タイの入国審査が厳しい理由と気をつけたいポイントとは

最近ではタイの入国審査が厳しいと言われていますが、それはどんな理由によって厳しくなっているのでしょうか?

では、タイの厳しい入国審査を受けるときに、気をつけたいポイントとはどんなことでしょう?

また、タイの入国審査が厳しいときにできるだけ待たないようにするためにはどうしたらいいの?

そこで、タイの入国審査が厳しい理由と気をつけたいポイントなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネとサングラスを兼用するいくつかの方法をご紹介

メガネをかけている方、サングラスはどうしていますか?サングラスをつける時はコンタクトを使用する?その...

質問の答えが違う人に対して会話を成立させるための対処法

質問とは答えが違う人と会話をしていると頭を悩ませることがあるでしょう。このような会話が成立しないタイ...

自炊は、一人暮らしの男性でも簡単に出来ます

「自炊をしている一人暮らしの人」と聞くと、自立が出来ていて経済観念もしっかりしていそうに思えますよね...

洗濯機の設置を自分でするときの手順や注意点について紹介

洗濯機の設置は自分でもポイントをおさえておけば簡単に行うことができます。仕事が忙しくて設置のための日...

一人暮らしのご飯は冷凍保存が便利!保存の方法を紹介します

一人暮らしに欠かせないのがご飯、白米ですよね。しかし、毎日ご飯を炊くのは大変です。そんなときに役立つ...

マスクでメガネが曇るときの曇り止め方法!使える裏技を大公開

メガネをしている人の悩みといえば、マスクをしたときにメガネが曇ってしまうことではないでしょうか。何か...

傘、壊れた?閉じれない傘に焦った時の対処法と修理方法

傘が壊れた?電車に乗ろうとして傘が閉じれないと、本当に焦りますよね?空いている電車内で傘を広...

エアコン暖房の設定温度は何度がベスト?快適に過ごす工夫も!

エアコンは冷房と暖房の2つの機能がありますが、暖房の設定温度は普段何度にしているでしょうか。環境...

駐車場の無断駐車はレッカー移動できる?無断駐車をさせない方法

駐車場に無断駐車をされてしまうと駐車場の持ち主の方はとても腹が立ちますよね。レッカー移動をさせて無断...

一人暮らしで外食が続くと食費が高くなるのは事実。自炊がベスト

一人暮らしで外食が続くと、食費がどうしても気になります。生活費に余裕があるなら、食費を気にするこ...

免許返納後の再取得は可能?免許返納後の再取得やメリットを解説

年齢が高くなり、運転免許証を返納したほうが良いのではないかと考えている人もいるのではないでしょうか。...

ラップが電子レンジで溶ける事態に。対処法とラップの使い分け方

食品の乾燥を防ぐ、レンジで温める時などラップは毎日の生活に欠かせない物ですね。ですが、電子レ...

車のシートを自分で洗浄する方法!気になる汚れと臭いを除去

小さなお子様がいると車のシートも汚れがちです。お菓子のカスやジュースのシミ、靴の泥汚れが付いてしまう...

厚生年金と国民年金の両方もらえる人とは?年金の受け取り方

厚生年金と国民年金の両方もらえるのはどのような人なのでしょうか?年金を支払っているときには気にならな...

木のまな板は削り直ししよう。セルフと業者に依頼した結果

食材を切る時に必要なまな板ですが、どんなタイプを使っていますか?最近はプラスチックのタイプも...

スポンサーリンク

タイの入国審査が厳しい理由とは

国際化となっている今、アジア圏にあるタイに興味があり、入国したいと思っている人もいると思います。でも、あなたが行きたいタイへの入国審査ですが、大変厳しくなってきています。

どうして入国審査が厳しくなってきているのでしょうか。その理由をここで紹介したいと思います。

その主旨にはタイ国内で、不法就労している人が増えて来ているため、その入国者を食い止める為に入国審査が厳しくなってきているようです。

不法就労している人が観光ビザで何度も入国して、旅行代などを稼いでいるケースが見られてるようです。そういう人々の事を、バックパッカーと呼ぶようですが、そのような人々の入国を食い止める為に、入国審査が厳しくなっているようです。

上記がどうして入国審査が厳しくなっているかの理由になります。何事にも、理由があり、結果がありますね。

タイの厳しい入国審査で気をつけたいポイント

タイの入国審査。厳しくなっている理由は、不法就労者がいるため、それを食い止める為に入国審査を厳しくている、その実態を上記ではみてきました。

次に、タイの入国審査が厳しくなっているのは、わかりましたが、では実際に何を気をつければよいのか、そのポイントをみていきたいと思います。

タイの入国審査で気をつける2つのポイント

  1. 入国審査の際に、カメラがあるので、そのカメラの方をまっすぐ向くこと。
    何を審査しているかというと、過去のデーターと認証をしているようです。あなたが過去に何も犯罪をしていないのなら、堂々と、そのカメラの方を向きましょう。
  2. 指紋を登録する
    指紋を登録する機会があります。係の方から指示をされたら、素直に両手の指をのせましょう。
    上記の2点と、パスポートと入出国カードを提出すれば、入国審査は終了します。

タイの入国審査が厳しいときに待たない方法はあるの?

タイでの入国審査が厳しくなっていますが、2点気をつける点を心がけていれば、入国はできる。その2点に先程は触れてきました。

次に、タイの入国審査、厳しくなっていることであったり、上記のような審査があることはわかったけど、入国審査にあまり時間を掛けない方法はあるのかどうか、ここで探ってみたいと思います。

入国審査ですが、待たされます。でも、その時間をできるだけ短縮したい、そう思っているのなら、お金をかければ可能になります。

プレミアムレーンというものがあり、ビジネスクラス以上で飛行機に乗ると、配布あれます。購入することも可能で、1,500バーツほどするようですが、どうしてもイミグレの時間を短縮したい、疲れを癒やしたいと感じている人にはお勧めになるのではないでしょうか。

ただ、時間帯によっては、プレミアムレーンでも待たされる場合もあるようです。到着する便が少ない時間帯だと、ラッキーだと言えそうですね。

タイでパスポートの切替新規発行はやめよう!

タイでの入国審査ですが、早く切り抜けるには、プレミアムレーンというものを利用すること、また、一番ラッキーなのは、到着する便が少ない時間帯であることを、先程はみてきました。

これまでタイでの入国審査の厳しさについて触れてきましたが、ここでは、パスポートの切り替えについてみていきたいと思います。

タイでパスポートの切替新規発行するには、リスクが付きます。というのも、タイで切替新規発行をすると、新しいパスポートに入国スタンプが押されていないからです。また、古いパスポートと新しいパスポートで紐づけもされてないケースもあるので、タイでパスポートの切替新規発行をするのは避けた方が良さそうです。

あまりタイですることを考慮することもないと思いますが、やるのであれば、日本か、マレーシアであったり、より適切に対応してくれる国でした方が、適切に対応してくれると言えます。

タイの出入国可否は現場の出入国審査官の判断による

タイでパスポートを切替新規発行すると、旧パスポートと新パスポートの紐づけがされていなかったり、入国スタンプが押されていないなど、不具合が生じるので、切替新規発行をするのであれば、日本が適切であることを、上記では学んできました。

タイの入国審査が厳しくなっていることをみてきましたが、最後に、タイの出入国可否は、現場の出入国審査員の判断に寄ることについてみていきたいと思います。

タイの入国審査が厳しくなっているので、具体的にどうしたら良いのか。アドバイスを欲しい方もいると思います。

ですが、実際は、現場の出入国審査官が入国できるかどうか判断するので、「これをすれば大丈夫」というアドバイスはありません。不明な点がある場合ですが、在タイ日本大使館やタイの入国管理局に聞いてみることが最善といえます。

旅行会社でも、色んな事例は把握はしていますが、確実に通過できるという具体的なアドバイスはありません。専門の機関に聞いて見る方が良さそうですね。