幼稚園の子供にサッカーを教える時の教え方!コツとポイント

まだ小学校に入学前の幼稚園の子供にサッカーを教える時は、一体どんな教え方をすれば良いのでしょうか。テクニックやルールの教え方に悩んでいる人もいますよね。

幼稚園の子供にサッカーを教える時はどんなことが大切なのか、理解できるように教えるにはどうすれば良いかを確認して、子供にサッカーの楽しさを感じてもらいましょう。

そこで今回は、幼稚園の子供にサッカーを教える時の教え方についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スパイクのポイントの減り方がはやいのはナゼ?長持ちさせる方法

サッカーのスパイクのポイントの減り方がはやすぎるのでは?子どものスパイクのポイントが減るのが気になっ...

水泳の初心者が行うべき練習法。正しいフォームと継続について

水泳の初心者が気をつけるべきことや注意点、練習法や姿勢などについてご紹介いたします。せっかく...

テニス初心者の練習方法。上達するとテニスはもっと面白い!

テニス初心者の練習方法についてご説明いたします。やっぱりラリーが続かないと面白くないですよね...

水泳の上達にかかせないビート板の使い方とは?コツやポイント

水泳のビート板の正しい使い方とはどのような姿勢なのでしょうか?キックの練習がしたいのに、ビー...

野球の練習は自宅でもできる!差が付く効果的な自宅練習メニュー

お子様が野球をしていて自宅でも練習をしたいという時には、どのような練習が効果的なのでしょうか?...

ボウリングのフォームがきれいになるための意識や練習のポイント

ボウリングのフォームがきれいだと安定して投げることができるので、スコアもアップしていきます。ブレ...

ドライバーのコツ!ゴルフ初心者はスイングを見直してみよう

ゴルフのドライバーショットで悩んでいませんか?これからコツをご紹介しますので、ぜひ実践してください。...

スキー上達のコツ。初心者ならプロの指導を受けること

スキーを上手に滑れるようになりたい!スキーが上達するコツを知りたい!スキー初心者さんの誰...

野球のルールを子供向けに簡単に教えるコツと一緒に楽しむ方法

野球のルールを子供向けに教えるには、まずは子供に野球に興味を持ってもらえるようにする工夫が大事です。...

スケボーの乗り方を子供に教えるには?教え方のコツと注意点

子供と一緒にスケボーを楽しみたい!まずは子供に乗り方を教えなければなりません。どちらの足を前に置...

サッカーの練習方法!初心者の子供たちにおすすめの練習メニュー

サッカー初心者の子供たちに基本を教えようと、ひたすら同じ練習方法を繰り返し行っても子供たちは飽きてし...

格闘技を習うなら何がおすすめ?大人でも上達できるものとは

テレビなどで格闘技を見ていると、自分もやってみたいと思うこともありますよね。格闘技と一言で言...

サッカーのストレッチ。子供の為にできる事と超簡単なストレッチ

子供に人気のサッカーですが、サッカー少年には毎日のストレッチも重要です。お子さんは毎日ストレ...

卓球の練習を一人で行うトレーニングメニュー

卓球の練習は一人でもできます。素振りやサーブ練習。筋力の強化に、瞬発力を鍛える方法な...

背中の筋トレはチューブを活用しよう!自宅でできる筋トレ方法

背中の筋肉を自宅で簡単に鍛えたいという人もいますよね。ジムなどに行かなくても、チューブを使えば自宅で...

スポンサーリンク

幼稚園の子供にサッカーを教える教え方で大切なこと

サッカーは楽しいものと思わせること

ドリブルやリフティングは、上手くなれば身につくものではありますが、いきなりやろうとしても上手くはいきません。
そこで「下手だな」とか「何やってるの?」などと子供を否定するような言葉を言ってしまうと、子供も自分の未熟さにイラついてしまい、サッカーが楽しくないと思ってしまいます。
誰でも最初は上手く出来ません。子供は好きなこと、楽しいことには夢中になります。
まずは、ボールに慣れて「楽しい」と思わせる事から始めましょう。

また、幼稚園のうちは技術的なことだけではなく、「座ってじっと話を聞く」ということすら身についていないこともよくあります。
そういった場合も怒鳴ったりはせず、「コーチや先生が前に出ている時は、座って静かにして、話している人のお顔を見ようね」など、子供にわかりやすく説明してあげましょう。

幼稚園の子供のサッカーの教え方・ドリブル編

幼稚園の子供のサッカーの教え方・ドリブル編をご紹介します。

一番最初は、ボールを蹴りながら歩くことから初めます。
それから少し走りながらボールをコントロール出来るように慣れさせます。
そしてさらにレベルアップさせる時は、コーンなどの目印をジグザグに避けながらドリブルさせます。
真っ直ぐに進むより難しいですが、サッカーを上達させるためには不可欠です。
最初は短い距離で少ないコーンで練習させ、慣れてきたら、コーンを増やして細かいジグザグをさせたり、長い距離をさせても良いでしょう。

また、ドリブルをする上では、つま先のトゥーキックでは上手く出来ません。
その事も説明して、インサイドキックやヒールキックなどのキックを覚えさせましょう。
最初は頭では考えられなくても、自然に身について来るはずです。

幼稚園の子供のサッカーの教え方・ボールタッチ編

幼稚園の子供のサッカーの教え方・ボールタッチ編をご紹介します。

ドリブルと同じくらい重要ですが、ちょっと動きも地味なため、子供にはあまり人気のないボールタッチですが、ゲームのような方式にすると、子供たちも楽しめるのではないでしょうか。

転がっているサッカーボールをストップさせる

コーチなどがボールを転がし、「転がっているボールを追いかけて、足で止めて!」と言って、子供にボールを追いかけさせて、ボールと止めさせる練習をします。

サッカーボールを爆弾に見立てる

インサイドキックの練習などで、「ボールを左右に10回転がして」というだけでは、子供たちもちょっと退屈です。
「このボールは左右に10回転がさないと爆発する爆弾だと思って、やってごらん」といい、ちょっとボールが足からそれたら、「ボカーン!」と言ってみましょう。
戦隊ヒーローなどが好きな男の子は、そういったゲーム方式にすると喜びます。
「爆弾に見立てるのはちょっと…」と言う人は、ボールを動物や架空の生き物に見立てて、「ボールくんが喜ぶ動きをやってあげてね」という方法もあります。

サッカーのルールを教える時の教え方

サッカーのルールを教える時の教え方は、「手を使わないで」や「お友だちの足を蹴らないで」と指導するかと思います。
そういった言葉を使うのは当たり前だと思いますが、言い換えれば「足だけでボールを蹴ってね」や「ボールだけを蹴ってね」という表現も出来ます。

うっかり手を使った時に「うわっ、手を使っちゃった」と落ち込むような気持ちの負担も少なくなります。
また、「お友だちの足を蹴らないで」と頭に置きすぎると、他の子の足が目に入った時に、「蹴っちゃいけない」とブレーキをかけて、満足の行くプレーが出来なくなる可能性もあります。
ですが「ボールだけを蹴る」という意識を持っていれば、最初は上手く行かなくても、ボールだけを正確に蹴ることが出来るようになってきます。

また、子供は長い言葉を理解することはまだ難しい年頃です。
ですので、短い言葉で根気よく教えるようにしましょう。

幼稚園の子供にサッカーを教える時は指導者も焦らずに教えて

小学生の子供たちにサッカーを教えるのも大変ですが、幼稚園の子供たちはそれ以上大変です。
幼稚園の子供にサッカーを教える時は指導者も焦らずに教えていきましょう。

というのも、幼稚園の子供たちは挨拶や聞く姿勢などの基本的なことがまだ身についていません。
ですが、だからといって怒鳴りつけて指導してしまっては、子供たちも萎縮してしまったり、簡単に泣いてしまったり、レッスンどころではなくなってしまいます。

そのため、まず最初はボール遊びをさせる感覚で教えましょう。
専門用語も覚えてもらいたいところですが、「足のこっちの横だよ」のような子供にもわかりやすい言い方にしてあげましょう。
それから慣れてきたところで、「足のここで蹴るキックのことを『インサイドキック』と言います」と説明していくと良いでしょう。