シュート【サッカー練習】決定力を上げて上達につながるポイント

シュートはサッカーの練習を繰り返すことで結果につながります。シュートがなかなか決まらないという人は、シュートの決定力を上げるためにつながる練習ができていないのかもしれません。子供でもやっぱりシュートが決まった瞬間がおそらくサッカーをしていて一番楽しいと感じるときではないでしょうか。

そこで、シュートの決定力を上げるための練習について、意識するポイントや気をつけたいボールの扱い方、シュートを打つときに狙うべきコースや実践を意識したシュート練習、ゴールを奪うために必要な駆け引きなどお伝えしていきましょう。

こちらでお伝えしたポイントを意識して練習すれば、シュートをうまく決めることのできなかった子供でもきっとすぐにシュートの決定力が上がり、サッカーが上達することでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スキーのターンの切り替え方とは?意識するべきポイント

難易度の高いスキーのターン、切り替えはどのように行えばいいのでしょうか?切り替える時のポイントやコツ...

中学の野球部の練習に効率の良い練習方法と指導のポイントとは

中学校の野球部の練習において、効率の良い練習とはどんな練習方法なのでしょうか?では、中学校の...

野球の練習メニューで冬はここを強化!おすすめな練習とは

冬に行う野球の練習メニューでは、どんなことを意識したらいいのでしょうか?冬のこの期間にこそ行...

シュートのポイントとは?サッカーシュートのコツを紹介します

サッカーのシュートを打つときにはどのようなコツがあるのでしょうか?なかなかシュートが決まらないと伸び...

トライアスロンロングディスタンスを完走させるための練習量とは

トライアスロンロングを完走するにはどのくらいの練習量が必要となるのでしょうか?個人の体力によ...

シュート【サッカー】のトレーニング方法や意識したいポイント

サッカーのシュートをトレーニングするときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?単...

ランニングで大切な腕振りと肩甲骨の関係について理解しよう

「ランニングには肩甲骨が大切」と聞いたことはあっても、どのように腕振りの時に意識すればいいのかよくわ...

マラソンのタイム。何を目安に早い・遅いを決めるのかについて

マラソンのタイム。自分のペースは知っていても、一般的なタイムの目安ってどのくらいなのでしょうか?...

野球の練習は自宅でもできる!差が付く効果的な自宅練習メニュー

お子様が野球をしていて自宅でも練習をしたいという時には、どのような練習が効果的なのでしょうか?...

水泳の初心者が行うべき練習法。正しいフォームと継続について

水泳の初心者が気をつけるべきことや注意点、練習法や姿勢などについてご紹介いたします。せっかく...

スケボーの乗り方を子供に教えるには?教え方のコツと注意点

子供と一緒にスケボーを楽しみたい!まずは子供に乗り方を教えなければなりません。どちらの足を前に置...

スキー初心者のお子様への教え方!楽しく滑る基本レッスン

小学生のお子様を連れて、初めてのスキーに行く場合には、お父さんやお母さんがスキーを教えることになりま...

バットの重さはどのくらい?プロのバットの重さについてを調査

プロ野球を見ていて「重いバットだからあんなに飛ぶのかな?」と思ったことはありませんか?プロ野...

スポーツをする時にかけるサングラスは偏光レンズがおすすめ

屋外でスポーツをする際にサングラスをかける方はよくいますが、購入の際は見た目や値段だけで決めているの...

ドライバーのスイングのコツとは?初心者向け上達方法!

ゴルフ初心者にとってドライバーが一番難しいですよね。どうすれば飛ぶようになるのか、すぐにても知りたい...

スポンサーリンク

サッカーのシュートの決定力を上げるための練習のポイント

サッカーを習う子供はたくさんいます。
サッカーをやっていて、最も喜びやサッカーの楽しさを感じるのはシュートを決めた時ではないでしょうか。

頑張って練習量をこなしていれば、ドリブルやフェイントなど1つ1つの技が出来るようになりますが、それでシュートが決まるとは限りません。
それではモチベーションの低下にも繋がりかねません。

サッカーといえば、相手をかわしながらキレキレのドリブルをするのも楽しいものですが、やっぱりシュートを決めた時の楽しさに勝るものはないのではないでしょうか。

シュートを決めたいなら、シュート力をつける練習をすることが大切です。

サッカーのシュート力を上げるための練習のポイント

サッカー初心者は、とにかくゴールに向かってボールを思いっきり蹴ることに必死になってしまいます。
蹴る位置や、キーパーとゴール枠の位置を見定めているわけではないため、これでシュートが決まればまぐれに近いです。
より、的確なシュートをするためには以下のポイントを抑えておきましょう。

  • ゴールキーパーとゴール枠の位置を見定める
  • ゴールキーパーの届かないところを狙う

コートに入れる選手の人数は決まっています。
そして上手い選手こそ出番も多いです。

その中でサッカー1つ1つの技術ももちろん大切ですがシュート力も重視されます。

サッカーの楽しさを知るために、そして選手に選ばれるためにもシュート力もつける練習も忘れないようにしましょう。

シュート練習では適当に蹴らないことがサッカーの上達に繋がる

「何も考えずゴールに向かって適当に思いっきりボールを蹴ること」は、サッカー初心者がシュートをする時によくやってしまうパターンです。
必死でゴールに向かってシュートすることは、積極性が評価されます。しかしこれが通用するのはサッカーを習い始めて最初のうちだけです。

何も考えないでボールを蹴って決まる、これは言ってしまえばまぐれです。
ここから、シュート力をにつけるためにはレベルアップした練習をしていかなければなりません。

狙った位置にボールを蹴り、シュートが決まることが増えたらシュート力がついていると言えます。

シュートを決めるためにはキーパーが反応しづらい位置を把握しておきましょう。
その位置は、ゴールの両端の隅です。

この位置を狙って、様々な形でシュートを練習しましょう。

  • ドリブルシュート
  • 走り込みシュート
  • トラップシュート

など

サッカーを実際にプレーしていたらわかるように、シュートする体制や状況は様々です。その中でシュートするチャンスを逃さずにボールに食らいついていく姿勢が大切ですよ。
キーパーがいなくても、コーンを置いてキーパーに見立てて狙った位置に、どのパターンでも的確にシュートできるように練習していきましょう。

サッカーのシュート練習では狙ったコースに打つこと

サッカーのシュート練習に大切なことは狙ったコースにボールを打つことです。

適当にボールを蹴ってシュートが決まったということはありますが、これで満足しているようであれば、サッカーは上達しません。
これは実力ではなく「たまたま」「まぐれ」と言われても仕方がありません。
それはシュート練習をしていくうちに、自分のシュート力のなさに子供自身も気がついてくるでしょう。

サッカーのシュート力をつけたければ、狙った位置に的確にボールを蹴る練習をする必要があります。

子供は順応力があり、吸収力もとても早いです。
サッカーを習ってサッカーやシュートを決める楽しさをある程度感じているようであれば、早めに正しい仕方を教えてあげると良いでしょう。

自分で経験しながら覚えていきますが、周りがアドバイスして早く教えてあげることも大切です。

大人になってから悪いクセを正すのはとても大変ですが、まだ経験が浅いうちに良い癖をつけてあげるようにサポートしてあげましょう。

サッカーの実践を意識したシュート練習が大切

サッカーのシュート練習はキーパーがいなくてもコーンをキーパーに見立てて練習することができます。

ボールを奪いに来る相手選手がいないだけに、余裕をもって練習することができますね。
しかし、実践となると相手チームの選手がいて邪魔されたり焦りなどで思ようにシュートができません。

より、シュート力を上げる練習をするためには実践を意識してシュート練習をすることが大切です。

親がキーパーや相手チーム選手役に徹してあげたり、ミニコーンなどを置いてかわした直後にすぐシュートをするような実践を意識した練習を心がけていきましょう。

チーム以外で1人で練習できることは限られていますので、親がサポートしてあげることで1人練習の幅を広げてあげられます。

ゴールキーパーとの駆け引きができるとサッカーレベルもアップ

サッカーのシュートの技術をレベルアップさせるためには、キーパーとの駆け引きができるようになることです。

シュートのテクニックがある程度ついていることが前提ですが、ゴールキーパーを誘導しそこに打つと見せかけて反対の位置や高さを狙うといったことです。

小学校の低学年では狙った位置にシュートできるようにはなりますが、この駆け引きができる子はなかなかいません。
高学年になるとこのような技術ができる子が増えてきます。

しかし、出来なくても今のうちから練習をしておくことで、早い段階でこの駆け引きができるようになります。

シュートを確実に決められる選手になれるよう親もサポート頑張ってくださいね。