蛇口シャワーの掃除方法とは?定期的に洗いましょう

蛇口のシャワーの掃除はどのように行えばいのでしょうか?この蛇口シャワーの部分は驚くほど汚れているんです!?そしてやっかいな水垢。

シンクの汚れは目に見えやすいですが、蛇口のシャワー部分は下から見ることがないので汚れてしまいやすいとも言えそうです。

毎日、使う場所だからこそ気がつきにくいそんな蛇口のシャワーの掃除方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

万年筆を保管する時はペン先の向きに注意!万年筆を長く使うコツ

万年筆をずっと長く使い続けるためには、正しい保管が絶対条件。特に万年筆を置く時のペン先の向き...

一人暮らしの朝食とは?時間をかけない朝ご飯の作り方

一人暮らしの朝食でご飯を食べるのはなかなかハードルが高いですよね。いつもパンを焼いている、ヨーグルト...

男性の靴は何足必要?最低限揃えたい靴の数、理想とする靴の数

社会人男性はトータルで何足靴が必要なのでしょうか。職種にもよりますが、サラリーマンでスーツの着用...

値上げ告知用文書の書き方や注意点について解説【飲食店編】

物価や食材の値上げは一般家庭にとっても痛いものですが、飲食店となると客離れの可能性もあるため、文書を...

木のまな板は削り直ししよう。セルフと業者に依頼した結果

食材を切る時に必要なまな板ですが、どんなタイプを使っていますか?最近はプラスチックのタイプも...

本の保管をダンボールでしてはいけない訳と正しい保管方法

小説、単行本、雑誌など本好きの人ならいつの間にかたくさんの本に囲まれてしまっていませんか。本...

メガネとサングラスを兼用するいくつかの方法をご紹介

メガネをかけている方、サングラスはどうしていますか?サングラスをつける時はコンタクトを使用する?その...

米の保存場所・冷蔵庫以外で保存するときのポイントと注意点

「お米を冷蔵庫で保存すると良い」と聞いたことがある人もいますよね。ですが、冷蔵庫の中にたくさん食材が...

新聞紙に乗るゲーム。じゃんけんで負けるとこうなる。遊び方とは

新聞紙があれば簡単に出来て、盛り上がるじゃんけんゲームを知っていますか。用意するのは新聞紙だ...

メガネをかけた時のマスクの曇り止め対策!曇りを予防する方法

メガネをかけている方にとって、困ることの一つがマスクをした時のメガネの曇りです。特に冬場などには眼の...

雑草のトゲが刺さって痛い。トゲが刺さったり激痛がする物の正体

暖かくなってくると、庭の雑草がぐんぐんと伸びてしまい景観も悪くなってしまいますね。そこで雑草...

別れ話のタイミングとは?曜日や時間帯を考慮しましょう

別れ話をするタイミングとして一番いいのは何曜日なのでしょうか?告白よりも難しい別れ話だからこ...

カエルは縁起が良いといわれる理由!カエルで幸運に遭遇しよう

カエルと聞くと気持ち悪いと思ってしまう女性は多いのではないでしょうか。ある雨の日にカエルを遭遇し...

眼鏡を初めて作るときには眼科へ。眼鏡はあくまでも医療器具です

 眼鏡を初めて作るときには眼科を受診しましょう。 眼鏡の販売店でも、視力検査を行っていただけ...

メキシコ人女性が太い理由とは?日本人も好きな炭酸飲料問題

メキシコ人女性は顔のパーツが1つ1つ大きく美人揃いですが、太い女性が多いのもメキシコ人女性の特徴です...

スポンサーリンク

蛇口のシャワー部分は掃除をしないと大変な事に

キッチンや洗面所の蛇口やシャワーヘッドを裏返して見たことがありますか?
定期的に掃除をしている方は、綺麗な状態を保たれているかもしれませんが、一度も見たことがないという方がいたとしたら…。

今すぐ確認をしてみて下さい。

毎日手や口、食器を洗っている水が出る場所が、大変なことになっているかもしれませんよ。

掃除を一度もしたことがない蛇口のシャワー部分には、ピンク汚れや黒ずみ、カビ、皮脂汚れなど、汚れが沢山こびりついているはずです。
汚れた蛇口から出た水で、顔を洗ったり口をゆすいだりしていたと思うと、ゾッとしますよね。

一度この汚れに気がついた方は、今後一切同じようなことが起こらないように、清潔な蛇口を保ちましょう。

蛇口シャワーの掃除方法

蛇口のシャワー部分についた汚れは様々で、その汚れによって掃除方法も異なります。
これから、汚れに応じた掃除方法を紹介していきますので、掃除の参考にしていただければと思います。

シャワーヘッドの噴射口の汚れが軽い場合

歯ブラシに食器用洗剤を付けて、噴射口を優しく擦ります。
磨き終わったらしばらく水を流して、洗剤が残らないように流水ですすぎましょう。

シャワーヘッドの噴射口のカビを落とす方法

スプレータイプの台所用漂白剤を、噴射口に吹き付けましょう。
しばらく放置したら、歯ブラシなどで軽く擦ってから流水で洗い流します。
漂白剤が残らないように、しばらく水を流しておくと良いでしょう。

これで目に付きやすい、色がついた汚れは綺麗に落とすことができます。
口に入れたり、小さいお子さんが使うことも多い場所の蛇口ですので、できれば浴室用や強力なカビ取り剤は使用しないほうが念の為です。
台所用洗剤を主で使って、掃除後はしっかりすすぎ洗いをするようにしましょう。

蛇口シャワー水垢掃除はコレがおすすめ

次に、白い水垢汚れの掃除方法を紹介します。
水垢は水道水に含まれるカルキが固まって蓄積された汚れなので、洗剤をつけて擦ってもなかなか落とすことが出来ません。
シャワーの噴射口や、蛇口に付着しているザラザラした汚れは、白い蛇口では見つけにくいかもしれませんが、必ずと言っていいほど付着している汚れです。

定期的な掃除を繰り返すことで、頑固な水垢汚れも少しずつ綺麗に落ちていきますので、1度やって取れないからと諦めずに、何度も取り組んでみてください。
徐々に綺麗になっていくはずです。

クエン酸を使った水垢掃除

シャワーヘッドが取り外し可能、もしくはノズルが伸びるタイプの場合には、ボウルに水2リットルとクエン酸大さじ1杯を入れて、蛇口を1時間程度浸け置きします。
浸け置き後は歯ブラシで軽く擦って、すすげば掃除完了です。
浸け置きが出来ないタイプの蛇口は、キッチンペーパーをクエン酸水に浸して蛇口につけ、ラップを巻いて1時間放置します。

酢を使った水垢掃除

クエン酸が自宅にない場合には、酢で代用することもできます。
水300ミリリットルに対して酢100ミリリットルを混ぜ、クエン酸を使った掃除方法と同様に蛇口を浸け込みます。

こびりついた水垢は、1回の掃除ではなかなか落とせないことが多いです。
何度か繰り返し行ってみて下さい。

シャワーや蛇口はマメに掃除をして汚れをつきにくくしましょう

蛇口やシャワーヘッドに溜まった汚れは、汚れを溜め込んでしまうと掃除が大変です。
汚れを溜め込まず綺麗な蛇口を維持するためには、やはり定期的に掃除をするのが一番。毎日の家事にプラス一手間するだけで、大掃除いらずの蛇口やシャワーヘッドになりますので、ぜひ実践してみて下さい。

習慣にすると良い蛇口の掃除

水滴は拭き取る

蛇口やシンク、洗面台周りについた水滴は、こまめに拭き取るようにしましょう。
水滴を残さないだけで、水垢が溜まらなくなりますよ。
使い終わった洗顔タオルや手拭きタオルを使えば、洗濯物を増やすこともないので、家事の負担が増えることもありません。

蛇口の後ろ側も磨く

意外と汚れが溜まりやすく、目につきにくい場所が蛇口の後ろ側です。
ここに出来た汚れがどんどん繁殖して蛇口を汚すことにもなりますので、この部分もこまめに磨くようにすると良いでしょう。

定期的に掃除をする

軽い汚れであれば、強力な洗剤は必要ありません。
クエン酸スプレーや重曹スプレーを使って、定期的に拭き掃除をしましょう。
サッと拭き取るだけで汚れを落とすことが出来るので、常にきれいな蛇口をキープすることができます。

シャワーの中の掃除の掃除も忘れずに

シャワーのキャップにゴミや汚れが溜まると、目詰まりを起こして水の出が悪くなることがありますので、蛇口のキャップを取り外せるタイプの蛇口では、シャワー内の掃除も定期的に行うことをおすすめします。

整流キャップは、手でキャップを緩めて取り外すことができます。
ネジが付いている場合には、ネジを緩めてから取り外して下さい。

網目に詰まっているゴミを取り、歯ブラシで優しく擦ります。
水垢やカビなどが発生している場合には、先程紹介した掃除方法で、汚れを落とすようにしてくださいね。
目詰まりしている部分は、爪楊枝や裁縫針で穴を通します。
全体がきれいに掃除できたら、整流キャップをもとに戻して掃除は完了です。

この掃除は、年に1~2回の大掃除の際に行うのがおすすめです。
定期的に掃除することで、水の出が悪くなることもなく快適に使い続けられます。