礼服のときの靴のマナーとは?紐の結び方や葬儀に履ける靴

礼服に合った靴とはどんなものなのでしょうか?紐のある靴を履くときはこのような靴を選びましょう。靴紐の結び方もシンプルなものにしてください。

葬儀に参列するとき、結婚式に出席するときには礼服に合わせて靴も選ぶ必要があります。

色だけ合わせればいいというものではないので、大人のたしなみとして靴のマナーも取り入れましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

質問の答えが違う人に対して会話を成立させるための対処法

質問とは答えが違う人と会話をしていると頭を悩ませることがあるでしょう。このような会話が成立しないタイ...

一人暮らしは自炊で健康維持!食事の栄養バランスを考えた食生活

一人暮らしをしていると、食事を外食やコンビニのお弁当で済ませてしまうことも多くなります。健康的な食生...

女性が香水をつける心理!香りの強さや種類でわかる女性の心理

時々とても強い香水をつけている女性もいますが、香水をたくさんつけている女性は一体どんな心理なのか気に...

本の保管をダンボールでしてはいけない訳と正しい保管方法

小説、単行本、雑誌など本好きの人ならいつの間にかたくさんの本に囲まれてしまっていませんか。本...

車の書類を上手に収納する方法!基本的な収納と便利収納アイデア

営業車を利用して仕事をしている人の中には、車の中にあふれかえる書類の収納方法について頭を抱えている人...

庭木の手入れに必要な初心者が揃えるべき道具リスト

庭木の手入れをするにはいろいろな道具が必要になります。しかし、庭木のお手入れ初心者にとっては、どんな...

水草についたコケは木酢液で退治!でもデメリットもあります

水槽の中の水草についてコケって厄介ですよね。アクアリストの天敵と言えるかもしれません。それを...

リビングのエアコンサイズの判断基準!家の造りが重要ポイント

リビングにエアコンを取り付けようと考えた時、まずどのくらいのサイズが必要なのかを考えます。店...

エアコン暖房の設定温度は何度がベスト?快適に過ごす工夫も!

エアコンは冷房と暖房の2つの機能がありますが、暖房の設定温度は普段何度にしているでしょうか。環境...

電波時計の受信時間は何時間かかる?受信環境に注意しよう

電波時計は標準電波を自動的に受信し、その時刻情報によって時刻が修正されるのですが、受信時間や受信まで...

床にコンセントの増設をさせるときの方法や相場価格とは

床にコンセントを増設させたいけれど、どんな方法があるのでしょうか。また、増設をさせるにはどのくらい費...

窓の結露防止に効果的な100均グッズと日常生活で心がけること

冬になるとどうしても窓にできてしまう結露。結露が発生するたびに拭き掃除をしても、永遠に終わらないかも...

車の割り込み事故による過失割合と事故を未然に防ぐ方法

車の割り込み事故は多く、車間距離がちょっとでもあると強引に割り込んできて接触してしまうということがあ...

洗濯機の設置を自分でするときの手順や注意点について紹介

洗濯機の設置は自分でもポイントをおさえておけば簡単に行うことができます。仕事が忙しくて設置のための日...

男性が眉毛を書く時に失敗しないためにやるべきこととは

男性が眉毛を書くことは今では身だしなみの一つとなっていますが、いざ自分がやろうと思ってもどんな道具が...

スポンサーリンク

礼服のときの靴は紐ありでもいい?葬儀のときの靴のマナー

葬儀に参列する際には「礼服」を着用するのが一般的なマナーとなっていますが、礼服と一緒に履く「靴」にはマナーがあるのか、また、紐がある場合には結び方にもマナーがあるのか気になったことはないでしょうか。

葬儀でマナーがなっていないと相手方に失礼なのはもちろんのこと、自分の印象も悪くなってしまいます。

参列前にしっかりと調べておきたいという方も多いと思います。

そこでここでは葬儀に参列する際の靴のマナーについてお伝えします。
よくチェックして「万全」な状態で葬儀に参列できるようにしましょう。

靴の「色」

葬儀参列時の礼服は黒ですから靴の色も礼服に合わせるのが基本です。

ですから靴の色も必然的に「黒」となります。
茶色やベージュ系の色の靴を履くと浮いてしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

靴の「素材」

一般的に葬儀では「死」を連想させるようなモノは避けるべきというのがマナーになっていますので、靴の素材でいうのならば「動物の革」を使った素材は避けたおくのが良いです。

ただ革靴の革の種類は豊富です。全てが「合成素材」というわけではなく動物の革を使った俗にいう「本革」の靴もあります。
特に本革の中でも「牛革」を使った革靴は多く着用している人が多いのも事実です。

動物の革と言ってもあまり過敏にはならずにワニ革や蛇革、スエード等の革が個性的で見た目的にも派手になってしまうような革靴は避けるべきと、考えておくのが良いでしょう。

靴の「デザイン」

デザインは基本的に何も模様等が入っていない「プレーンタイプ」か、模様が入っているとしてもつま先に一本線だけの「ストレートチップタイプ」でなければいけません。

凹凸のあるデザインやチップ(柄模様)が入っているようなデザイン、金属などの光物がついているデザインは厳禁です。

靴の「紐の有無」

紐は前述しました内容が守られていればあってもなくてもどちらでも問題ありません。
ただ紐付きの場合はしっかりと結んでだらしなくならないようにしましょう。

礼服に紐靴を合わせるときは内羽根式

一般的に礼服に紐付きの革靴を合わせる場合は「内羽根式」が望ましいとされています。
ただ靴に関しての知識がそこまで深くない方だと内羽根式ってどんなの?と思うことも少なくないと思います。

内羽根式の革靴の特徴

内羽根式の革靴は甲の辺りの部分の革が内側に収納されているものです。
言葉では説明し難いのですが、革靴を上から見た時に紐の部分の革が上から覆い被さるような形になっていないタイプであれば、内羽根式と判断して良いでしょう。

なぜ内羽根式が礼服にあわせる際に望ましいのか?

内羽根式の革靴は紐を取った場合に羽根がベロンと全開になることがありません。

見た目的にも良いのは当然のことその方が品も良いとされているため、フォーマルな服装が求めらる場合には内羽根式が望ましいとされているのです。

ただ外羽根式がダメというわけではありませんので、理想は「内羽根式の革靴」ということで覚えておいて下さいね。

礼服の靴として履いてはいけない靴

礼服を着る時に合わせて着用する「革靴」は、光物や素材、デザインに注意しなければいけないということを一番初めにご紹介しましたが、実は学生さんがよく履いている「ローファー」もNGな靴のひとつなのをご存知でしょうか。

デザインもシンプルで光物などの金具もついていないローファーがなぜ葬儀では着用することがNGなのか?

その理由はローファーという単語の「由来」にあります。
ローファーは英語で書くと「loafer」です。

このloaferの「loaf」には「怠け者」という意味があるのです。

靴紐もなくラクに履くことができる靴だからこそこうした単語がつけられたようです。

このようにローファーには怠け者という意味が込められていますから葬儀の場での着用は好ましいとは言えません。

カジュアルと捉えられないようにするためにも基本的には避けることをオススメします。

礼服のときの靴紐はこう結びましょう

革靴の一般的な紐の結び方は「シングル」という結び方です。
礼服を着用する際にも基本的にはシングルで問題ありません。

それでは結び方をご紹介します。

革靴の紐の結び方「シングル」

1.はじめに最下段の両穴に靴紐を上から通します。

通し終えた紐が下から出ているか確認後に次に進んで下さい。

2.手順1の右紐を最上段左穴に下から通します。

通した右紐はしばらくこのまま放置です。

3.余っている手順1の左紐は下から2段目の右穴に下から通し、続けて同じ段の左穴に上から通します。

通し終えたら紐が左穴の下から出ているか確認し問題がなければ次に進みます。

4.手順3の段階で2段目まで紐が通っていると思いますので、あとは3段目以降も2段目と同じように紐を通していきます。

最後は最上段右穴に下から紐を通します。

5.あとは最上段の両穴からそれぞれ出ている紐を蝶々結びしたら完了です。

締め付け具合は足を通して調整して下さいね。

シングルはこうやって説明書きをみると一見難しそうに思えますが、実際に紐を通してみると同じ作業の繰り返しでとても簡単に行うことができますので、ぜひ試してみて下さいね。

礼服のときには靴下にも気を配りましょう

今回は礼服着用時の靴や靴紐についてのマナーをご紹介してきましたが、礼服や靴ばかりに気を取られていると「あるところ」で失敗してしまうことがあります。
意外と見落としがちなところ…、それは「靴下」です。

靴下はどうせ見えないなんて思っていてはいけません。靴下にも「黒」で「柄なし」のものを履くというしっかりとしたマナーがあるのです。

また色と柄以外にも「長さ」にも注意が必要です。
あまり短いものを履いてしまうとズボンの裾が上がった時に肌が見えてしまいますから少し長めのものを選んで履くことも大切です。