水泳の上達にかかせないビート板の使い方とは?コツやポイント

水泳のビート板の正しい使い方とはどのような姿勢なのでしょうか?

キックの練習がしたいのに、ビート板を使うと下半身が沈んでしまったり、思うように進めないのは何が原因なのでしょう。

ビート板で練習をするときには、この部分を意識しながら行うといいでしょう。持ち方やビート板の使い方、コツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

腹筋ができない子供。腹筋ができるようになる方法とコツ

腹筋なんて、考えなくてもできると大人は思いがちですが、子供は腹筋の使い方がわからないということも多い...

水泳の初心者が行うべき練習法。正しいフォームと継続について

水泳の初心者が気をつけるべきことや注意点、練習法や姿勢などについてご紹介いたします。せっかく...

サッカーのドリブル技術を上げる!小学生はこの練習がオススメ

サッカーのドリブルの技術を上げるにはどんなことを意識して、どんな練習をしたらいいのでしょうか?子ども...

短距離走を速く走るコツは正しいフォームを意識すること

短距離走を速く走るコツで一番身に付けたいこと。それが「フォーム」です。速く走るコツには、柔軟性を...

マラソンのタイム。何を目安に早い・遅いを決めるのかについて

マラソンのタイム。自分のペースは知っていても、一般的なタイムの目安ってどのくらいなのでしょうか?...

サッカーの練習方法は?小学校の子供に教えたいサッカーの基礎

サッカーを始めたばかりの小学校のお子さんは、まだサッカーの基礎が身に付いておらずなかなかサッカーが上...

バットの重さはどのくらい?プロのバットの重さについてを調査

プロ野球を見ていて「重いバットだからあんなに飛ぶのかな?」と思ったことはありませんか?プロ野...

少年野球でキャッチャーの素質がある子って?高い能力が必要です

少年野球ではどんな子がキャッチャーの素質がある子なのでしょうか。少年野球においては、キャッチャー...

スキー上達のコツ。初心者ならプロの指導を受けること

スキーを上手に滑れるようになりたい!スキーが上達するコツを知りたい!スキー初心者さんの誰...

ボウリングのフォームがきれいになるための意識や練習のポイント

ボウリングのフォームがきれいだと安定して投げることができるので、スコアもアップしていきます。ブレ...

野球の練習は自宅でもできる!差が付く効果的な自宅練習メニュー

お子様が野球をしていて自宅でも練習をしたいという時には、どのような練習が効果的なのでしょうか?...

逆立ちができない理由はただ一つ!コツではなくできると思うこと

逆立ちができない理由を知っていますか?筋肉がないや、体幹がないということではありません。...

バレーのサーブが上手くなりたい!練習方法やポイントをご紹介

バレーが好きだと言う方も多いですよね。昔は女性がやっているというイメージも強かったかもしれません...

ドライバーが上がらないのはナゼ?初心者によくある原因とは

ドライバーが上がらないのは初心者だから?ドライバーが上がらない原因にはどんなものがあるのでしょうか?...

スキー初心者のお子様への教え方!楽しく滑る基本レッスン

小学生のお子様を連れて、初めてのスキーに行く場合には、お父さんやお母さんがスキーを教えることになりま...

スポンサーリンク

水泳のビート板の使い方で大切なのは姿勢

ビート板は主に足の動きの練習をする時に使いますが、もう1つ重要なことがあるのです。それは泳ぐ時に必要な姿勢の練習にもなるのです。

足の動きがしっかり出来ていると、どんどん前に進むことが出来ます。しかし姿勢がきちんと出来ていないと、キックを上手く蹴ることが出来ないのです。

プールでキックの練習の前にして欲しいこと

それは「けのび」です。

けのびとはプールの側面を両足で蹴り両腕を前方に伸ばし、伏し浮きながら前進することです。
ビート板は長方形になっています。ビート板の立て半分の位置に両肘を乗せて、手を伸ばし自分から1番遠い側のビート板の端を手で持ちます。ポイントは両腕の肩から肘までは平行にまっすぐ伸びていること、肘の内側のくぼみが真上に向いていること、顎が水に浸かっている、ビート板を持っている手から足先までがまっすぐに伸びていることを確認しましょう。水泳の練習でビート板を使う時は正しい使い方をしないと上達が遅くなります。

水泳のビート板の使い方で意識する場所とは

水泳の練習でビート板の使い方で意識する場所はあるのでしょうか。ポイントはおしりです。バタ足の練習をするときはおしりを意識しましょう。おしり→太もも→ふくらはぎ→足首の順番に動いていくイメージです。

ビート板を使ってバタ足の練習をすると背中が反った状態になってしまうことがあります。そのような状態にならないようにビート板を斜め下に押すように体重をかけると背中から腰が水面近くに浮きます。そうするとおしりから足を動かしやすくなります。

バタ足は水面近くですることです。理由は深ければ深いほど水が重くなり足を動かしにくくなります。そうなると膝キックになっていまいます。膝キックにならないように出来るだけ水面近くでバタ足の練習をしましょう。驚くほどバタ足が楽にできます。

水泳のビート板の使い方、徐々にビート板に慣れていきましょう

水泳初心者はビート板を使って練習することが多いです。どのような使い方があるのでしょうか。

  1. ビート板の手前を持たずに先端を持ち顔を上げてキックの練習をします。
  2. 腕はしっかり伸ばし板に顎を乗せます。板の上に頭が出るので、下半身が沈みがちになるので、そのようにならないためにも体をまっすぐにするように意識します。そして膝を曲げないように足をキックして前に進んでいきます。ポイントは板を持つ手に力を入れないこと、下半身を沈めないことです。慣れてきたら顔も水につける練習をしましょう。
  3. ビート板で面かぶりキックの練習もします。顔を水につけたままキックして進みます。息が苦しい場合は無理しないですぐに立ちましょう。慣れて来たら少しでも長い時間面かぶりキックが出来るように練習しましょう。
    大人になってから水泳の練習を始めると水が怖いと感じる人も多いです。練習を続けることで水に顔がつけれるようになり、そのうちビート板を使わなくても泳げるようになります。

ビート板の使い方のポイントは持ち方の良いビート板とは

ビート板の良い持ち方はビート板の上面に両手のひらを乗せることです。両手でビート板の両端を持つのはNG。端を持つとビート板が水の中に沈みやすくなるので上半身の姿勢と安定させるのが難しくなります。

初心者は出来るだけ浮力の高いビート板を選ぶようにしましょう。姿勢が安定せずバランスが取れないと余計に力が入り体が沈んでしまいます。浮力の高いビート板を使い正しいフォームを身に着けるようにしましょう。

サイズが大きいのもは浮力が大きくなりますので初心者には大き方をオススメします。本格的に練習をする場合はプルブイとしても使えるビート板をオススメします。兼用になっているタイプの物もあるので自身に合った物を探してみましょう。

ビート板の使い方はひとつではありません!下半身強化にも使える

ビート板の使い方はひとつではありません。ビート板は泳ぐ練習をするための道具の1つです。上半身を乗せて使うことが多いですが、足に挟んで練習することもあります。

足に挟んで練習をすることで下半身が沈むことを防ぐことが出来る、腕の使い方を練習する時に使うビート板があります。それはプルブイを呼ばれるものです。

プルブイを足に挟んで泳ぐと身体の中心でバランスを保ちならが泳げるようになります。足に挟んで使うとつい足を無意識に動かしてしまうことがあるので慣れるまで時間がかかります。

  1. 練習方法はまず足首に挟みます。重心をぶらさないことを意識して泳ぎます。そして膝に移動します。
  2. 膝に挟んでもバランス感覚を調整します。場所を移動しても重心が崩れないように腕で水をかきます。
  3. そして太もも。太ももにプルブイを移動すると重心が乱れやすくなります。
    この3ヶ所を順番に練習することでバランスを崩さない重心のポイントを身につけることが出来るようになります。
    どの泳ぎの重心のポイントも掴みやすくなります。足に挟むことで腕の動きに集中して練習することが出来るので下半身の強化にもつながるのです。