本音と建前は逆?わかりにくい女性の本音を紹介します

女性の本音と建前ほど難しいものはありませんよね。どうして本音と建前が逆になってしまうことがあるのでしょうか?

本音と建前が違うのには女性ならではの理由があるようです。急に怒り出したり、無意味に不機嫌になっているわけではないのです。どのように対応するのが正解なのでしょうか。

そんな女性のわかりにくい本音について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

包丁の研ぎ方は簡単!はじめてでもできる手順やポイントを紹介

包丁の研ぎ方が簡単にできるようになれば、いつでも切れ味の良い包丁を保つことができます。包丁を研いだこ...

一人暮らしのダンボール処理方法とは?捨て方を紹介します

一人暮らしの引っ越しで使ったダンボールの処理はどのように行えばいいのでしょうか?ダンボール処理に...

一人暮らしで使うタンスの大きさについて。

 一人暮らしを始めるにあたって、いろいろなものを用意する必要がありますよね。 その中でも、部屋の...

一人暮らしで外食が続くと食費が高くなるのは事実。自炊がベスト

一人暮らしで外食が続くと、食費がどうしても気になります。生活費に余裕があるなら、食費を気にするこ...

落ち葉の掃除、砂利の上の場合のおすすめな道具と掃除のポイント

庭に木がある場合は、秋頃になると落ち葉が気になってきます。隣の敷地に飛んでいってしまわないうちに...

窓の断熱効果を上げるDIYの二重窓を作る方法!冷気を防ぐ内窓

寒い季節になると窓からの冷気が気になったり、結露が気になります。窓際に行くとひんやりとした空気が漂い...

メキシコ人女性が太い理由とは?日本人も好きな炭酸飲料問題

メキシコ人女性は顔のパーツが1つ1つ大きく美人揃いですが、太い女性が多いのもメキシコ人女性の特徴です...

高校の卒業証明書はいつもらえる?卒業証明書の入手方法

高校の卒業証明書はいつから発行してもらえるのでしょうか?また、発行してもらうまでの日数や請求の方法と...

髭の剃り残しをなくす剃り方!T字カミソリで剃る方法とポイント

髭を剃ったとき、うっかり髭を剃り残してしまうことがあります。剃り残しがあると、見た目もよくありません...

バーベキューコンロの掃除を簡単にしたい方必見のテクニック

楽しいバーベキューの後に待っているのが、バーベキューコンロの掃除や後片付けです。バーベキューコン...

白点病治療のために鷹の爪を使用する期間と注意点について解説

金魚などがなりやすい病気の一つである「白点病」。その代表的な治療方法は塩浴ですが、鷹の爪を使った治療...

一人暮らしは自炊で健康維持!食事の栄養バランスを考えた食生活

一人暮らしをしていると、食事を外食やコンビニのお弁当で済ませてしまうことも多くなります。健康的な食生...

【標本の作り方】夏休みに採ったカブトムシを思い出として残そう

子供と一緒に昆虫採集に出かけてゲットしたカブトムシ。大切な夏休みの思い出として標本にしておきたいです...

フローリングの補修【キズ対策】簡単にできる方法と守る工夫

フローリングの補修やキズについてお悩みの方は必見です。フローリングは木の暖かさや木目のオシャレな雰囲...

発泡スチロールブロックの強度とは?特徴や使い方を紹介します

発泡スチロールブロックの強度はどのくらいなのでしょうか?素材が発泡スチロールだからそこまで強度がない...

スポンサーリンク

なぜ本音と建前が逆になるの?女性の心理

男性からしてみると、女性の言動って、「本当は何を思っているのだろう?」と本音なのか、建前なのか、女性の心理が気になると思います。

そこで、ここでは、女性の本音と建前、逆になるのかどうなのか、女性の心理を探ってみたいと思います。

女性の本音と建前が逆になるのは、はっきりと自分の意見を言えないから

女性によっても違うと思いますが、一般的によって女性は、はっきりと「No」とは言えません。その為、何かに誘ったとして、曖昧な返事しかこない、また、はっきり「No」と言えないともなると、男性としては、「どっちなの!?」という感情を抱いてしまうと思います。

ポイントとしては、女性は男性とは違って、はっきりとは言えないという点ではないでしょうか。

相手の反応をみたい、相手の本音を探ってみたい

どうしてはっきりとした言葉を言えないのか。その答えですが、あなたの反応をみてみたい、っというのもあると思います。女性からしてみれば、「私に対して、どれだけ興味があるの?」という気持ちの裏返しかもしれません。

本音と建前は逆!よくあるこの言葉の意味

男性からしてみると、「女性って本音と建前があるように見えるけど、どう判断したら良いの?」と混乱することもあります。

では、よく女性が使う言葉の意味というものを把握していきたいと思います。

デートの最中に怒り出す

デートの最中に、「ムス」っとした顔をしたり、怒った表情をする女性もいますよね。そんな時に、「怒ってる?」って男性が聞くと、「怒ってないよ」と女性から言われると思います。

本音は怒っているのか、怒ってないのか。

女性の視点からみると、男性に「構って欲しい」というのが8割で、本当に怒っているのが2割だと思います。そして、この場合の対処方法ですが、「そんなに怒ると可愛い顔が台無しになっちゃうよ」と一言いいましょう。

構って欲しい女性には効く一言になります。でも、怒っている女性には効かない一言になります。

本当に相手の女性が怒っている場合ですが、謝ることと、どうして相手の女性が怒っているのか、理由を探ってみましょう。もし理由がわかっているのなら、それについて謝ること、自分から折れることも良い関係を保つ上で大切になって来ます。

本音と建前、どっちなのか逆にとらえると危険です

男性からしてみると、女性が発する発言ですが、「本音なのか、建前なのか、どっちなのか?」と思うことがあります。

ここでは、本音は本音、建前は建前、逆に捉えないように注意するコツを紹介したいと思います。

例えば、どういう時に男性からしてみたら、「え?逆にの意味だったの?」と思うのでしょうか。

飲んでいて、明日の仕事を心配してくれている時

一緒にデートを楽しんでいて、時間が来た時、女性の方から「明日の仕事大丈夫?」と心配してくれる発言をすることがあります。
男性からしてみたら、「もうちょっと付き合ってくれるのかな?」と思いがちですが、女性からしてみると、本音は「疲れているからもう帰りたい」なようです。

男性からしてみたら、「はっきり言ってくれ!」と思っているのかもしれませんが。

本音と建前は逆な事が多い見極める方法

女性が男性に都合の良いような発言をしている一方で、女性の本音は別の所にある。それを見極める別の方法を紹介したいと思います。

色々「これは女性の本音ではない!」と考えられるケースをこれまで紹介してきましたが、では実際、何がどうなると、女性の本音ではない!と男性は見極めることができるのでしょうか。

その答えとなるものですが、女性の「行動」に注目することです。恋愛においては、

女性の行動と女性の言葉では、女性の行動に重点を置いた方が良いと思います。その方が男性にとって、女性の本音は見極めやすいと思います。

恋愛で失敗する男性ですが、その順番を取り違えているようです。女性の本音を探るには、女性の行動を探ってみましょう。その方が恋愛も上手に行くと思います。

本音か建前か迷った時の参考に

男性からみて、「これは女性の本音なのか建前なのか?」と迷った時ですが、どんなことを参考にしてみたら良いのでしょうか。

男性からしてみて、「これって建前なの?本音なの?」と感じる時ですが、とりあえず、女性は褒めることで男性の機嫌は良くなると思っているので、とにかく褒めてきたら、「あ、これ建前だな」と思うと間違った方向には行ってないと思います。

また、女性ですが、好きな男性の前では、中々自分の本当の気持ちを表現できません。その理由は、男性でも共感できるかもしれませんが、彼女がいたらどうしよう、断られたらどうしようと女性側も感じているからです。

その為、「今度食事でも」と軽い感じで言われたら、建前だと思います。

会話の中であったり、メール、LINEの中でも、相手の女性が褒める言葉を妙に使ってきたら、「これは建前だ」と割り切った方が良いと思います。女性も相手を喜ばせることが得意な人がいますから。

ではどうしたら良いのか?という質問が出てくると思います。基本的に女性は心理が行動に本音が出やすいです。ですので、行動や仕草を探ってみましょう。話がつまらない場合は髪を触っているかもしれません。

女性の本音か建前か迷った時ですが、行動をしっかり探ってみましょう

男性からしてみると、女性の本音か建前って見分けにくいと思います。女性から発する一言をそのまま受け取っていても、男性としては「ん?」と思う瞬間の沢山あると思います。

それでは、女性の本音をどうやって見分ける事ができるのか。答えですが、女性の心理ですが、言動というよりは、行動に出やすいので、その行動をしっかりと注意して見て下さい。また、女性は男性とも似てる部分もあるかもしれませんが、相手を褒めることになれています。変に褒めてきたら、「あ、これ建前だな」と感じとることができます。

男性と違って、女性はあまりストレートに答えを出せない場合が多いので、男性からしてみると、何が本音なのかわからない部分もあると思います。少し温かい心で女性の事をみてあげると良いのかもしれません。その方が女性からしてみても、楽なのではないでしょうか。