タイの入国審査が厳しい理由と気をつけたいポイントとは

最近ではタイの入国審査が厳しいと言われていますが、それはどんな理由によって厳しくなっているのでしょうか?

では、タイの厳しい入国審査を受けるときに、気をつけたいポイントとはどんなことでしょう?

また、タイの入国審査が厳しいときにできるだけ待たないようにするためにはどうしたらいいの?

そこで、タイの入国審査が厳しい理由と気をつけたいポイントなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【アイロンのかけ方】ズボンの正しいアイロン掛けの手順と注意点

一人暮らしの男性が苦手な家事の一つにアイロン掛けがあります。自分でアイロンをかけるという時には、どの...

車の割り込み事故による過失割合と事故を未然に防ぐ方法

車の割り込み事故は多く、車間距離がちょっとでもあると強引に割り込んできて接触してしまうということがあ...

素敵な誕生日の過ごし方。夫婦ならこう過ごす

誕生日の過ごし方にはさまざまなものがあります。友達を呼んでワイワイ騒いだり、家族が一堂に会してお...

一人暮らしの食事・外食でコスパを良くする食事のコツを解説

一人暮らしをしていると、なかなか自炊をする時間がなくて毎日の食事を外食で済ませている人もいるのではな...

ガソリンスタンドが閉店する理由とは?その実態を解説します

自分の住んでいる街の中を車で走っていると、ガソリンスタンドの数が減っていることに気づかされますよね。...

停電の原因がブレーカー以外の場合の対処法と注意点について

突然停電が起こった場合、まず原因として考えられるのはブレーカーですが、調べてみても落ちていない場合は...

木材に塗装する場合のスプレーの使い方と綺麗に仕上げるコツ

家の修繕をしたり、簡単な家具を作ったりDIYをする人は増えています。最近は道具も充実してホームセ...

タッパー弁当の仕切りのアイテム。定番からおしゃれアイテムまで

毎日のお弁当作りは大変ですね。お弁当箱にはどんなタイプの物を使っていますか?色々な素材や形の...

部屋で焼く焼肉。プレートの選び方と焼き肉の時の準備や対策

焼き肉が大好きという人は、家でも焼肉が食べたいと思いますね。家で焼肉をしようと思った時に気になるのが...

似顔絵には描き方のコツがある。似ている似顔絵を描く方法

似顔絵を描いたみたいけれどあまり似ていない、何かが違うと感じることはありませんか?リアルなタ...

本棚のDIYにすのこが便利!DIY初心者向けすのこ本棚の作り方

すのこはDIYに欠かせない道具のひとつです。手軽に材料が揃い、さまざまなものにリメイクすることができ...

発泡スチロールブロックの強度とは?特徴や使い方を紹介します

発泡スチロールブロックの強度はどのくらいなのでしょうか?素材が発泡スチロールだからそこまで強度がない...

窓の結露防止に効果的な100均グッズと日常生活で心がけること

冬になるとどうしても窓にできてしまう結露。結露が発生するたびに拭き掃除をしても、永遠に終わらないかも...

米の保存場所・冷蔵庫以外で保存するときのポイントと注意点

「お米を冷蔵庫で保存すると良い」と聞いたことがある人もいますよね。ですが、冷蔵庫の中にたくさん食材が...

【免許証の住所変更】住民票そのままで住所を変更する方法

免許証の住所変更は住民票を必ず移す必要があるのでしょうか?住民票そのままにしておきたい場合はどうした...

スポンサーリンク

タイの入国審査が厳しい理由とは

国際化となっている今、アジア圏にあるタイに興味があり、入国したいと思っている人もいると思います。でも、あなたが行きたいタイへの入国審査ですが、大変厳しくなってきています。

どうして入国審査が厳しくなってきているのでしょうか。その理由をここで紹介したいと思います。

その主旨にはタイ国内で、不法就労している人が増えて来ているため、その入国者を食い止める為に入国審査が厳しくなってきているようです。

不法就労している人が観光ビザで何度も入国して、旅行代などを稼いでいるケースが見られてるようです。そういう人々の事を、バックパッカーと呼ぶようですが、そのような人々の入国を食い止める為に、入国審査が厳しくなっているようです。

上記がどうして入国審査が厳しくなっているかの理由になります。何事にも、理由があり、結果がありますね。

タイの厳しい入国審査で気をつけたいポイント

タイの入国審査。厳しくなっている理由は、不法就労者がいるため、それを食い止める為に入国審査を厳しくている、その実態を上記ではみてきました。

次に、タイの入国審査が厳しくなっているのは、わかりましたが、では実際に何を気をつければよいのか、そのポイントをみていきたいと思います。

タイの入国審査で気をつける2つのポイント

  1. 入国審査の際に、カメラがあるので、そのカメラの方をまっすぐ向くこと。
    何を審査しているかというと、過去のデーターと認証をしているようです。あなたが過去に何も犯罪をしていないのなら、堂々と、そのカメラの方を向きましょう。
  2. 指紋を登録する
    指紋を登録する機会があります。係の方から指示をされたら、素直に両手の指をのせましょう。
    上記の2点と、パスポートと入出国カードを提出すれば、入国審査は終了します。

タイの入国審査が厳しいときに待たない方法はあるの?

タイでの入国審査が厳しくなっていますが、2点気をつける点を心がけていれば、入国はできる。その2点に先程は触れてきました。

次に、タイの入国審査、厳しくなっていることであったり、上記のような審査があることはわかったけど、入国審査にあまり時間を掛けない方法はあるのかどうか、ここで探ってみたいと思います。

入国審査ですが、待たされます。でも、その時間をできるだけ短縮したい、そう思っているのなら、お金をかければ可能になります。

プレミアムレーンというものがあり、ビジネスクラス以上で飛行機に乗ると、配布あれます。購入することも可能で、1,500バーツほどするようですが、どうしてもイミグレの時間を短縮したい、疲れを癒やしたいと感じている人にはお勧めになるのではないでしょうか。

ただ、時間帯によっては、プレミアムレーンでも待たされる場合もあるようです。到着する便が少ない時間帯だと、ラッキーだと言えそうですね。

タイでパスポートの切替新規発行はやめよう!

タイでの入国審査ですが、早く切り抜けるには、プレミアムレーンというものを利用すること、また、一番ラッキーなのは、到着する便が少ない時間帯であることを、先程はみてきました。

これまでタイでの入国審査の厳しさについて触れてきましたが、ここでは、パスポートの切り替えについてみていきたいと思います。

タイでパスポートの切替新規発行するには、リスクが付きます。というのも、タイで切替新規発行をすると、新しいパスポートに入国スタンプが押されていないからです。また、古いパスポートと新しいパスポートで紐づけもされてないケースもあるので、タイでパスポートの切替新規発行をするのは避けた方が良さそうです。

あまりタイですることを考慮することもないと思いますが、やるのであれば、日本か、マレーシアであったり、より適切に対応してくれる国でした方が、適切に対応してくれると言えます。

タイの出入国可否は現場の出入国審査官の判断による

タイでパスポートを切替新規発行すると、旧パスポートと新パスポートの紐づけがされていなかったり、入国スタンプが押されていないなど、不具合が生じるので、切替新規発行をするのであれば、日本が適切であることを、上記では学んできました。

タイの入国審査が厳しくなっていることをみてきましたが、最後に、タイの出入国可否は、現場の出入国審査員の判断に寄ることについてみていきたいと思います。

タイの入国審査が厳しくなっているので、具体的にどうしたら良いのか。アドバイスを欲しい方もいると思います。

ですが、実際は、現場の出入国審査官が入国できるかどうか判断するので、「これをすれば大丈夫」というアドバイスはありません。不明な点がある場合ですが、在タイ日本大使館やタイの入国管理局に聞いてみることが最善といえます。

旅行会社でも、色んな事例は把握はしていますが、確実に通過できるという具体的なアドバイスはありません。専門の機関に聞いて見る方が良さそうですね。