質問の答えが違う人に対して会話を成立させるための対処法

質問とは答えが違う人と会話をしていると頭を悩ませることがあるでしょう。このような会話が成立しないタイプの人は、恐らくあなたの質問を理解していないのかもしれません。ただ、仕事においてきちんと答えを聞かないことには先に進めない場合もあるでしょう。

そこで、質問とは違う答えをする人について、聞かれたことを理解していないことや自己中心的なタイプ、聞いている質問とは違う答えが返ってくる人への対処法や必要な答えが得られない場合などお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、会話が成り立たない相手でも順を追って、繰り返し試すことでだんだんコミュニケーションも取れるようになることがわかります。ぜひ諦めずに試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

停電の原因がブレーカー以外の場合の対処法と注意点について

突然停電が起こった場合、まず原因として考えられるのはブレーカーですが、調べてみても落ちていない場合は...

ラップが電子レンジで溶ける事態に。対処法とラップの使い分け方

食品の乾燥を防ぐ、レンジで温める時などラップは毎日の生活に欠かせない物ですね。ですが、電子レ...

左手小指の指輪の意味!未婚・既婚女性の指輪の意味を解説

左手小指に指輪をしている女性を見かけたら、その指輪には一体どんな意味があるのか知りたくなることもあり...

素敵な誕生日の過ごし方。夫婦ならこう過ごす

誕生日の過ごし方にはさまざまなものがあります。友達を呼んでワイワイ騒いだり、家族が一堂に会してお...

受験の不安で毎日泣きそうなあなたへのアドバイス

高校や大学への進学を考えているのなら、避けて通れないのが受験です。学校や塾から「大丈夫」と太鼓判...

トイレの壁紙の黄ばみの正体とは?黄ばみの掃除方法もご紹介

トイレの壁紙に黄ばみがありませんか?うっすらと見えるその黄ばみの正体を知ったら、トイレの用の足し方を...

庭木の手入れに必要な初心者が揃えるべき道具リスト

庭木の手入れをするにはいろいろな道具が必要になります。しかし、庭木のお手入れ初心者にとっては、どんな...

【自炊男子】一人暮らしの自炊を長続きさせるための簡単なコツ

一人暮らしの食費を節約するためには、やはり自炊生活を始めることです。仕事が遅くなったときなどには、つ...

本の保管をダンボールでしてはいけない訳と正しい保管方法

小説、単行本、雑誌など本好きの人ならいつの間にかたくさんの本に囲まれてしまっていませんか。本...

厚生年金と国民年金の両方もらえる人とは?年金の受け取り方

厚生年金と国民年金の両方もらえるのはどのような人なのでしょうか?年金を支払っているときには気にならな...

メガネの調整は他店でもしてもらえる?料金や頻度について

メガネの調整を他店でしてもらう事はできるのでしょうか?買ったお店になかなか行けないときには、他店で調...

ナイロン素材は季節の変わり目に大活躍!洗濯や保管も簡単

ナイロン素材は季節の変わり目など長い期間着ることができるので便利です。ナイロン素材のウインドブレーカ...

台所の収納【調味料編】整理整頓のコツや簡単アイデアを紹介

台所を収納するときに調味料は種類によって形や大きさが違うので、どう収納したらスッキリして使いやすいの...

電車で距離が近い人の心理と寄りかかりの対処法とは

電車の中で距離の近い人が気になるときがありませんか?それほど混んでいるわけではないのに、すごく近くに...

髭の剃り残しをなくす剃り方!T字カミソリで剃る方法とポイント

髭を剃ったとき、うっかり髭を剃り残してしまうことがあります。剃り残しがあると、見た目もよくありません...

スポンサーリンク

質問への答えが違う人は聞かれたことを理解していない

仕事先でも学校でも、人と会話をする場面で質問をすると、質問した内容とは違う答えが返ってくることがあります。
そんなときには驚きやモヤモヤとした感情を抱くこともありますが、質問した内容とは違う答えをする人というのは意外と多くいます。
しかし、どうして質問した内容とは違う答えをしてしまうのでしょうか?

質問と答えが合わない理由

考えられるのは、相手があなたの質問を理解していないことです。
あなたの質問がきちんと聞き取れなかった可能性もありますし、あなたの話をきちんと聞いていない可能性もあります。
しかし、あなたから何かを質問されたということは分かっていて、聞き取れた単語や内容から質問内容を推測して返答をしているのです。
そのため、あなたの質問した内容とは違う答えが返ってきたことが考えられます。
聞き取れなかったときには「聞き取れなかったからもう一度言ってください」と言ってくれればもう一度質問することも出来ます。
しかし、そういった一言もなく質問に対して適当に返答をされてしまうと、質問をした自分はどうしたらいいのか悩む人も多いでしょう。

質問とは違う答えをする人は自己中心的なタイプ

質問とは違う答えをする人は、自己中心的なタイプであることがあります。
あなたの質問をしっかりと聞いていたとしても、質問の答えとは違う返答をする人もいるのです。
というのも、あなたの質問を自分の話したい内容へと勝手に変換をして返答している場合があります。
自分が話したいという気持ちが強すぎるためです。

質問の内容とは論点をずらして返答をしてくる人もいる

自分の考えに絶対の自信を持っているために、自分の考えを聞いて欲しいがために論点をずらしてまで自分の考えを話してくるのです。
しかし、当の本人は自覚していない場合が多いです。
こういった自己中心的なタイプを相手にする場合には、工夫が必要になります。

聞いている質問とは違う答えが返ってくる人への対処法

聞いている質問とは違う答えが返ってくる場合には、質問に工夫を加えましょう。
その工夫とは「YES」「NO」で答えられる質問をするのです。
例えば「あなたは動物が好きですか?」です。
この質問の答えは「好きです」か「好きではありません」です。
質問の答えがYESかNOの2パターンで答えられるような質問の仕方をすることによって、質問の意図から外れた答えを言わせないようにするのです。
「あなたは動物の何が好きですか?」なんて質問をしてしまえば、答えはたくさんあります。
きちんと質問の内容を理解した答えが出来る人にはしてもいいですが、質問の内容とは違う答えを返すような人であれば、このような答えがたくさんある質問をするのはおすすめできません。
なるべく2パターンで返答できるような質問をするように工夫しましょう。
そのため質問をするときには、質問をする人を見極める必要があります。
普段のコミュニケーションの中から周囲の人のことを知り、この人にはどんな質問をすれば答えが得られるかということを考えておく必要があります。

必要な答えが得られないときは再度質問すること

質問をして必要な答えが得られないときには、うやむやにする方法もあるでしょう。
そうすることによって相手と角を立てずに済みます。
相手の返答を適当に聞き流す方法もあります。しかし、仕事などの場面ではそうもいきません。
適当に聞き流していては、仕事を進めることが出来ません。

必要な答えが得られないときには再び質問しましょう

相手と角を立てないことを優先にしてうやむやに仕事をしていては、いつか必ず失敗する日がきます。
そのため、必要な情報を聞くことが出来るまで質問をしましょう。
再度質問をするのは二度手間なのでイライラする人もいるでしょう。
しかし、そういった感情を出さないようにしましょう。
イライラとした感情を出しながら質問をすると、相手から余計に必要な情報を聞けなくなってしまう可能性があります。
一呼吸置いて、落ち着いて再び質問をするようにしましょう。

繰り返すことでコミュニケーションも取れていく

質問をした内容と違う返答をする人の場合には、質問する内容を工夫する必要があります。
質問の答えを2パターン化したり、時には質問する内容を噛み砕いて1から質問をしなければいけないかもしれません。
しかし、そういったコミュニケーションを徐々にとっていくことによって、徐々に相手も慣れていき、質問をしてもしっかりとした返答が出来るようになることもあります。
あまり関わることのない人の場合には、深く関わらないという方法もあります。
しかし、仕事上関わらなければいけない人もいるでしょう。
そういった人の場合には、長い目で見る必要もあります。
質問をする相手に合わせて、必要な答えを聞き取ることが出来るようにあなたの質問の仕方を工夫していきましょう。