髭の剃り残しをなくす剃り方!T字カミソリで剃る方法とポイント

髭を剃ったとき、うっかり髭を剃り残してしまうことがあります。剃り残しがあると、見た目もよくありません。剃り残しをなくす方法はないか、知りたい男性もいるのではないでしょうか。

ここでは、髭の剃り残しをなくす髭の剃り方についてお伝えします。今までの剃り方を見直して、正しい剃り方で髭を剃ってみましょう。

また、髭を剃るタイミングはいつがいいかや、NGな髭の剃り残しへの対処・T字カミソリの選び方についてもご紹介します。

こちらも併せて確認をして、髭の剃り残しを予防しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓口で引き出しをするときは印鑑が必要?準備するものについて

窓口でお金を引き出しするときには印鑑もいるのでしょうか?普段、利用しているATMであればキャ...

木のまな板は削り直ししよう。セルフと業者に依頼した結果

食材を切る時に必要なまな板ですが、どんなタイプを使っていますか?最近はプラスチックのタイプも...

弁当箱をレンジで加熱したら蓋が開かない!開け方と開かない理由

弁当箱を電子レンジで温めたら、弁当箱の蓋が開かない!という経験をした事がある人もいますよね。せっかく...

免許返納後の再取得は可能?免許返納後の再取得やメリットを解説

年齢が高くなり、運転免許証を返納したほうが良いのではないかと考えている人もいるのではないでしょうか。...

住民票のコピーが無効となるのは?住民票について

住民票のコピーは無効なのでしょうか?写しとあるのはコピーでもよいということではありません。言...

マスクでメガネが曇るときの曇り止め方法!使える裏技を大公開

メガネをしている人の悩みといえば、マスクをしたときにメガネが曇ってしまうことではないでしょうか。何か...

エアコン暖房の設定温度は何度がベスト?快適に過ごす工夫も!

エアコンは冷房と暖房の2つの機能がありますが、暖房の設定温度は普段何度にしているでしょうか。環境...

専業主婦とニートの違いって?大きく定義が違います!

専業主婦への風当たりが強い世の中ですが、ニートと並べられるのは、ちょっと違うと思います。職に...

部屋で焼く焼肉。プレートの選び方と焼き肉の時の準備や対策

焼き肉が大好きという人は、家でも焼肉が食べたいと思いますね。家で焼肉をしようと思った時に気になるのが...

眼鏡を初めて作るときには眼科へ。眼鏡はあくまでも医療器具です

 眼鏡を初めて作るときには眼科を受診しましょう。 眼鏡の販売店でも、視力検査を行っていただけ...

駐車場の無断駐車はレッカー移動できる?無断駐車をさせない方法

駐車場に無断駐車をされてしまうと駐車場の持ち主の方はとても腹が立ちますよね。レッカー移動をさせて無断...

コンセント増設に必要な資格とは?資格取得の種類や試験について

コンセントの増設は資格がないと行えません。「電気工事士」という資格が必要なのですが、電気工事士に...

眼鏡の鼻あてが痛い!痛みを感じる原因と対処法について

 眼鏡の鼻あてが痛い原因を知れば、必ずこの不快感は解消されます。  視界を良くするための眼鏡...

【免許証の住所変更】住民票そのままで住所を変更する方法

免許証の住所変更は住民票を必ず移す必要があるのでしょうか?住民票そのままにしておきたい場合はどうした...

新聞紙に乗るゲーム。じゃんけんで負けるとこうなる。遊び方とは

新聞紙があれば簡単に出来て、盛り上がるじゃんけんゲームを知っていますか。用意するのは新聞紙だ...

スポンサーリンク

髭の剃り残しをなくす髭の剃り方・まずは準備をしよう

髭の剃り残しを無くすためには髭剃りを行う前の準備をしっかりと行うことが重要なポイントとなるので、いきなり髭剃りを始めてしまうのではなく、まずは髭剃りの準備を整えることを意識しましょう。
それでは、髭を剃る前の準備方法についてお伝えしていきます。

髭剃りの前に洗顔から

顔についている汚れを落とすために洗顔をしましょう。
朝であったとしても、寝起きの顔には皮脂汚れや寝ているときについたホコリなどの汚れが顔についているのです。

顔に汚れがついている状態のまま髭剃りを行ってしまうと、汚れが邪魔をしてキレイに髭を剃ることが出来ませんし、顔やカミソリの刃を傷つけてしまう原因にもなります。

そのため、しっかりと顔についている汚れをとるために洗顔を行います。

しっかりと洗顔をしたら、次はホットタオルで顔を温める

ホットタオルを当てることによって、肌にも髭にも水分を与えることが出来ます。肌にも髭にも水分を与えることによって、肌も髭も柔らかな状態になります。
肌が水分を含んで柔らかな状態であれば、カミソリを使ったときに肌を傷つけてしまうことを減らすことが出来ますし、髭が水分を含んで柔らかな状態であれば、カミソリを使ったときにスッと剃りやすくなります。

髭に水分を含ませないまま髭剃りをしようとしてしまうと、固い髭をなかなか剃ることが出来ないために何回もカミソリを肌に当てることになってしまいます。
カミソリを何回も肌に当ててしまいますと、カミソリが与える肌へダメージが多くなってしまうのです。

実際の髭の剃り方・剃り残しをなくす剃り方の手順

髭剃りを行う前の準備をしっかりと行うことが出来たら、さっそく髭剃りを行っていきましょう。

髭を剃り残すことなく剃りあげたいと考えたときに、最初から髭の生えている方向とは反対の方から剃り始めてしまう人も少なくありませんが、実はこの剃り方は間違っています。

髭の生えている方向と同じ方向にカミソリを動かすこと

髭の生えている方向と同じ方向に動かすことによって、カミソリが肌に与えてしまうダメージを小さくすることが出来るのです。しかし、それだけでは、もちろん髭をキレイに剃りきることは出来ません。

髭が伸びていてチクチクする部分のみ、反対方向から剃り上げる

髭が生えている方向とは反対の方からカミソリを動かして髭を剃っていきましょう。
このように段階的に分けて髭剃りを行うことによって、髭剃りで肌に与えてしまうダメージを最小限にすることが出来るので、髭剃りで肌が荒れることなくキレイに剃り上げることが出来ます。

もしも、髭が生えている方向とは反対の方からカミソリを動かしても髭がキレイに剃りあげられないときには、肌を少し引っ張った状態でカミソリを動かしていくとキレイに剃り上げることが出来るので試してみましょう。

剃り残した髭を抜くことはNG

髭の剃り残しを発見したときには髭を抜いてしまうという男性もいますが、毎日剃り残した髭を抜くという方法はおすすめ出来ません。

髭は抜くことによって肌トラブルを招いてしまう可能性がある

肌トラブルを起こしてしまうと見た目にも影響してくることがありますし、肌トラブルを治すためには時間やお金がかかることもあります。

髭剃りを2段階に分けて行い、最後にポイント的に仕上げの剃り上げを行う

剃り残した髭を抜くという前に、ぜひ剃り残しを無くす方法を試してみてください。

髭を剃るタイミングはいつが良い?剃り残しをなくしたいなら「朝」剃ろう

朝の時間はいろいろと忙しいので、夜に髭剃りを済ませているという男性も多いのではないでしょうか。また、髭は気になったときに剃っているので、朝・昼・夜と関係なく剃っているという男性もいるでしょう。

髭の剃り残しを無くしたいのであれば、髭は「朝」に剃ったほうが良い

朝は、夜に寝て身体を休めてから身体が元気になったタイミング

そのため肌も元気であるので、カミソリを使ったとしても肌ダメージを受け難い時間帯なのです。また、髭は朝方に伸びるものであるので、夜に髭剃りを行ったとしても起きてみると髭が伸びてしまっていることもあります。

再度髭剃りを行うのは手間ですし、何度も肌にカミソリを当てるのは肌ダメージも与えてしまうのでおすすめ出来ません。

髭の剃り残しをなくすにはカミソリの選び方も大切

髭を剃るときには、カミソリを使う人もいれば電動の髭剃りを使う方法もあります。

髭剃りの方法

カミソリを使うと深剃りがしやすいので、とにかく剃り残しが無く剃り上げることが出来ます。

電動の髭剃り

力を入れることなく髭を剃ることが出来るので肌ダメージが少なく剃り上げることが出来るのが特徴です。

カミソリ

選ぶときには、カミソリの刃の枚数によってもその特徴は変わります。

枚数が少ないカミソリ

髭が少ない人や薄くて柔らかい人におすすめで、また刃の枚数が少ない分ヘッド部分が小さくなるので細かなところも思い通りにカミソリを当てられるところがおすすめです。

枚数が多いカミソリ

髭が多くて濃い人におすすめで、また刃の枚数が多い分、刃1枚1枚にかかる圧力が小さくなるため、肌へのダメージを軽減することが出来るところがおすすめです。