花の可愛いイメージを名前に。花を使った素敵な名前の紹介

女の子が生まれた、これから生まれるという場合にどんな名前を付けようかとても悩んでしまいますね。

女の子ならやはり可愛らしい名前を付けてあげたいと思う親御さんも多いでしょう。

女の子の可愛らしい名前といえば「花」という言葉や漢字がイメージされるのではないでしょうか。

今回は「花」という漢字が付く女の子名前や、花や桜や咲などの花に関連する名前を紹介します。

また「花」や「華」には古風なイメージもありますね。

雅や京など古風な雰囲気の素敵な名前も紹介します。

生まれた季節にちなんだ花をイメージして名前を付けるのはいかがでしょうか。

他にも珍しい花の名前や、英語名の花が由来になっている名前もご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浄水器のカートリッジは交換しないとダメ?交換時期について

浄水器のカートリッジを交換しないとどうなる?交換時期の目安とは?シンクの下に設置している浄水器の場合...

傘、壊れた?閉じれない傘に焦った時の対処法と修理方法

傘が壊れた?電車に乗ろうとして傘が閉じれないと、本当に焦りますよね?空いている電車内で傘を広...

素敵な誕生日の過ごし方。夫婦ならこう過ごす

誕生日の過ごし方にはさまざまなものがあります。友達を呼んでワイワイ騒いだり、家族が一堂に会してお...

声が低いお悩みを解決!通らない低い声を通るようにする対処法

声が低いのが原因で、自分の声が通らないというお悩みを抱えている男性もいますよね。人混みの中や会議中な...

革の手袋の手入れの手順と必要な物。長く使う為の手入れや使い方

革の手袋をお使いになっていて、汚れが気になってきたり雨や汗で濡れてしまったなどお手入れをしたいと思っ...

メガネをかけた時のマスクの曇り止め対策!曇りを予防する方法

メガネをかけている方にとって、困ることの一つがマスクをした時のメガネの曇りです。特に冬場などには眼の...

万年筆を保管する時はペン先の向きに注意!万年筆を長く使うコツ

万年筆をずっと長く使い続けるためには、正しい保管が絶対条件。特に万年筆を置く時のペン先の向き...

車の書類を上手に収納する方法!基本的な収納と便利収納アイデア

営業車を利用して仕事をしている人の中には、車の中にあふれかえる書類の収納方法について頭を抱えている人...

ガソリンスタンドが閉店する理由とは?その実態を解説します

自分の住んでいる街の中を車で走っていると、ガソリンスタンドの数が減っていることに気づかされますよね。...

窓の結露防止に効果的な100均グッズと日常生活で心がけること

冬になるとどうしても窓にできてしまう結露。結露が発生するたびに拭き掃除をしても、永遠に終わらないかも...

一人暮らしは自炊で健康維持!食事の栄養バランスを考えた食生活

一人暮らしをしていると、食事を外食やコンビニのお弁当で済ませてしまうことも多くなります。健康的な食生...

落ち葉の掃除、砂利の上の場合のおすすめな道具と掃除のポイント

庭に木がある場合は、秋頃になると落ち葉が気になってきます。隣の敷地に飛んでいってしまわないうちに...

母親が一人暮らしで心配!離れて暮らす高齢の母を見守る方法

高齢の母親が自分と離れた地域で一人暮らしをしていることが心配でたまらないというご家族もいますよね。...

砂浜にいるカニの捕まえ方とは?この方法でカニを捕まえちゃおう

砂浜のカニの捕まえるのは難しい?砂浜にいるカニの捕まえ方のコツやポイントとは?道具がなくても...

新聞紙に乗るゲーム。じゃんけんで負けるとこうなる。遊び方とは

新聞紙があれば簡単に出来て、盛り上がるじゃんけんゲームを知っていますか。用意するのは新聞紙だ...

スポンサーリンク

名前に花や華の漢字がつくと可愛いイメージに

会話の中で、お花の名前が飛び交うと「可愛い」などのイメージを浮かべると思います。名前の中にお花があると、そのお花が持つイメージを連想させるのではないでしょうか。
案外、あなたの周りでも、名前に「花」や「華」が付くお友達はいませんか?名前の中にそのようなお花があるだけで、「可愛らしい」と心の中で思ってしまいますよね。

「花」だとどんな名前を思い浮かべますか?

曖花(あいか)・花保(かほ)・美花(みか)などの名前があげられます。どの名前を見ても、やっぱり可愛らしいイメージを思い浮かべますよね。これから女の赤ちゃんが産まれる予定の方なんかは、これらの名前を参考にしたらいかがですか?

「華」だとどんな名前になるのか?

愛華(あいか)・保乃華(ほのか)・光華(みか)など。「花」から比べると、少し中国を思い出すような名前になるかもしれませんね。どちらにしても、「華」という漢字を使用するだけで、可愛らしさが名前に現れます。

名前でよく使われる花の漢字とイメージ

お花と言われると、花束をイメージしたり、草原に咲いている一輪の華をイメージしたりします。それが名前で使われているとなると、名前に自然もイメージされて来ると思います。

よく使われる花関連の名前を紹介します

心桜(こころ)、咲花(えみか)、咲桜(さくら)などが女の子の名前で使われる名前になります。名前に「桜」が付き、それが咲いていくなんて、素敵な名前になりますね。

名前でよく使われる花関連の漢字

花、桜、咲、葵、この様な漢字が女の子の名前で使われる様です。どの漢字を取って見ても、やはり可愛い、春、これから飛躍していく、という様な前向きなイメージがありますよね。女の子のお子さんの名前がまだ決まっていないのでしたら、上記の様な漢字を使用する事も選択肢に入れてみたらいかがですか。

花の名前が付いた、イメージが古風な名前

名前に花が付いているとしても、なんだか京都の古風なイメージを思い出す様な名前もあります。名前も漢字の組み合わせで随分イメージが変わって来ます。名前にお花の様な可愛げのある物を考えたいけれど、トレンドではなく、古風な物を探している方には、下記の様な名前も考慮して見て下さい。

お花関連で、こんな名前もあります

桜子(さくらこ)、華夜(かよ)・心花(みか)・舞藤花(まどか)・璃乃(りの)など

上記の名前もごく一例ではあります。日本の文化も古代の物が評価される事もあります。テレビでも急に「大和撫子」が高評価を得ることがありますよね?ですので、あなたの女のお子さんに、日本の昔風の良さを元にして、上記の名前をつけて上げるのも、周りから高評価を得ると思います。名前一つで日本の文化の奥ゆかしさを表現出来るなんて、素晴らしいですね。

季節の花をイメージした名前

子供の名前を考える時、夏に産まれたから、夏の花をイメージした名前にしようかななんて、季節の花をイメージして名前をつけるのも素敵ですよね。名付けられたお子さんも「私はこの季節に産まれたからこういう名前が付いたんだ」と思い起こす事も出来ます。

季節の花を意識した名前に、どんな物があるのか、見ていきましょう。


  • 彩夢(あやめ)・花梨(かりん)・幸葉(ゆきは)・純玲(すみれ)など

  • 朝花(あさか)・環奈(かんな)・皐月(さつき)・月花(つきか)・葵衣羽(あいは)など

  • 藍美(あいみ)・穂香(ほのか)・桂花(けいか)・梨乃(りの)など

  • 奈南(なな)・雪乃(ゆきの)・珊瑚(さんご)・柑奈(かんな)など

上記で紹介しているのは、ほんの一例になります。こうして見ると、その季節のフルーツなども関連していますよね。花だけではなく、フルーツからもそのフルーツならではの新鮮さも伝わって来ると思います。そういった事も考えて名前をつけてみても、将来お子さんに喜ばれるのではないでしょうか。

珍しい花の名前と英語名が由来の名前

名前の中にお花が含まれていると、そのお花のイメージを頭の中で湧いて来ると思います。その中にも、聞いた事もない珍しい名前のお花もあります。

例えばですが、あなたは「無憂樹」というお花を知っていますか?仏教関連のお花ではあるのですが、オレンジ、赤、黄色のお花を咲かせてくれる、あまり聞いた事の無いお花になります。

この「無憂樹」というお花から、憂花(ゆうか)という名前もあります。
「紫蘭」というお花はもしかしたらご存知かも知れませんね。紫色のお花を咲かせてくれるお花になりますが、この「紫蘭」というお花から、麗蘭(れいら)という可愛らしい名前が誕生しています。

また、英語名が由来の名前もあります。

「くらら」という可愛らしい名前を聞いた事があると思います。この「くらら」というのも、英語名のお花、「シクラメン」から来ている名前ですし、何気に「かおる」という名前も、「カルセオラリア」という英語名のお花から来ています。

名前の由来は色々なんですね。

これから産まれて来る子供が女の子だと理解ったら、名前にお花の漢字を入れて見ようかな?など色んなアイディアが頭をよぎると思います。実際、名前の中にお花を入れるものもトレンドになる事もあると思います。上記で推薦できるものを紹介して来ました。参考にしてみて下さい。