質問の答えが違う人に対して会話を成立させるための対処法

質問とは答えが違う人と会話をしていると頭を悩ませることがあるでしょう。このような会話が成立しないタイプの人は、恐らくあなたの質問を理解していないのかもしれません。ただ、仕事においてきちんと答えを聞かないことには先に進めない場合もあるでしょう。

そこで、質問とは違う答えをする人について、聞かれたことを理解していないことや自己中心的なタイプ、聞いている質問とは違う答えが返ってくる人への対処法や必要な答えが得られない場合などお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、会話が成り立たない相手でも順を追って、繰り返し試すことでだんだんコミュニケーションも取れるようになることがわかります。ぜひ諦めずに試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浄水器のカートリッジは交換しないとダメ?交換時期について

浄水器のカートリッジを交換しないとどうなる?交換時期の目安とは?シンクの下に設置している浄水器の場合...

革財布のクリーニング方法!長く愛用して味のある革財布にしよう

革製品のお財布を使用している人の中には、財布の黒ずみ汚れが気になっている人もいますよね。汚れを綺麗に...

革靴のヒビ割れを自分で直す方法!履き慣れた靴の直し方

履き慣れたお気に入りの革靴は履く頻度も高くなり、履いているうちにヒビ割れが起こってしまう場合もありま...

車の割り込み事故による過失割合と事故を未然に防ぐ方法

車の割り込み事故は多く、車間距離がちょっとでもあると強引に割り込んできて接触してしまうということがあ...

一人暮らしのダンボール処理方法とは?捨て方を紹介します

一人暮らしの引っ越しで使ったダンボールの処理はどのように行えばいいのでしょうか?ダンボール処理に...

電車で弁当を食べるのはマナー違反?電車内での飲食の是非を問う

電車の中で弁当を食べている人もいますが、その行為がマナー違反になるのでは?という声も聞かれます。...

ポリカーボネートの屋根の掃除方法を理解して長持ちさせよう

カーポートの屋根などによく使われているポリカーボネートですが、気がつくとかなり汚れていることもありま...

自炊は、一人暮らしの男性でも簡単に出来ます

「自炊をしている一人暮らしの人」と聞くと、自立が出来ていて経済観念もしっかりしていそうに思えますよね...

台風の速度が変わるのはナゼ?台風の速度が変化する理由とは

台風の速度がいつも変わる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?できれば、来ないでほしい、...

一人暮らしの味噌汁はインスタントでも美味しく食べる方法

一人暮らしの食事で心配なのが栄養のバランス。野菜がなかなか摂れていないという方も多いでしょう。...

彼氏が嫉妬深いことに疲れると感じた女性のための対処法

彼氏から嫉妬されるのは女性としては嬉しいことですが、嫉妬深いとなると疲れると感じてしまうこともあるで...

一人暮らしで使うタンスの大きさについて。

 一人暮らしを始めるにあたって、いろいろなものを用意する必要がありますよね。 その中でも、部屋の...

【標本の作り方】夏休みに採ったカブトムシを思い出として残そう

子供と一緒に昆虫採集に出かけてゲットしたカブトムシ。大切な夏休みの思い出として標本にしておきたいです...

一人暮らしの朝食とは?時間をかけない朝ご飯の作り方

一人暮らしの朝食でご飯を食べるのはなかなかハードルが高いですよね。いつもパンを焼いている、ヨーグルト...

一人暮らしのご飯は冷凍保存が便利!保存の方法を紹介します

一人暮らしに欠かせないのがご飯、白米ですよね。しかし、毎日ご飯を炊くのは大変です。そんなときに役立つ...

スポンサーリンク

質問への答えが違う人は聞かれたことを理解していない

仕事先でも学校でも、人と会話をする場面で質問をすると、質問した内容とは違う答えが返ってくることがあります。
そんなときには驚きやモヤモヤとした感情を抱くこともありますが、質問した内容とは違う答えをする人というのは意外と多くいます。
しかし、どうして質問した内容とは違う答えをしてしまうのでしょうか?

質問と答えが合わない理由

考えられるのは、相手があなたの質問を理解していないことです。
あなたの質問がきちんと聞き取れなかった可能性もありますし、あなたの話をきちんと聞いていない可能性もあります。
しかし、あなたから何かを質問されたということは分かっていて、聞き取れた単語や内容から質問内容を推測して返答をしているのです。
そのため、あなたの質問した内容とは違う答えが返ってきたことが考えられます。
聞き取れなかったときには「聞き取れなかったからもう一度言ってください」と言ってくれればもう一度質問することも出来ます。
しかし、そういった一言もなく質問に対して適当に返答をされてしまうと、質問をした自分はどうしたらいいのか悩む人も多いでしょう。

質問とは違う答えをする人は自己中心的なタイプ

質問とは違う答えをする人は、自己中心的なタイプであることがあります。
あなたの質問をしっかりと聞いていたとしても、質問の答えとは違う返答をする人もいるのです。
というのも、あなたの質問を自分の話したい内容へと勝手に変換をして返答している場合があります。
自分が話したいという気持ちが強すぎるためです。

質問の内容とは論点をずらして返答をしてくる人もいる

自分の考えに絶対の自信を持っているために、自分の考えを聞いて欲しいがために論点をずらしてまで自分の考えを話してくるのです。
しかし、当の本人は自覚していない場合が多いです。
こういった自己中心的なタイプを相手にする場合には、工夫が必要になります。

聞いている質問とは違う答えが返ってくる人への対処法

聞いている質問とは違う答えが返ってくる場合には、質問に工夫を加えましょう。
その工夫とは「YES」「NO」で答えられる質問をするのです。
例えば「あなたは動物が好きですか?」です。
この質問の答えは「好きです」か「好きではありません」です。
質問の答えがYESかNOの2パターンで答えられるような質問の仕方をすることによって、質問の意図から外れた答えを言わせないようにするのです。
「あなたは動物の何が好きですか?」なんて質問をしてしまえば、答えはたくさんあります。
きちんと質問の内容を理解した答えが出来る人にはしてもいいですが、質問の内容とは違う答えを返すような人であれば、このような答えがたくさんある質問をするのはおすすめできません。
なるべく2パターンで返答できるような質問をするように工夫しましょう。
そのため質問をするときには、質問をする人を見極める必要があります。
普段のコミュニケーションの中から周囲の人のことを知り、この人にはどんな質問をすれば答えが得られるかということを考えておく必要があります。

必要な答えが得られないときは再度質問すること

質問をして必要な答えが得られないときには、うやむやにする方法もあるでしょう。
そうすることによって相手と角を立てずに済みます。
相手の返答を適当に聞き流す方法もあります。しかし、仕事などの場面ではそうもいきません。
適当に聞き流していては、仕事を進めることが出来ません。

必要な答えが得られないときには再び質問しましょう

相手と角を立てないことを優先にしてうやむやに仕事をしていては、いつか必ず失敗する日がきます。
そのため、必要な情報を聞くことが出来るまで質問をしましょう。
再度質問をするのは二度手間なのでイライラする人もいるでしょう。
しかし、そういった感情を出さないようにしましょう。
イライラとした感情を出しながら質問をすると、相手から余計に必要な情報を聞けなくなってしまう可能性があります。
一呼吸置いて、落ち着いて再び質問をするようにしましょう。

繰り返すことでコミュニケーションも取れていく

質問をした内容と違う返答をする人の場合には、質問する内容を工夫する必要があります。
質問の答えを2パターン化したり、時には質問する内容を噛み砕いて1から質問をしなければいけないかもしれません。
しかし、そういったコミュニケーションを徐々にとっていくことによって、徐々に相手も慣れていき、質問をしてもしっかりとした返答が出来るようになることもあります。
あまり関わることのない人の場合には、深く関わらないという方法もあります。
しかし、仕事上関わらなければいけない人もいるでしょう。
そういった人の場合には、長い目で見る必要もあります。
質問をする相手に合わせて、必要な答えを聞き取ることが出来るようにあなたの質問の仕方を工夫していきましょう。