ラジオに出演することになった場合の話し方のコツを教えます

ラジオを聞いていると、パーソナリティーの話につい夢中になってしまいますよね。

もしラジオに出演することになった場合、どんな言葉で、そしてどんな話し方をすれば上手に聞き手に伝えることができるのでしょうか?注意点とは?

ラジオパーソナリティーの人たちが実践している話し方のコツや注意点について説明します。ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式二次会での服装【新郎の場合】ポイントやおすすめを紹介

結婚式二次会での服装について、新郎の場合、どんな服装をしたらいいのでしょうか?結婚式での衣装は決...

プロポーズでサプライズをし失敗してしまう理由と成功の秘訣

「サプライズでプロポーズをすると失敗する」そんな事を耳にすると、サプライズの何がいけないの?と男性陣...

初デートの会話に失敗しない方法!女性の気持ちを考えた会話術

好きな人との初デートが迫ってくると、段々緊張して失敗はしないかと不安な気持ちを抱えてしまうものです。...

謝辞のコツやポイント!新郎の謝辞で笑顔と感動の結婚式に

結婚式の新郎の謝辞でゲストの方々や両親に感動してもらいたいと考えた時、どんな文章でどんな内容の謝辞に...

少年野球の指導者の心得!良い指導者と悪い指導者の違いと特徴

少年野球の指導者をしているというお父さんコーチもいますよね。仕事を終えた後や休日を返上して、子供に熱...

パーティーに適した服装。メンズの間違いない服装選び

カジュアルパーティーに誘われたけど、どのような服装で出席すればよいのかわからないという方はいませんか...

男の爪の長さはどれくらいが最適?長さの基準と女が理想の男の爪

女性は意外と男性の爪を見ています。爪の長さが長い男性は、あまり清潔な印象を持たれないため、女性にモテ...

開店祝いの花はいつまで?送り主として気をつけたいマナー

友人がお店を開くと聞くと、開店祝いとして花をプレゼントしたいと考える人も多いでしょう。しかし...

女友達へのプレゼント【30代が喜ぶ】選び方やおすすめを紹介

女友達へのプレゼントについて、30代の女性へ贈る場合、どんなプレゼントが喜ばれるのでしょう?女性へ贈...

賞状の受け取り方にはマナーがある?もしものために覚えておこう

卒業式で卒業証書を受け取った時、緊張していてどうやって受け取っていたのかよく覚えていないですよね。...

開店祝いの花や札はいつまで飾るべき?お店側の対応方法

開店祝いの花を貰ったときはいつまで飾っておけばいいのでしょうか?開店祝いの花を飾る期間はだい...

結婚式の持ち物で男性が必要なものについて知りたい

結婚式に出席する時に、事前に確認しなくてはいけないのが「持ち物」です。女性はたくさん必要なものが...

男性の爪がピカピカだとどう思う?身だしなみと女性の意見

男性も身だしなみに注意する方が多く見られるようになりました。特に若い男性は清潔感を気にする傾向がある...

元上司に香典を包む場合の金額の相場と金額に迷った時の考え方

元上司の不幸、あるいは元上司の身内の不幸の一報を聞いた場合、元上司という間柄なためいくら香典を包むべ...

男は爪がきれいだとモテる!正しい爪の切り方とキレイを保つコツ

男性でも爪がきれいなは女性からモテるといいます。実は女性は男性の手や爪をよく見ているのです。あな...

スポンサーリンク

ラジオ出演することになった場合、話し方で気をつけることは

ラジオ出演することになった場合、話し方で気をつけることは、どのようなものがあるのでしょうか?

話し方で第一に気をつけたいものは、「滑舌」

とはいえ、プロになるのではなければ、アナウンサー養成学校に行く程の勉強をする必要はありません。
しかし、ラジオはテレビと違い「音のみ」で言葉を伝えますので、モソモソとした話し方ですと、ラジオを聞いている方には聞き取りにくいものになってしまいます。
ですので、口の動きを大きめに話すようにして、滑舌を良くし相手にも伝えやすくしましょう。

ラジオでは「声の張り方」に注意

ラジオのパーソナリティや声優の方たちは、一般の人よりも声を大きくしてトーンも高めですよね。
これは、相手に伝わりやすい声にするためです。
特に声の低い人は、気持ち声を高めにして、聞こえやすい声にしましょう。

実際にラジオ出演している人が気づいた話し方のコツとは

実際にラジオ出演している人が気づいた話し方のコツとは、どういったものなのでしょうか?

「先に結論を言う」話し方

テレビもそうですが、ラジオは放送時間が決められています。
特に、テレビよりも生放送が中心のラジオは進行のスケジュールがシビアです。
そんな決められた時間の中でダラダラと前置きをして、大切な結論を言う前に番組やコーナーが終わってしまっては、聞いている人たちを残念な気持ちにさせてしまいます。

ですので、例えば「そちらのお店でおすすめのメニューはなんですか?」と聞かれた時は、まず最初に「スペシャルパフェです」と答えて、それから具体的な材料や、その商品を開発した時のエピソードなどを言うようにしましょう。

ラジオでは「専門用語を出来るだけ使わない」

自分は当たり前に言っていても、ラジオを聞いている人はわからない場合があります。
ラジオの進行の人からも「〇〇ってなんですか?」と聞いてくれる事もありますから、使ってしまっても大丈夫ですが、聞かれた時にすぐに答えられる準備はしておきましょう。

ラジオ出演する時の上手な話し方のコツを説明します

ラジオ出演する時の上手な話し方のコツを説明します。

ラジオでは「わかりやすい言葉にする」を心がける

例えば、何かの作業工程を説明する時に、「撹拌」という言葉を使うとします。
大抵の人は「撹拌は、混ぜると言うことだな」と理解できますが、時には言葉の音を聞いただけでは「かくはん?」と理解できない事もあります。
ですので、出来れば撹拌ではなく「混ぜる」といったわかりやすい言葉を選ぶようにしましょう。

出演時は「簡潔に話す」

緊張してさまざまな事をたくさん話してしまうこともありますが、それですと何を言いたいのか伝わらないこともあります。
ですので、出来るだけシンプルで伝わりやすい言葉にまとめましょう。
ただ、あまりにシンプルですと、話も広がりませんから、お店のエピソードや客層、従業員の様子など、いくつかの話も準備しておきましょう。

ラジオ出演でおもしろく話すためには

ラジオ出演でおもしろく話すためには、どのような点に気をつけると良いのでしょうか?

あくまで「お店の人」という体で出るのでしたら、受けを狙う必要はありませんが、「PRのために出来るだけ盛り上げたい」と思うのでしたら、話し方を変えてみましょう。

話し方に起伏がないのは聞きづらい

声優やアナウンサーの学校などで言われる基礎のことですが、「抑揚をつけて話す」というものがあります。
原稿やセリフなどを抑揚をつけずに平坦に読むと、面白味がなく、気持ちや内容も伝わりづらいものになります。
しかし、文章に抑揚をつけて原稿を読んだり話したりすると、不思議と気持ちや内容がスッと入ってきます。

ですので、相手に気持ちを伝えたりする時は、抑揚をつけて話すようにしましょう。
くだけた内容の番組でしたら、少しテンション高めでも大丈夫です。
とは言っても、大声を出したりすると、マイクに音が入らなかったり、進行を止めてしまうこともありますので、程々のテンションにするようにしましょう。

おもしろい話し方のコツをつかむためには、芸人のラジオを参考にしよう

おもしろい話し方のコツをつかむためには、芸人のラジオを参考にしよう。

やはり面白いトークをする人と言えば、芸人です。
その面白さは、テンションだけに頼るものではなく、良いタイミングで良いコメントをするのが大事なポイントといえます。

ですので、自分で面白いと思う芸人のラジオを聞くのはもちろんですが、他の人からも「面白いよ」と言われたり、ネットなどの評判が高い番組も聞くようにして、「どういったところが受けるのか」とか、「どういう話し方にすると面白くなるのか」などを研究してみましょう。

深く研究したい人は、その放送を1回だけ聞くのではなく、録音して何度も聞いてみましょう。
間の取り方や、話すスピードなども参考になりますよ。