質問の答えが違う人に対して会話を成立させるための対処法

質問とは答えが違う人と会話をしていると頭を悩ませることがあるでしょう。このような会話が成立しないタイプの人は、恐らくあなたの質問を理解していないのかもしれません。ただ、仕事においてきちんと答えを聞かないことには先に進めない場合もあるでしょう。

そこで、質問とは違う答えをする人について、聞かれたことを理解していないことや自己中心的なタイプ、聞いている質問とは違う答えが返ってくる人への対処法や必要な答えが得られない場合などお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、会話が成り立たない相手でも順を追って、繰り返し試すことでだんだんコミュニケーションも取れるようになることがわかります。ぜひ諦めずに試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

包丁の研ぎ方のコツ。研ぐ時の角度や砥石の準備にかかせない事

毎日使う包丁は使う度に切れ味がどんどん落ちていきます。包丁を研ぐことで切れ味は驚くほどよみがえります...

弁当箱をレンジで加熱したら蓋が開かない!開け方と開かない理由

弁当箱を電子レンジで温めたら、弁当箱の蓋が開かない!という経験をした事がある人もいますよね。せっかく...

駐車場をコンクリートにするには養生期間が必要!注意点や費用

駐車場をコンクリートにするためには養生期間というコンクリートが完全に固まるまでの期間が必要になります...

銭湯に行った時はサウナとお風呂の順番を間違えないようにしよう

スーパー銭湯の流行もあり、サウナがあれば必ず入るという人も多いでしょう。しかし、入る時の正し...

窓口で引き出しをするときは印鑑が必要?準備するものについて

窓口でお金を引き出しするときには印鑑もいるのでしょうか?普段、利用しているATMであればキャ...

窓の結露で部屋の湿度が下がる?結露の仕組みと湿度対策

窓に結露がつくと部屋の湿度は高くなっていると思いませんか?しかし実際はその逆!結露がついているのに、...

ポリカーボネートの屋根の掃除方法を理解して長持ちさせよう

カーポートの屋根などによく使われているポリカーボネートですが、気がつくとかなり汚れていることもありま...

米の保存場所・冷蔵庫以外で保存するときのポイントと注意点

「お米を冷蔵庫で保存すると良い」と聞いたことがある人もいますよね。ですが、冷蔵庫の中にたくさん食材が...

ミルクの温度の確かめ方!赤ちゃんのミルクを最適温度にする方法

いつもはママが赤ちゃんのミルクを作っていても、いざ自分が作るとなると温度の確かめ方がいまいちよくわか...

【アイロンのかけ方】ズボンの正しいアイロン掛けの手順と注意点

一人暮らしの男性が苦手な家事の一つにアイロン掛けがあります。自分でアイロンをかけるという時には、どの...

値上げ告知用文書の書き方や注意点について解説【飲食店編】

物価や食材の値上げは一般家庭にとっても痛いものですが、飲食店となると客離れの可能性もあるため、文書を...

水草についたコケは木酢液で退治!でもデメリットもあります

水槽の中の水草についてコケって厄介ですよね。アクアリストの天敵と言えるかもしれません。それを...

庭木の手入れに必要な初心者が揃えるべき道具リスト

庭木の手入れをするにはいろいろな道具が必要になります。しかし、庭木のお手入れ初心者にとっては、どんな...

ユニットバスのコーキングをして隙間を修復!やり方と必要な物

ユニットバスと壁の隙間の部分にあるコーキングが長年の劣化でボロボロになってしまったり、黒いカビが生え...

歌う時の声質を変えたい人が意識すべきポイントとは

カラオケで上手に歌うために、思い切って声質を変えたいと感じる人は多いようです。しかし、声質と...

スポンサーリンク

質問への答えが違う人は聞かれたことを理解していない

仕事先でも学校でも、人と会話をする場面で質問をすると、質問した内容とは違う答えが返ってくることがあります。
そんなときには驚きやモヤモヤとした感情を抱くこともありますが、質問した内容とは違う答えをする人というのは意外と多くいます。
しかし、どうして質問した内容とは違う答えをしてしまうのでしょうか?

質問と答えが合わない理由

考えられるのは、相手があなたの質問を理解していないことです。
あなたの質問がきちんと聞き取れなかった可能性もありますし、あなたの話をきちんと聞いていない可能性もあります。
しかし、あなたから何かを質問されたということは分かっていて、聞き取れた単語や内容から質問内容を推測して返答をしているのです。
そのため、あなたの質問した内容とは違う答えが返ってきたことが考えられます。
聞き取れなかったときには「聞き取れなかったからもう一度言ってください」と言ってくれればもう一度質問することも出来ます。
しかし、そういった一言もなく質問に対して適当に返答をされてしまうと、質問をした自分はどうしたらいいのか悩む人も多いでしょう。

質問とは違う答えをする人は自己中心的なタイプ

質問とは違う答えをする人は、自己中心的なタイプであることがあります。
あなたの質問をしっかりと聞いていたとしても、質問の答えとは違う返答をする人もいるのです。
というのも、あなたの質問を自分の話したい内容へと勝手に変換をして返答している場合があります。
自分が話したいという気持ちが強すぎるためです。

質問の内容とは論点をずらして返答をしてくる人もいる

自分の考えに絶対の自信を持っているために、自分の考えを聞いて欲しいがために論点をずらしてまで自分の考えを話してくるのです。
しかし、当の本人は自覚していない場合が多いです。
こういった自己中心的なタイプを相手にする場合には、工夫が必要になります。

聞いている質問とは違う答えが返ってくる人への対処法

聞いている質問とは違う答えが返ってくる場合には、質問に工夫を加えましょう。
その工夫とは「YES」「NO」で答えられる質問をするのです。
例えば「あなたは動物が好きですか?」です。
この質問の答えは「好きです」か「好きではありません」です。
質問の答えがYESかNOの2パターンで答えられるような質問の仕方をすることによって、質問の意図から外れた答えを言わせないようにするのです。
「あなたは動物の何が好きですか?」なんて質問をしてしまえば、答えはたくさんあります。
きちんと質問の内容を理解した答えが出来る人にはしてもいいですが、質問の内容とは違う答えを返すような人であれば、このような答えがたくさんある質問をするのはおすすめできません。
なるべく2パターンで返答できるような質問をするように工夫しましょう。
そのため質問をするときには、質問をする人を見極める必要があります。
普段のコミュニケーションの中から周囲の人のことを知り、この人にはどんな質問をすれば答えが得られるかということを考えておく必要があります。

必要な答えが得られないときは再度質問すること

質問をして必要な答えが得られないときには、うやむやにする方法もあるでしょう。
そうすることによって相手と角を立てずに済みます。
相手の返答を適当に聞き流す方法もあります。しかし、仕事などの場面ではそうもいきません。
適当に聞き流していては、仕事を進めることが出来ません。

必要な答えが得られないときには再び質問しましょう

相手と角を立てないことを優先にしてうやむやに仕事をしていては、いつか必ず失敗する日がきます。
そのため、必要な情報を聞くことが出来るまで質問をしましょう。
再度質問をするのは二度手間なのでイライラする人もいるでしょう。
しかし、そういった感情を出さないようにしましょう。
イライラとした感情を出しながら質問をすると、相手から余計に必要な情報を聞けなくなってしまう可能性があります。
一呼吸置いて、落ち着いて再び質問をするようにしましょう。

繰り返すことでコミュニケーションも取れていく

質問をした内容と違う返答をする人の場合には、質問する内容を工夫する必要があります。
質問の答えを2パターン化したり、時には質問する内容を噛み砕いて1から質問をしなければいけないかもしれません。
しかし、そういったコミュニケーションを徐々にとっていくことによって、徐々に相手も慣れていき、質問をしてもしっかりとした返答が出来るようになることもあります。
あまり関わることのない人の場合には、深く関わらないという方法もあります。
しかし、仕事上関わらなければいけない人もいるでしょう。
そういった人の場合には、長い目で見る必要もあります。
質問をする相手に合わせて、必要な答えを聞き取ることが出来るようにあなたの質問の仕方を工夫していきましょう。