質問の答えが違う人に対して会話を成立させるための対処法

質問とは答えが違う人と会話をしていると頭を悩ませることがあるでしょう。このような会話が成立しないタイプの人は、恐らくあなたの質問を理解していないのかもしれません。ただ、仕事においてきちんと答えを聞かないことには先に進めない場合もあるでしょう。

そこで、質問とは違う答えをする人について、聞かれたことを理解していないことや自己中心的なタイプ、聞いている質問とは違う答えが返ってくる人への対処法や必要な答えが得られない場合などお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、会話が成り立たない相手でも順を追って、繰り返し試すことでだんだんコミュニケーションも取れるようになることがわかります。ぜひ諦めずに試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

リビングの照明はダウンライトだけで大丈夫なのか

家を建てようと思った時に、家の中のすべてを自分や家族の好みにすることが出来ますので、ワクワクしますよ...

停電の原因がブレーカー以外の場合の対処法と注意点について

突然停電が起こった場合、まず原因として考えられるのはブレーカーですが、調べてみても落ちていない場合は...

新聞紙に乗るゲーム。じゃんけんで負けるとこうなる。遊び方とは

新聞紙があれば簡単に出来て、盛り上がるじゃんけんゲームを知っていますか。用意するのは新聞紙だ...

一人暮らしは自炊で健康維持!食事の栄養バランスを考えた食生活

一人暮らしをしていると、食事を外食やコンビニのお弁当で済ませてしまうことも多くなります。健康的な食生...

窓の結露で部屋の湿度が下がる?結露の仕組みと湿度対策

窓に結露がつくと部屋の湿度は高くなっていると思いませんか?しかし実際はその逆!結露がついているのに、...

白点病治療のために鷹の爪を使用する期間と注意点について解説

金魚などがなりやすい病気の一つである「白点病」。その代表的な治療方法は塩浴ですが、鷹の爪を使った治療...

ヘルメットの髪型対策に崩れるのを防ぐコツや元に戻す方法

ヘルメットを被った後の髪型対策にお困りな人は必見です。ヘルメットで髪型が崩れるのを防ぐには、...

男性が眉毛を書く時に失敗しないためにやるべきこととは

男性が眉毛を書くことは今では身だしなみの一つとなっていますが、いざ自分がやろうと思ってもどんな道具が...

水槽のソイルの掃除頻度や掃除タイミング!こまめな水換えが大切

水草水槽に欠かせない底床といえばソイルですが、とにかく掃除がしにくいのが難点でもあります。一見汚...

ガソリンスタンドが閉店する理由とは?その実態を解説します

自分の住んでいる街の中を車で走っていると、ガソリンスタンドの数が減っていることに気づかされますよね。...

コンビニで商品の入れ忘れをされないためにできる予防対策

コンビニで商品の入れ忘れをされた経験はありませんか?楽しみにしていたデザートなど食べようとしたら入っ...

左手中指に指輪をする女性の気持ちや指輪をつける意味を解説

あなたが片思いをしている女性が左手中指に指輪をしていたら「もしかして恋人がいるのではないか」と不安な...

一人暮らしの食事・外食でコスパを良くする食事のコツを解説

一人暮らしをしていると、なかなか自炊をする時間がなくて毎日の食事を外食で済ませている人もいるのではな...

テレビの購入で注意する事とは?テレビの選び方を紹介

テレビを購入するときにはどのようなことに注意したらいいのでしょうか?決して安い買い物ではないテレビ、...

砂浜にいるカニの捕まえ方とは?この方法でカニを捕まえちゃおう

砂浜のカニの捕まえるのは難しい?砂浜にいるカニの捕まえ方のコツやポイントとは?道具がなくても...

スポンサーリンク

質問への答えが違う人は聞かれたことを理解していない

仕事先でも学校でも、人と会話をする場面で質問をすると、質問した内容とは違う答えが返ってくることがあります。
そんなときには驚きやモヤモヤとした感情を抱くこともありますが、質問した内容とは違う答えをする人というのは意外と多くいます。
しかし、どうして質問した内容とは違う答えをしてしまうのでしょうか?

質問と答えが合わない理由

考えられるのは、相手があなたの質問を理解していないことです。
あなたの質問がきちんと聞き取れなかった可能性もありますし、あなたの話をきちんと聞いていない可能性もあります。
しかし、あなたから何かを質問されたということは分かっていて、聞き取れた単語や内容から質問内容を推測して返答をしているのです。
そのため、あなたの質問した内容とは違う答えが返ってきたことが考えられます。
聞き取れなかったときには「聞き取れなかったからもう一度言ってください」と言ってくれればもう一度質問することも出来ます。
しかし、そういった一言もなく質問に対して適当に返答をされてしまうと、質問をした自分はどうしたらいいのか悩む人も多いでしょう。

質問とは違う答えをする人は自己中心的なタイプ

質問とは違う答えをする人は、自己中心的なタイプであることがあります。
あなたの質問をしっかりと聞いていたとしても、質問の答えとは違う返答をする人もいるのです。
というのも、あなたの質問を自分の話したい内容へと勝手に変換をして返答している場合があります。
自分が話したいという気持ちが強すぎるためです。

質問の内容とは論点をずらして返答をしてくる人もいる

自分の考えに絶対の自信を持っているために、自分の考えを聞いて欲しいがために論点をずらしてまで自分の考えを話してくるのです。
しかし、当の本人は自覚していない場合が多いです。
こういった自己中心的なタイプを相手にする場合には、工夫が必要になります。

聞いている質問とは違う答えが返ってくる人への対処法

聞いている質問とは違う答えが返ってくる場合には、質問に工夫を加えましょう。
その工夫とは「YES」「NO」で答えられる質問をするのです。
例えば「あなたは動物が好きですか?」です。
この質問の答えは「好きです」か「好きではありません」です。
質問の答えがYESかNOの2パターンで答えられるような質問の仕方をすることによって、質問の意図から外れた答えを言わせないようにするのです。
「あなたは動物の何が好きですか?」なんて質問をしてしまえば、答えはたくさんあります。
きちんと質問の内容を理解した答えが出来る人にはしてもいいですが、質問の内容とは違う答えを返すような人であれば、このような答えがたくさんある質問をするのはおすすめできません。
なるべく2パターンで返答できるような質問をするように工夫しましょう。
そのため質問をするときには、質問をする人を見極める必要があります。
普段のコミュニケーションの中から周囲の人のことを知り、この人にはどんな質問をすれば答えが得られるかということを考えておく必要があります。

必要な答えが得られないときは再度質問すること

質問をして必要な答えが得られないときには、うやむやにする方法もあるでしょう。
そうすることによって相手と角を立てずに済みます。
相手の返答を適当に聞き流す方法もあります。しかし、仕事などの場面ではそうもいきません。
適当に聞き流していては、仕事を進めることが出来ません。

必要な答えが得られないときには再び質問しましょう

相手と角を立てないことを優先にしてうやむやに仕事をしていては、いつか必ず失敗する日がきます。
そのため、必要な情報を聞くことが出来るまで質問をしましょう。
再度質問をするのは二度手間なのでイライラする人もいるでしょう。
しかし、そういった感情を出さないようにしましょう。
イライラとした感情を出しながら質問をすると、相手から余計に必要な情報を聞けなくなってしまう可能性があります。
一呼吸置いて、落ち着いて再び質問をするようにしましょう。

繰り返すことでコミュニケーションも取れていく

質問をした内容と違う返答をする人の場合には、質問する内容を工夫する必要があります。
質問の答えを2パターン化したり、時には質問する内容を噛み砕いて1から質問をしなければいけないかもしれません。
しかし、そういったコミュニケーションを徐々にとっていくことによって、徐々に相手も慣れていき、質問をしてもしっかりとした返答が出来るようになることもあります。
あまり関わることのない人の場合には、深く関わらないという方法もあります。
しかし、仕事上関わらなければいけない人もいるでしょう。
そういった人の場合には、長い目で見る必要もあります。
質問をする相手に合わせて、必要な答えを聞き取ることが出来るようにあなたの質問の仕方を工夫していきましょう。