高校の卒業証明書はいつもらえる?卒業証明書の入手方法

高校の卒業証明書はいつから発行してもらえるのでしょうか?また、発行してもらうまでの日数や請求の方法とは?

卒業証明書には、いつまでのような発行期間はありませんが他の証明書は学校によって期間が決まっていることもあるので気をつけましょう。

高校の卒業証明書は、大学の入学や入社の手続きに必要なこともあります。きちんと期限内に提出するためにも早めに準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性の靴は何足必要?最低限揃えたい靴の数、理想とする靴の数

社会人男性はトータルで何足靴が必要なのでしょうか。職種にもよりますが、サラリーマンでスーツの着用...

石油ストーブにやかんを乗せる場合は空焚き注意!自己責任です

石油ストーブのいいところは、部屋を早く温めることが出来る、価格や安いことなどが挙げられますね。...

シリコンケースの黄ばみの原因と落とし方!買い替え前にチェック

シリコン製のスマホケースを使っていると、気になるのが黄ばみですよね。使っているうちに、徐々に黄ば...

革財布のクリーニング方法!長く愛用して味のある革財布にしよう

革製品のお財布を使用している人の中には、財布の黒ずみ汚れが気になっている人もいますよね。汚れを綺麗に...

一人暮らしで外食が続くと食費が高くなるのは事実。自炊がベスト

一人暮らしで外食が続くと、食費がどうしても気になります。生活費に余裕があるなら、食費を気にするこ...

髭の剃り残しをなくす剃り方!T字カミソリで剃る方法とポイント

髭を剃ったとき、うっかり髭を剃り残してしまうことがあります。剃り残しがあると、見た目もよくありません...

声が低いお悩みを解決!通らない低い声を通るようにする対処法

声が低いのが原因で、自分の声が通らないというお悩みを抱えている男性もいますよね。人混みの中や会議中な...

砂浜にいるカニの捕まえ方とは?この方法でカニを捕まえちゃおう

砂浜のカニの捕まえるのは難しい?砂浜にいるカニの捕まえ方のコツやポイントとは?道具がなくても...

ナイロン素材は季節の変わり目に大活躍!洗濯や保管も簡単

ナイロン素材は季節の変わり目など長い期間着ることができるので便利です。ナイロン素材のウインドブレーカ...

大学の卒業式の持ち物!実際にあってよかった持ち物を厳選

大学の卒業式に向けて必要な持ち物を色々準備していきますが、「〇〇があればよかったのに…」と後悔だけは...

住民票のコピーが無効となるのは?住民票について

住民票のコピーは無効なのでしょうか?写しとあるのはコピーでもよいということではありません。言...

窓口で引き出しをするときは印鑑が必要?準備するものについて

窓口でお金を引き出しするときには印鑑もいるのでしょうか?普段、利用しているATMであればキャ...

トイレの壁紙の黄ばみの正体とは?黄ばみの掃除方法もご紹介

トイレの壁紙に黄ばみがありませんか?うっすらと見えるその黄ばみの正体を知ったら、トイレの用の足し方を...

木のまな板は削り直ししよう。セルフと業者に依頼した結果

食材を切る時に必要なまな板ですが、どんなタイプを使っていますか?最近はプラスチックのタイプも...

本音と建前は逆?わかりにくい女性の本音を紹介します

女性の本音と建前ほど難しいものはありませんよね。どうして本音と建前が逆になってしまうことがあるのでし...

スポンサーリンク

高校の卒業証明書がもらえるのはいつ?発行される時期

意外に高校の卒業証明書の提出を求められる機会は、大人になってからもあります。「え?こんな時に?」と感じるかもしれませんが、入手しなくてはいけません。

高校の卒業証明書は高校を卒業した時点で発行されます

高校の卒業証明書は文字通り、高校を卒業した事を証明する証明書になります。その為高校に居る間は発行されません。あくまでも卒業した後に発行される事になります。

大体のケースは卒業後に高校から最低1部は高校から発行されていると思います。高校卒業後、就職先や大学に提出を求められる事もあると思いますが、その時に高校から発行された卒業証明書を使用する事になると思います。

高校に居る最中は発行されないけれど、一旦卒業したら、発行されると頭に入れておけば問題ないと思います。

高校の卒業証明書はこんなときも必要になります

どんな時に高校の卒業証明書が必要になるのか?特に社会人になってから疑問に思うと思います。

卒業証明書が必要になるとき

現役でも、センター試験を受ける時に一部必要になります

浪人するとその時に一部必要になり、また高校を卒業した後、就職する時にも企業によっては高校卒業証明書の提示を求められる企業もあります。

どの企業に対しても、この「卒業証明書」の提示や提出が求められるかといったら、そうでもありません。ただ求められる時もあるので、その時は適切な対応を求められるのだと思います。

どちらかというと、高校から大学に進む時の試験や就職する際に大学側や企業側が本当に高校を卒業するのかを確認するという意味で提示を求めて来るという感覚だと思います。
就職に関しても、全ての企業で提出を求められるかと聞かれたら、そうでもないので、その点は安心しても良いかと思います。

発行してもらえるのはいつまでのような期限はある?高校の卒業証明書

いざ高校卒業証明書が必要となると、なくしてしまった場合は焦りますよね。

ですが高校卒業証明書はあなたが何歳になっても、発行はして貰えます。「この年齢になったら、高校卒業証明書は一切発行しません」などのルールは存在しないので、あなたが何かの機会で高校卒業証明書が必要になったら、いつでも発行して貰えます。

高校によってシステムは違うと思いますが、適切な用紙に必要事項を記入して高校に送れば、きちんと対応して貰えます。ですのであなたが何歳であったとしても、高校卒業証明書の発行は可能ですので、安心して下さい。

ただ、高校卒業証明書に関しては、その様に時間がいくらたっても可能ではありますが、他の証明書、例えば成績証明書などは対応していない様です。「なんでも対応してくれるんだ」と安易な気持ちではいない様にしましょう。全ての証明書がいつでも発行可能という訳ではありません。

高校の卒業証明書を請求するときの方法

高校の卒業証明書が必要で、いざこれから高校に連絡して発行して貰おうと思ったら、「どうやって連絡をしたら良いのだろう?」と少し躊躇する方もいると思います。

それ程身構える必要はなく、例えばあなたが通販で何か購入したい時、電話で購入したりハガキで送ったりしますよね?連絡手段は同じ様な感覚で良いと思います。

送付状には、日付、学校名、あなたの住所、名前、電話番号、卒業した年、何を郵送して欲しいかを明記すれば良いと思います。

あなたがパソコンを使用出来るのであれば、wordを使用して作成すると見た目も良いのでお勧めです。必要事項をWordでタイプして、FAXや郵送で送れば、高校の担当者の方もすぐ対応出来ると思います。

何を送って欲しいのか、簡単に明記して作成を終了させましょう。

高校の卒業証明書はいつまでに必要?なるべく早めに準備をしましょう

あなたが気になっている事は、高校の卒業証明書を発行するのに、どの位かかるのか、その期間を気にしていると思います。高校の卒業証明書を期限迄に提出しなくてはいけませんよね?でしたら、高校の卒業証明書は発行するのに、大体2日かかり、それに加えて郵送の時間がかかります。面倒な事は早めに終わらせたい性格の方は、早めに申し込み早めに手元に必要書類を入手する事をお勧めします。

卒業証明書発行の手数料も忘れずに

高校の卒業証明書を発行して貰うのは、有料になります。大体、1通につき、200円から400円かかると思います。手数料の事も忘れずにいて下さいね。

予想以上に発行に時間がかかる事もある

上記で、発行に2日はかかると明記していますが、担当者、特に校長先生が不在だと、卒業証明書に校長先生の印鑑が必要になる為、もっと遅くなる可能性があります。「高校卒業証明書が必要」だと理解っているのであれば、早めに申し込みをすることをお勧めします。早め、早めの行動が求められますね。

意外な時期に、高校の卒業証明書が必要になる事があります。勿論大学に進学する時や就職する時など、高校卒業証明書が必要になる事もあります。基本的に高校卒業証明書はいつでも発行出来るので、必要になったら高校に問い合わせてみて下さい。大体の場合は1週間以内にあなたの手元に届くと思います。その際は時間に余裕を持って、発行手終了の件も忘れずにいて下さいね。