車を購入した人の値段の平均は意外に高い!その実態を解説

車を買おうと決めても、車の種類や新車か中古車かによっても値段はかなり違います。

そこで気になるのは、みんなどのくらいの値段の車を購入しているのか、その平均ではないでしょうか。

そこで今回は、車を購入した人の値段について調べてみました。新車や中古車など種類別でもご紹介します。

また、車を購入する場合の予算の目安についても説明します。車は買った後も維持費がかかります。自分の収入に合わせて購入することも大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ノーマルタイヤにチェーンをつけたときの効果とスタッドレス

ノーマルタイヤにチェーンをつけたときの効果はスタッドレスと比べてどうなのでしょうか?また、チ...

車を綺麗にシャンプーしよう!水垢の原因を知って愛車を綺麗に

丁寧に車にシャンプーをしても、時間が経つと水垢が付着していることがあります。愛車をいつも綺麗な状態に...

免停で出頭指定日に行けない場合は期日の変更は可能なのか

交通違反で免停になったのに、出頭指定日に出頭できない場合は期日を変更することは可能なのかという疑問。...

エンジンがかかりにくい原因とは?バイクのエンジンのかけ方

バイクのエンジンがかかりにくいときにはどんなことが原因なのでしょうか?バイクはとくに冬にエン...

車についてしまうホコリや砂の取り方と洗車の方法を紹介します

車体のホコリはどのようにして落としたらいいのでしょうか?ホコリの取り方を間違えてしまうと、傷をつけて...

車のブレーキパッドがサビても問題ないが残量のチェックは必要

車のブレーキパッドがサビていると、なにか不具合が出るのでは…と不安に感じる方も多いのではないでしょう...

ラジエーターの冷却水量が足りない場合は要注意!すぐに点検を

ラジエーターは車の前方に設置されているものですが、冷却水の量を気にしたことありますか?普段か...

車の砂やホコリの防止のために使いたいもの【車のホコリ対策】

黒い車や色の濃い車は車に付いてしまったホコリが目立ちやすい色です。この厄介なホコリを付かないようにす...

車のパワーウィンドウの動きが遅い原因と今すぐできる対処法とは

車のパワーウィンドウの動きが遅いと感じた場合、「もしかして故障したのでは?」と心配になりますよね。...

車のカーテンは100均アイテムで自作可能!作り方やコツを解説

車中泊をする際に必要な物、それがカーテンです。市販されている物は高いですし、100均アイテムで作れた...

車のタイヤの空気入れはどこでできる?空気圧や入れ方

車のタイヤの空気入れはいつどこで行えばいいのでしょうか?購入や交換ではないため、ついついする...

ラジエーターが水漏れする原因や影響その対策とは

車の下に色の付いた水が出ていたら、それは間違いなくラジエーターの水漏れです。他にも水漏れした...

自動車のシートの洗浄を自分で行う方法とコツについて解説

自動車に子どもを乗せてドライブに行くと、どうしてもシートは汚れてしまいます。しかし、洗浄しな...

車を持たない男に対する女の本音!デートのメリット・デメリット

車を持たない男性の中には、なかなか恋人ができない事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。好...

車の排気ガスが黒いのはエンジンの不調ではなく〇〇関係の消耗

車の排気ガスが黒い!それは走りはじめた時ですか?それとも、走っている最中、ずっとですか?...

スポンサーリンク

新車を購入した人の車の値段の平均は数百万!その内訳について

車の値段は車種によって実に様々です。車の大きさや性能によっても違いがありますが、同じ車種でもグレードによって値段に大きな差がある場合があります。

CMやチラシなどで車両本体価格として値段を目にすることがありますが、車の場合はこの値段だけで車を手に入れられるわけではありません。車にかかる税金の他に、ディーラーに支払う納車費用、自賠責保険、タイヤなどのオプションも必要になってきます。
車両本体価格は車のみの金額で、これにいろいろな費用がプラスされていきます。

車を購入する場合は、車両本体価格の他に諸費用がかかることも踏まえた上で予算を考えなくてはなりません。こうなると、一体いくらくらいの車を買うのが良いのか、わからなくなってしまいますよね。

新車の値段は200万円台が多いですが、新車購入の平均は大体300万円弱のようです。

若い人の方が値段が高い車を購入している傾向があります

車の購入価格は、年齢が高くなるほど車の値段は低く、若い人ほど高い車を購入している傾向があるようです。

昔は年齢が高く収入が上がって自分へのご褒美のように高級車を買う人も多くいましたが、最近はエコカーやコンパクトカーの流行もあり、特にシニア世代は高級車よりも自分のニーズを見極めて車を選んでいるようです。
大きな高級車を運転するよりも、小回りがきき経済的な車のほうが人気なのもわかるような気がしますよね。

車は高価な買い物な上に維持費も結構かかるものです。高級車は憧れますが、身の丈に合った車、自分のニーズに合わせた車を選ぶことが大切です。

中古車を購入した人の値段の平均は年々上がっています

新車についてお話ししてきましたが、中古車の場合も気になりますよね。中古車の値段は車の年代や状態によって新車よりも値段の幅が広いです。5万円程度で販売されている車もあれば、新車を買うよりも高くつく値段もあり様々です。

中古車の購入価格は100万円位が多いようです。中古車の場合ももちろん、これに諸費用がプラスされていきますが、実際に支払った値段は増加傾向にあるようです。これには景気回復が関係していると考えられています。

中古車を購入する人の多くは自分の好みだけでなく、家族を乗せることを踏まえた上で選んでいるようです。家族が増えれば車も大きめのものが必要になります。新車では手が届かないような車でも中古車なら購入することができるというのも魅力でしょう。

車を購入した後の維持費の平均について

車を購入したら、車を動かすためのガソリンの他に、メンテナンスや税金といった維持費が必要となってきます。
車の維持費は1ヶ月だいだい14000円位の場合が多いと思います。

車の維持費の多くを占めているのが車検や点検費用です。車種や車の状態、車検を受ける場所によっても異なりますが、1回の車検費用は法定費用を含めて10万円以上がかかってしまいます。これに劣化した部品代や必要な修理代がプラスされていきます。

車の維持費は車検や点検費用に次いで、自動車税、保険代が占めています。また、賃貸物件や都市部に住んでいる場合には駐車場代が毎月かかってしまうこともあります。

車を通勤に使っていたり、遠くまで運転する機会が多い場合は燃料代も負担になることでしょう。
これを考えると車の維持費は意外と高額であることがわかりますよね。

車を購入する場合は、自分の年収の半分が目安の値段となります

車を購入するときは、購入するときにかかる費用の他に維持費のこともしっかりと考えなければなりません。いざ車を購入しても維持費が負担で、燃料代を抑えるために運転を控えるということになっては車が勿体無いです。

失敗なく車を購入するためには、車の値段は年収の半分を目安にすると良いそうです。
例えば年収が1000万円の人なら車は500万円までになり、年収が400万円なら車は200万円までにしておくと安心です。

高級車は憧れますが、この予算内であれば自分のニーズを考えて選ぶようにするのも大切です。年収が2000万円だからと言って1000万円の車を購入する必要はありません。年収が高くても車はコンパクトで運転しやすいのが良いのなら、それに合った車を選ぶことが一番です。逆に年収が低いのに高額な車を選んでしまうと、支払いや維持費で車が負担に感じてしまうことになります。

車を持つと行動範囲が広がり出かける機会も増えるかもしれません。また、カー用品が欲しくなったり、安全のために少しでも性能の良いタイヤが欲しくなったりと、後から何かと費用がかかってしまいます。
身の丈にあった車を上手に選んで、安全を一番に心がけてくださいね。