ボウリングのフォームがきれいになるための意識や練習のポイント

ボウリングのフォームがきれいだと安定して投げることができるので、スコアもアップしていきます。
ブレないきれいなフォームを心がけることは、ボウリングの上達にとても大切なことなのです。

しかし、ボウリングの初心者だとどんなことに意識してボールを投げたらいいのかわからないですよね。

そこで、ボウリング初心者でもわかるきれいなフォームのために意識するべきことについて、練習のポイントであるポジションやスイング、ステップなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、これからボウリングを始めようとしている方でも、ボールを投げるときに意識することがわかり、基本のフォームをすぐに身につけることができるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園の子供にサッカーを教える時の教え方!コツとポイント

まだ小学校に入学前の幼稚園の子供にサッカーを教える時は、一体どんな教え方をすれば良いのでしょうか。テ...

格闘技を習うなら何がおすすめ?大人でも上達できるものとは

テレビなどで格闘技を見ていると、自分もやってみたいと思うこともありますよね。格闘技と一言で言...

【野球】キャッチャーの練習のポイントと意識するべきこと

野球のキャッチャーは他のポジションに比べて専門性が高く、練習方法も他の人達とはちょっと違った練習方法...

平泳ぎをすると沈む子供への指導方法と教える時のポイント

平泳ぎをするとなぜか沈む子供はいます。沈む原因は必ずありますので、その原因にそった指導をする必要があ...

ハーフマラソンで目標1時間40分!その練習方法を徹底解説

ハーフマラソンを2時間以内で走ることができれば、次に目標となるのは「1時間40分」を切ることという人...

【柔道の競技人口について】世界の中で日本より多い国とは

柔道は日本の代表的な武道ですが、オリンピックなどの国際大会で必ずしも日本人がメダルを獲得しているとは...

野球の練習方法!少年野球のバッティング練習・指導のコツを紹介

少年野球のコーチをしている人の中には、まだ経験が浅くて子供にどのように野球のバッティング練習をさせた...

バットの重さはどのくらい?プロのバットの重さについてを調査

プロ野球を見ていて「重いバットだからあんなに飛ぶのかな?」と思ったことはありませんか?プロ野...

テニスの練習方法は子供が楽しくなる簡単な練習から始めよう

日本のテニス選手が世界で活躍する機会を目にすることが多くなった影響もあり、子供にテニスを習わせたり、...

投手のコントロールが良くなる練習は?ポイントや練習方法を解説

投手のボールコントロールが良くないというお悩みを抱えている指導者の中には、どんな練習をすればコントロ...

スケボーの乗り方を子供に教えるには?教え方のコツと注意点

子供と一緒にスケボーを楽しみたい!まずは子供に乗り方を教えなければなりません。どちらの足を前に置...

野球のルールを子供向けに簡単に教えるコツと一緒に楽しむ方法

野球のルールを子供向けに教えるには、まずは子供に野球に興味を持ってもらえるようにする工夫が大事です。...

野球の練習メニューで冬はここを強化!おすすめな練習とは

冬に行う野球の練習メニューでは、どんなことを意識したらいいのでしょうか?冬のこの期間にこそ行...

スキー初心者のお子様への教え方!楽しく滑る基本レッスン

小学生のお子様を連れて、初めてのスキーに行く場合には、お父さんやお母さんがスキーを教えることになりま...

膝強化のための筋トレにはチューブが最適!そのやり方を教えます

膝痛に悩んでいる人は、膝の負担を軽くするために太ももの筋肉を鍛えればよいことはわかっていても、そのや...

スポンサーリンク

ボウリングできれいなフォームのために意識するべきこと

ボウリングはきれいに投球したいものです。
きれいな投球を目指すうえで、まず忘れてはならないことがあります。

それは安定性です。

初心者は特に重いボールに重心を奪われてしまいがちで、フォームがぶれてしまいます
フォームがぶれるとボールは安定性を失い、進路も思った通りにコントロールできません。

足腰を安定させボールを放つことでゲームをより楽しめるようになりますが、そうなるためには体幹を鍛える必要があります。

体幹は重いボールに左右されることなく、投球するためのバランスを取るための筋肉です。まずは足腰を丈夫にし、バランスを取れる身体づくりをしましょう。

そしてもう一つ気を付けたいのが力みと疲労です。

ボウリングで投球し続けていると疲れによって投球フォームが乱れてくると、ピンが倒れづらくなっていきます。

フォームが崩れてきているということは、綺麗な投球フォームの時とは別のところに力が入っている可能性が高いです。

このような時は腕や肩に負担がかかりすぎてしまうので、適度に休憩を入れましょう。
休憩をしつつ、フォームを修正していき身体に基本の姿勢を馴染ませていくよう意識しましょう。

きれいなボウリングのフォームはボールを投げるポジションが重要

ボウリングでの投球フォームをきれいにするにはポジションが重要です。

ポジションとは立ち位置のことを指します。
この立ち位置はボールを投げ始めるときの助走も関係してきます。

助走をテンポよく運び、綺麗な投球フォームに入るためのポジションに付きます。

このポジションは上級者になればなるほど重要になり、数センチの狂いも命取りと取られるほどです。

基本的にはファールラインからレーンを背にして4~5歩ほどを歩いた位置が助走開始地点です。

自分の投げやすいと思うフォーム、綺麗に投げられるフォームがわかってきたらその基本的なベースを崩すことなく助走のテンポを掴んでいきましょう。

床にある丸い五つの点「スタンドドット」を目印に、左右の立ち位置と投げたいラインを見極めて、整った投球フォームでボールを放ちます。

狙うピンの位置が変化することで、狙う時の立ち位置や目印、感覚も大きく変化します。何度も繰り返すことで身体でそれを覚えていくので、繰り返し練習してみましょう。

ボウリングできれいなフォームで投げるにはイメージが大切

きれいなフォームを保ち続けるにはイメージが大切です。
そのイメージはスイングを大事にすると掴みやすいです。

ボウリングのボールを投げるときは振り子運動が加わることでボールに回転とスピードがかかります。

ボウリングの振り子のイメージを順に説明していくと以下の通りです。

  1. プッシュアウェイ
    両手で構えたボールを前に出す動きです。
  2. ダウンスイング
    前に出したボールが、ボールの自重で自然に降りる動きです。
  3. バックスイング
    自重で下がったボールをスピードを利用して身体の後ろに引く動きです。
  4. フォワードスイング
    身体の後ろまでスピードに乗ってスイングしたボールが自然に前に戻ってくる動きです。

フォワードまでの流れができたら、フォワード時に身体の一番前に来たところでボールを放ちます。

スピードを出そうと力むのではなく力を程度に抜いて、ボールの重さに任せます。
すると振り子の要領でボールがスピードに乗り、投球がうまくできます。

余計な力を入れずにボールを扱うと、コントロールがしやすくなるので力むことなく身体の動きを利用してボールを投げてみましょう。

フォームの動きに合わせたステップを踏みましょう

何度かボウリングをしていると自分の投げ方に合うステップがつかめてくると思います。
このステップはスイングの動きと一緒に行います。
スイングに合わせてステップを踏むときの基本は以下の通りです。

  1. かかとからつま先へ体重移動をさせながら、右足を前に出し踏み込みます。
  2. 左足を歩くように出します。このとき半歩ほどの小さめの歩幅で出すことを意識しましょう。
  3. 右足をやや大きめに踏み込みます。
  4. 左足を大きく前に踏み出し、つま先をスライドさせるように助走のスピードをボールに乗せます。

上半身でボールをスイングさせボールをコントロールし、下半身のステップでよりスピードを乗せて放ちます。

何度か繰り返しているうちに身体に染みついてくると思いますが、最初に癖のある動きをしてしまうとそれが抜けなくなるので、はじめは気を付けて動くようにしましょう。

きれいなフォームを心がければ上達します

きれいなフォームを作るうえで基本となる動きについて解説しました。

ボウリングの投球はきれいなフォームを心がけることで上達しますが、基本フォームを自分の投げやすいものに昇華させることも上達の方法です。

決まり切った動きではなく、力を抜きリラックスした状態でゲームを楽しみながらボールを投げることが上達するうえでメンタル面で大事なことではないかと思います。

安定したボールを放つこと、安定したフォームで投球することは体が慣れてくればできるようになることです。

自分に合ったフォームでスコアアップができるのが一番望ましいですね。

あまりフォームを気にしすぎることなく、ほどほどに楽しみながら上達していけるといいですね。