重要です。それだけで、オシャレに見えること間違いなしです。

ワイルドさが加わることで、スーツなどの清潔感のある服装にもギャップを与え、より似合うようになります。

ワイルドという言葉は基本的に女性には当てはまらない言葉です。男性だからこそ、ワイルドは褒め言葉に値するのです。

ただし、いくらワイルドでも、肌がガサガサでは元も子もありません。つるつるな整った肌であればこそ、そのロン毛やひげが生きてくるのです。

体型もそうです。余計な脂肪がついている身体に対してのロン毛には、清潔感は感じられません。女性だけでなく、男性にも、不潔な印象に捉えられてしまいます。

ロン毛にしたいのであれば、肌や体型、そしてファッションに気を付けることで、よりオシャレでワイルドに見せることができるでしょう。

折角、髪を伸ばしたのに、イマイチ似合わないからと切ってしまう前に、アレンジしたりパーマをかけたり、ファッションにこだわってみると、ロン毛が案外似合うようになることもあるのです。その長い髪に合わせて、自分を楽しめば良いのです。折角のロン毛をぜひ満喫しましょう。