車についてしまうホコリや砂の取り方と洗車の方法を紹介します

車体のホコリはどのようにして落としたらいいのでしょうか?ホコリの取り方を間違えてしまうと、傷をつけてしまうかもしれません。

ホコリを取るときには、傷をつけない柔らかいもので拭くといいでしょう。一番いいのは、洗車です。

洗車をするときにも、きちんと水でホコリや汚れを落としてから洗うなどのポイントがあります。車についたホコリの取り方、洗車方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車を放置するとガソリンはどうなる?ガソリンの寿命とは

車を放置するときにガソリンは入れておいたほうがいいのでしょうか?それとも抜いたほうがいいのでしょうか...

車の盗難対策のためにGPSを設置するメリットと費用を解説

万が一の時のために、車の盗難対策としてgpsを設置する人が増えていると言われています。しかし...

車のタイヤのパンク修理後、タイヤの寿命は?パンク修理について

車のタイヤがパンクすると焦ってしまいますよね。新品に交換が必要?その費用についても気になります。...

車のオーバードライブの使い方とは?その使いみちと燃費との関係

車の機能の一つにオーバードライブがあります。AT車限定の機能なのですが、名前はもちろん、その使い...

注意!車のテレビ視聴はバッテリー上がりの原因になります

車での待ち時間、子供を迎えに行った時、病院の駐車場などなど車のカーナビでテレビを見て待つ方も少なくな...

フォークリフトの実技に落ちたらと不安になる必要がない理由

フォークリフトに合格するには、講習、学科の他に実技試験をクリアしなければなりませんが、実技で落ちたら...

バイクのホイール掃除のポイント!頑固な油汚れの掃除方法も

バイクはホイールの掃除が重要!ホイールの掃除が行き届いてこそ、見た目も綺麗になるというものです。...

ノーマルタイヤで雪道を走行する場合はチェーンが絶対必要です

雪が降らない地域から降る地域への転勤となると、雪道での車の運転が心配になる人も多いでしょう。...

車の修理はディーラーと民間どちらに依頼すべきか徹底解説

車の修理が必要な場合、ディーラーと民間どちらに依頼すべきなのか迷ってしまうのではないでしょうか。...

ラジエーターが水漏れする原因や影響その対策とは

車の下に色の付いた水が出ていたら、それは間違いなくラジエーターの水漏れです。他にも水漏れした...

車へのカーテンの取り付け方とポイントと違法性や車検について

車の窓の部分にカーテン取り付けている車を見かけることはありますね。カーテンを取り付ける目的は様々...

手洗い洗車のコツとは?簡単にキレイに仕上げるやり方をご紹介

いざ洗車をしようと思っても、なかなか自分でするのはおっくうですよね。しかし車が汚いままなのも気になる...

車のブレーキランプの交換は自分できる!気になる費用や確認方法

車のブレーキランプの交換は意外と簡単に自分でできます。車のブレーキランプが切れたまま走行するのは、と...

車のカーテンは100均アイテムで自作可能!作り方やコツを解説

車中泊をする際に必要な物、それがカーテンです。市販されている物は高いですし、100均アイテムで作れた...

車のブレーキパッドがサビても問題ないが残量のチェックは必要

車のブレーキパッドがサビていると、なにか不具合が出るのでは…と不安に感じる方も多いのではないでしょう...

スポンサーリンク

車についたホコリの取り方濡れた布で拭くのはNG

車の汚れと言ったら雨の日に運転したときの泥汚れですが、晴れが続いている時でも車の上に薄っすらと砂やホコリが乗っていたりしますよね。

この砂やホコリはそれほど目立つ汚れではありませんが、そのままにしておくのは車にとって良くありません。

ホコリが車に及ぼす影響

このホコリの中には鉄粉や花粉も含まれていて、車の塗装の劣化を早めたり変色する原因になってしまいます。

車の表面のホコリは水をかけて流してください。いきなりスポンジやクロスで擦ってしまうと、砂の粒によって傷をつけてしまいます。

  1. 車全体に水を十分かけ、表面のホコリを流してて落とします。
  2. 表面のホコリを流したところで、スポンジを使って気になる汚れを落としたり、クロスで水分を拭き取っていきます。
あまり汚れがひどくない場合でもいきなり濡らしたクロスで拭くようなことは避けてください。

汚れていないようでも外を走る車の上には小さな砂が付着しています。砂やホコリを落とさないで拭いてしまうと、砂の粒子によって車の表面に傷をつけてしまいます。車のホコリを取る場合は水でしっかりと流して落とすことから始めましょう。

ボディのホコリの取り方でおすすめなのは洗車

車の表面がホコリで汚れている場合は、そのまま放置しておかずに、できるだけ早めにホコリを落とすようにしてください。

ホコリの汚れは泥汚れのようにいかにも汚いという気になる汚れではありませんが、そのままにしておくと車の表面にダメージを与えてしまいます。大切な車を良い状態で少しでも長く乗りたのなら、面倒でもこまめな手入れが必要なのです。

ホコリが薄っすらと乗っているだけであっても、ホコリは水で洗い流す必要があります。面倒でも洗車をするようにしましょう。

  1. 車全体に水をたっぷりとかけ、表面のホコリを流してください。
  2. 車の上のホコリが取り除いたら、柔らかいスポンジを使って車の表面を撫でるように滑らせて汚れを落としていきます。
  3. 気になる汚れがあったらスポンジで擦って落としますが、固い汚れだと力を入れて擦ることで傷をつけてしまう場合もあります。
  4. 水で固まった汚れを緩ませてから、スポンジで落としてください。
    カーシャンプーを使うとよりきれいにできますが、カーシャンプーを使いすぎると塗料や表面のコーティングが剥がれやすくなります。ホコリ汚れだけで汚れがひどくない場合は、水だけの洗車で十分です。
  5. 汚れを落としたら、最後にクロスで拭いていきます。拭き上げ用のクロスを使ってやさしく水分を拭き取ってください。

車のホコリを洗い流すのに最適な日とは

よく晴れた日なら洗車も気持ちよくできるような気になりますよね。太陽の日差しのもとでの作業も楽しく感じます。
天気が良いと車の表面のホコリも目立ってきて気になる場合も多いかと思います。

ですが、晴天の日の洗車はあまりおすすめできません。

洗車に適しているのは薄曇りの日

よく晴れた日に洗車をすると?

水をかけたそばから日差しによって乾いていきます。拭き取る前に乾くことで、水滴の跡が車の表面にしみのように残ってしまいます。晴天の日に洗車をするのなら、水をかけて濡らしたら素早く拭き取るようにしなくてはなりません。落ち着いて洗車をすることもできませんよね。

風が強い日も洗車には不向き

せっかく車の表面のホコリを取っても、風によってまたすぐに車に土埃がついてしまいます。

車のホコリを取るのなら風のない曇りの日がおすすめです。強い日差しの問題もないので、車に水をかけてホコリを洗い流し、スポンジで洗い、洗車後の拭き取りまで自分のペースで丁寧にすることができます。ワックスがけもスムーズにできるでしょう。

ホコリを取るだけなら雨の日もおすすめ

雨により車の表面のホコリが流されていますので、ホコリを取る作業も簡単に済みます。拭き取る必要もありません。

車はホコリの取り方や洗い方に工夫が必要

風が強い日や埃っぽい日なら、洗車をしてもすぐに車の表面にホコリがついてしまいます。風が穏やかな日を選んでもホコリがついてしまう場合があります。これでは、せっかくきれいに洗車をしても台無しですよね。

ホコリがついてしまう原因は静電気

静電気がホコリを吸着してしまいすぐに汚れてしまうので、洗車をするときは静電気を抑える必要があります。

車に水をかける前に、まずは車の下の地面に水をかけて濡らしておきます。濡らすことでホコリが立つことを防ぎ、空気中の静電気を靴を通して地面に放電することができます。

ワックスをかけるときもまた静電気を発生させやすくなる

クロスで拭くことを繰り返すので、摩擦により静電気がおきやすくなっているのです。ワックスをかける前にもまた地面を水で濡らしておくと良いでしょう。

ワックスの拭き取り用のクロスには静電気防止加工されたものがあります。また、ワックスには帯電防止効果があるタイプもありますので、それを使ってみるのも良いでしょう。

車にホコリがついても落としやすいようにしたいならコーティング

車のホコリが気になる場合は、洗車の最後にコーティング剤を使ってみてください。コーティング剤はカー用品店や車の販売店なので購入することができます。コーティング剤をすることで表面の滑りがよくなり、ホコリが吸着するのを防ぐことができます。また、ついてしまったホコリも落としやすくできます。

黒い塗装の車は傷が目立ちやすい

ホコリは汚れだけでなく、傷や塗装の劣化の原因にもなってしまいます。

黒い車ならポリマー加工のコーティングがおすすめ

車の表面のホコリがつきやすい環境なら、屋根のついた駐車場を用意したり、車を使っていない間はカバーをかけておくことも良い方法です。

車のホコリが気になったときは、こまめに水をかけて落としておくことが大切です。市販のコーティング剤も上手に使って、愛車を長持ちさせてくださいね。