花の可愛いイメージを名前に。花を使った素敵な名前の紹介

女の子が生まれた、これから生まれるという場合にどんな名前を付けようかとても悩んでしまいますね。

女の子ならやはり可愛らしい名前を付けてあげたいと思う親御さんも多いでしょう。

女の子の可愛らしい名前といえば「花」という言葉や漢字がイメージされるのではないでしょうか。

今回は「花」という漢字が付く女の子名前や、花や桜や咲などの花に関連する名前を紹介します。

また「花」や「華」には古風なイメージもありますね。

雅や京など古風な雰囲気の素敵な名前も紹介します。

生まれた季節にちなんだ花をイメージして名前を付けるのはいかがでしょうか。

他にも珍しい花の名前や、英語名の花が由来になっている名前もご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

警察の取り締まりから逃げると後でどうなるか理解しよう

警察のスピード違反の取り締まりで捕まっている車を見ると「自分も気をつけよう。」と改めて思いますが、逃...

男性が眉毛を書く時に失敗しないためにやるべきこととは

男性が眉毛を書くことは今では身だしなみの一つとなっていますが、いざ自分がやろうと思ってもどんな道具が...

住民票のコピーが無効となるのは?住民票について

住民票のコピーは無効なのでしょうか?写しとあるのはコピーでもよいということではありません。言...

鉄のフライパンがくっつく原因とその対策と美味しい焼き方

料理の時に使うフライパン。どんなフライパンを使っていますか?焦げたりフライパンにくっついたり...

【アイロンのかけ方】ズボンの正しいアイロン掛けの手順と注意点

一人暮らしの男性が苦手な家事の一つにアイロン掛けがあります。自分でアイロンをかけるという時には、どの...

大学の卒業式の持ち物!実際にあってよかった持ち物を厳選

大学の卒業式に向けて必要な持ち物を色々準備していきますが、「〇〇があればよかったのに…」と後悔だけは...

質問の答えが違う人に対して会話を成立させるための対処法

質問とは答えが違う人と会話をしていると頭を悩ませることがあるでしょう。このような会話が成立しないタイ...

電車で弁当を食べるのはマナー違反?電車内での飲食の是非を問う

電車の中で弁当を食べている人もいますが、その行為がマナー違反になるのでは?という声も聞かれます。...

窓口で引き出しをするときは印鑑が必要?準備するものについて

窓口でお金を引き出しするときには印鑑もいるのでしょうか?普段、利用しているATMであればキャ...

足の臭いが取れない時の対処法!足を清潔にして臭いを解消しよう

足の臭いが取れない事に頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。特に女性の場合は、靴を脱ぐ場面がや...

専業主婦とニートの違いって?大きく定義が違います!

専業主婦への風当たりが強い世の中ですが、ニートと並べられるのは、ちょっと違うと思います。職に...

本棚のDIYにすのこが便利!DIY初心者向けすのこ本棚の作り方

すのこはDIYに欠かせない道具のひとつです。手軽に材料が揃い、さまざまなものにリメイクすることができ...

免許返納後の再取得は可能?免許返納後の再取得やメリットを解説

年齢が高くなり、運転免許証を返納したほうが良いのではないかと考えている人もいるのではないでしょうか。...

白点病治療のために鷹の爪を使用する期間と注意点について解説

金魚などがなりやすい病気の一つである「白点病」。その代表的な治療方法は塩浴ですが、鷹の爪を使った治療...

鉛筆をカッターを使う時の削り方のコツと最適な芯の長さとは

最近は鉛筆を使う機会も減っていると思いますが、美術のデッサンの場合は鉛筆を使うこともありますね。...

スポンサーリンク

名前に花や華の漢字がつくと可愛いイメージに

会話の中で、お花の名前が飛び交うと「可愛い」などのイメージを浮かべると思います。名前の中にお花があると、そのお花が持つイメージを連想させるのではないでしょうか。
案外、あなたの周りでも、名前に「花」や「華」が付くお友達はいませんか?名前の中にそのようなお花があるだけで、「可愛らしい」と心の中で思ってしまいますよね。

「花」だとどんな名前を思い浮かべますか?

曖花(あいか)・花保(かほ)・美花(みか)などの名前があげられます。どの名前を見ても、やっぱり可愛らしいイメージを思い浮かべますよね。これから女の赤ちゃんが産まれる予定の方なんかは、これらの名前を参考にしたらいかがですか?

「華」だとどんな名前になるのか?

愛華(あいか)・保乃華(ほのか)・光華(みか)など。「花」から比べると、少し中国を思い出すような名前になるかもしれませんね。どちらにしても、「華」という漢字を使用するだけで、可愛らしさが名前に現れます。

名前でよく使われる花の漢字とイメージ

お花と言われると、花束をイメージしたり、草原に咲いている一輪の華をイメージしたりします。それが名前で使われているとなると、名前に自然もイメージされて来ると思います。

よく使われる花関連の名前を紹介します

心桜(こころ)、咲花(えみか)、咲桜(さくら)などが女の子の名前で使われる名前になります。名前に「桜」が付き、それが咲いていくなんて、素敵な名前になりますね。

名前でよく使われる花関連の漢字

花、桜、咲、葵、この様な漢字が女の子の名前で使われる様です。どの漢字を取って見ても、やはり可愛い、春、これから飛躍していく、という様な前向きなイメージがありますよね。女の子のお子さんの名前がまだ決まっていないのでしたら、上記の様な漢字を使用する事も選択肢に入れてみたらいかがですか。

花の名前が付いた、イメージが古風な名前

名前に花が付いているとしても、なんだか京都の古風なイメージを思い出す様な名前もあります。名前も漢字の組み合わせで随分イメージが変わって来ます。名前にお花の様な可愛げのある物を考えたいけれど、トレンドではなく、古風な物を探している方には、下記の様な名前も考慮して見て下さい。

お花関連で、こんな名前もあります

桜子(さくらこ)、華夜(かよ)・心花(みか)・舞藤花(まどか)・璃乃(りの)など

上記の名前もごく一例ではあります。日本の文化も古代の物が評価される事もあります。テレビでも急に「大和撫子」が高評価を得ることがありますよね?ですので、あなたの女のお子さんに、日本の昔風の良さを元にして、上記の名前をつけて上げるのも、周りから高評価を得ると思います。名前一つで日本の文化の奥ゆかしさを表現出来るなんて、素晴らしいですね。

季節の花をイメージした名前

子供の名前を考える時、夏に産まれたから、夏の花をイメージした名前にしようかななんて、季節の花をイメージして名前をつけるのも素敵ですよね。名付けられたお子さんも「私はこの季節に産まれたからこういう名前が付いたんだ」と思い起こす事も出来ます。

季節の花を意識した名前に、どんな物があるのか、見ていきましょう。


  • 彩夢(あやめ)・花梨(かりん)・幸葉(ゆきは)・純玲(すみれ)など

  • 朝花(あさか)・環奈(かんな)・皐月(さつき)・月花(つきか)・葵衣羽(あいは)など

  • 藍美(あいみ)・穂香(ほのか)・桂花(けいか)・梨乃(りの)など

  • 奈南(なな)・雪乃(ゆきの)・珊瑚(さんご)・柑奈(かんな)など

上記で紹介しているのは、ほんの一例になります。こうして見ると、その季節のフルーツなども関連していますよね。花だけではなく、フルーツからもそのフルーツならではの新鮮さも伝わって来ると思います。そういった事も考えて名前をつけてみても、将来お子さんに喜ばれるのではないでしょうか。

珍しい花の名前と英語名が由来の名前

名前の中にお花が含まれていると、そのお花のイメージを頭の中で湧いて来ると思います。その中にも、聞いた事もない珍しい名前のお花もあります。

例えばですが、あなたは「無憂樹」というお花を知っていますか?仏教関連のお花ではあるのですが、オレンジ、赤、黄色のお花を咲かせてくれる、あまり聞いた事の無いお花になります。

この「無憂樹」というお花から、憂花(ゆうか)という名前もあります。
「紫蘭」というお花はもしかしたらご存知かも知れませんね。紫色のお花を咲かせてくれるお花になりますが、この「紫蘭」というお花から、麗蘭(れいら)という可愛らしい名前が誕生しています。

また、英語名が由来の名前もあります。

「くらら」という可愛らしい名前を聞いた事があると思います。この「くらら」というのも、英語名のお花、「シクラメン」から来ている名前ですし、何気に「かおる」という名前も、「カルセオラリア」という英語名のお花から来ています。

名前の由来は色々なんですね。

これから産まれて来る子供が女の子だと理解ったら、名前にお花の漢字を入れて見ようかな?など色んなアイディアが頭をよぎると思います。実際、名前の中にお花を入れるものもトレンドになる事もあると思います。上記で推薦できるものを紹介して来ました。参考にしてみて下さい。