エンジンがかかりにくい原因とは?バイクのエンジンのかけ方

バイクのエンジンがかかりにくいときにはどんなことが原因なのでしょうか?

バイクはとくに冬にエンジンがかかりにくくなってしまうようです。寒い時期にバイクに乗る予定があるのなら、晴れている日にエンジンがかかるかどうかチェックしておくといいでしょう。

ずっと乗らないことも、エンジンのかかりにくくなる原因のようです。バイクのエンジンがかかりにくいときの対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のブレーキから音が鳴るのは危険!原因と早めの対応のススメ

車のブレーキから音が鳴るのに気がついたら焦ってしまう運転手もいるでしょう。これは、もしかしたら大きな...

台風で飛行機が揺れる!影響や予約前に知っておきたいこと

台風によって飛行機に揺れがひどくて飛ばないといった影響が出ることがあります。では、飛行機が台...

フォークリフトの実技に落ちたらと不安になる必要がない理由

フォークリフトに合格するには、講習、学科の他に実技試験をクリアしなければなりませんが、実技で落ちたら...

車の修理はディーラーと民間どちらに依頼すべきか徹底解説

車の修理が必要な場合、ディーラーと民間どちらに依頼すべきなのか迷ってしまうのではないでしょうか。...

車を購入したい!印鑑証明は必要?印鑑登録方法と取得方法を解説

普通自動車を購入したいと思った時、印鑑証明が必要になるという話を聞いたことがある人もいるのではないで...

車のブレーキパッドがサビても問題ないが残量のチェックは必要

車のブレーキパッドがサビていると、なにか不具合が出るのでは…と不安に感じる方も多いのではないでしょう...

自動車のシートの洗浄を自分で行う方法とコツについて解説

自動車に子どもを乗せてドライブに行くと、どうしてもシートは汚れてしまいます。しかし、洗浄しな...

注意!車のテレビ視聴はバッテリー上がりの原因になります

車での待ち時間、子供を迎えに行った時、病院の駐車場などなど車のカーナビでテレビを見て待つ方も少なくな...

車のシートのシミ取り方法!自分で取る方法と業者に頼む時の料金

車のシートに飲み物や食べ物などの食べこぼしのシミができてしまったら、どうにかしてそれをキレイにしたい...

車へのカーテンの取り付け方とポイントと違法性や車検について

車の窓の部分にカーテン取り付けている車を見かけることはありますね。カーテンを取り付ける目的は様々...

車のタイヤのパンク修理後、タイヤの寿命は?パンク修理について

車のタイヤがパンクすると焦ってしまいますよね。新品に交換が必要?その費用についても気になります。...

手洗い洗車のコツとは?簡単にキレイに仕上げるやり方をご紹介

いざ洗車をしようと思っても、なかなか自分でするのはおっくうですよね。しかし車が汚いままなのも気になる...

ラジエーターが水漏れする原因や影響その対策とは

車の下に色の付いた水が出ていたら、それは間違いなくラジエーターの水漏れです。他にも水漏れした...

車の砂やホコリの防止のために使いたいもの【車のホコリ対策】

黒い車や色の濃い車は車に付いてしまったホコリが目立ちやすい色です。この厄介なホコリを付かないようにす...

バイクのカバーは台風の時は外すべきかどうか対策を考えよう

台風が通過する機会の多い日本。特に9月あたりは、台風によってバイクが倒れないようにするためにどうすれ...

スポンサーリンク

バイクのエンジンがかかりにくいのはバッテリーが原因かも

バイクのエンジンがかかりにくい原因として、バッテリーが弱くなっている可能性があります。バッテリーが弱くなる原因は寿命が多いです。そして充電系統の不具合も考えられます。

昨日はかかったのに、今日はかかりにくい。かかったり、かからなかったりすることがあります。最近のバッテリーの品質は落ちているような気がします。同じ銘柄のものでも品質は落ちていますが、値段はそのまま、もしくは高くなっているような感じがします。安いバッテリーの寿命は1年くらいと考えておくようにしましょう。そして2年持ったら運が良かったと思いましょう。安いバッテリーはすぐに駄目になると頭に入れて置きましょう。

バッテリー自体が駄目な時は交換になります。バッテリーが充電されないとか、充電しても弱い電圧しかでないと言う場合もあります。どのパーツが悪いのかを確実に確かめるために、テスターと呼ばれる計器を使うようにしましょう。電装系のパーツはかなりいい値段がするので確実な判断をすることが大切です。

エンジンのかかりにくいバイクはチョークをひこう

エンジンのかかりにくいバイクはどのようにするとエンジンがかかるようになるのでしょうか。バイクに乗っている人なら知っている人は多いと思いますが、アレ?と思うような方法でエンジンをかけることができるのです。

この方法のポイントはアクセルを回さないことと、チョークをすぐに戻さないがポイントになります。アクセルを回すことで、チョークの役割を邪魔してしまい、エンジンがかかってもチョークを戻すことで、せっかくエンジンがかかっても切れてしまうことがあるからです。十分に暖まるまでするといいですが、朝早くからチョークをかけっぱなしにすると近所迷惑になるので、出来れば、チョークをかけてエンジンがかかれば、チョークを戻し、うるさくならない程度にアクセルを回し回転を維持するようにしましょう。

冬はバイクのエンジンがかかりにくい!対策は?

冬になるとバイクのエンジンがかかりにくいと感じる人も多いのではありませんか?その理由を知っていますか。エンジンはガソリンと空気が混ざり、混合気がプラグから出る火花により点火し、爆発することで動きます。ガソリンは気温が低いと気化しにくくなるので、冬は混合気の中の空気の割合が多くなるので、バランスが崩れてしまいエンジンがかかりにくくなるのです。

エンジンがかかりにくい時にチョークの出番になるのです。チョークレバーを引くと空気が入り混む通り道を塞ぐことになります。そうすると入ってくる空気の量が少なくなるのでガソリンが気化しにくかったとしてもガソリンの濃度が濃くなるのでバランスを調整してエンジンがかかりやすくなるのです。エンジンがかかりにくい時はチョークを使うようにしましょう。

エンジンのかかりにくいバイクは定期的にメンテナンスをしよう!

最近のバイクにはインジェクション仕様が主流になってきています。そのため季節を問わずエンジンのかかり具合は安定しているのです。しかし真冬で外気温がとても低い時や、何ヶ月もエンジンを掛けていないバイクのエンジンのかかり具合は違います。

温度が低い時はインジェクション仕様でもエンジンがかかりにくい可能性があります。セルは回るがエンジンがかからない。そんな時にセルをずっと押し続けるとバッテリーが上がってしまいます。このようなことはとても多いので、いつもバッテリーを満タンにしておく、もしくはキック仕様の場合はキックでエンジンをかけるようにしましょう。

どのような乗り物でも長い期間乗ることがないとバッテリーが上がってしまう可能性があります。そのようにならないためにも定期的に乗ったり、メンテナンスをしっかりすることで不具合も見つけやすいです。

冬にバイクのエンジンをかけるなら昼間がおすすめ!

休みが取れたのでツーリングに出かける予定を立てたけど、長い期間エンジンをかけていないバイクありませんか?かなり冷えこんだ早朝や冬はどうしてもエンジンがかかりにくいです。そのような場合のエンジンのかけ方について紹介します。

寒い冬場は天気のいい日正午過ぎに、日当たりのいい場所にバイクを移動し暖かい場所でエンジンを掛けましょう。チョークをかけフエールコックもスターターモードがある場合はオンにします。車体と垂直にして、3秒セルを回し、エンジンがかからない場合はすぐに切りエンジンキーもオフにします。30秒開けて、もう一度3秒セルを回して切る。後は3秒回して30秒待つの繰り返しながらエンジンが温まっていくのを待ちます。

最近のバイクはエンジンがかかりやすくなっているタイプが多いです。もしバッテリーが上がりセルが回らなくなってしまったら、車からバッテリーをつなぎエンジンをかけるようにしましょう。バッテリーは一度上がってしまうと弱くなります。そのようなことにならないためにも時々バイクに乗って出かけるようにしましょう。