髭の剃り残しをなくす剃り方!T字カミソリで剃る方法とポイント

髭を剃ったとき、うっかり髭を剃り残してしまうことがあります。剃り残しがあると、見た目もよくありません。剃り残しをなくす方法はないか、知りたい男性もいるのではないでしょうか。

ここでは、髭の剃り残しをなくす髭の剃り方についてお伝えします。今までの剃り方を見直して、正しい剃り方で髭を剃ってみましょう。

また、髭を剃るタイミングはいつがいいかや、NGな髭の剃り残しへの対処・T字カミソリの選び方についてもご紹介します。

こちらも併せて確認をして、髭の剃り残しを予防しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの朝食とは?時間をかけない朝ご飯の作り方

一人暮らしの朝食でご飯を食べるのはなかなかハードルが高いですよね。いつもパンを焼いている、ヨーグルト...

眼鏡を初めて作るときには眼科へ。眼鏡はあくまでも医療器具です

 眼鏡を初めて作るときには眼科を受診しましょう。 眼鏡の販売店でも、視力検査を行っていただけ...

銭湯に行った時はサウナとお風呂の順番を間違えないようにしよう

スーパー銭湯の流行もあり、サウナがあれば必ず入るという人も多いでしょう。しかし、入る時の正し...

本棚のDIYにすのこが便利!DIY初心者向けすのこ本棚の作り方

すのこはDIYに欠かせない道具のひとつです。手軽に材料が揃い、さまざまなものにリメイクすることができ...

免許返納後の再取得は可能?免許返納後の再取得やメリットを解説

年齢が高くなり、運転免許証を返納したほうが良いのではないかと考えている人もいるのではないでしょうか。...

駐車場をコンクリートにするには養生期間が必要!注意点や費用

駐車場をコンクリートにするためには養生期間というコンクリートが完全に固まるまでの期間が必要になります...

ナイロン素材は季節の変わり目に大活躍!洗濯や保管も簡単

ナイロン素材は季節の変わり目など長い期間着ることができるので便利です。ナイロン素材のウインドブレーカ...

リビングのエアコンサイズの判断基準!家の造りが重要ポイント

リビングにエアコンを取り付けようと考えた時、まずどのくらいのサイズが必要なのかを考えます。店...

革の手袋の手入れの手順と必要な物。長く使う為の手入れや使い方

革の手袋をお使いになっていて、汚れが気になってきたり雨や汗で濡れてしまったなどお手入れをしたいと思っ...

砂浜にいるカニの捕まえ方!逃げ足の速いスナガニの捕獲方法

砂浜にいる小さなカニの捕まえ方について知りたいという人もいますよね。砂浜にいるカニはスナガニという名...

桃の育て方とは?剪定の時期や道具方法などを紹介します

桃を元気に育てるときに必要となるのが剪定です。桃の剪定はどのように行えばいいのでしょうか?剪...

鉛筆をカッターを使う時の削り方のコツと最適な芯の長さとは

最近は鉛筆を使う機会も減っていると思いますが、美術のデッサンの場合は鉛筆を使うこともありますね。...

庭木の手入れに必要な初心者が揃えるべき道具リスト

庭木の手入れをするにはいろいろな道具が必要になります。しかし、庭木のお手入れ初心者にとっては、どんな...

田舎と都会の違いとは?生活や意識の違いを紹介します

田舎と都会の違いにはどんなものがあるのでしょうか?田舎は遊ぶところがない…都会はお金がかかる…とマイ...

値上げ告知用文書の書き方や注意点について解説【飲食店編】

物価や食材の値上げは一般家庭にとっても痛いものですが、飲食店となると客離れの可能性もあるため、文書を...

スポンサーリンク

髭の剃り残しをなくす髭の剃り方・まずは準備をしよう

髭の剃り残しを無くすためには髭剃りを行う前の準備をしっかりと行うことが重要なポイントとなるので、いきなり髭剃りを始めてしまうのではなく、まずは髭剃りの準備を整えることを意識しましょう。
それでは、髭を剃る前の準備方法についてお伝えしていきます。

髭剃りの前に洗顔から

顔についている汚れを落とすために洗顔をしましょう。
朝であったとしても、寝起きの顔には皮脂汚れや寝ているときについたホコリなどの汚れが顔についているのです。

顔に汚れがついている状態のまま髭剃りを行ってしまうと、汚れが邪魔をしてキレイに髭を剃ることが出来ませんし、顔やカミソリの刃を傷つけてしまう原因にもなります。

そのため、しっかりと顔についている汚れをとるために洗顔を行います。

しっかりと洗顔をしたら、次はホットタオルで顔を温める

ホットタオルを当てることによって、肌にも髭にも水分を与えることが出来ます。肌にも髭にも水分を与えることによって、肌も髭も柔らかな状態になります。
肌が水分を含んで柔らかな状態であれば、カミソリを使ったときに肌を傷つけてしまうことを減らすことが出来ますし、髭が水分を含んで柔らかな状態であれば、カミソリを使ったときにスッと剃りやすくなります。

髭に水分を含ませないまま髭剃りをしようとしてしまうと、固い髭をなかなか剃ることが出来ないために何回もカミソリを肌に当てることになってしまいます。
カミソリを何回も肌に当ててしまいますと、カミソリが与える肌へダメージが多くなってしまうのです。

実際の髭の剃り方・剃り残しをなくす剃り方の手順

髭剃りを行う前の準備をしっかりと行うことが出来たら、さっそく髭剃りを行っていきましょう。

髭を剃り残すことなく剃りあげたいと考えたときに、最初から髭の生えている方向とは反対の方から剃り始めてしまう人も少なくありませんが、実はこの剃り方は間違っています。

髭の生えている方向と同じ方向にカミソリを動かすこと

髭の生えている方向と同じ方向に動かすことによって、カミソリが肌に与えてしまうダメージを小さくすることが出来るのです。しかし、それだけでは、もちろん髭をキレイに剃りきることは出来ません。

髭が伸びていてチクチクする部分のみ、反対方向から剃り上げる

髭が生えている方向とは反対の方からカミソリを動かして髭を剃っていきましょう。
このように段階的に分けて髭剃りを行うことによって、髭剃りで肌に与えてしまうダメージを最小限にすることが出来るので、髭剃りで肌が荒れることなくキレイに剃り上げることが出来ます。

もしも、髭が生えている方向とは反対の方からカミソリを動かしても髭がキレイに剃りあげられないときには、肌を少し引っ張った状態でカミソリを動かしていくとキレイに剃り上げることが出来るので試してみましょう。

剃り残した髭を抜くことはNG

髭の剃り残しを発見したときには髭を抜いてしまうという男性もいますが、毎日剃り残した髭を抜くという方法はおすすめ出来ません。

髭は抜くことによって肌トラブルを招いてしまう可能性がある

肌トラブルを起こしてしまうと見た目にも影響してくることがありますし、肌トラブルを治すためには時間やお金がかかることもあります。

髭剃りを2段階に分けて行い、最後にポイント的に仕上げの剃り上げを行う

剃り残した髭を抜くという前に、ぜひ剃り残しを無くす方法を試してみてください。

髭を剃るタイミングはいつが良い?剃り残しをなくしたいなら「朝」剃ろう

朝の時間はいろいろと忙しいので、夜に髭剃りを済ませているという男性も多いのではないでしょうか。また、髭は気になったときに剃っているので、朝・昼・夜と関係なく剃っているという男性もいるでしょう。

髭の剃り残しを無くしたいのであれば、髭は「朝」に剃ったほうが良い

朝は、夜に寝て身体を休めてから身体が元気になったタイミング

そのため肌も元気であるので、カミソリを使ったとしても肌ダメージを受け難い時間帯なのです。また、髭は朝方に伸びるものであるので、夜に髭剃りを行ったとしても起きてみると髭が伸びてしまっていることもあります。

再度髭剃りを行うのは手間ですし、何度も肌にカミソリを当てるのは肌ダメージも与えてしまうのでおすすめ出来ません。

髭の剃り残しをなくすにはカミソリの選び方も大切

髭を剃るときには、カミソリを使う人もいれば電動の髭剃りを使う方法もあります。

髭剃りの方法

カミソリを使うと深剃りがしやすいので、とにかく剃り残しが無く剃り上げることが出来ます。

電動の髭剃り

力を入れることなく髭を剃ることが出来るので肌ダメージが少なく剃り上げることが出来るのが特徴です。

カミソリ

選ぶときには、カミソリの刃の枚数によってもその特徴は変わります。

枚数が少ないカミソリ

髭が少ない人や薄くて柔らかい人におすすめで、また刃の枚数が少ない分ヘッド部分が小さくなるので細かなところも思い通りにカミソリを当てられるところがおすすめです。

枚数が多いカミソリ

髭が多くて濃い人におすすめで、また刃の枚数が多い分、刃1枚1枚にかかる圧力が小さくなるため、肌へのダメージを軽減することが出来るところがおすすめです。