車の書類を上手に収納する方法!基本的な収納と便利収納アイデア

営業車を利用して仕事をしている人の中には、車の中にあふれかえる書類の収納方法について頭を抱えている人もいますよね。

車は狭いスペースですから、収納の場所があまりありません。ですが、工夫やアイデア次第ではうまく収納することもできますよ。

そこで今回は、車の書類を上手に収納する方法と、便利な収納グッズ・アイデアについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

米の保存場所・冷蔵庫以外で保存するときのポイントと注意点

「お米を冷蔵庫で保存すると良い」と聞いたことがある人もいますよね。ですが、冷蔵庫の中にたくさん食材が...

検索の方法。意外と知らない検索方法とそのコツについて

検索の方法って30パターン位あるのをご存知ですか?知りたいことを知るのに便利なインターネット...

警察の取り締まりから逃げると後でどうなるか理解しよう

警察のスピード違反の取り締まりで捕まっている車を見ると「自分も気をつけよう。」と改めて思いますが、逃...

本棚のDIYにすのこが便利!DIY初心者向けすのこ本棚の作り方

すのこはDIYに欠かせない道具のひとつです。手軽に材料が揃い、さまざまなものにリメイクすることができ...

ヘルメットの内装の洗濯の仕方や注意点。手洗いの方法や干し方

ヘルメットの汚れや臭いが気になるなら自分で洗いましょう。内装の部分は取り外し出来るものが多い...

窓の断熱効果を上げるDIYの二重窓を作る方法!冷気を防ぐ内窓

寒い季節になると窓からの冷気が気になったり、結露が気になります。窓際に行くとひんやりとした空気が漂い...

一人暮らしのダンボール処理方法とは?捨て方を紹介します

一人暮らしの引っ越しで使ったダンボールの処理はどのように行えばいいのでしょうか?ダンボール処理に...

メガネとサングラスを兼用するいくつかの方法をご紹介

メガネをかけている方、サングラスはどうしていますか?サングラスをつける時はコンタクトを使用する?その...

【標本の作り方】夏休みに採ったカブトムシを思い出として残そう

子供と一緒に昆虫採集に出かけてゲットしたカブトムシ。大切な夏休みの思い出として標本にしておきたいです...

包丁の研ぎ方は簡単!はじめてでもできる手順やポイントを紹介

包丁の研ぎ方が簡単にできるようになれば、いつでも切れ味の良い包丁を保つことができます。包丁を研いだこ...

エアコン暖房の設定温度は何度がベスト?快適に過ごす工夫も!

エアコンは冷房と暖房の2つの機能がありますが、暖房の設定温度は普段何度にしているでしょうか。環境...

田舎と都会の違いとは?生活や意識の違いを紹介します

田舎と都会の違いにはどんなものがあるのでしょうか?田舎は遊ぶところがない…都会はお金がかかる…とマイ...

一人暮らしの料理を安い値段で済ませる方法を知って上手に節約

一人暮らしをしている人の中には、料理をするときの食材をなるべく安い価格で購入したいと考えている人もい...

本音と建前は逆?わかりにくい女性の本音を紹介します

女性の本音と建前ほど難しいものはありませんよね。どうして本音と建前が逆になってしまうことがあるのでし...

木のまな板は削り直ししよう。セルフと業者に依頼した結果

食材を切る時に必要なまな板ですが、どんなタイプを使っていますか?最近はプラスチックのタイプも...

スポンサーリンク

車の書類の収納方法・ファイルボックスを活用

車の中に書類を収納したいときはファイルボックスがオススメです。ファイルボックスを使うことで書類を整理できるのはもちろんですが、書類を外から見られるのを防ぐ目隠しの効果もあります。

ファイルボックスは事務用品を扱っているお店なら大抵あります。選ぶときは透明のものよりも色が入って中が空けないものを選ぶことで目隠し効果があります。透明なファイルボックスの場合は、書類を色のついたクリアファイルに入れてからファイルボックスに入れると良いでしょう。クリアファイルも使えば、書類ごとに分類することもできます。

最近ではファイルボックスを使いやすくするためのアイテムや、使い方によって工夫されたファイルボックスなど、形や大きさも様々なものが販売されていますので、ぜひ自分に合ったものを選んでみてください。

また、ファイルボックス用の仕切りもあります。仕切りを使うことで書類を分類することがきますので、いざ書類が必要になったときにすぐに見つけることができます。

車での書類収納にも便利な収納グッズ

最近では車用の収納ボックスも様々なものが販売されています。

大容量の収納ボックス

大きめの収納ボックスはトランクルームで使います。トランクルームは車の中でもただただ広い空間であるので、物が散乱してゴッチャゴチャになりやすいです。
書類を大きめの収納ボックスに1つにまとめていれることでスッキリ片付きます。底面には滑り止めがついているものも多いので、トランクルームで移動することも防げます。また両側には取っ手もがついているので、書類で重たくなっても運ぶことができます。
折りたたみ式のものもあるので、必要がないときは小さくたたむことができます。

車内収納ポケット

車内収納ポケットには座席の背もたれに取り付ける大きめのタイプのものもありますが、自分の好きな場所に取り付けることができる小さめのものもあります。例えばドアポケットに付けたり、ダッシュボードの下など、スペースが小さい場合にオススメです。スマホやペンや電卓といった文具などの小物収納が出来るので便利です。

車の収納スペースは意外と多い!工夫をすれば書類の収納も簡単

車の中は狭いようでも、工夫次第で収納スペースは結構あります。車のデッドスペースを活用すれば、かなり収納も可能です。

  • 突っ張り棒を使います
    天井に突っ張り棒をつると、ハンガーにかけたスーツの上着やジャケットをかけることができてシワになることを防ぐことができます。S字フックをつけるとバッグも掛けられます。
  • シート下を利用します
    シートの下も収納スペースにできます。ちょっと取り出しにくい面もあるので、例えば車内で観るDVDなどをしまっておいたり、雨で濡れた時のための予備のソックスなどをしまっておくといいです。
  • 収納ボックスを積みます
    蓋付きの収納ボックスであれば、積み重ねていくつも収納できます。また収納ボックスごとに分類してしまい、ラベルを貼っておくと探しやすくもなります。
    書類を収納する場合は、収納ボックスの中でも更にファイルボックルやクリアファイル、バインダーなどで分類して分けてから収納ボックスに入れると、探しやすくなりオススメです。

収納した場所を忘れないようにスマホやパソコンのメモ機能を活用

整理整頓はどんな時でも大切ですが、車の収納スペースは大きくはないため乱雑になりやすいです。また仕事で使う車は、他の社員と共有している場合も多いため、たとえキチンと整理したとしても、別の人が使った後では収納場所が変わっていたりもします。

車内にしまう書類などを整理するポイントは、すぐに使うものかどうかを基本にします。例えば、すぐに届ける予定の書類や自分の名刺、明日提出する資料などはすぐに使うものです。このようなすぐに使うものは、いざ必要となったときに探すことのないよう、車の中よりは自分のカバンの中にしまうようにしましょう。

会社のカタログや商品サンプルなど大量にあるもの、または1週間後に使う予定のものなどはすぐに使わないものになります。こういったものは車内に置いたままにしておくことがありますので、ぐちゃぐちゃになって折れたり破れたりしないよう、キチンを整理して収納しておきましょう。

後から、車内に何々を置いているのか、又は車内のどこにしまっておいたかがわからなくなってしまわないように、収納場所などを把握しておく必要があります。スマホやパソコンにメモとして残しておくと便利です。整理したり収納したときは常に記録するようにしておきましょう。

書類を収納したいときはいらない物を探すこともポイント

片付けの基本は、捨てられるものは捨てて、必要なものを残すことです。そして書類の片付け作業をする時のポイントは、捨ててはいけないものに気をつけることです。
たくさんの書類の山を片付けようとしたときは、早く終わらせたいからとついついサッと中を見るだけで判断してしまいがちです。でも書類の中には重要な個人情報があるものがあります。もう必要ないからといって簡単に捨てられるものではありません。他の重要ではない書類に混ざってしまうことのないよう、十分に注意が必要です。

次に、まだ使えそう、とか、いつか使う、高かったからなどの理由でなかなか捨てられないものがあります。それらは今必要ではなく、しばらく使っていなければ今後も必要がない物と判断します。片付けを始めてから久しぶりに見た物は思い切って処分してしまいましょう。文具などは必要となった時に用意することが可能ですし、最新式で便利になった物が出ているはずです。必要のない物を捨てることから始め、すっきりとしたところで書類などを収納していくと、思っていたよりもたくさん収納することができるはずです。