質問の答えが違う人に対して会話を成立させるための対処法

質問とは答えが違う人と会話をしていると頭を悩ませることがあるでしょう。このような会話が成立しないタイプの人は、恐らくあなたの質問を理解していないのかもしれません。ただ、仕事においてきちんと答えを聞かないことには先に進めない場合もあるでしょう。

そこで、質問とは違う答えをする人について、聞かれたことを理解していないことや自己中心的なタイプ、聞いている質問とは違う答えが返ってくる人への対処法や必要な答えが得られない場合などお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、会話が成り立たない相手でも順を追って、繰り返し試すことでだんだんコミュニケーションも取れるようになることがわかります。ぜひ諦めずに試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のガラスが簡単には割れないと言われる理由を詳しく解説します

車のガラスは簡単には割れないと言われていますが、中でもフロントガラスにはかなり強いガラスが使われてい...

眼鏡を初めて作るときには眼科へ。眼鏡はあくまでも医療器具です

 眼鏡を初めて作るときには眼科を受診しましょう。 眼鏡の販売店でも、視力検査を行っていただけ...

フローリングの補修【キズ対策】簡単にできる方法と守る工夫

フローリングの補修やキズについてお悩みの方は必見です。フローリングは木の暖かさや木目のオシャレな雰囲...

車の書類を上手に収納する方法!基本的な収納と便利収納アイデア

営業車を利用して仕事をしている人の中には、車の中にあふれかえる書類の収納方法について頭を抱えている人...

トイレの壁紙の黄ばみの正体とは?黄ばみの掃除方法もご紹介

トイレの壁紙に黄ばみがありませんか?うっすらと見えるその黄ばみの正体を知ったら、トイレの用の足し方を...

車の両面テープ剥がしには何が使える?詳しく説明します!

車のダッシュボードや窓についた両面テープって簡単には剥がしにくいですよね。しかも素人が無理にやれば傷...

ガソリンスタンドが閉店する理由とは?その実態を解説します

自分の住んでいる街の中を車で走っていると、ガソリンスタンドの数が減っていることに気づかされますよね。...

テレビの購入で注意する事とは?テレビの選び方を紹介

テレビを購入するときにはどのようなことに注意したらいいのでしょうか?決して安い買い物ではないテレビ、...

一人暮らしの味噌汁はインスタントでも美味しく食べる方法

一人暮らしの食事で心配なのが栄養のバランス。野菜がなかなか摂れていないという方も多いでしょう。...

リビングのエアコンサイズの判断基準!家の造りが重要ポイント

リビングにエアコンを取り付けようと考えた時、まずどのくらいのサイズが必要なのかを考えます。店...

コンビニで商品の入れ忘れをされないためにできる予防対策

コンビニで商品の入れ忘れをされた経験はありませんか?楽しみにしていたデザートなど食べようとしたら入っ...

ヘルメットの髪型対策に崩れるのを防ぐコツや元に戻す方法

ヘルメットを被った後の髪型対策にお困りな人は必見です。ヘルメットで髪型が崩れるのを防ぐには、...

似顔絵には描き方のコツがある。似ている似顔絵を描く方法

似顔絵を描いたみたいけれどあまり似ていない、何かが違うと感じることはありませんか?リアルなタ...

【免許証の住所変更】住民票そのままで住所を変更する方法

免許証の住所変更は住民票を必ず移す必要があるのでしょうか?住民票そのままにしておきたい場合はどうした...

左手中指に指輪をする女性の気持ちや指輪をつける意味を解説

あなたが片思いをしている女性が左手中指に指輪をしていたら「もしかして恋人がいるのではないか」と不安な...

スポンサーリンク

質問への答えが違う人は聞かれたことを理解していない

仕事先でも学校でも、人と会話をする場面で質問をすると、質問した内容とは違う答えが返ってくることがあります。
そんなときには驚きやモヤモヤとした感情を抱くこともありますが、質問した内容とは違う答えをする人というのは意外と多くいます。
しかし、どうして質問した内容とは違う答えをしてしまうのでしょうか?

質問と答えが合わない理由

考えられるのは、相手があなたの質問を理解していないことです。
あなたの質問がきちんと聞き取れなかった可能性もありますし、あなたの話をきちんと聞いていない可能性もあります。
しかし、あなたから何かを質問されたということは分かっていて、聞き取れた単語や内容から質問内容を推測して返答をしているのです。
そのため、あなたの質問した内容とは違う答えが返ってきたことが考えられます。
聞き取れなかったときには「聞き取れなかったからもう一度言ってください」と言ってくれればもう一度質問することも出来ます。
しかし、そういった一言もなく質問に対して適当に返答をされてしまうと、質問をした自分はどうしたらいいのか悩む人も多いでしょう。

質問とは違う答えをする人は自己中心的なタイプ

質問とは違う答えをする人は、自己中心的なタイプであることがあります。
あなたの質問をしっかりと聞いていたとしても、質問の答えとは違う返答をする人もいるのです。
というのも、あなたの質問を自分の話したい内容へと勝手に変換をして返答している場合があります。
自分が話したいという気持ちが強すぎるためです。

質問の内容とは論点をずらして返答をしてくる人もいる

自分の考えに絶対の自信を持っているために、自分の考えを聞いて欲しいがために論点をずらしてまで自分の考えを話してくるのです。
しかし、当の本人は自覚していない場合が多いです。
こういった自己中心的なタイプを相手にする場合には、工夫が必要になります。

聞いている質問とは違う答えが返ってくる人への対処法

聞いている質問とは違う答えが返ってくる場合には、質問に工夫を加えましょう。
その工夫とは「YES」「NO」で答えられる質問をするのです。
例えば「あなたは動物が好きですか?」です。
この質問の答えは「好きです」か「好きではありません」です。
質問の答えがYESかNOの2パターンで答えられるような質問の仕方をすることによって、質問の意図から外れた答えを言わせないようにするのです。
「あなたは動物の何が好きですか?」なんて質問をしてしまえば、答えはたくさんあります。
きちんと質問の内容を理解した答えが出来る人にはしてもいいですが、質問の内容とは違う答えを返すような人であれば、このような答えがたくさんある質問をするのはおすすめできません。
なるべく2パターンで返答できるような質問をするように工夫しましょう。
そのため質問をするときには、質問をする人を見極める必要があります。
普段のコミュニケーションの中から周囲の人のことを知り、この人にはどんな質問をすれば答えが得られるかということを考えておく必要があります。

必要な答えが得られないときは再度質問すること

質問をして必要な答えが得られないときには、うやむやにする方法もあるでしょう。
そうすることによって相手と角を立てずに済みます。
相手の返答を適当に聞き流す方法もあります。しかし、仕事などの場面ではそうもいきません。
適当に聞き流していては、仕事を進めることが出来ません。

必要な答えが得られないときには再び質問しましょう

相手と角を立てないことを優先にしてうやむやに仕事をしていては、いつか必ず失敗する日がきます。
そのため、必要な情報を聞くことが出来るまで質問をしましょう。
再度質問をするのは二度手間なのでイライラする人もいるでしょう。
しかし、そういった感情を出さないようにしましょう。
イライラとした感情を出しながら質問をすると、相手から余計に必要な情報を聞けなくなってしまう可能性があります。
一呼吸置いて、落ち着いて再び質問をするようにしましょう。

繰り返すことでコミュニケーションも取れていく

質問をした内容と違う返答をする人の場合には、質問する内容を工夫する必要があります。
質問の答えを2パターン化したり、時には質問する内容を噛み砕いて1から質問をしなければいけないかもしれません。
しかし、そういったコミュニケーションを徐々にとっていくことによって、徐々に相手も慣れていき、質問をしてもしっかりとした返答が出来るようになることもあります。
あまり関わることのない人の場合には、深く関わらないという方法もあります。
しかし、仕事上関わらなければいけない人もいるでしょう。
そういった人の場合には、長い目で見る必要もあります。
質問をする相手に合わせて、必要な答えを聞き取ることが出来るようにあなたの質問の仕方を工夫していきましょう。