ジャズでアドリブを初心者がするメリットや上達するコツとは

ジャズギターのアドリブは初心者でもできるようになるのでしょうか。
ジャズギター初心者がアドリブすることにはメリットがあって、アドリブができるようになるとそれは上達をしている証拠なのです。

そこで、ジャズらしいアドリブを初心者がするメリットやできるコツ、練習方法などについてご紹介致します。
ぜひ参考にして、ジャズらしいアドリブを楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジオラマの作り方。【初心者向け】おすすめなアイテムと手順

ジオラマを見て自分でも作ってみたいと思うことはありませんか?ですが何が必要なのか、どうやって作るのか...

ソイルを水槽に入れる時の量の目安と多く入れた時の対処法

水槽にソイルを入れる場合、どのくらいの量を入れるべきかで悩む時ありませんか?ベストなソイルの量を...

グルーガン初心者でも作品が簡単に完成できるかわいい小物

グルーガンはいろいろな物を接着するときに便利なアイテムです。グルーガン初心者には、まずは簡単なものか...

水草「カボンバ」の増やし方や植え方と注意点について解説

金魚やメダカの水槽に入れる水草として人気のあるカボンバですが、植え方や増やし方がよくわからないという...

カレイとヒラメの釣り方とは?基本的な釣り方とコツを解説

外見が似ているカレイとヒラメ。見分け方として「左ヒラメに右カレイ」という言葉が有名で料理としても使わ...

メバル釣りに適した時期は春。暑い夏はナイトゲームがおすすめ

メバルは北は北海道、南は九州にまで至り日本中の沿岸に生息しており、釣り人にも人気の魚です。メ...

メバル釣り方。ワームを使った基本の釣り方とワームの選び方

メバルはワームを使った釣り方が人気ですが、釣り方にはポイントがあります。また、ワームには種類があ...

板を思い通りにカット出来る工具を探したいなら

日曜大工のお父さんや、DIYが趣味の人など、木材を本格的に扱おうと思うのなら、効率良く板をカット出来...

水槽のエアーポンプが不調!メンテナンス方法と寿命について

水槽に付けているエアーポンプの吐出量が少なくなってきたり、音が急におおきくなり不調を感じることはあり...

スピーカーを自作する際に必要な吸音材!種類や入れ方について

スピーカーを自作する際には、吸音材を入れることで音をまとめることができます。しかし吸音材はい...

樹脂粘土を使ったフィギュアの作り方とコツを解説します

樹脂粘土を使ってフィギュアを作ることができると聞いても、初心者は何から始めればいいのかわからないでし...

ジャズに欠かせないリズム感を体に覚えさせる練習方法とポイント

ジャズのリズムは、練習次第で体に覚えさせることは可能です。ただジャズは日本人には馴染みのないリズ...

チューリップの球根の増やし方!球根を大きく育てて花を咲かせる

ガーデニングを楽しんでいる人の中には、チューリップの球根の増やし方について知りたい人もいるのではない...

グルーガンを使った作品の作り方!大人女子向けかわいい小物

グルーガンは工作やハンドメイド作品に便利なアイテムです。ボンドでは固定しにくいような場所でも、グ...

野球グッズの飾り方は工夫次第!おすすめアイデアをご紹介

野球グッズの飾り方について、日々奮闘しているファンの方もいるのではないでしょうか。しかし、野...

スポンサーリンク

ジャズギター初心者がアドリブするためには

ジャズらしい音は経験を積みながら身に付けていくもの

ジャズギターといっても、ジャズらしい音が思い浮かばない…という方もいるのではないでしょうか。
ジャズらしい音を思いつくようにするのは、赤ちゃんが言葉を覚えていく方法と同じだと考えてください。

赤ちゃんは親の言葉を聞いて覚え、自分でも使って身につけていくものなのです。
ジャズらしい音を思いつくようにするときも同様にCDなどを聴いてジャズのフレーズを覚えて自分でも演奏していきながら覚えていくものです。

まずは目標とするギタリストを見つけるところから始めてください。
色々なギタリストの演奏を聴いて、自分もこんな風に弾きたいと思う気持ちを持ちましょう。

人は目標が無ければ現状を維持してしまうものなので、目標とすることを発見することが大切なのです。
ライブ映像やレッスン動画を公開している動画サイトを参考にして目標とするギタリストを見つけたら、その人の演奏を何度も聴き続けましょう。
演奏を覚えることがアドリブするための近道となるのです。

ジャズ初心者がアドリブする3つのメリット

ジャズ初心者がアドリブするメリットとは一体何でしょうか?

アドリブするメリットは3つあり、1つ目はアドリブの練習をすることで音を意識するようになります。
音を1音1音意識しながら練習をすることは上達への近道となるのです。

2つ目は自分の体の中に眠っているリズムを引き出すことができることです。
突然自分の思い通りのメロディを奏でることは難しいですが、リズムは私達の体にたくさん眠っているので、思い通りのリズムを刻むことはできるのです。

3つ目は今後の練習に対する意識を高めることができることです。
意識が高まるということはギター初心者にとって一番嬉しい効果なのです。
意識が高まることで練習の熱の入り方も変わり、アドリブを実際に使ってみたりすることで様々な表現を応用して自分のものにできるようになったりと、上達のスピードが上がるのです。

決まったフレーズを演奏しているだけでは上達しません。
自分で表現できるようになることでどんどんと上達していけるのです。

初心者がジャズのアドリブ練習の入る前の心構えとは

初心者の練習は「今を楽しむ」心構えがとても大切

ジャズを習得しようとすると、壁に遭遇することばかりです。できないことに遭遇することは多々あるのです。
しかし、できない時にマイナスなことばかり考えていても上達するわけではありません。
苦しい・辛いと思ってしまっては、演奏が苦になってしまいます。できない時でも演奏を楽しむ気持ちを忘れてはいけません。
楽しむことで、もっと頑張ろうと思うことができるのです。

誰でも壁に遭遇することはあるので、それをどう乗り越えて行くのかが問題です。

上達するためにはプロミュージシャンの演奏を模倣することも必要です。
そこからフレーズを覚えていき、自分の思い通りにアレンジさせていくことでジャズを演奏することができるようになります。
自分の思うように自由に演奏することで上達していくのです。

アドリブができれば作曲も!アドリブをマスターするには

感覚的にアドリブをマスターするためにはどうすれば良いのでしょうか?

アドリブをマスターするための練習

とても簡単で、自分の好きだと思う音楽を聴きながら自由にギターを弾いてみましょう。ある程度ギターを弾くとフレーズなどがわかってくるのです。
この練習を行うとコードを聴き取るトレーニングにもなり、音楽の表現の幅が広がります。
毎日短時間でも良いので、練習を続けていきましょう。

ギターを弾いている人の中で、自分の曲を作りたいと考えている人は少なくありませんよね。
初心者の人が作曲をするというのは難易度が高いと思われがちですが、実はアドリブも作曲であると言えます。

自由にアドリブ演奏ができるようになるということは簡単な曲を作れるようになるということです。
できるなら、アドリブに慣れてきた頃に作曲にも挑戦してみると、自由に音楽を楽しむことができますよ!

音楽を楽しむという気持ちで何事も挑戦していくことが良いのです。

ジャズ初心者はとにかく聴く!セッションにも行こう

ジャズ初心者は難しいことを考えずに、とにかくプロの演奏を聴きましょう。

上記でも言いましたが、私達が言葉を話せるのも毎日周りの人の言葉を聞いてきたからなのです。
同じようにジャズも聴いて覚えるということが最も大事なことです。

「CDを持っていない…」という人でも、動画サイトなどでジャズを聴くことができるので活用してみてはいかがでしょうか?
プロの演奏を聴いて気になる人や楽曲があれば購入するのも良いですね。

プロの演奏を聴くことが上達への近道となります。

人間は目標を持っているのと持っていないのとでは差が出るので、目標を持つということはとても大切なことです。
ジャズ初心者の人が突然ライブをするのは難しいですが、人とセッションするということはできますよね。

しかし知り合いなどがいなければ得意としていないセッションに行くのは緊張してしまうものです。
始めは見学させてもらうと雰囲気がわかってくると思います。

そして初心者だということを伝え、参加してみたいという熱意を伝えるのも良いです。

ジャズ初心者がアドリブ演奏を上達させるためにすると良いこと

ジャズ初心者がアドリブを上達させるためにすると良いことは、プロの演奏を聴くこと目標を高く持つこと、そして音楽を楽しむことが大切です。

ジャズ初心者が突然アドリブ演奏することは不可能

プロの演奏を何度も何曲も聴いて、実際に自分でも演奏してみることで演奏の仕方やアレンジの仕方がわかってくるものなのです。

そして高い目標を持つことは自分の意識なども高める効果があるので良いことです。
できないからやらないのではなく、できなくても挑戦することが上達するために必要なこととなります。

最も大切にしてほしいのが、音楽を楽しむという気持ちです。
何事も楽しまなければもっと上を目指したいという気持ちは生まれません。

演奏を上達させるためにはこの音楽を楽しむという気持ちが最も上達への近道と言えます。