野球の練習は自宅でもできる!差が付く効果的な自宅練習メニュー

お子様が野球をしていて自宅でも練習をしたいという時には、どのような練習が効果的なのでしょうか?

家の中でもできる練習と言えば限られているようにも感じますが、その練習を効果的に行う方法もあります。
そこで、自宅でもできる効果的な練習方法をご紹介します。

お子様ひとりでできるものもあれば、お父さんと一緒にすると効果的な練習もあります。
時間に余裕のある時には、ぜひお父さんもお子様と一緒に、練習にお付き合いしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダイビングの機材の重さは合計何kg?飛行機に乗る時は要注意

ダイビングを始めてその楽しさがわかってくると、外国の海に潜ってみたくなりますよね。しかし、そ...

スポーツをする時にかけるサングラスは偏光レンズがおすすめ

屋外でスポーツをする際にサングラスをかける方はよくいますが、購入の際は見た目や値段だけで決めているの...

バタフライの泳ぎ方をマスターするための練習方法について解説

コツさえ覚えれば簡単だと言われるバタフライですが、初心者にとってあの独特なキックや腕の使い方は難しく...

幼稚園の子供にサッカーを教える時の教え方!コツとポイント

まだ小学校に入学前の幼稚園の子供にサッカーを教える時は、一体どんな教え方をすれば良いのでしょうか。テ...

剣道の突きは危険!突きをするのは基礎が固まった高校生から

剣道の技で「突き」がありますが、小中学生で突きをやっているところを最近見かけなくなりました。それは危...

少年野球でキャッチャーの素質がある子って?高い能力が必要です

少年野球ではどんな子がキャッチャーの素質がある子なのでしょうか。少年野球においては、キャッチャー...

ドライバーが上がらないのはナゼ?初心者によくある原因とは

ドライバーが上がらないのは初心者だから?ドライバーが上がらない原因にはどんなものがあるのでしょうか?...

シュート【サッカー練習】決定力を上げて上達につながるポイント

シュートはサッカーの練習を繰り返すことで結果につながります。シュートがなかなか決まらないという人は、...

野球のルールを子供向けに簡単に教えるコツと一緒に楽しむ方法

野球のルールを子供向けに教えるには、まずは子供に野球に興味を持ってもらえるようにする工夫が大事です。...

卓球の練習を一人で行うトレーニングメニュー

卓球の練習は一人でもできます。素振りやサーブ練習。筋力の強化に、瞬発力を鍛える方法な...

サッカーのドリブル技術を上げる!小学生はこの練習がオススメ

サッカーのドリブルの技術を上げるにはどんなことを意識して、どんな練習をしたらいいのでしょうか?子ども...

サッカーの練習方法!初心者の子供たちにおすすめの練習メニュー

サッカー初心者の子供たちに基本を教えようと、ひたすら同じ練習方法を繰り返し行っても子供たちは飽きてし...

【柔道の競技人口について】世界の中で日本より多い国とは

柔道は日本の代表的な武道ですが、オリンピックなどの国際大会で必ずしも日本人がメダルを獲得しているとは...

野球の練習メニューで冬はここを強化!おすすめな練習とは

冬に行う野球の練習メニューでは、どんなことを意識したらいいのでしょうか?冬のこの期間にこそ行...

トライアスロンロングディスタンスを完走させるための練習量とは

トライアスロンロングを完走するにはどのくらいの練習量が必要となるのでしょうか?個人の体力によ...

スポンサーリンク

自宅で練習ができる素振りの効果的な練習方法

野球経験のない方にとっては、自分のお子様にどのように野球の練習をさせたらよいのか、悩むところでしょう。自宅で行える最も簡単な練習としては、やはり素振りからスタートするのがオススメです。素振りは野球初心者に限らず、プロ野球選手にとっても不可欠な練習方法であることは、ご存知の方も多いと思います。スイングスピードが早くなり、より確実にバッドをボールに当てて遠くへ飛ばすためには、正しいフォームでスイングを繰り返す練習が効果的です。

軽いプラスチックバッドを使う

自宅で素振りの練習をする際には、プラスチックバッドを使いましょう。プロでも素振りの際に使われているマスコットバッドのような重たいバッドを使って素振りをしたあとに普通のバッドを振ると、なんだかスイングが早く感じられるものですが、実際にはスイングスピードが上がったわけではなく、早くなったと感じるだけなのです。
それどころか、重たいバッドを使うことでフォームが崩れてしまい、とくに小さい子供のうちは自分の正しいフォームを身体で覚えることが難しくなってしまうのです。

重たいバッドで素振りをするよりも、プラスチックバッドのような軽いバッドで素振りの練習をした方が、確実にスイングスピードは早くなるという実験結果も。軽いバッドで素振りを繰り返すことで、スイングスピードが早くなるだけでなく、正しいフォームが身につくという利点もあります。

自宅でスポンジボールを使った野球の練習

基本の素振りの練習以外にも、実際にボールに当てる感覚を掴むためには、バッティング練習は欠かせません。自宅でのバッティング練習では、実際の野球ボールを使う代わりに、スポンジボールを取り入れて行います。

室内でのバッティング練習には、ある程度のスペースが必要になります。いくら柔らかいスポンジボールを使って練習するとは言え、さすがにリビングのど真ん中でボールを打つわけにもいきませんので、少し広めのスペースを確保しましょう。
基本は壁に向かってボールを打つわけですが、家具の配置を工夫することで、より安全に練習をすることができます。野球の練習用には、ボールの中心に金属やプラスチックの芯(球)が入っているタイプを選ぶと良いでしょう。

最初は近くからボールを投げてバッドに当てる練習からスタートし、徐々に距離を伸ばして正面から投げてあげましょう。この際、下からではなく上から投げてあげることで、より実戦に近い形でバッティング練習をすることができます。

野球の自宅練習に取り入れて欲しいシャトル打ち

自宅の室内練習では、バトミントンに使用されるシャトル(羽根)を使ってバッティング練習をするのもオススメです。実際に、高校球児やプロ野球選手の中にも、子供の時にシャトル打ちを練習メニューに取り入れていたという選手も少なくないようです。高校の野球部の中には、冬季間の室内練習メニューの一貫としてシャトル打ちを取り入れているチームもあるようです。

シャトルはボールと比べて打つ面が小さいだけでなく、しっかりと芯(コルク)の部分に当てないと前に飛ばすことができませんので、ボールを正確にバッドの芯で捉える練習になります。

先ほどのスポンジボールと同じように、初めは近い距離から投げて、シャトルにバッドを当てる練習をします。慣れてきたら正面から投げ、しっかりとジャストミートできるように練習を重ねていきましょう。

シャトル打ちで期待できる効果

自宅で野球の練習をするにあたっては、シャトル打ちを取り入れることで、さまざまな効果が期待できます。

狭い室内でもバッティング練習ができる

やはりこれが一番のメリットでしょう。万が一打ったシャトルが家具などに当たったとしても、壊れる心配がないので、スイングを確認しながら思いっきりバッドを振ることができます。

ミート力が向上する

シャトルの小さいコルク面にバッドを当てる練習をすることで、バッドの芯でボールを捉えられるようになるため、より強い打球を遠くまで飛ばすことができるようになります。

変化球に対応できるようになる

この練習は室内で行えるだけでなく、屋外の庭先などでも行うことができます。風がある場所でのシャトルの軌道は不安定なため、ストレート以外の変化球に対応できるようになるという利点もあります。

野球経験のない人でも練習を手助けできる

実際に野球の練習をしたことがないという親御さんでも、安全に練習のサポートをしてあげることができます。

野球で必要とされる下半身の強化メニュー

野球が上手くなるためには、下半身の筋肉や体幹を鍛えることも重要です。バッドでボールを打ったり、ボールを投げる動作をする際には、主に上半身の筋肉の強さが関係しているように感じるかもしれませんが、実際に野球をするうえでは下半身の強さがモノを言う場面のほうがはるかに多いのです。

ただし、下半身の筋肉を鍛えただけでは、下半身の力を効率よく全身に伝えることができませんので、下半身とともに体幹の強化にも力を入れる必要があります。

下半身と体幹を鍛えるためには、筋トレを用いた練習が効果的ですが、その代表的なものがスクワットです。下半身にしっかりと負荷がかかるように、正しい姿勢で行いましょう。

正しいスクワットの方法

  1. 足を肩幅よりもやや広めに広げて真っ直ぐに立つ
  2. 前かがみにならないように背筋を伸ばしたまま、ゆっくりと腰を落とす
  3. そのまま膝が直角になる位置まできたら、ゆっくりと元の体勢に戻る

この動作を20~30回繰り返すのを1セットとし、徐々にセット数を増やします。慣れてきたら腰を落とした状態で数秒間静止してから膝を伸ばすようにすると、さらに効果的です。

どんなスポーツでも、一番大事なことは基礎練習を疎かにしないことです。自宅での地道な練習を繰り返すことで、確実に上達は早くなりますので、焦らずコツコツと練習が続けられるように、できる範囲でサポートをしてあげてくださいね。