鍋焼きうどんの作り方。絶品アルミうどんの美味しい食べ方

鍋焼きうどんはどんなときに食べたくなりますか。
温まりたい時、風邪をひいた時、夜食にと様々なシーンがありますね。

アルミに入った鍋焼きうどんは煮込むと時に鍋がいらないうえに、洗い物も出ないので本当に便利ですね。

またエビ天やカレーうどんなど色々な味が楽しめるのも嬉しいものです。
冷凍タイプは冷凍庫に常備出来るので助かりますね。

美味しい作り方や野菜や卵を入れた豪華なうどんの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ラーメンの原価が高いのは醤油より味噌?その理由とは

ラーメンの原価を考えた場合、どんなラーメンや具材が原価が高いのか気になってしまいます。という...

おでんの薬味はからしだけではない?味噌もおすすめです

おでんの薬味といえばからしという人が多いと思いますが、実は地方によって違いがあるようです。中...

米の保存期間は?未開封の米の賞味期限と保存方法を解説

家にあるを未開封の状態で保存しているとき、保存期間が長くなると、米の賞味期限について気になってしまい...

イカの寿司に切れ目があるのは見栄えだけじゃないアノ理由!

イカの寿司を見ると、ある店では細かい切れ目があれば、別の店では一切切れ目がないことがあります。...

鍋にラーメンはどう入れる?生麺を使うときのポイント

鍋のしめにラーメンの生麺を使ったらなんだか、ドロドロして美味しくなかった…味がぼやけてしまった事はあ...

インドにはたくさんのスパイスの種類があります

インドといえば、「カレー」と答える人が多いと思いますが、そもそもカレーとはどんな料理でしょうか?...

寿司のシャリは人肌に温かい方が旨い?美味しい寿司の見分け方

寿司を食べた時シャリの温度を気にしたことはありますか?お寿司屋さんによって温かいシャリでお寿司を握る...

ベーコンの自家製燻製!フライパンで簡単にできる作り方をご紹介

ベーコンの燻製が簡単にお家で作れることを知っていますか?燻製と言うと手間がかかるイメージがありますが...

一人暮らしでの揚げ物はフライパンがあれば出来る!

揚げ物が食べたいと思うことありませんか?一人暮らしでも是非揚げ物に挑戦してみましょう。揚...

一人暮らしで肉料理を作るなら簡単にすぐできるものがおすすめ

一人暮らしでも肉料理を食べたい!しかし、簡単に作れるものなのでしょうか?がっつり肉料理を食べ...

冷凍の焼き鳥の解凍方法とは?美味しく焼くポイントを紹介

冷凍の焼き鳥はどのような解凍方法が適しているのでしょうか。冷凍の焼鳥の解凍の仕方について紹介します。...

フィレとサーロインの違いとは?奥が深い牛肉の秘密について

ステーキを食べに行くと、他の部位に比べてフィレとサーロインは特に値段が高いですよね。「確かに...

刺身は炙りがおすすめ!炙ると美味しいお魚を紹介します

刺身の炙りでおすすめといえば定番のあの魚ですよね。お刺身で食べるのに飽きてしまったときにはぜひ、炙り...

タコの刺身の美味しい食べ方とさばき方。皮や頭も食べられます

スーパーで売られているものの多くは茹でたタコですが、生のタコが手に入った場合は是非刺し身で美味しくい...

イカの保存方法!釣り上げたイカを新鮮な状態で家に持ち帰る方法

釣りに行ってたくさんイカを釣り上げたら、できるだけ新鮮な状態で家に持ち帰りたいと思いますよね!釣り上...

スポンサーリンク

アルミの鍋焼きうどんでも野菜を入れて豪華に。作り方を紹介

寒い季節になると温かい食べ物が恋しくなりますよね。
その中でも体調の悪いときや夜食のメニューの定番と言えば、鍋焼きうどんではないでしょうか。

自炊に慣れていない人でも、アルミに入っている鍋焼きうどんなら簡単に作ることが出来ますよ。
最近ではいろいろな味もあるので、一人ぐらいの人には特におすすめです。

普段自炊をしないと、どうしても不足しがちなのが野菜ですよね。
アルミの鍋焼きうどんなら、簡単に野菜たっぷりにすることが出来るのもメリットです。
どこまでも手軽さにこだわるなら、冷凍の野菜を用意しましょう。
ほうれん草やささがきゴボウなどが合いますよ。

アルミ皿にお湯を注いで、火のとおりにくい冷凍の野菜を入れて火にかけます。
野菜が煮えたら、片側に寄せて、空いているスペースにすぐ火の通るほうれん草などとうどんを入れます。

少し煮たらうどんはほぐして、添付の汁の素を加えます。
卵も落とし入れて、商品説明の煮込み時間が来たら火を止めます。

煮込み時間が意外と短いので、火を通したいものは麺よりも前に入れるのがポイントです。
また、アルミホイルや他の鍋の蓋などを被せると、煮立つのが早くなるのでおすすめですよ。

アルミの鍋焼きうどんの冷凍タイプは常備出来て便利。美味しい作り方

アルミの鍋焼きうどんは冷蔵のものが一般的ですが、冷凍タイプのものもあります。
冷凍タイプのほうが保存が利くので、まとめ買いの時や、いつ食べるか決まっていない様な場合には、冷凍タイプの方がおすすめです。

冷凍タイプのものは冷凍のまま火にかけることが多いです。
寒い季節に、グツグツとに立つ煮込みうどんは格別ですよね。

ガスコンロでしか使えないと思っている方がいますが、IHでも料理が可能ですよ。
表示があるので確認してみましょう。

ただし、始めの数分は500w以下の出力で料理するようにしましょう。
調理手順や火力などについては、商品に説明書きがありますから、購入の際に必ず確認するようにしてくだいね。

せっかく買って来ても自宅の調理器では使用できないとなったら、がっかりですよね。

アルミの鍋焼きうどんは種類色々。その作り方も紹介

アルミの鍋焼きうどんで、もっともよく見かけるのは海老天うどんやきつねうどんではないでしょうか。

えび天うどんは、シンプルな醤油ベース汁で、中央に海老がのっている丸型のかき揚げが添付されています。
私は食べる直前に入れてサクサクの食感をまず楽しんでから、少し置いてつゆを吸って柔らかくなったかき揚げも楽しみます。
二度楽しめるのでおすすめです。
総菜の海老天を購入して一緒に盛り付けると、豪華な海老天うどんを楽しめますよ。

きつねうどんは、油揚げがのっているうどんです。
油揚げは甘めな味付けなので、うどんの汁とは違う味わいを楽しめるのが魅力ですよね。
どのメーカーにするか迷うなら、油揚げで選ぶのもおすすめです。
個人的には、肉厚な油揚げがおすすめです。

他にもすき焼き風煮込みうどんや、カレー味などもあります。
いろいろな味でも売られていますから、選ぶのも楽しんでくだいね。

アルミの鍋焼きうどんに卵を入れる場合のアドバイス

アルミの鍋焼きうどんに卵を入れる人は多いと思います。
しかし、商品に記載の煮込み時間ではほとんど生の場合が多いのではないでしょうか?

半熟や固めが好きな場合には、がっかりしますよね。

そこでおすすめなのは「蓋」です。
他の鍋の蓋が合えばそれでも良いですし、アルミホイルを被せるのもおすすめです。
卵をいれたら蓋をしましょう。
吹きこぼれる可能性があるので、火加減には注意してくださいね。

この方法なら上手に半熟卵にすることが出来ます。

もし、しっかりとした固めの卵が好みなら、うどんを入れる前に卵にしっかり火を通して、お皿などに取り出しておく方法がおすすめです。
この方法ならお好みの固さまでしっかりと火を通すことが出来ますよ。

卵が出来上がったうどんをいれて、表示時間通りに調理します。
食べる時に卵をのせたら完成です。

アルミの鍋焼きうどんはそのままが美味しいのに

アルミの鍋焼きうどんは、熱々の状態がやはり一番美味しいですよね。
フウフウしたり、アチチッとなりながら食べるのが、鍋焼きうどんの良さだと思います。
しかし、自分で食べる分には良いですが人に出すには気がひけると言う方もいます。
そういう方は、アルミ鍋で鍋焼きうどんを作った後に、どんぶりに移してから出してくれたりします。

確かに見栄えは良くなりますが、鍋焼きうどん独特の良さが半減してしまったような気がしませんか?
どんぶりに入れると少なからずうどんは冷めますし、なんとなくそれに伴って気分も冷めしてしまうような…。

どんぶりに移し替えるなら、はじめから一人用の土鍋で作ってくれたら良いのになと思ってしまう私はわがままでしょうか?

アルミの鍋焼きうどんはシンプルがおすすめ

アルミの鍋焼きうどんにはいろいろな種類があるので、選ぶのも楽しいのですが、選ぶのに迷ったら、基本のシンプルな鍋焼きうどんを選ぶのがおすすめです。
シンプルなものはアレンジがしやすいからです。

総菜の海老天を乗せれば海老天うどん、かき揚げならかき揚げうどんになりますし、鶏肉やネギなどを加えて具だくさんで作ることも出来ます。

醤油味に飽きたら、そこにカレーのルウやカレー粉を入れるのがおすすめです。
あっという間にカレーうどんになります。
余ったカレーや、レトルトカレーでも出来ますよ。

また、名古屋名物のように味噌煮込みにうどんにしてみるのも良いですよね。

いろいろなアレンジを楽しめるのは、シンプルだからこそです。
価格も最も安いですから、ストックするなら断然シンプルな鍋焼きうどんをおすすめします。