【柔道の競技人口について】世界の中で日本より多い国とは

柔道は日本の代表的な武道ですが、オリンピックなどの国際大会で必ずしも日本人がメダルを獲得しているとは限りませんよね。そのくらい柔道は世界でもメジャーなスポーツになってきているのでしょう。

では、柔道の競技人口はどのくらいいるのでしょうか?日本は一番多いのでしょうか?

世界における柔道の競技人口と柔道が盛んな国について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカーのストレッチ。子供の為にできる事と超簡単なストレッチ

子供に人気のサッカーですが、サッカー少年には毎日のストレッチも重要です。お子さんは毎日ストレ...

ハーフマラソンで目標1時間40分!その練習方法を徹底解説

ハーフマラソンを2時間以内で走ることができれば、次に目標となるのは「1時間40分」を切ることという人...

水泳の初心者が行うべき練習法。正しいフォームと継続について

水泳の初心者が気をつけるべきことや注意点、練習法や姿勢などについてご紹介いたします。せっかく...

富士山の溶岩の持ち帰りはNGになる事を知っておきましょう

富士山への登頂は、国内からの人気はもちろん海外旅行者からの人気もとても高く多くの登山客が訪れています...

逆立ちができない理由はただ一つ!コツではなくできると思うこと

逆立ちができない理由を知っていますか?筋肉がないや、体幹がないということではありません。...

ドライバーが上がらないのはナゼ?初心者によくある原因とは

ドライバーが上がらないのは初心者だから?ドライバーが上がらない原因にはどんなものがあるのでしょうか?...

マラソンのタイム。何を目安に早い・遅いを決めるのかについて

マラソンのタイム。自分のペースは知っていても、一般的なタイムの目安ってどのくらいなのでしょうか?...

リフティングの練習は子供の頃から始めよう!練習方法とポイント

「子供のリフティングがなかなか上達しない!何か良い練習方法はないのかな」と頭を悩ませている親御さんも...

スケボーの乗り方を子供に教えるには?教え方のコツと注意点

子供と一緒にスケボーを楽しみたい!まずは子供に乗り方を教えなければなりません。どちらの足を前に置...

腹筋ができない子供。腹筋ができるようになる方法とコツ

腹筋なんて、考えなくてもできると大人は思いがちですが、子供は腹筋の使い方がわからないということも多い...

スキーのリフトが怖い気持ちを和らげる方法リフトの乗り方

スキーのリフトは乗るときも乗っているときも降りるときも怖いですよね。そんな怖いという気持ちを和らげる...

【野球】キャッチャーの練習のポイントと意識するべきこと

野球のキャッチャーは他のポジションに比べて専門性が高く、練習方法も他の人達とはちょっと違った練習方法...

平泳ぎをすると沈む子供への指導方法と教える時のポイント

平泳ぎをするとなぜか沈む子供はいます。沈む原因は必ずありますので、その原因にそった指導をする必要があ...

シュート【サッカー練習】決定力を上げて上達につながるポイント

シュートはサッカーの練習を繰り返すことで結果につながります。シュートがなかなか決まらないという人は、...

サッカーの練習に取り入れたい練習メニュー【ジュニア編】

ジュニア時代のサッカーの練習にはどんな練習を取り入れると良いのか、子供のサッカー技術向上やチームの勝...

スポンサーリンク

柔道の競技人口が世界の中で一番多い国とは

柔道は日本発祥の競技

今まで負け無し日本として有名だった柔道も、ここ最近海外の競技人口が増えたため苦戦した試合がとても多いですね。
現在世界中でどれくらいの人が柔道というスポーツに携わっているのか調べてみました。日本以外で柔道大国と言われている国はどこの国だと思いますか。
「勿論日本意外無いでしょ」と思っている人もいるかと思いますが、実は違います。

柔道が浸透している、フランス

最近では、決勝戦などテレビでよく黒人の人と日本人が戦っている姿を目にしますが、
対戦者の国をテレビ画面などで注目してみてみて下さい。勿論色々な国の人はいますが、よく見かけるのはフランスの人です。
なぜフランスの人たちは柔道を経験している人が多いのか。
柔道という競技には、礼で始まり礼で終わるといったように、礼儀や規律、そして対戦相手を尊敬するなどの精神が組み込まれており、教育観点からみてもとても素晴らしいことという意識が根付いているため、フランスではとても盛んになっているのです。

世界の中でもフランスの柔道の競技人口が多い理由とは

フランスの柔道連盟副会長のミッシェル・ブルースさんは次のように話しています。
「フランスにおける柔道は、もはや国技である」と。
なぜこんなにもフランスで人気的なスポーツになったのか、ミッシェルさんはわかりやすく説明してました。
柔道とは単なるスポーツではなく、人を育てるといった教育的な面も兼ねそなった競技だと話しています。
フランスに柔道を広めた先人たちが護身として優れているとして伝えたことも人気を広めた1つの理由でしょう。
フランスでは柔道を広め始めてから100年ほど経過しましたが、柔道の人気は増すばかりで、最近もどんどん柔道精神は受け入れられているようです。

日本の柔道競技人口が約20万人なので、フランスでは日本より2倍以上もの人が柔道に魅了され柔道に携わっているのです。

実は世界の中でフランスよりもブラジルの方が柔道の競技人口は多い

柔道競技人口が1番多い国はどこの国?

答えは、ブラジルです。
諸説ありますが、ブラジルの柔道競技人口は約200万人とされています。
日本から見たらおよそ10倍もの人が柔道に携わっているんですね。
柔道という競技においてブラジルはフランスに次ぐくらい世界的には有名で、大きな大会などでメダルを獲得した選手も多数いるほどです。
成績をすこし紹介しますと、第31回世界柔道選手権大会がリオデジャネイロで開催された時、金メダル1個を含む9個のメダルを獲得し、メダル獲得数ではキューバに次ぐ4位となったのです。
そのブラジルでも学校などでの教育の一環として柔道を選択する学校も多く、すこし大きな街にいけば柔道教室が目につくくらいです。

ただ、貧富の差が激しいブラジルでは柔道教室の月謝は決して安いものとして受け入れられておらず、地方政府の多くが補助金を出し無料で柔道を学ぶことのできる環境を取り入れているのです。

柔道に力を入れている国はたくさんあります

調べてみると、かつて日本の国技とまで言われていた柔道は、競技人口では1番でもなく、もはや教育の一環としてまで世界中で取り入れられているなんて嬉しいことですよね。
さて、他にはどんな国が柔道という競技に力をいれているのでしょうか。

競技人口が多く国が柔道に力を入れている国

  • 日本
  • 韓国
  • フランス
  • ロシア
  • ブラジル
  • ドイツ
  • オランダ

競技人口は少ないが国が柔道に力をいれている国

  • グルジア
  • キューバ
  • モンゴル
  • アゼルバイジャン
  • 中国
  • 北朝鮮等

競技人口は少なく国も消極的だが成績が著しく良い国

  • イスラエル
  • コソボ
  • カナダ
  • ハンガリー
  • スロベニア等

勿論上記記載は諸説ありますので絶対的とは言い切れませんが、こうやってみてみるとどこの国も一度は日本人選手が国際大会で対戦していたり、テレビで見たことがありますよね。

アメリカでも柔道は人気があります

上記の中に、人口大国のアメリカの名前が出てきてませんが、国の人口はとても多いのにアメリカの競技人口は少ないのでしょうか。
世界の中心、又は流行の発信地とも言われているアメリカが、近年取り入れられているのは「武術」全般です。
勿論「武術」の中に柔道も含まれており、他には空手なども大変人気をよんでいます。
アメリカの柔道は、およそ100年前日本人が紹介した事がきっかけで始まりました。
近年では、武術や格闘技ブームの流れもあり柔道は注目の的となっているのです。

世界各地で愛されている「柔道」

ただのスポーツでは無いという意見が多い通り、競技としてだけではなく礼儀や相手を尊敬する精神が学べるという内面的な心を成長させる技術も習得できることで、相手を敬う気持ちも含め、柔道を通して世界各国がどんどん平和になってくれることを願うばかりですね。