車を購入したい!印鑑証明は必要?印鑑登録方法と取得方法を解説

普通自動車を購入したいと思った時、印鑑証明が必要になるという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。車を購入した経験がない人は、印鑑証明が必要かどうかわからないこともあります。

印鑑証明が必要な場合、印鑑登録をしていないと印鑑証明を発行することはできません。
ここでは、普通自動車を購入する時に印鑑証明が必要かどうかについてお伝えします。また、印鑑登録をしていない場合の登録方法と、印鑑証明の取得方法についてもご紹介しますので、こちらも併せて確認してみてください。

車の購入がスムーズにできるように、あらかじめ確認をしておくと安心です。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

手洗い洗車のコツとは?簡単にキレイに仕上げるやり方をご紹介

いざ洗車をしようと思っても、なかなか自分でするのはおっくうですよね。しかし車が汚いままなのも気になる...

車のタイヤの空気入れはどこでできる?空気圧や入れ方

車のタイヤの空気入れはいつどこで行えばいいのでしょうか?購入や交換ではないため、ついついする...

台風で飛行機が揺れる!影響や予約前に知っておきたいこと

台風によって飛行機に揺れがひどくて飛ばないといった影響が出ることがあります。では、飛行機が台...

フォークリフトの実技に落ちたらと不安になる必要がない理由

フォークリフトに合格するには、講習、学科の他に実技試験をクリアしなければなりませんが、実技で落ちたら...

車のブレーキパッドがサビても問題ないが残量のチェックは必要

車のブレーキパッドがサビていると、なにか不具合が出るのでは…と不安に感じる方も多いのではないでしょう...

車のオーバードライブの使い方とは?その使いみちと燃費との関係

車の機能の一つにオーバードライブがあります。AT車限定の機能なのですが、名前はもちろん、その使い...

車を購入した人の値段の平均は意外に高い!その実態を解説

車を買おうと決めても、車の種類や新車か中古車かによっても値段はかなり違います。そこで気になる...

車の盗難対策のためにGPSを設置するメリットと費用を解説

万が一の時のために、車の盗難対策としてgpsを設置する人が増えていると言われています。しかし...

バイクのオイル交換はガソリンスタンドでもできるが注意が必要

オイル交換といえばすぐにガソリンスタンドを思い浮かべますが、バイクもガソリンスタンドで行えるのでしょ...

注意!車のテレビ視聴はバッテリー上がりの原因になります

車での待ち時間、子供を迎えに行った時、病院の駐車場などなど車のカーナビでテレビを見て待つ方も少なくな...

車のエンジンかけっぱなしでガソリンやバッテリーの影響と対処法

車をエンジンかけっぱなしにするとガソリンは走行していなくても消費されます。では、車のエンジンをかけっ...

車はあったほうがいい?東京で生活する時の車の必要性について

これから東京での生活をスタートさせる人の中には、車が必要かどうか知りたい人もいるのではないでしょうか...

車のブレーキから音が鳴るのは危険!原因と早めの対応のススメ

車のブレーキから音が鳴るのに気がついたら焦ってしまう運転手もいるでしょう。これは、もしかしたら大きな...

ラジエーターの冷却水量が足りない場合は要注意!すぐに点検を

ラジエーターは車の前方に設置されているものですが、冷却水の量を気にしたことありますか?普段か...

車のブレーキランプの交換は自分できる!気になる費用や確認方法

車のブレーキランプの交換は意外と簡単に自分でできます。車のブレーキランプが切れたまま走行するのは、と...

スポンサーリンク

車を購入するときは印鑑証明が必要になる

車を購入するときに印鑑証明が必要なのはご存知ですか?

車を購入するためにも必要ですが、車のローンで支払う場合にもまた印鑑証明が必要になります。車を買い換える場合、今まで使っていた車を下取りしてもらうときにも必要になってきます。

印鑑証明を知らない人なら、どうやって印鑑証明を取得したらいいのかもわからないことと思います。また、印鑑証明は知っていても、印鑑登録をしていないという人もいることでしょう。

印鑑証明を用意するには、まずお住まいの市役所や区役所、役場に印鑑を登録しなくてはなりません。

氏名、年齢、生年月日、住所とともに印鑑をひとつ登録します。これが実印となります。
印鑑登録さえすれば、印鑑証明はすぐに発行してもらうことができます。

印鑑登録をしていないので車を購入できない!印鑑登録をする方法

印鑑証明は、印鑑登録さえすればすぐに取得することができます。

まずは印鑑登録を行ってください。

登録する印鑑を自分で用意します。100円ショップなどで売られている印鑑は使わないようにしてください。三文判やシャチハタも登録することはできません。

印鑑登録した印鑑はあなたの実印になります。

印鑑証明は車の購入の他、家のローンを組むときや遺産相続するときなど、大きくお金が動く重要な場面で必要になってきます。実印として相応しい印鑑を用意するようにしましょう。市区町村によっては登録できる印鑑について、大きさなどに決まりがある場合もあります。印鑑を用意する前に事前に調べておくと安心です。
また、実印の場合は既成のものではなく、購入してから名前を掘ることが多いです。そのため注文してから数日かかってしまうことも多いです。

印鑑登録をするには、印鑑と身分証明書を用意して、お住まいの市区町村役場へ行き、印鑑登録の手続きをしてください。印鑑を登録したら、印鑑登録証を発行してくれます。印鑑登録証は印鑑証明を取得する際に必要になってきますので、大切に保管しておきましょう。

車の購入に必要な印鑑証明を取得する方法

印鑑登録が終わると、印鑑証明を取得することができます。印鑑登録証と身分証明書を用意して、市区町村役場へ直接行って印鑑証明を取得します。

市区町村役場の印鑑証明発行窓口に、交付申請書の用紙があります。その用紙に記入をして、窓口に提出してください。印鑑登録証と身分証明書の提示も求められます。
交付してもらうためには手数料がかかります。金額は市区町村役場によって違ってきますが、300~400円程度でしょう。

印鑑証明を取得するには基本的には印鑑登録証と身分証明書が必要ですが、市区町村役場によって違う場合もありますので、取得に必要なものをあらかじめ確かめておくようにしてください。

車購入時に必要になる印鑑証明はコンビニで取得できることも

印鑑証明は市区町村役場まで行かなくても、コンビニでも取ることができる場合があります。コンビニにあるマルチコピー機を使いますが、市区町村役場によってはコンビニ交付に対応していない場合もあります。

コンビニで印鑑証明を取るときは印鑑登録証は必要ありません。そのかわり、マイナンバーカードが必要です。マイナンバーカードを取得していないと、コンビニから取得することはできませんので、その場合はやはり市区町村役場へ出向いて取得してください。

マイナンバーカードをお持ちで、コンビニ交付に対応している市区町村役場なら、コンビニで手軽に印鑑証明を取得することができます。市区町村役場が開いている時間に行き、待たされることも考えると便利ですよね。

コンビニのマルチコピー機を使って、案内された手順に従って操作してください。マイナンバーカードをかざし、暗証番号の入力も必要になってきます。コンビニで交付してもらったときの手数料は200円です。

印鑑証明の取得に行く時間がない!代理人が印鑑証明を取得することについて

印鑑証明を取得するには本人が市区町村役場へ行かなくてはならず、開いている時間に行くことが難しい場合もあるでしょう。本人が手続きすることが基本になりますが、自分では取得しに行くことができない場合は、誰かに代わりに行ってもらうこともできます。代わりに行く人はあなたの代理人となり、市区町村役場によっては代理人申請が必要の場合もあります。代理人申請は指定の用紙に記入するだけなので、事前に調べて用意しておくようにしてください。申請の用紙はネットからダウンロードすることも可能です。

代理人が印鑑証明を取得する場合も、印鑑登録証は必要ですので、代理人に印鑑登録証を預けてください。手数料も忘れずに渡しておきましょう。
印鑑証明の取得には、本人の住所や生年月日が必要になってきますので、それも代理人に伝えておいてください。

印鑑証明は家を購入するときなど大きなローンを組むときなどに必要です。登録した印鑑は実印になりますので、大切に保管しておきましょう。