ドライバーのコツ!ゴルフ初心者はスイングを見直してみよう

ゴルフのドライバーショットで悩んでいませんか?これからコツをご紹介しますので、ぜひ実践してください。

より遠くに飛ばすことを目的に作られているドライバーは、ヘッドが大きくシャフトも長く作られています。

そのため、アイアンで練習してからいざドライバーで打とうとしても、なかなかボールに当たらないという現象が起こるのです。

ではドライバーを上手く打つにはどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

中学の野球部の練習に効率の良い練習方法と指導のポイントとは

中学校の野球部の練習において、効率の良い練習とはどんな練習方法なのでしょうか?では、中学校の...

スケボーの乗り方を子供に教えるには?教え方のコツと注意点

子供と一緒にスケボーを楽しみたい!まずは子供に乗り方を教えなければなりません。どちらの足を前に置...

腹筋ができない子供。腹筋ができるようになる方法とコツ

腹筋なんて、考えなくてもできると大人は思いがちですが、子供は腹筋の使い方がわからないということも多い...

ジョギングの走り方のコツ!初心者でも疲れにくい走り方とは

ジョギング初心者にとっては、どのようなランニングフォームで走れば効率的なのか、疲れにくいのか気になる...

野球の練習は自宅でもできる!差が付く効果的な自宅練習メニュー

お子様が野球をしていて自宅でも練習をしたいという時には、どのような練習が効果的なのでしょうか?...

【野球】キャッチャーの練習のポイントと意識するべきこと

野球のキャッチャーは他のポジションに比べて専門性が高く、練習方法も他の人達とはちょっと違った練習方法...

剣道の突きは危険!突きをするのは基礎が固まった高校生から

剣道の技で「突き」がありますが、小中学生で突きをやっているところを最近見かけなくなりました。それは危...

少年野球でキャッチャーの素質がある子って?高い能力が必要です

少年野球ではどんな子がキャッチャーの素質がある子なのでしょうか。少年野球においては、キャッチャー...

短距離走を速く走るコツは正しいフォームを意識すること

短距離走を速く走るコツで一番身に付けたいこと。それが「フォーム」です。速く走るコツには、柔軟性を...

スキーのターンの切り替え方とは?意識するべきポイント

難易度の高いスキーのターン、切り替えはどのように行えばいいのでしょうか?切り替える時のポイントやコツ...

ランニングで大切な腕振りと肩甲骨の関係について理解しよう

「ランニングには肩甲骨が大切」と聞いたことはあっても、どのように腕振りの時に意識すればいいのかよくわ...

卓球の練習を一人で行うトレーニングメニュー

卓球の練習は一人でもできます。素振りやサーブ練習。筋力の強化に、瞬発力を鍛える方法な...

卓球小学生に練習をさせるならこの方法がおすすめ卓球の練習方法

小学生に卓球の練習をさせるときにはどのようなことをさせたらいいのでしょうか?なかなか集中力の...

サッカーの練習方法!初心者の子供たちにおすすめの練習メニュー

サッカー初心者の子供たちに基本を教えようと、ひたすら同じ練習方法を繰り返し行っても子供たちは飽きてし...

スキーのエッジのサビ取り方法!滑った後のメンテナンスが重要

スキーのエッジのサビ取りに困っていませんか?スキーは金属で出来てる部分が多いため、エッジ部分にサ...

スポンサーリンク

ゴルフの醍醐味であるドライバーショットを上手く打つコツ

ゴルフで良い成績を出すためには、まずはドライバーでできるだけ大きく的確に飛ばしたいと考えますよね。ドライバーを上手くなりたいから練習も念入りに行いますが、アイアンを使って練習を重ねても、いざドライバーを振ると上手くいかないということが多い、のも事実です。

ドライバーを打つ前に、まずはボール、ティー、それに立った時のボールとの距離を注意してみてください。
ドライバーを打つときのボールの位置は左脇の真下が正しい位置になります。ボールは両足の中央より左脇に寄せ、自分の左脇の真下にくる位置にします。

次にティーの位置ですが、ドライバーのフェースの上からボールが半分だけ見える高さにします。これを基準にして、打ちやすい高さに調整してみてください。

ボールとの距離も重要です。近すぎず遠すぎずは基本ですが、そこをおさえるのが難しく感じるのではないでしょうか。ドライバーの場合は、自分の体とグリップの間が握りこぶし2つ分を空けるようにします。
アドレスが正しくできているかも重要になってきますので、アドレスにも気をつけてください。アドレスをしたときに腕が曲がってしまうのは近すぎです。また、腕が伸びすぎて脇が空いてしまうのは遠すぎていることになります。

ゴルフは正しいスイングが基本!それがドライバーの飛距離を伸ばすコツ

ドライバーでできるだけ遠くへ飛ばすためには正しくスイングができているかが重要です。飛距離をあげようと身体をねじって力をこめて振ってしまいがちですが、自分の身体ではなくクラブを大きく振ることがポイントです。

ドライバーの練習方法

肩幅にスタンスをとったら、クラブを握ります。ここでは重さと長さが丁度よい7番アイアンを使ってください。軽く握ったら、ぐるぐるとクラブを回してみます。クラブを回して握る感覚を掴み、一番クラブを回しやすい握り方をしてください。このときの握る感覚が一番クラブを回せるグリップになります。

次に腕の動きを覚える練習をします。クラブをドライバーにして、ティアップをします。ハーフスイングで十分です。
正しいスイングは、テイクバックでは右肘が曲がり左手はまっすぐに伸びています。切り返しから右手が左手を追い越し、フォローでは左肘が曲がり右手がまっすぐに伸びます。正しいスイングができるようになれば、ドライバーの飛距離が伸びてきます。

ゴルフのドライバーのコツは、スイングをコンパクトにすること

ドライバーはクラブの中でも最もシャフトが長いので、アイアンに比べてヘッドが遅れてしまいがちです。また、ドライバーでは飛距離を伸ばそうと意識して腕の振りが早くなりすぎたり、トップ位置がアイアンの時よりも高くなってしまう場合があり、スライスしてしまうことになってしまいます。

ドライバーはアイアンのときよりもトップの位置を低くしてスイングをコンパクトにすることがコツになります。スイングをコンパクトにすると遠くへ飛ばすことができないと考えがちですが、無駄な振り幅をなくすことができます。

トップの位置は人によって違ってきますが、自分の最大のトップ位置の7割程度にしておくと良いでしょう。ドライバーはもともとよく飛ばすことができるようにできています。ヘッド中央に正しく当てることができれば、それなりの飛距離を出すことができます。

どんなに遠くへ飛ばすことができても、コントロールができていなくて目的に向かって飛ばすことができなければスコアに繋がりません。ドライバーでは飛距離を稼ぎたいところですが、フォームを正しくすることを最優先にしましょう。

ドライバーを打つ時のグリップ、アドレス、スイングののコツ

ドライバーのグリップは関節が2こくらい見えるように握ります。グリップが緩まない程度のちから加減で、小指、中指、薬指でしっかりと握ってください。グリップがゆるいとスイングにも影響を及ぼしてしまいます。

スタンスは肩幅くらいに広めにとってください。ボールは中央よりも左側にくるように置きます。左足のかかとの延長線上の位置にしてください。
クラブを少し浮かせ、右足にやや体重がかかるようにして構えてください。ドライバーはシャフトが長いので、少しフラットな構え方になります。

スイングは、スタンスを広めに取り、右足に体重を移動させながらテイクバックをします。ねじった身体を振りほどくようにダウンスイングに入り、少しずつ左足に体重を乗せながらインパクトを迎え、左脇を閉めながら身体が目標に向かってフォロースルーになります。フィニッシュでは体重は左足にかかっている状態です。
スイングでは手や肩に不要な力をかけないように気をつけてください。上体を緊張しないようにすると下半身が安定し、正しいスイングをすることができます。

ゴルフのドライバーショットで悩むスライスを直すためには

ドライバーでスライスしてしまうことに悩んでいる人も多いかと思います。スライスの主な原因はインパクトのときにフェースが正しくボールに当たっていないということが考えられます。フェースが開いてしまうと、ボールがフェースの正面に当たらないためスライスになってしまいます。

ドライバーは飛距離を出したいからと動きが速くなってしまいがちです。ドライバーはシャフトが長いため、上半身を早く回転させても腕がその動きについてこれず、振り遅れてしまうことがあります。体は目標の方を向いていても腕がついてきていないとヘッドも遅れ、結果的にフェースが開いたままでボールに当たってしまうことになります。振り遅れが原因と考えられる場合は、上半身と腕、クラブが一体となるようなスイングを意識してください。

体の開きが早くてもスライスになってしまいます。ボールを上げようとして起き上がったり、目標を早く見ようとしてヘッドアップしているのかもしれません。ダウンスイングのときは肩が開かないように気をつけてください。インパクトまで肩が開かないようにします。正面よりも少し左側でインパクトをするように意識すると、肩が開かずに打つ感覚をつかむことができます。

グリップにも気をつけてみてください。握ったときに上から見て左手の指の付け根が2~3こ見えている状態が正しい握り方です。指の付け根が1こしか見えていない場合はウィークグリップになり、フェースが開きやすくなってしまいます。

スライスの原因はいくつかありますが、グリップ、アドレス、スイングのどこに問題があるのかを掴み、正すことで解決することができます。
ドライバーは遠くへ飛ばすことが目的のクラブです。シャフトが長いため難しく感じるかもしれませんが、ヘッドが大きく、ティーアップをしてから打つので、一番打ちやすいクラブでもあります。正しい握り方やアドレスをおさえ、ドライバーを得意なクラブにしましょう。