ドライバーのスイングのコツとは?初心者向け上達方法!

ゴルフ初心者にとってドライバーが一番難しいですよね。どうすれば飛ぶようになるのか、すぐにても知りたいところでしょう。

ドライバーのスイングのコツってなんなのでしょうか?素振りする時に注意することは?

コツがわかればドライバーが得意になる?ゴルフ初心者必見!ドライバーのスイングのコツについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

少年野球でキャッチャーの素質がある子って?高い能力が必要です

少年野球ではどんな子がキャッチャーの素質がある子なのでしょうか。少年野球においては、キャッチャー...

瞬発力のトレーニング!子供の年齢と成長に合わせて取り組もう

瞬発力のトレーニング!子供の年齢と成長に合わせてトレーニングを行います。大人のように、や...

スキーのリフトが怖い気持ちを和らげる方法リフトの乗り方

スキーのリフトは乗るときも乗っているときも降りるときも怖いですよね。そんな怖いという気持ちを和らげる...

格闘技を習うなら何がおすすめ?大人でも上達できるものとは

テレビなどで格闘技を見ていると、自分もやってみたいと思うこともありますよね。格闘技と一言で言...

サッカーの練習に取り入れたい練習メニュー【ジュニア編】

ジュニア時代のサッカーの練習にはどんな練習を取り入れると良いのか、子供のサッカー技術向上やチームの勝...

お父さん審判になろう!少年サッカーの審判のやり方について

子どもがスポーツをしていると親の協力が欠かせませんが、少年サッカーの場合はお父さんが審判を頼まれる機...

バスケがうまくなりたい子供の練習・継続して練習することが大事

バスケをはじめたばかりの子供がいる親御さんの中には、どうにかしてバスケットを上達させてあげたいと思っ...

野球の練習メニューで冬はここを強化!おすすめな練習とは

冬に行う野球の練習メニューでは、どんなことを意識したらいいのでしょうか?冬のこの期間にこそ行...

バレーのサーブが上手くなりたい!練習方法やポイントをご紹介

バレーが好きだと言う方も多いですよね。昔は女性がやっているというイメージも強かったかもしれません...

マラソンのタイム。何を目安に早い・遅いを決めるのかについて

マラソンのタイム。自分のペースは知っていても、一般的なタイムの目安ってどのくらいなのでしょうか?...

ハーフマラソンで目標1時間40分!その練習方法を徹底解説

ハーフマラソンを2時間以内で走ることができれば、次に目標となるのは「1時間40分」を切ることという人...

長距離の走り方を子供に教えるときのコツやポイントとは

子供と一緒に長距離の練習をするときにはどのように教えてあげたらいいのでしょうか?走り方のコツ...

ミニバスの練習方法とは?低学年はわかりやすく楽しくが基本

低学年にミニバスの練習をするときには、どのようなものを行ったらいいのでしょうか?低学年には、...

スパイクのポイントの減り方がはやいのはナゼ?長持ちさせる方法

サッカーのスパイクのポイントの減り方がはやすぎるのでは?子どものスパイクのポイントが減るのが気になっ...

中学の野球部の練習に効率の良い練習方法と指導のポイントとは

中学校の野球部の練習において、効率の良い練習とはどんな練習方法なのでしょうか?では、中学校の...

スポンサーリンク

ドライバーのスイングのコツとは?まずはイメージしよう!

ゴルフのスイングは、手、腕、肩、腰といった細部に注意を払いながら少しずつ悪いところを修正していきます。中にはそういった細かい部分をあまり気にせず、イメージだけで上達していく人たちもいます。イメージしてみるということは重要なようです。

フルスイングが自分のイメージ通りにできているかどうかと、目標に対しての構え方をイメージしてみてください。

解説書には「ボールの後ろからターゲットを見て、ボールの30cm前に目標を見つけます。そのポイントとボールを結んだ線である飛球線に両足をそろえたまま直角にクラブフェイスを合わせます。」とあります。このように出来ていれば問題ないのでしょうが、自分がちゃんと出来ているのかをイメージして確認してみてください。自分の立ち位置から構え方に至るまで一連のプレーを意識してイメージしておくことが重要です。何が良くないかも次第に気づいてきます。

フルスイングは素振りで練習しておくことで改善できます。

ドライバーのスイングのコツは「左手」?

ドライバーをうまく打つには、遠心力を切らさないように振ることがコツです。

まずは振り子運動を行います。
左手だけでグリップし、ドライバーを左右に振ります。腕を振るのではなく、左腕を伸ばしたまま重心を左右に動かる形です。クラブに遠心力が生まれ、振り子運動を始めます。
繰り返していくうちにだんだんと振り幅が大きくなってきます。バックスイングとフォロースルーで左腕が水平になったところでキープし、連続で素振りをします。これが遠心力を切らさない素振りになります。

次は実際にボールを打ってみてください。左手だけでは難しいので、右手でサポートします。このとき、右手はクラブには触らず、クラブを持った左手を軽く持ってください。クラブを1点で支えるため左手だけで持つのと同じ状態でクラブを持つことができます。
同じように重心を左右に移動させて振り子運動にします。ティーアップしたボールを打ってください。コツをつかんだら、スイングを徐々に大きくし、フルスイングで打てるように練習を続けてください。

ドライバーのスイングのコツは「フィニッシュ」にあり?

スイングはボールを打ったら終わりではありません。スイングプレーンという名のレールはフィニッシュまで延びています。

振り切ることができずに途中でブレーキがかかってしまっている人は、重力ではなく腕の力で無理に振るというスイングをしています。腕の力で振る人は加速がないためフィニッシュの前でブレーキがかかってしまいます。

フィニッシュでは振り切ることが大切です。正しい動きをすると、左の肩が頭の後ろへ行き、左の肩甲骨が背骨に寄ってきます。ここまで振り切ることがドライバーのフルスイングです。

フィニッシュがキレイに取れているということは、バランスよく振り切れているということになります。スイングプレーン、体の動きも正しいということでもあります。

打ち終わったらそのままの状態を数秒キープしてみてください。ナイスショットはバランスよくスイングできているはずなので、よろけたりはしません。もしも体がよろけてしまう場合は筋力不足が考えられます。背筋や腹筋などの体幹を鍛えてください。

ドライバーできれいに真っ直ぐにボールを飛ばすためには?

ドライバーは飛ばす道具です。ドライバーで飛距離に必要なのは力ではなく、クラブヘッドの加速になってきます。インパクトする直前のゾーンからヘッドを一気に加速させていくことが大切です。
飛ばそうとすると腕に力を込めて振ってしまします。これでは逆にトップからダウンにかけてブレーキをかけてインパクトを迎えてしまいます。テークバックでパワーを蓄え、それをトップから切り返しで一気に加速につなげていくことが重要です。

ゆったりと振るというのもポイントになってきますが、ゆったり振ろうとして単に体から力を抜いたらボールは飛びません。ゆっくり振るとスイングの緩みにつながり、ボールは曲がってしまいます。
ヘッド軌道を安定させるためには加速が必要となってきます。ダウンスイングでは腕をリラックスさせ、プレインパクトまでプレーンに乗せていきます。インパクトからフォローにかけて加速させれば、ヘッドの軌道は安定して曲がりません。

ドライバーで真っ直ぐ打つためにはティアップも大切です!

グリーンに近づきたいという思いから、ティグラウンドの前のエリアにティアップしてしまいがちです。しかし、ゴルフは飛距離にこだわります。そのためにはティアップはなるべく前にすべきと言っていう人もいます。

プロゴルファーのティアップは、ティグラウンドがフラットで、フェアウェイが一番見やすいエリアにティアップしていることが多いことに気づきます。アドレスをした際にフェアウェイが斜め方向に見えるのではなく、フェアウェイセンターがまっすぐに見えるエリアにティアップしています。しかし、ティグラウンドは必ずしもフラットだとは限りません。できるだけ足場がフラットなエリアを見つけてそこでティアップしましょう。

ティアップする場所にこだわり、足場の状況を考慮しないゴルファーが多いようです。 ティを剌す場所に問題がなくても、足場に傾斜があったりボコボコしていたりすると、ゴルフスイングが曲がる原因にもなります。

ティアップの場所を決めるときは、スタンスの場所を確認してから、必ず傾斜や芝の状態を確認する習慣をつけておくことが必要です。