リビングの照明はダウンライトだけで大丈夫なのか

家を建てようと思った時に、家の中のすべてを自分や家族の好みにすることが出来ますので、ワクワクしますよね。
しかし、見た目だけを重視したり、機能性のみだけを追求した家にしますと、使い勝手が悪くなってしまったり、遊び心のないシンプル過ぎる家になってしまうことが考えられます。
その中でもリビングの照明は気をつけたいところです。
ダウンライトだけにすると、見た目がスッキリしておしゃれなのは間違いないのですが、機能的にはどうなのでしょうか?
照明選びで失敗しないためにも、ダウンライトについて学んでいきましょう。
また、その他の照明にはどういったものがあるのかをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの料理を安い値段で済ませる方法を知って上手に節約

一人暮らしをしている人の中には、料理をするときの食材をなるべく安い価格で購入したいと考えている人もい...

電車で弁当を食べるのはマナー違反?電車内での飲食の是非を問う

電車の中で弁当を食べている人もいますが、その行為がマナー違反になるのでは?という声も聞かれます。...

庭木の手入れに必要な初心者が揃えるべき道具リスト

庭木の手入れをするにはいろいろな道具が必要になります。しかし、庭木のお手入れ初心者にとっては、どんな...

田舎と都会の違いとは?生活や意識の違いを紹介します

田舎と都会の違いにはどんなものがあるのでしょうか?田舎は遊ぶところがない…都会はお金がかかる…とマイ...

本の保管をダンボールでしてはいけない訳と正しい保管方法

小説、単行本、雑誌など本好きの人ならいつの間にかたくさんの本に囲まれてしまっていませんか。本...

ラップが電子レンジで溶ける事態に。対処法とラップの使い分け方

食品の乾燥を防ぐ、レンジで温める時などラップは毎日の生活に欠かせない物ですね。ですが、電子レ...

鉛筆をカッターを使う時の削り方のコツと最適な芯の長さとは

最近は鉛筆を使う機会も減っていると思いますが、美術のデッサンの場合は鉛筆を使うこともありますね。...

電車で距離が近い人の心理と寄りかかりの対処法とは

電車の中で距離の近い人が気になるときがありませんか?それほど混んでいるわけではないのに、すごく近くに...

万年筆を保管する時はペン先の向きに注意!万年筆を長く使うコツ

万年筆をずっと長く使い続けるためには、正しい保管が絶対条件。特に万年筆を置く時のペン先の向き...

駐車場をコンクリートにするには養生期間が必要!注意点や費用

駐車場をコンクリートにするためには養生期間というコンクリートが完全に固まるまでの期間が必要になります...

車の書類を上手に収納する方法!基本的な収納と便利収納アイデア

営業車を利用して仕事をしている人の中には、車の中にあふれかえる書類の収納方法について頭を抱えている人...

メガネをかけた時のマスクの曇り止め対策!曇りを予防する方法

メガネをかけている方にとって、困ることの一つがマスクをした時のメガネの曇りです。特に冬場などには眼の...

窓の結露防止に効果的な100均グッズと日常生活で心がけること

冬になるとどうしても窓にできてしまう結露。結露が発生するたびに拭き掃除をしても、永遠に終わらないかも...

甲子園が満員でも入る方法と当日券の並び方や確実に入る方法とは

甲子園球場が満員になっても入る方法はあるんです。しかし、それにはやはりチケットを購入するため...

車のシートを自分で洗浄する方法!気になる汚れと臭いを除去

小さなお子様がいると車のシートも汚れがちです。お菓子のカスやジュースのシミ、靴の泥汚れが付いてしまう...

スポンサーリンク

リビングの照明をダウンライトだけにしたい

家を新築するときやリフォームするときに照明を選ぶことがあります。照明にもいろいろありますので、できれば好みの照明にしたいと考えますよね。また、照明が気に入らなくて違うタイプのものにしたいと考えている人もいるでしょう。

スタイリッシュでおしゃれなダウンライト

ダウンライトは天井に埋め込まれたライトで、照明のためのスペースが必要なく、天井をすっきり見せる効果もあります。ほのかに照らす灯りには温かみがあり、部屋が明るくなりすぎることがないのでリラックス効果も期待できます。

家の中の照明は好みで選びたいところですが、照明にはそれぞれ特徴があり、長所もあればもちろん短所もあります。部屋の使い方によっては適さない照明もありますので、照明選びにはちょっと慎重になった方が良いかもしれません。

リビングの照明をダウンライトにするとオシャレな印象になりますが、ダウンライトは天井に埋め込むため、天井の下地や作りによってはダウンライトを選べない場合もあります。また、通常の照明よりも高いところに取り付けるため、電球を交換できるかどうかも考えなくてはなりません。普通の照明なら家にある椅子を使うと手が届きますが、天井を高くしている場合のリビングのダウンライトは手が届くように踏み台を用意する必要もあります。

ダウンライトは天井に埋め込まれるため、一度ダウンライトを取り付けると後から交換するのが難しくなります。ダウンライトはステキですが、取り付け場所には慎重になってください。

リビングの照明をダウンライトだけにするのは要注意

リビングは家族やお客様など、家の中でも一番人が集まる場所でもあります。そんなリビングこそオシャレにしたくなりますよね。ダウンライトは天井に埋め込むので室内がスッキリし、どんなインテリアにも溶け込みますので、リビングの照明にはダウンライトを選びたくなってしまいます。

リビングの照明はダウンライトだけでは灯りとしては不十分になっていまうこともあります

リビング全体に十分な明るさをと考えるなら、ダウンライトもそれなりに数を増やさなければならなくなります。

ダウンライトは天井に埋め込むので、ダウンライトに飽きたからと言って変更することができません。また、家具の配置などによってはダウンライトの位置と合わなくなってしまいます。一番明るくしたい場所に灯りが届かず、灯りが必要にない部分が明るくなってしまうという失敗例もあります。ダウンライトには家具の配置替えも気軽にできないという難点があります。

部屋を明るくしようとダウンライトをたくさん取り付けると、天井がボコボコと穴だらけになってしまいます。リビングの天井には火災報知器も取り付けなくてならないため、ダウンライトにしてスッキリさせるつもりが、ダウンライトが多すぎて逆に天井がうるさい印象になることもあります。

リビングの照明はダウンライトだけよりも、こちらがおすすめ

リビングの照明はダウンライトしないで他の照明にするか、ダウンライトと一緒にもうひとつ違うタイプの照明を使うことをオススメします。

リビングの天井や室内をすっきりさせながら、十分な灯りが得られるシーリングライト

シーリングライトもまた天井からぶら下がることがなくぺったりと貼り付いている照明なので、リビングをスタイリッシュに見せることができます。シーリングライトはダウンライトと違って天井に穴は開けずに取り付けます。ダウンライトよりも広範囲で照らすことができるので、より室内を明るくすることができます。

シーリングライトにはシンプルなものから、デザイン性のあるものもありますので、気分を変えたい場合やインテリアに合わせてイメージを変えることもできます。

調光タイプのシーリングライトなら、部屋の明るさを自由に調節することができます

明るすぎると感じた場合は調光機能で灯りを落として、ほんのりとした明るさにすることができます。
リビングの照明にはダウンライトだけではなく、シーリングライトも取り付けることをおすすめします。気分によってダウンライトだけを使ったり、スイッチで選べるようにすると便利です。

ダウンライトはこんな使い方をするとおしゃれです

ダウンライトの良さは、部屋が明るくなりすぎず、部屋全体をおしゃれに見せることができるという点ではないでしょうか。明るさが必要な部屋ならシーリングライトと一緒に使うことができますし、部屋によっては照明はダウンライトだけというもの可能になります。

ダウンライトの灯りは上や横の方へ広がらず、電球を中心に丸く広がるように照らすのが特徴

ダウンライトをたくさん取り付けても他の照明と比べると暗く感じてしまいますが、ダウンライトを壁側に取り付けると、ダウンライトの灯りが壁に反射して明るくすることができます。ダウンライトは取り付ける場所によって、室内をより明るくすることができます。

ダウンライトには拡散と集光という2つのタイプがあります

拡散タイプはダウンライトの反射板によって光が広がるため、室内を柔らかく照らすことができます。
一方の集光タイプは光がまっすぐになるため、スポットライトのようなシャープな灯りになります。室内でもスポットを当てたいところには集光タイプを選び、部屋全体をほんのりとした明るさにしたい場合は拡散タイプ選ぶなど、ダウンライトを使い分けることができます。

家の照明にはこういったものがあります

人気のダウンライトですが、家の中の照明には様々なものがあります。

照明の特徴と部屋のタイプに合わせて選ぶ

シーリングライト

リビングにオススメなのがシーリングライトです。天井にぺったりと貼り付いているので。邪魔に感じることはありません。室内全体を照らすことができます。ダウンライトと一緒に使うのにもおすすめです。

ペンダントライト

天井からぶら下げるタイプの照明です。ダイイングテーブルの上で使われることが多いです。設置する場合は、場所やバランスに気をつけてください。

ブラケット

ブラケットは壁に取り付ける照明です。灯りを壁面で反射させることで室内を明るくすることができます。吹き抜けの部分や階段などに取り付けたり、部分的に照らしたり場所があるときに便利です。

フットライト

足元を照らすための照明です。階段に取り付けることが多いですが、廊下にも向いています。全体を明るくする必要はなくても足元だけ明るくしたい場所に便利です。

照明には様々なものがありますので、好みだけでなく、部屋の使い方に合ったものを選ぶことが大切です。ダウンライトはオシャレに見せる効果も高いですが、設置には注意も必要です。室内をステキに見せるだけでなく快適に過ごせるように、照明を上手に選んでくださいね。