台風で飛行機が揺れる!影響や予約前に知っておきたいこと

台風によって飛行機に揺れがひどくて飛ばないといった影響が出ることがあります。

では、飛行機が台風の揺れの影響を受けやすいのはどんなときでしょうか?

また、台風が迫る状況での飛行機の予約については、予定の変更も頭に入れて置いたほうがいいでしょう。

そこで、台風で飛行機に揺れの影響や予約前に知っておきたいことについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車の修理はディーラーと民間どちらに依頼すべきか徹底解説

車の修理が必要な場合、ディーラーと民間どちらに依頼すべきなのか迷ってしまうのではないでしょうか。...

エンジンがかかりにくい原因とは?バイクのエンジンのかけ方

バイクのエンジンがかかりにくいときにはどんなことが原因なのでしょうか?バイクはとくに冬にエン...

車のブレーキパッドがサビても問題ないが残量のチェックは必要

車のブレーキパッドがサビていると、なにか不具合が出るのでは…と不安に感じる方も多いのではないでしょう...

手洗い洗車のコツとは?簡単にキレイに仕上げるやり方をご紹介

いざ洗車をしようと思っても、なかなか自分でするのはおっくうですよね。しかし車が汚いままなのも気になる...

車のブレーキから音が鳴るのは危険!原因と早めの対応のススメ

車のブレーキから音が鳴るのに気がついたら焦ってしまう運転手もいるでしょう。これは、もしかしたら大きな...

車のパワーウィンドウの動きが遅い原因と今すぐできる対処法とは

車のパワーウィンドウの動きが遅いと感じた場合、「もしかして故障したのでは?」と心配になりますよね。...

車の盗難対策のためにGPSを設置するメリットと費用を解説

万が一の時のために、車の盗難対策としてgpsを設置する人が増えていると言われています。しかし...

車の砂やホコリの防止のために使いたいもの【車のホコリ対策】

黒い車や色の濃い車は車に付いてしまったホコリが目立ちやすい色です。この厄介なホコリを付かないようにす...

車内のライトをつけたまま走るのは違反?走行中の室内灯

車内のライトを点けたまま走行するのは違反になるのでしょうか?小さい頃、車内のライトを点けると、すぐに...

車のエンジンかからない!キュルキュル音がする原因と対処法

「車のエンジンをかけようと思ったらエンジンかからない」このような状況になってしまったら、本当に困って...

トレーラーの運転で難しいとされるバックのコツを詳しく解説

トレーラーの運転は難しいと言われています。特にバック。バックは運転技術の中でも特に難しいとされ、...

車のエンジンかけっぱなしでガソリンやバッテリーの影響と対処法

車をエンジンかけっぱなしにするとガソリンは走行していなくても消費されます。では、車のエンジンをかけっ...

車のブレーキランプの交換は自分できる!気になる費用や確認方法

車のブレーキランプの交換は意外と簡単に自分でできます。車のブレーキランプが切れたまま走行するのは、と...

バイクのホイール掃除のポイント!頑固な油汚れの掃除方法も

バイクはホイールの掃除が重要!ホイールの掃除が行き届いてこそ、見た目も綺麗になるというものです。...

車にカーテンレールを固定する方法!工夫次第で付けるコツ

車にカーテンレールを固定するのは簡単です。車用のカーテンレールはカーショップで好きなタイプを選んで購...

スポンサーリンク

台風の揺れによって飛行機が飛ばないこともある

旅行を頻繁にする人にとっては、台風が来ると、飛行機がキャンセルになったり、遅れたりするので、旅行が予定通りに行かなくなり、苛立つ事もあると思います。

台風の揺れによって、飛行機が飛ばなくなることもありますが、どういった場合なのか、ここで検証していきたいと思います。

飛行機が飛ぶか飛ばないかは、各航空会社が判断することになります。なので、判断するのは、それぞれの航空会社になってきます。

また、台風の揺れがある時で、一番危険とされるのは、離着陸の時に飛行機が揺れるがどうかです。揺れると危険性が高くなるので、その際は、引き返すなどの判断がされます。

その為、台風の揺れで最も危険なのは、離着陸の時になり、危険なのであれば、適切な判断が下されます。

飛行機が台風の揺れの影響を受けるのは離着陸のとき

台風が来ることによって、飛行機が飛ばなくなることもありますが、危険なのは、離着陸の時であり、その際に危険だと判断されるのであれば、適切な処置が下されることを上記では把握してきました。

次に、飛行機会社はどのように判断しているのか、みていきたいと思います。

パイロットもなるべく台風の影響を受けにくいルートを飛行します。ですが、予想できない状況にも陥りますよね。

そういった場合、トイレの使用が禁止になったり、ベルト着用のサインが出ると思います。

台風が来ているからと言って、必ずしも機体が揺れる訳でもないので、その飛行機が無事目的地に付けるかどうかは、天気によって、パイロットが適切な判断をしているかどうかに委ねられていそうです。パイロットとしてはなるべく離着陸の時に機体が揺れないように判断して飛行しているのではないでしょうか。

台風の揺れで飛行機が心配なときはCAの様子を見て

台風が来ている際に、揺れが予想されていても、飛行機の揺れが一番危険なのは、離着陸の際の為、安全に飛べるかどうかはパイロットに委ねられている点を、上記では把握してきました。

次に、台風の揺れで飛行機が心配な時は、CAの様子を見ると良い点について紹介していきたいと思います。

台風や他の要因で、飛行機が揺れている時、どうしても不安になってしまいますよね。そんな時は、CAが座っているのなら座り、CAに言われていることにしっかり従っていれば、何も問題はありません。CAも色んな問題には慣れているので、不安があるのであれば、CAに尋ねてみるのも良いと思います。丁寧に答えてくれますよ。

経験豊富なCAは飛行機で何が起こり、どうすれば良いのか知っています。不安であれば、そんなCAに頼ってあなたの不安を落ち着かせましょう。

台風が迫る状況での飛行機の予定は変えた方が良い場合も

台風に関わらず、飛行機が揺れたりしていて、不安な時は、CAに相談してみること、また、CAがしている行動を見ることがお勧めな事を上記では把握してきました。

次に、台風が迫る状況での飛行機での旅は、変えた方が良い場合もあるというアドバイスについてみていきたいと思います。

国際線になると10時間など、長時間を見込む長旅になってきます。台風がない状況でしたら、思ったより早くつく可能性もあるので、飛行機に乗ることにもあまり神経質になる必要はありませんが、台風が迫っているとなると、予定を変更した方が良いケースもあります。

私の体験談ですが、成田に行くために飛行機に乗っているときに、台風のために道のりが長くなり、成田に着陸したときには、とても疲れていました。

国際線なので余計だと思いますが、国内線で、飛行機ではなく、別の方法でも目的地にたどり着くことができるのであれば、他の方法も考慮した方が良いと思います。長旅で、つくのかつかないのかもわからず、イライラするよりは、賢明な選択肢といえます。

飛行機の予約には台風の影響も考えておくことも大切

台風が近づいている時は、想像を超えた長旅が予想されるので、飛行機ではなく、別の方法で目的地にたどり着くことも考慮した方が良いというアドバイスを上記では把握してきました。

最後に、飛行機の予約には、台風の影響も考えておくことが大切であるという考え方を紹介したいと思います。

台風が近づいている時は、まず、日本の航空会社の方が、良いサービスを提供しているので、日本の航空会社の航空券を買うことを検討した方が良いと思います。外資系の会社の方が値段は安いと思いますが、それ程差がないのであれば、日本の航空会社の航空券の購入しましょう。

また、台風の影響があった場合ですが、他の便に乗り換えが可能かどうかについても確認しておきましょう。振替が可能でしたら、台風の影響もそれほどなく、目的地に到着することができます。

後は自分のスケジュールです。台風も自然災害なので、どうしようもない事態です。少し余裕を持ってスケジュールを管理した方が良いかもしれませんね。

台風の影響がある時は、飛行機のスケジュールに余裕をもたせて

旅行を前々から計画していると、予定通りに物事がいかないとイライラしたりしますよね。何ヶ月も前から飛行機の予約をしている方にとっては、台風で飛行機に遅れが出たり、キャンセルが出ると、苛立ったりすることも出てきます。

飛行機も、離着陸の時に揺れが予想されると、適切な処置をとる必要が出てきます。長旅になってしまったり、キャンセルになってしまったり。自然災害の為、「仕方ないな」という気持ちになりますが、チケットを購入の際は、災害の時は振替が可能であるのか、確認しておきましょう。また、機内にいるのであれば、CAの指示に従いましょう。

国内線であれば、飛行機以外の交通手段で目的地に着くことも可能です。台風の影響が気になるのであれば、思い切って、別の手段で目的地にたどり着くことも考慮してみましょう。その方が精神的に楽な場合もあります。