フォークリフトの実技に落ちたらと不安になる必要がない理由

フォークリフトに合格するには、講習、学科の他に実技試験をクリアしなければなりませんが、実技で落ちたらどうしよう…と不安になる方も多いようです。

確かに自動車運転免許でも実技で落ちてしまう方が多いですし、実技試験に不安を感じるのもよくわかります。

ただ調べてみると、実技試験で落ちてしまう人はほとんどいないことがわかりました。
それはなぜなのでしょうか。

ただし、フォークリフトの資格取得と確実に業務をこなすかどうかは別問題なので、実技でスレスレだった方は特に注意が必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

エンジンがかかりにくい原因とは?バイクのエンジンのかけ方

バイクのエンジンがかかりにくいときにはどんなことが原因なのでしょうか?バイクはとくに冬にエン...

車の盗難対策のためにGPSを設置するメリットと費用を解説

万が一の時のために、車の盗難対策としてgpsを設置する人が増えていると言われています。しかし...

車のブレーキパッドがサビても問題ないが残量のチェックは必要

車のブレーキパッドがサビていると、なにか不具合が出るのでは…と不安に感じる方も多いのではないでしょう...

日本の新幹線がなぜ海外で人気なのか、その魅力を徹底解説

日本の高速鉄道である「新幹線」。海外から日本へやってくる外国人観光客も新幹線に感動すると言いますが、...

車を放置するとガソリンはどうなる?ガソリンの寿命とは

車を放置するときにガソリンは入れておいたほうがいいのでしょうか?それとも抜いたほうがいいのでしょうか...

免停で出頭指定日に行けない場合は期日の変更は可能なのか

交通違反で免停になったのに、出頭指定日に出頭できない場合は期日を変更することは可能なのかという疑問。...

車のエンジンかからない!キュルキュル音がする原因と対処法

「車のエンジンをかけようと思ったらエンジンかからない」このような状況になってしまったら、本当に困って...

車のブレーキランプの交換は自分できる!気になる費用や確認方法

車のブレーキランプの交換は意外と簡単に自分でできます。車のブレーキランプが切れたまま走行するのは、と...

バイクのカバーは台風の時は外すべきかどうか対策を考えよう

台風が通過する機会の多い日本。特に9月あたりは、台風によってバイクが倒れないようにするためにどうすれ...

車のパワーウィンドウの動きが遅い原因と今すぐできる対処法とは

車のパワーウィンドウの動きが遅いと感じた場合、「もしかして故障したのでは?」と心配になりますよね。...

車を購入した人の値段の平均は意外に高い!その実態を解説

車を買おうと決めても、車の種類や新車か中古車かによっても値段はかなり違います。そこで気になる...

車のシートのシミ取り方法!自分で取る方法と業者に頼む時の料金

車のシートに飲み物や食べ物などの食べこぼしのシミができてしまったら、どうにかしてそれをキレイにしたい...

車はあったほうがいい?東京で生活する時の車の必要性について

これから東京での生活をスタートさせる人の中には、車が必要かどうか知りたい人もいるのではないでしょうか...

車のタイヤの空気入れはどこでできる?空気圧や入れ方

車のタイヤの空気入れはいつどこで行えばいいのでしょうか?購入や交換ではないため、ついついする...

ノーマルタイヤにチェーンをつけたときの効果とスタッドレス

ノーマルタイヤにチェーンをつけたときの効果はスタッドレスと比べてどうなのでしょうか?また、チ...

スポンサーリンク

フォークリフトの実技に落ちたらどうしよう、と考える必要がない理由

これからフォークリフトの試験に挑戦するけれど、落ちてしまったらどうしようと不安になっている方がこれを読んでいるかと思いますが、それはもしかすると杞憂に終わるかもしれません。

そんなに心配しなくてもフォークリフトの試験はパスできることが大半のようです。

フォークリフトは車の運転ができる人であれば、試験を受けることで資格を取得できます。

体験者の中には受からせるためにしている試験、なんて声もあるほどです。

  • 寝ないで講義を受けていた
  • 実技は問題なく練習できていた

という方はあまり心配しなくてもいいと思います。

実際に車を運転するのとは感覚の違う部分をしっかりとつかめていれば大抵の場合は受かることが出来ます。

試験にはちょっとした計算問題などの筆記試験も含まれていますので、計算が苦手だという方は少し対策が必要かもしれません。

実際に資格を持っている人でさえ、普通にやっていればまず受かるだろうとおっしゃる試験ですので、構えすぎるのが逆に失敗を生み出してしまうかもれません。

ある程度リラックスして自分の本領を発揮できるような状態を作りたいですね。

フォークリフトの実技に落ちた人はよっぽどセンスがない人

フォークリフトの試験に落ちてしまうという人は、おそらく通常の乗用車を運転していても危ない、または免許を持っていることが信じられないという状態であることが考えられます。
ですがそうした方は探そうと思ってもなかなか見つからないと思います。

フォークリフトの試験は4日間かけて行う

  • 1日目…学科試験
  • 2日目…実技走行試験
  • 3日目…実技荷役操作試験
  • 4日目…荷役操作の練習から実技試験

という日程で行われます。

1日目は講師の話を座って聞いて、教本を解説してもらいながらアンダーラインを引いたりといった内容で行われます。
少々退屈な時間となるようですがフォークリフトの仕組みや荷役時の操作、フォークリフトに定められた法律などを学びます。

アンダーラインを引かれたところが試験に出てくる部分のためしっかりと覚えておきましょう。

簡単なマークシート形式でテストされます。

残りの日程は実際に実技を行ってテストされていきます。
操作は練習できますし、経験者はとにかく暇だったとおっしゃることもありますので構えすぎずに試験に向かいましょう。

フォークリフトの実技で落ちた時は

フォークリフトの実技試験で落ちてしまった場合には,追試験が認められるケースもあります.
最近では試験に至るまでの教習中の取組内容で、『もともとの合格水準に満たない』と判断された受講者にはチャンスが与えられることがない場合があります。
ゆるいと聞くフォークリフトの試験にも規定に満たない受講者には『修了証』を発行しないという方針になってきています。

ですがこれは当たり前のことです。
いくら試験が待機時間が長く暇なものでも、みんなが通れる試験だからといってもダラダラやっていてはこの先の仕事でもそうした態度でフォークリフトに乗ることになるはずです。

そういった受講者は修了証を渡すに値しないとみなされるのです。
渡してしまうと事故が起きることにつながってしまうのは容易に想像できます。

ですから先述したとおり、普通にやっていればパスできる試験なのです。
普通というと難しいと感じる方もいらっしゃるとは思いますが、やってはいけないことはフォークリフトの試験に挑戦しようとするくらいの年齢の大人ならわかるはずです。

次のチャンスが与えられることもありますが、できれば一発で合格したいものです。

フォークリフトは資格を取るだけなら誰でもできるが、業務を確実にこなせるかどうかは別問題

フォークリフトの試験は何度もいっているようにパスできる試験ではあります。

ですがパスできたからといって、その修了証を活かして業務につけるかというとそれはまた別の話です。
資格を持っているからといって確実な業務をすることには繋がりません。

試験では試験を受かるための運転を行いますが、試験に受かる運転が実際の実務で使用される運転方法かというとそういうわけではないのです。

実際の仕事ではフォークリフトは工場や倉庫など物流の現場で活躍します。
倉庫内の荷物運搬が主な業務となるのですが、こうした場ではフォークリフトの試験と違い運搬の他に検品や荷降ろしなどの業務も出てきます。

活躍の場が多いフォークリフトですが、昔のように「フォークリフトを乗って仕事をしているうちに資格取得が必要になってきた」というパターンから、
フォークリフトの仕事をするために未経験で資格を取得するというパターンも増えてきました。

そのために未経験NGという、フォークリフト求人の罠にかかったような形で仕事が見つからないといった声もあるにはあります。

有資格者であれば雇ってくれるという会社を探すのには、少し苦労するかもしれません。

フォークリフトの資格を取得するメリット

仕事を見つけるのが大変というお話もしましたが、探せばあるかもしれません。
何しろ資格を持っているというのはとても強いです。

資格は信用を付加してくれるステータスですから、持っていれば武器になるはずです。

フォークリフトの資格を取得すると仕事の幅が広がる

最大載積荷重1トン以上の資格もプラスで持っておくとさらに活躍の場は広がり、フォークリフトに乗れる資格とともに重宝してもらえるはずです。

フォークリフトの仕事は資格がいるだけあってお給料が高いことも魅力のひとつです。

時給相場がやや高めであるフォークリフトの業種は、派遣やバイトだけでなく正社員でも働ける環境があり、日雇いなども募集があるため働き方を選ぶことが出来ます。

資格を活かして少しでも多く稼ぎたいという人にはぴったりという業種ですね。

フォークリフトはあらゆる現場で求められる資格です。
さきほどご紹介した物流関係だけでなくイベントの資材運搬や、荷分けの仕事、自動車工場などでもフォークリフトが必要となる場面がたくさんあります。

自分にあった業態と環境の仕事場でフォークリフトの資格を活かして働けると良いですね。