髭の剃り残しをなくす剃り方!T字カミソリで剃る方法とポイント

髭を剃ったとき、うっかり髭を剃り残してしまうことがあります。剃り残しがあると、見た目もよくありません。剃り残しをなくす方法はないか、知りたい男性もいるのではないでしょうか。

ここでは、髭の剃り残しをなくす髭の剃り方についてお伝えします。今までの剃り方を見直して、正しい剃り方で髭を剃ってみましょう。

また、髭を剃るタイミングはいつがいいかや、NGな髭の剃り残しへの対処・T字カミソリの選び方についてもご紹介します。

こちらも併せて確認をして、髭の剃り残しを予防しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機の設置を自分でするときの手順や注意点について紹介

洗濯機の設置は自分でもポイントをおさえておけば簡単に行うことができます。仕事が忙しくて設置のための日...

高校の卒業証明書はいつもらえる?卒業証明書の入手方法

高校の卒業証明書はいつから発行してもらえるのでしょうか?また、発行してもらうまでの日数や請求の方法と...

石油ストーブにやかんを乗せる場合は空焚き注意!自己責任です

石油ストーブのいいところは、部屋を早く温めることが出来る、価格や安いことなどが挙げられますね。...

傘、壊れた?閉じれない傘に焦った時の対処法と修理方法

傘が壊れた?電車に乗ろうとして傘が閉じれないと、本当に焦りますよね?空いている電車内で傘を広...

自炊は、一人暮らしの男性でも簡単に出来ます

「自炊をしている一人暮らしの人」と聞くと、自立が出来ていて経済観念もしっかりしていそうに思えますよね...

一人暮らしの朝食とは?時間をかけない朝ご飯の作り方

一人暮らしの朝食でご飯を食べるのはなかなかハードルが高いですよね。いつもパンを焼いている、ヨーグルト...

部屋で焼く焼肉。プレートの選び方と焼き肉の時の準備や対策

焼き肉が大好きという人は、家でも焼肉が食べたいと思いますね。家で焼肉をしようと思った時に気になるのが...

包丁の研ぎ方は簡単!はじめてでもできる手順やポイントを紹介

包丁の研ぎ方が簡単にできるようになれば、いつでも切れ味の良い包丁を保つことができます。包丁を研いだこ...

ポリカーボネートの屋根の掃除方法を理解して長持ちさせよう

カーポートの屋根などによく使われているポリカーボネートですが、気がつくとかなり汚れていることもありま...

タイの入国審査が厳しい理由と気をつけたいポイントとは

最近ではタイの入国審査が厳しいと言われていますが、それはどんな理由によって厳しくなっているのでしょう...

ユニットバスのコーキングをして隙間を修復!やり方と必要な物

ユニットバスと壁の隙間の部分にあるコーキングが長年の劣化でボロボロになってしまったり、黒いカビが生え...

車のガラスが簡単には割れないと言われる理由を詳しく解説します

車のガラスは簡単には割れないと言われていますが、中でもフロントガラスにはかなり強いガラスが使われてい...

左手小指の指輪の意味!未婚・既婚女性の指輪の意味を解説

左手小指に指輪をしている女性を見かけたら、その指輪には一体どんな意味があるのか知りたくなることもあり...

エアコン暖房の設定温度は何度がベスト?快適に過ごす工夫も!

エアコンは冷房と暖房の2つの機能がありますが、暖房の設定温度は普段何度にしているでしょうか。環境...

フローリングの補修【キズ対策】簡単にできる方法と守る工夫

フローリングの補修やキズについてお悩みの方は必見です。フローリングは木の暖かさや木目のオシャレな雰囲...

スポンサーリンク

髭の剃り残しをなくす髭の剃り方・まずは準備をしよう

髭の剃り残しを無くすためには髭剃りを行う前の準備をしっかりと行うことが重要なポイントとなるので、いきなり髭剃りを始めてしまうのではなく、まずは髭剃りの準備を整えることを意識しましょう。
それでは、髭を剃る前の準備方法についてお伝えしていきます。

髭剃りの前に洗顔から

顔についている汚れを落とすために洗顔をしましょう。
朝であったとしても、寝起きの顔には皮脂汚れや寝ているときについたホコリなどの汚れが顔についているのです。

顔に汚れがついている状態のまま髭剃りを行ってしまうと、汚れが邪魔をしてキレイに髭を剃ることが出来ませんし、顔やカミソリの刃を傷つけてしまう原因にもなります。

そのため、しっかりと顔についている汚れをとるために洗顔を行います。

しっかりと洗顔をしたら、次はホットタオルで顔を温める

ホットタオルを当てることによって、肌にも髭にも水分を与えることが出来ます。肌にも髭にも水分を与えることによって、肌も髭も柔らかな状態になります。
肌が水分を含んで柔らかな状態であれば、カミソリを使ったときに肌を傷つけてしまうことを減らすことが出来ますし、髭が水分を含んで柔らかな状態であれば、カミソリを使ったときにスッと剃りやすくなります。

髭に水分を含ませないまま髭剃りをしようとしてしまうと、固い髭をなかなか剃ることが出来ないために何回もカミソリを肌に当てることになってしまいます。
カミソリを何回も肌に当ててしまいますと、カミソリが与える肌へダメージが多くなってしまうのです。

実際の髭の剃り方・剃り残しをなくす剃り方の手順

髭剃りを行う前の準備をしっかりと行うことが出来たら、さっそく髭剃りを行っていきましょう。

髭を剃り残すことなく剃りあげたいと考えたときに、最初から髭の生えている方向とは反対の方から剃り始めてしまう人も少なくありませんが、実はこの剃り方は間違っています。

髭の生えている方向と同じ方向にカミソリを動かすこと

髭の生えている方向と同じ方向に動かすことによって、カミソリが肌に与えてしまうダメージを小さくすることが出来るのです。しかし、それだけでは、もちろん髭をキレイに剃りきることは出来ません。

髭が伸びていてチクチクする部分のみ、反対方向から剃り上げる

髭が生えている方向とは反対の方からカミソリを動かして髭を剃っていきましょう。
このように段階的に分けて髭剃りを行うことによって、髭剃りで肌に与えてしまうダメージを最小限にすることが出来るので、髭剃りで肌が荒れることなくキレイに剃り上げることが出来ます。

もしも、髭が生えている方向とは反対の方からカミソリを動かしても髭がキレイに剃りあげられないときには、肌を少し引っ張った状態でカミソリを動かしていくとキレイに剃り上げることが出来るので試してみましょう。

剃り残した髭を抜くことはNG

髭の剃り残しを発見したときには髭を抜いてしまうという男性もいますが、毎日剃り残した髭を抜くという方法はおすすめ出来ません。

髭は抜くことによって肌トラブルを招いてしまう可能性がある

肌トラブルを起こしてしまうと見た目にも影響してくることがありますし、肌トラブルを治すためには時間やお金がかかることもあります。

髭剃りを2段階に分けて行い、最後にポイント的に仕上げの剃り上げを行う

剃り残した髭を抜くという前に、ぜひ剃り残しを無くす方法を試してみてください。

髭を剃るタイミングはいつが良い?剃り残しをなくしたいなら「朝」剃ろう

朝の時間はいろいろと忙しいので、夜に髭剃りを済ませているという男性も多いのではないでしょうか。また、髭は気になったときに剃っているので、朝・昼・夜と関係なく剃っているという男性もいるでしょう。

髭の剃り残しを無くしたいのであれば、髭は「朝」に剃ったほうが良い

朝は、夜に寝て身体を休めてから身体が元気になったタイミング

そのため肌も元気であるので、カミソリを使ったとしても肌ダメージを受け難い時間帯なのです。また、髭は朝方に伸びるものであるので、夜に髭剃りを行ったとしても起きてみると髭が伸びてしまっていることもあります。

再度髭剃りを行うのは手間ですし、何度も肌にカミソリを当てるのは肌ダメージも与えてしまうのでおすすめ出来ません。

髭の剃り残しをなくすにはカミソリの選び方も大切

髭を剃るときには、カミソリを使う人もいれば電動の髭剃りを使う方法もあります。

髭剃りの方法

カミソリを使うと深剃りがしやすいので、とにかく剃り残しが無く剃り上げることが出来ます。

電動の髭剃り

力を入れることなく髭を剃ることが出来るので肌ダメージが少なく剃り上げることが出来るのが特徴です。

カミソリ

選ぶときには、カミソリの刃の枚数によってもその特徴は変わります。

枚数が少ないカミソリ

髭が少ない人や薄くて柔らかい人におすすめで、また刃の枚数が少ない分ヘッド部分が小さくなるので細かなところも思い通りにカミソリを当てられるところがおすすめです。

枚数が多いカミソリ

髭が多くて濃い人におすすめで、また刃の枚数が多い分、刃1枚1枚にかかる圧力が小さくなるため、肌へのダメージを軽減することが出来るところがおすすめです。