別れ話のタイミングとは?曜日や時間帯を考慮しましょう

別れ話をするタイミングとして一番いいのは何曜日なのでしょうか?

告白よりも難しい別れ話だからこそ、慎重にタイミングや曜日を決めたいですよね。相手のことを思うのであれば、この曜日がおすすめです。

また、できるだけ別れ話をする前にはこのような事前の準備をしておきましょう。別れ話をするタイミングや別れ話をするときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

検索の方法。意外と知らない検索方法とそのコツについて

検索の方法って30パターン位あるのをご存知ですか?知りたいことを知るのに便利なインターネット...

リビングの照明はダウンライトだけで大丈夫なのか

家を建てようと思った時に、家の中のすべてを自分や家族の好みにすることが出来ますので、ワクワクしますよ...

桃の育て方とは?剪定の時期や道具方法などを紹介します

桃を元気に育てるときに必要となるのが剪定です。桃の剪定はどのように行えばいいのでしょうか?剪...

庭木の手入れに必要な初心者が揃えるべき道具リスト

庭木の手入れをするにはいろいろな道具が必要になります。しかし、庭木のお手入れ初心者にとっては、どんな...

エアコン暖房の設定温度は何度がベスト?快適に過ごす工夫も!

エアコンは冷房と暖房の2つの機能がありますが、暖房の設定温度は普段何度にしているでしょうか。環境...

メガネの調整は他店でもしてもらえる?料金や頻度について

メガネの調整を他店でしてもらう事はできるのでしょうか?買ったお店になかなか行けないときには、他店で調...

【アイロンのかけ方】ズボンの正しいアイロン掛けの手順と注意点

一人暮らしの男性が苦手な家事の一つにアイロン掛けがあります。自分でアイロンをかけるという時には、どの...

シリコンケースの黄ばみの原因と落とし方!買い替え前にチェック

シリコン製のスマホケースを使っていると、気になるのが黄ばみですよね。使っているうちに、徐々に黄ば...

コンセント増設に必要な資格とは?資格取得の種類や試験について

コンセントの増設は資格がないと行えません。「電気工事士」という資格が必要なのですが、電気工事士に...

トイレの壁紙の黄ばみの正体とは?黄ばみの掃除方法もご紹介

トイレの壁紙に黄ばみがありませんか?うっすらと見えるその黄ばみの正体を知ったら、トイレの用の足し方を...

専業主婦とニートの違いって?大きく定義が違います!

専業主婦への風当たりが強い世の中ですが、ニートと並べられるのは、ちょっと違うと思います。職に...

傘、壊れた?閉じれない傘に焦った時の対処法と修理方法

傘が壊れた?電車に乗ろうとして傘が閉じれないと、本当に焦りますよね?空いている電車内で傘を広...

警察の取り締まりから逃げると後でどうなるか理解しよう

警察のスピード違反の取り締まりで捕まっている車を見ると「自分も気をつけよう。」と改めて思いますが、逃...

窓の断熱効果を上げるDIYの二重窓を作る方法!冷気を防ぐ内窓

寒い季節になると窓からの冷気が気になったり、結露が気になります。窓際に行くとひんやりとした空気が漂い...

ナイロン素材は季節の変わり目に大活躍!洗濯や保管も簡単

ナイロン素材は季節の変わり目など長い期間着ることができるので便利です。ナイロン素材のウインドブレーカ...

スポンサーリンク

別れ話のタイミングは金曜日もしくは土曜日

彼女とは上手くいかない、嫌なことばかりが目につく、もう別れたいと思っているあなた。しかし、哀れに思いなかなか別れが切り出せない、できるだけ円満に別れたいという人も少なくないと思います。

告白となればそれなりのシュチュエーションやタイミングも必要ですが、それは別れ話も同様です。お互い仕事をしている立場にあれば、別れ話を切り出す曜日にも気を使うべきではないでしょうか。

別れ話を切り出すタイミングとして一番オススメな曜日

金曜日か土曜日です。実際、金曜日か土曜日に別れるカップルが世間では多いように思われます。

金曜日か土曜日に二人の関係に終止符を打ったとした場合、週末にゆっくりと失恋の傷を癒やすこともできるでしょう。泣き明かして目が腫れ上がっていたとしても、家の中に居れば誰にも見られる心配はありません。
万が一、別れが平日であった場合、腫れ上がった目で仕事に行くことはできないでしょう。気持ちの整理も付いてないため、仕事どころではないかもしれません。

ですから、別れ話をするのであれば、彼女を気遣い金曜日か土曜日に別れを告げるのが無難です。

別れ話のタイミングは金曜日 時間帯はできればお昼

別れ切り出したい。
しかし、どのタイミングでどの時間帯に切り出そうと悩んでいるあなた。

別れ話は昼間が最適

別れ話の時間帯をイメージする時、あなたは夜を想像してはいませんか。しんみりした雰囲気が夜には似合うからかもしれません。

仕事が終わった夜のほうが時間を作ることもでき、話し合いにはピッタリかもしれません。しかし、仕事帰りの夜ともなれば疲れがたまっており、冷静に話しができない傾向があります。また、暗い時間に話しをするとネガティブな感情になりやすく、暗い雰囲気が漂ってしまいがちです。そのため、感情的になり、まともに話ができず、別れ話がよりこじれてしまうこともあるでしょう。

一方、昼間であれば、太陽の光が冷静な思考状態を保ってくれ、すんなり別れられることもあるでしょう。暗い要素が軽くなるため、明るい方向に話しを進めることが可能になるのです。

万が一、傷ついても、昼のほうが仕事で人と接しなければならないため、気が紛れることもあります。ですから、別れ話が上手く進む確率も高くります。
夜に別れると、そのあと一人きりになった時に落ち込みやすく、思いつめてしまう事も在るため、時間帯はとても重要になります。

出来れば、週末前の金曜日のお昼に別れ話をすることはベストでしょう。しかし。金曜日の昼は仕事をしている人も多いため、なかなか都合がつかない事もあるとおもいます。
ならば、金曜日の夜に別れ話をすれば良いと考えがちですが、土曜日でも構いませんのでで出来れば昼に別れ話を切り出すことが賢明です。

別れ話をするときには曜日のタイミングとこうして切り出す事が大切

彼女との別れを決定し、金曜日の昼に別れ話をしようと決めたあなた。それが本当のベストタイミングでしょうか。

交際していたという事は、もともとは彼女のことが好きだった、一度でも好きになったことがあったという事に相違ありません。そんな気持ちに終止符を打とうとしたのには、何かしら訳があったはずです。別れるかどうか悩んだ時期もあったでしょう。しかし、悩んだ結果、あなたは別れると決意したのです。

今まで仲が良かったからこそ、前触れもなく突然別れを切り出されたら、彼女はびっくりしてしまうはずです。状況を上手く理解出来ずに狼狽してしまうことも在るでしょう。話し合いにさえならない可能性もあります。話せたとしても、別れ話がこじれてしまう可能性は否定できません。

別れ話をする前の準備

そのような事にならないためにも、除々に別れ話をする準備をしていくことが重要になります。連絡をとる回数を少しずつ減らしたり、デートを断ったり、分かりやすく態度で示していくことです。

彼女に気持ちが無くなってしまった事を、さり気なく示唆しましょう。彼女にも心の準備をさせておくべきです。別れ話をする際には、事前に大切な話があるということを彼女に伝え、それとなく匂わせておくことがポイントになります。

一方的に、電話やラインで別れ話をするのは誠実さに欠ける行動です。ですからお互い時間を作って、落ち着いて話せる場所で直接顔見て別れを告げましょう。しっかりと冷静に話し合うことが大切なのです。

別れ話のタイミングをズルズル伸ばすのはNG

大切な話しがあると、あなたが彼女を呼び出したとします。しかし、別れ話をしたら彼女が泣いてしまうのではないか、もしくは彼女と揉める可能性があるため、なかなか別れ話を切り出せないという人もいるかもしれません

だからといって、本音を伝えることが出来ず、別の話をダラダラとしてタイミングを図ろうとするのは、時間の無駄以外の何者でもありません。どんなタイミングで別れを伝えたとしても、彼女が動揺し悲しむ事には変わりないのです。会った段階で、一番はじめに別れ話をしてください。

別れ話には前置きは必要ない

ストレートにまっすぐ別れを伝えることです。それは、彼女にとって衝撃的なことになるでしょう。ですが、それが最も簡単で効率的な方法です。別れをストレートに伝えたあとは、決して謝ってはいけません。謝ったところで許されるものではないのです。状況は変わりません。あなたが別れ話をした時点で、彼女にとってあなたは悪者になるのです。

帰りは、一人で帰ってください。泣いている彼女を送り届けるなどという行為は以ての外です。一緒に歩いてはいけないのです。別れを告げた時点で、あなたと彼女は離別するべきです。徹底してください。

別れ話をするときには会って話すのが一番できないときには

別れ話をしたいけれど、会いたくもない、会うことさえ苦痛だという人もいるかも知れません。勿論別れ話をするのですから、会って話したい、そうするべきだというのが本意だと思いますが、それができない人もいるでしょう。そんな時は、電話やメール、LINEなどで別れを告げるという方法もあります。

事前にそれとなく別れ話を匂わせておくことは大切

LINEなどで別れ話を切り出す際には、簡潔に短く、そしてハッキリと別れる旨を伝えてください。言いたいことを端的にまとめ、導入部分の言葉として、別れたいということを素直に伝えることから入るべきでしょう。婉曲な表現はよくありません。距離を置くなどという表現では、実際に別れたいという気持ちは、相手には伝わりません。

その別れの理由が、彼女にあったとしても、それを相手に伝える必要はありません。相手を攻めるということは相手に不快な思いをさせてしまうだけです。もし、彼女に原因があっとしても、自分の感情に責任を持ち、このまま続けていくことは自分には難しく無理であるという事を書くべきです。そして、最後には、今まで付き合ってくれた事を感謝する言葉で締めましょう。

感謝されれば、相手は敵対心という感情を押さえることができるのです。別れる原因が相手にあったとしても、決して彼女を攻めてはいけません。責められると反論したくなるだけです。ですから、最後は感謝の気持ちで締めくくってください。

別れ話をするためには、事前にそれとなく別れを匂わせておかなければなりません。そのためにはかなり前からしっかりと準備が必要になります。準備が出来たら、曜日など、それに相応しいタイミングで別れを切り出すことです。一度は好きになった彼女だからこそ、できるだけ円満に別れたいと思うのが本音ではないでしょうか。
それが上手くいくかどうかは、あなた次第です。