髭の剃り残しをなくす剃り方!T字カミソリで剃る方法とポイント

髭を剃ったとき、うっかり髭を剃り残してしまうことがあります。剃り残しがあると、見た目もよくありません。剃り残しをなくす方法はないか、知りたい男性もいるのではないでしょうか。

ここでは、髭の剃り残しをなくす髭の剃り方についてお伝えします。今までの剃り方を見直して、正しい剃り方で髭を剃ってみましょう。

また、髭を剃るタイミングはいつがいいかや、NGな髭の剃り残しへの対処・T字カミソリの選び方についてもご紹介します。

こちらも併せて確認をして、髭の剃り残しを予防しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ペンの持ち方が悪いと痛い原因に?正しくペンを持ちましょう

ペンの持ち方にクセがあり、ペンだこが当たって痛い…、またとてつもなく力を入れてペンを握ってしまってい...

シリコンケースの黄ばみの原因と落とし方!買い替え前にチェック

シリコン製のスマホケースを使っていると、気になるのが黄ばみですよね。使っているうちに、徐々に黄ば...

自炊は、一人暮らしの男性でも簡単に出来ます

「自炊をしている一人暮らしの人」と聞くと、自立が出来ていて経済観念もしっかりしていそうに思えますよね...

車の両面テープ剥がしには何が使える?詳しく説明します!

車のダッシュボードや窓についた両面テープって簡単には剥がしにくいですよね。しかも素人が無理にやれば傷...

一人暮らしの味噌汁はインスタントでも美味しく食べる方法

一人暮らしの食事で心配なのが栄養のバランス。野菜がなかなか摂れていないという方も多いでしょう。...

畳の上にフローリングカーペットを敷くとダニのもと?ダニ対策

畳の部屋をリメイクしたいと考え、フローリングカーペットを敷いて部屋を洋風な印象に仕上げたいと考えてい...

田舎と都会の違いとは?生活や意識の違いを紹介します

田舎と都会の違いにはどんなものがあるのでしょうか?田舎は遊ぶところがない…都会はお金がかかる…とマイ...

ヘルメットの髪型対策に崩れるのを防ぐコツや元に戻す方法

ヘルメットを被った後の髪型対策にお困りな人は必見です。ヘルメットで髪型が崩れるのを防ぐには、...

窓の結露防止に効果的な100均グッズと日常生活で心がけること

冬になるとどうしても窓にできてしまう結露。結露が発生するたびに拭き掃除をしても、永遠に終わらないかも...

電車で変な人が隣に座ったときの対処法や迷惑行為を避ける対策

電車で変な人が隣に座ってきたときは、どう対処したらいいのか悩みますよね。例えば、嫌がらせや迷惑行...

一人暮らしでの入院!気になる郵便物や宅配便の受け取り方

入院が決まったら一人暮らしだと、入院準備の他にも各種手続きを自分で済ませなければいけません。...

一人暮らしは自炊で健康維持!食事の栄養バランスを考えた食生活

一人暮らしをしていると、食事を外食やコンビニのお弁当で済ませてしまうことも多くなります。健康的な食生...

木材の種類の見分け方!加工状態と色々な木材の特徴・用途を解説

世の中には色々な木材の種類があります。知識のない人は、木を見ただけで何の木なのか見分けることが難しい...

停電の原因がブレーカー以外の場合の対処法と注意点について

突然停電が起こった場合、まず原因として考えられるのはブレーカーですが、調べてみても落ちていない場合は...

左手小指の指輪の意味!未婚・既婚女性の指輪の意味を解説

左手小指に指輪をしている女性を見かけたら、その指輪には一体どんな意味があるのか知りたくなることもあり...

スポンサーリンク

髭の剃り残しをなくす髭の剃り方・まずは準備をしよう

髭の剃り残しを無くすためには髭剃りを行う前の準備をしっかりと行うことが重要なポイントとなるので、いきなり髭剃りを始めてしまうのではなく、まずは髭剃りの準備を整えることを意識しましょう。
それでは、髭を剃る前の準備方法についてお伝えしていきます。

髭剃りの前に洗顔から

顔についている汚れを落とすために洗顔をしましょう。
朝であったとしても、寝起きの顔には皮脂汚れや寝ているときについたホコリなどの汚れが顔についているのです。

顔に汚れがついている状態のまま髭剃りを行ってしまうと、汚れが邪魔をしてキレイに髭を剃ることが出来ませんし、顔やカミソリの刃を傷つけてしまう原因にもなります。

そのため、しっかりと顔についている汚れをとるために洗顔を行います。

しっかりと洗顔をしたら、次はホットタオルで顔を温める

ホットタオルを当てることによって、肌にも髭にも水分を与えることが出来ます。肌にも髭にも水分を与えることによって、肌も髭も柔らかな状態になります。
肌が水分を含んで柔らかな状態であれば、カミソリを使ったときに肌を傷つけてしまうことを減らすことが出来ますし、髭が水分を含んで柔らかな状態であれば、カミソリを使ったときにスッと剃りやすくなります。

髭に水分を含ませないまま髭剃りをしようとしてしまうと、固い髭をなかなか剃ることが出来ないために何回もカミソリを肌に当てることになってしまいます。
カミソリを何回も肌に当ててしまいますと、カミソリが与える肌へダメージが多くなってしまうのです。

実際の髭の剃り方・剃り残しをなくす剃り方の手順

髭剃りを行う前の準備をしっかりと行うことが出来たら、さっそく髭剃りを行っていきましょう。

髭を剃り残すことなく剃りあげたいと考えたときに、最初から髭の生えている方向とは反対の方から剃り始めてしまう人も少なくありませんが、実はこの剃り方は間違っています。

髭の生えている方向と同じ方向にカミソリを動かすこと

髭の生えている方向と同じ方向に動かすことによって、カミソリが肌に与えてしまうダメージを小さくすることが出来るのです。しかし、それだけでは、もちろん髭をキレイに剃りきることは出来ません。

髭が伸びていてチクチクする部分のみ、反対方向から剃り上げる

髭が生えている方向とは反対の方からカミソリを動かして髭を剃っていきましょう。
このように段階的に分けて髭剃りを行うことによって、髭剃りで肌に与えてしまうダメージを最小限にすることが出来るので、髭剃りで肌が荒れることなくキレイに剃り上げることが出来ます。

もしも、髭が生えている方向とは反対の方からカミソリを動かしても髭がキレイに剃りあげられないときには、肌を少し引っ張った状態でカミソリを動かしていくとキレイに剃り上げることが出来るので試してみましょう。

剃り残した髭を抜くことはNG

髭の剃り残しを発見したときには髭を抜いてしまうという男性もいますが、毎日剃り残した髭を抜くという方法はおすすめ出来ません。

髭は抜くことによって肌トラブルを招いてしまう可能性がある

肌トラブルを起こしてしまうと見た目にも影響してくることがありますし、肌トラブルを治すためには時間やお金がかかることもあります。

髭剃りを2段階に分けて行い、最後にポイント的に仕上げの剃り上げを行う

剃り残した髭を抜くという前に、ぜひ剃り残しを無くす方法を試してみてください。

髭を剃るタイミングはいつが良い?剃り残しをなくしたいなら「朝」剃ろう

朝の時間はいろいろと忙しいので、夜に髭剃りを済ませているという男性も多いのではないでしょうか。また、髭は気になったときに剃っているので、朝・昼・夜と関係なく剃っているという男性もいるでしょう。

髭の剃り残しを無くしたいのであれば、髭は「朝」に剃ったほうが良い

朝は、夜に寝て身体を休めてから身体が元気になったタイミング

そのため肌も元気であるので、カミソリを使ったとしても肌ダメージを受け難い時間帯なのです。また、髭は朝方に伸びるものであるので、夜に髭剃りを行ったとしても起きてみると髭が伸びてしまっていることもあります。

再度髭剃りを行うのは手間ですし、何度も肌にカミソリを当てるのは肌ダメージも与えてしまうのでおすすめ出来ません。

髭の剃り残しをなくすにはカミソリの選び方も大切

髭を剃るときには、カミソリを使う人もいれば電動の髭剃りを使う方法もあります。

髭剃りの方法

カミソリを使うと深剃りがしやすいので、とにかく剃り残しが無く剃り上げることが出来ます。

電動の髭剃り

力を入れることなく髭を剃ることが出来るので肌ダメージが少なく剃り上げることが出来るのが特徴です。

カミソリ

選ぶときには、カミソリの刃の枚数によってもその特徴は変わります。

枚数が少ないカミソリ

髭が少ない人や薄くて柔らかい人におすすめで、また刃の枚数が少ない分ヘッド部分が小さくなるので細かなところも思い通りにカミソリを当てられるところがおすすめです。

枚数が多いカミソリ

髭が多くて濃い人におすすめで、また刃の枚数が多い分、刃1枚1枚にかかる圧力が小さくなるため、肌へのダメージを軽減することが出来るところがおすすめです。