高校の卒業証明書はいつもらえる?卒業証明書の入手方法

高校の卒業証明書はいつから発行してもらえるのでしょうか?また、発行してもらうまでの日数や請求の方法とは?

卒業証明書には、いつまでのような発行期間はありませんが他の証明書は学校によって期間が決まっていることもあるので気をつけましょう。

高校の卒業証明書は、大学の入学や入社の手続きに必要なこともあります。きちんと期限内に提出するためにも早めに準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性の靴は何足必要?最低限揃えたい靴の数、理想とする靴の数

社会人男性はトータルで何足靴が必要なのでしょうか。職種にもよりますが、サラリーマンでスーツの着用...

米の保存場所・冷蔵庫以外で保存するときのポイントと注意点

「お米を冷蔵庫で保存すると良い」と聞いたことがある人もいますよね。ですが、冷蔵庫の中にたくさん食材が...

窓の結露防止に効果的な100均グッズと日常生活で心がけること

冬になるとどうしても窓にできてしまう結露。結露が発生するたびに拭き掃除をしても、永遠に終わらないかも...

台所の収納【調味料編】整理整頓のコツや簡単アイデアを紹介

台所を収納するときに調味料は種類によって形や大きさが違うので、どう収納したらスッキリして使いやすいの...

エアコン暖房の設定温度は何度がベスト?快適に過ごす工夫も!

エアコンは冷房と暖房の2つの機能がありますが、暖房の設定温度は普段何度にしているでしょうか。環境...

窓の結露で部屋の湿度が下がる?結露の仕組みと湿度対策

窓に結露がつくと部屋の湿度は高くなっていると思いませんか?しかし実際はその逆!結露がついているのに、...

一人暮らしの料理男子はモテる!簡単レシピや節約するコツ

一人暮らしで料理ができるようになれば、外食も減るので食費の節約もできます。そんな節約も目指す一人...

包丁の研ぎ方のコツ。研ぐ時の角度や砥石の準備にかかせない事

毎日使う包丁は使う度に切れ味がどんどん落ちていきます。包丁を研ぐことで切れ味は驚くほどよみがえります...

値上げ告知用文書の書き方や注意点について解説【飲食店編】

物価や食材の値上げは一般家庭にとっても痛いものですが、飲食店となると客離れの可能性もあるため、文書を...

トイレの壁紙の黄ばみの正体とは?黄ばみの掃除方法もご紹介

トイレの壁紙に黄ばみがありませんか?うっすらと見えるその黄ばみの正体を知ったら、トイレの用の足し方を...

メガネをかけた時のマスクの曇り止め対策!曇りを予防する方法

メガネをかけている方にとって、困ることの一つがマスクをした時のメガネの曇りです。特に冬場などには眼の...

包丁の研ぎ方は簡単!はじめてでもできる手順やポイントを紹介

包丁の研ぎ方が簡単にできるようになれば、いつでも切れ味の良い包丁を保つことができます。包丁を研いだこ...

停電の原因がブレーカー以外の場合の対処法と注意点について

突然停電が起こった場合、まず原因として考えられるのはブレーカーですが、調べてみても落ちていない場合は...

甲子園が満員でも入る方法と当日券の並び方や確実に入る方法とは

甲子園球場が満員になっても入る方法はあるんです。しかし、それにはやはりチケットを購入するため...

眼鏡を初めて作るときには眼科へ。眼鏡はあくまでも医療器具です

 眼鏡を初めて作るときには眼科を受診しましょう。 眼鏡の販売店でも、視力検査を行っていただけ...

スポンサーリンク

高校の卒業証明書がもらえるのはいつ?発行される時期

意外に高校の卒業証明書の提出を求められる機会は、大人になってからもあります。「え?こんな時に?」と感じるかもしれませんが、入手しなくてはいけません。

高校の卒業証明書は高校を卒業した時点で発行されます

高校の卒業証明書は文字通り、高校を卒業した事を証明する証明書になります。その為高校に居る間は発行されません。あくまでも卒業した後に発行される事になります。

大体のケースは卒業後に高校から最低1部は高校から発行されていると思います。高校卒業後、就職先や大学に提出を求められる事もあると思いますが、その時に高校から発行された卒業証明書を使用する事になると思います。

高校に居る最中は発行されないけれど、一旦卒業したら、発行されると頭に入れておけば問題ないと思います。

高校の卒業証明書はこんなときも必要になります

どんな時に高校の卒業証明書が必要になるのか?特に社会人になってから疑問に思うと思います。

卒業証明書が必要になるとき

現役でも、センター試験を受ける時に一部必要になります

浪人するとその時に一部必要になり、また高校を卒業した後、就職する時にも企業によっては高校卒業証明書の提示を求められる企業もあります。

どの企業に対しても、この「卒業証明書」の提示や提出が求められるかといったら、そうでもありません。ただ求められる時もあるので、その時は適切な対応を求められるのだと思います。

どちらかというと、高校から大学に進む時の試験や就職する際に大学側や企業側が本当に高校を卒業するのかを確認するという意味で提示を求めて来るという感覚だと思います。
就職に関しても、全ての企業で提出を求められるかと聞かれたら、そうでもないので、その点は安心しても良いかと思います。

発行してもらえるのはいつまでのような期限はある?高校の卒業証明書

いざ高校卒業証明書が必要となると、なくしてしまった場合は焦りますよね。

ですが高校卒業証明書はあなたが何歳になっても、発行はして貰えます。「この年齢になったら、高校卒業証明書は一切発行しません」などのルールは存在しないので、あなたが何かの機会で高校卒業証明書が必要になったら、いつでも発行して貰えます。

高校によってシステムは違うと思いますが、適切な用紙に必要事項を記入して高校に送れば、きちんと対応して貰えます。ですのであなたが何歳であったとしても、高校卒業証明書の発行は可能ですので、安心して下さい。

ただ、高校卒業証明書に関しては、その様に時間がいくらたっても可能ではありますが、他の証明書、例えば成績証明書などは対応していない様です。「なんでも対応してくれるんだ」と安易な気持ちではいない様にしましょう。全ての証明書がいつでも発行可能という訳ではありません。

高校の卒業証明書を請求するときの方法

高校の卒業証明書が必要で、いざこれから高校に連絡して発行して貰おうと思ったら、「どうやって連絡をしたら良いのだろう?」と少し躊躇する方もいると思います。

それ程身構える必要はなく、例えばあなたが通販で何か購入したい時、電話で購入したりハガキで送ったりしますよね?連絡手段は同じ様な感覚で良いと思います。

送付状には、日付、学校名、あなたの住所、名前、電話番号、卒業した年、何を郵送して欲しいかを明記すれば良いと思います。

あなたがパソコンを使用出来るのであれば、wordを使用して作成すると見た目も良いのでお勧めです。必要事項をWordでタイプして、FAXや郵送で送れば、高校の担当者の方もすぐ対応出来ると思います。

何を送って欲しいのか、簡単に明記して作成を終了させましょう。

高校の卒業証明書はいつまでに必要?なるべく早めに準備をしましょう

あなたが気になっている事は、高校の卒業証明書を発行するのに、どの位かかるのか、その期間を気にしていると思います。高校の卒業証明書を期限迄に提出しなくてはいけませんよね?でしたら、高校の卒業証明書は発行するのに、大体2日かかり、それに加えて郵送の時間がかかります。面倒な事は早めに終わらせたい性格の方は、早めに申し込み早めに手元に必要書類を入手する事をお勧めします。

卒業証明書発行の手数料も忘れずに

高校の卒業証明書を発行して貰うのは、有料になります。大体、1通につき、200円から400円かかると思います。手数料の事も忘れずにいて下さいね。

予想以上に発行に時間がかかる事もある

上記で、発行に2日はかかると明記していますが、担当者、特に校長先生が不在だと、卒業証明書に校長先生の印鑑が必要になる為、もっと遅くなる可能性があります。「高校卒業証明書が必要」だと理解っているのであれば、早めに申し込みをすることをお勧めします。早め、早めの行動が求められますね。

意外な時期に、高校の卒業証明書が必要になる事があります。勿論大学に進学する時や就職する時など、高校卒業証明書が必要になる事もあります。基本的に高校卒業証明書はいつでも発行出来るので、必要になったら高校に問い合わせてみて下さい。大体の場合は1週間以内にあなたの手元に届くと思います。その際は時間に余裕を持って、発行手終了の件も忘れずにいて下さいね。