【野球】キャッチャーの練習のポイントと意識するべきこと

野球のキャッチャーは他のポジションに比べて専門性が高く、練習方法も他の人達とはちょっと違った練習方法になります。

キャッチャー経験がない子だと、思うようにプレーができなくてもどかしく感じることがあるかもしれません。

もっと上達するための、キャッチャーの練習方法のポイントをわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野球の正しい投げ方を子供に教える場合のポイントを解説します

休日に子供と野球のキャッチボールをするお父さんも多いと思いますが、投げ方を教えようと思っても大人と違...

スキーのターンの切り替え方とは?意識するべきポイント

難易度の高いスキーのターン、切り替えはどのように行えばいいのでしょうか?切り替える時のポイントやコツ...

水泳の上達にかかせないビート板の使い方とは?コツやポイント

水泳のビート板の正しい使い方とはどのような姿勢なのでしょうか?キックの練習がしたいのに、ビー...

テニスの練習方法は子供が楽しくなる簡単な練習から始めよう

日本のテニス選手が世界で活躍する機会を目にすることが多くなった影響もあり、子供にテニスを習わせたり、...

スケボーの乗り方を子供に教えるには?教え方のコツと注意点

子供と一緒にスケボーを楽しみたい!まずは子供に乗り方を教えなければなりません。どちらの足を前に置...

幼稚園の子供にサッカーを教える時の教え方!コツとポイント

まだ小学校に入学前の幼稚園の子供にサッカーを教える時は、一体どんな教え方をすれば良いのでしょうか。テ...

サッカーはパス練習が大切!初心者でもできる練習メニューを解説

子どもがサッカーを始めると、一緒にパス練習をしてあげようと考えるパパやママも多いのではないでしょうか...

バスケがうまくなりたい子供の練習・継続して練習することが大事

バスケをはじめたばかりの子供がいる親御さんの中には、どうにかしてバスケットを上達させてあげたいと思っ...

短距離走を速く走るコツは正しいフォームを意識すること

短距離走を速く走るコツで一番身に付けたいこと。それが「フォーム」です。速く走るコツには、柔軟性を...

サッカーの練習方法!初心者の子供たちにおすすめの練習メニュー

サッカー初心者の子供たちに基本を教えようと、ひたすら同じ練習方法を繰り返し行っても子供たちは飽きてし...

野球の練習方法!少年野球のバッティング練習・指導のコツを紹介

少年野球のコーチをしている人の中には、まだ経験が浅くて子供にどのように野球のバッティング練習をさせた...

ボクシングを引退する年齢とは?引退後待ち受ける過酷な現実

国民的人気を誇る日本のボクシング。プロボクシングになろうと決意する方もいると思いますが、気になる...

野球の練習メニューで冬はここを強化!おすすめな練習とは

冬に行う野球の練習メニューでは、どんなことを意識したらいいのでしょうか?冬のこの期間にこそ行...

サッカーの練習方法は?小学校の子供に教えたいサッカーの基礎

サッカーを始めたばかりの小学校のお子さんは、まだサッカーの基礎が身に付いておらずなかなかサッカーが上...

スパイクのポイントの減り方がはやいのはナゼ?長持ちさせる方法

サッカーのスパイクのポイントの減り方がはやすぎるのでは?子どものスパイクのポイントが減るのが気になっ...

スポンサーリンク

野球のキャッチャーはボールの握り替えの練習が大切

野球でキャッチャーの経験がないと、どんな動きをしたらいいのか、どんな練習をしたらいいのかわかりませんよね。

まず、キャッチャーに必要な練習とは、ボールを握り替える練習になります。

これは、多くのキャッチャー経験者が多くの時間を費やして練習してきているものです。

キャッチャーにとってボールを握り替える練習は、最も大切な練習とも言えます。

このボールを握り替えるポイントとは、キャッチャーミットに入っているボールを斜め下に飛ばしてあげることになります。

この動作のコツを掴むことができれば、ミットに入っているボールを素早く握り替えることができるようになるのです。

それから、正面を向いてスローイングする練習も大切です。

肩を入れてスローイングするとボールは左右に乱れてしまうことが多いのです。

ですが、正面を向いて行いことで、その乱れは安定してコントロールできるようになります。

ぜひ試してみてくださいね。

野球のキャッチャーは早い送球のための足の運び方を練習

素早い送球をするには足の運び方を意識するのがポイントになる

例えば、キャッチャーはピッチャーからのボールを一塁、二塁、三塁へと素早く送球しなくてはなりませんよね。

これを練習するのに、とてもいいアイテムがあります。

それはタオルです。

ピッチャーがよくシャドーピッチングを行うのと同じく、キャッチャーもタオルを持って送球練習しましょう。

この場合、ピッチャーのボールが外角に来たとき、内角に来たときなどあらゆる状況を想定して、ミットを動かしていくのです。

そこで重要になるのが、足の運び方なのです。

足を運べば一番早く肩が投げたい方向へ向くので、それを意識して練習していきましょう。

野球のキャッチャーの練習…キャッチングで意識すること

野球のキャッチャーの仕事は、ピッチャーをリードすることはもちろん、盗塁を刺したり、的確な指示を野手たちに伝えることなどがあります。

ピッチャーのボールを正しくキャッチすることが最も大事

これは、チームの勝利にも関わるものであり、盗塁を阻止するときでも、きちんとしたキャッチができていないと成功しないのです。

そこで、今注目されいるのが、ピッチャーからのボールをギリギリのストライクに見せるというキャッチャー技術です。

これを「フレーミング」といいます。

このフレーミング技術を上達させるためには、ボールを引き付けを意識することです。

キャッチャーは基本的に、ミットを動かさないように捕球します。

なので、ミットを構えたら動かさずに、体にギリギリまで引き付けて捕球するようにしましょう。

すると、キャッチングがスムーズになりますよ。

ぜひやってみましょう。

キャッチングのポイントは肘

ボールをキャッチするときのポイントは、肘です。

ピッチャーからせっかく良いボールがきても、そのボールの勢いに負けてしまうことがありますよね。

こうして、ミットが下に落ちたり、横に流れてしまうと、ストライクにはなりません。

これは、ミットを動かさないように意識することが大切なんです。

そして、このときに肘が伸びているとボールに対して柔軟に対応することができません。

どんなボールに対しても柔軟に対応してしっかりと捕球するには、ひじを軽く曲げるようにしましょう。

そして、ミットを投手の正面にしっかりと向けることです。

もちろん、正しいキャッチングの感覚を身につけるための練習も必要です。

ボールを普通にキャッチするのではなく、ホームベースの真ん中に落とすように練習してみましょう。

このとき、ホームベースに落としたボールが真ん中付近に集まっているかがポイントになります。

正しい感覚を身につけられるように練習しましょう。

野球のキャッチャーは適切な判断力も必要

野球のキャッチャーは、ゲームの中であらゆる状況のときに適切な判断が必要になります。

例えば、ランナーが塁に出たら、まず考えるのは盗塁ですよね。

今出塁している走者が2塁に盗塁できるかをキャッチャーは見極めなければなりません。

このとき、キャッチャーの肩が最も重要になります。

どんなに速い球を投げられたとしても、コントロールを誤って変なところに投げてしまっては、もっと走者を塁に進めてしまう可能性もあるのです。

ですから、コントロールのできる肩が必要なんです。

それから、元気な掛け声ができることもキャッチャーの役割のひとつです。

チームの守備に勢いが出るように声を張っていきましょう。

内野手へ的確な指示をするのも大きな役割ですよ。

このように、キャッチャーはゲームを作っていく重要な役割を担っているんですね。