ヘルメットの髪型対策に崩れるのを防ぐコツや元に戻す方法

ヘルメットを被った後の髪型対策にお困りな人は必見です。

ヘルメットで髪型が崩れるのを防ぐには、ヘルメットで髪型が崩れないようにするポイントをしっかり抑えましょう。

セットの仕方はもちろん、髪型にも気をつけたいですね。髪型崩れを防止するアイテムも活用するのもいいですね。

そこで、ヘルメットの髪型対策に崩れるのを防ぐコツや元に戻す方法についてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

雑草のトゲが刺さって痛い。トゲが刺さったり激痛がする物の正体

暖かくなってくると、庭の雑草がぐんぐんと伸びてしまい景観も悪くなってしまいますね。そこで雑草...

部屋で焼く焼肉。プレートの選び方と焼き肉の時の準備や対策

焼き肉が大好きという人は、家でも焼肉が食べたいと思いますね。家で焼肉をしようと思った時に気になるのが...

革靴のヒビ割れを自分で直す方法!履き慣れた靴の直し方

履き慣れたお気に入りの革靴は履く頻度も高くなり、履いているうちにヒビ割れが起こってしまう場合もありま...

電車で変な人が隣に座ったときの対処法や迷惑行為を避ける対策

電車で変な人が隣に座ってきたときは、どう対処したらいいのか悩みますよね。例えば、嫌がらせや迷惑行...

革の手袋の手入れの手順と必要な物。長く使う為の手入れや使い方

革の手袋をお使いになっていて、汚れが気になってきたり雨や汗で濡れてしまったなどお手入れをしたいと思っ...

石油ストーブにやかんを乗せる場合は空焚き注意!自己責任です

石油ストーブのいいところは、部屋を早く温めることが出来る、価格や安いことなどが挙げられますね。...

電波時計の受信時間は何時間かかる?受信環境に注意しよう

電波時計は標準電波を自動的に受信し、その時刻情報によって時刻が修正されるのですが、受信時間や受信まで...

鉄のフライパンがくっつく原因とその対策と美味しい焼き方

料理の時に使うフライパン。どんなフライパンを使っていますか?焦げたりフライパンにくっついたり...

駐車場をコンクリートにするには養生期間が必要!注意点や費用

駐車場をコンクリートにするためには養生期間というコンクリートが完全に固まるまでの期間が必要になります...

一人暮らしで使うタンスの大きさについて。

 一人暮らしを始めるにあたって、いろいろなものを用意する必要がありますよね。 その中でも、部屋の...

水草についたコケは木酢液で退治!でもデメリットもあります

水槽の中の水草についてコケって厄介ですよね。アクアリストの天敵と言えるかもしれません。それを...

甲子園が満員でも入る方法と当日券の並び方や確実に入る方法とは

甲子園球場が満員になっても入る方法はあるんです。しかし、それにはやはりチケットを購入するため...

蛇口シャワーの掃除方法とは?定期的に洗いましょう

蛇口のシャワーの掃除はどのように行えばいのでしょうか?この蛇口シャワーの部分は驚くほど汚れているんで...

リビングの照明はダウンライトだけで大丈夫なのか

家を建てようと思った時に、家の中のすべてを自分や家族の好みにすることが出来ますので、ワクワクしますよ...

木材に塗装する場合のスプレーの使い方と綺麗に仕上げるコツ

家の修繕をしたり、簡単な家具を作ったりDIYをする人は増えています。最近は道具も充実してホームセ...

スポンサーリンク

ヘルメットで髪型が崩れるのを防ぐ対策は洗髪が大切

バイクに乗る時は必ずヘルメットを被りますが、髪型が崩れるので気になる人も多いですよね。ヘルメットで髪型が崩れるのを防ぐために対策はあるのでしょうか。

ヘルメットで髪型が崩れないようにするためには皮脂を落とすことが大切なので髪を洗うことがポイントになります。会議がある時やツーリングに出かける時は髪型が崩れないように出かける前に髪を洗うようにします。

ヘルメットで髪型が崩れないようにするためには乾かし方にもコツがあります。それは洗髪したらすぐに乾かすことです。半乾きのまま整髪料をつけてしまうと、水分が飛ばすにヘルメットの中蒸れがしやすくなります。乾く頃にはヘルメットを被っているのでヘルメットに潰された髪型でセットされてしまうのでしっかり乾かすようにします。

乾かす時はドライヤーだけでなくブラシも使いましょう。髪は温風で乾かしその後冷風を当てることでセットした髪型をキープすることが出来ます。髪型は整髪料だけでなく乾かす時もポイントになるので冷風はしっかりと最後に当てるようにしましょう。

ヘルメットでつぶれた髪型を元に戻す対策とは

バイクに乗り目的地に着くとヘルメットを取りますよね。ヘルメットを取ると髪はメットの圧で潰れていることが多いです。そんな時はそのままにしないで、両手で根本から髪を立ち上げましょう。ヘルメットを被ると髪の外側はつぶれ内側は蒸れています。ヘルメットをとったらすぐに根本から内部の蒸れを取り除き髪型を整えるようにします。

自分が思っているよりもグシャグシャしてあげます。つぶれがなかなか直らない時は頭を下にして、重力の力を借りながらグシャグシャしてみましょう。元に体を戻すとかなり爆発しているような状態になりますが、その後整えるとつぶれが解消しています。

そしてツーリングデートする人も多いですよね。しかし髪型が崩れるのが絶対に嫌だという男性も多いはずです。髪型が崩れるのが嫌な時は走り方を変えるようにしましょう。それは髪型を作ってから最初の1時間はこまめに休憩を取る走り方をするということです。

最低でも30分に1回休憩してヘルメットを取るようにして、髪を根本から立ち上げる方法でセットし直す方法です。この方法はとても面倒ですが、最初の1時間だけ休憩をこまめにとりヘルメットを外してセットすることで髪型が崩れることがなくなります。髪型の崩れが気になる時はこのような対策をしましょう。

ヘルメットを被った後の髪型ペチャンコ対策

ヘルメットを取った時に髪型が気になる人多いですよね。髪型がペチャンコになっている場合はどのように対策をするといいのでしょうか。

まずヘルメットを被った後は簡単に手直し出来る状態にしておくようにしましょう。基本は寝癖を直し何もつけない状態がいいです。

ペチャンコになるとクセのついたままヘルメットを被ることだけはやめましょう。水で濡らして寝癖を直すようにします。濡らした髪をドライヤーを使い乾かすこともポイントになります。濡れたままヘルメットを被るを癖はつきやすくなってしまうので絶対に乾かしてからヘルメットを被りましょう。

ヘルメットを取るとトップからバックにかけて髪がペチャンコになることがあります。髪の短い人は後ろ髪も潰れてしまうこともあるのです。髪の長い人は襟足が風を受けるので跳ねることもありますが、動きが出て良いヘアスタイルになることもあるのです。バイクに乗っている人はヘルメットを取った後キャップを被る人が多いので、動きのでるヘアスタイルをしているオシャレな人が多いです。

長時間のヘルメットには短めな髪型がオススメ

長時間ヘルメットを被る仕事をしている人もいますよね。一日中ヘルメット被ったままなので、どんなに対策をしても長時間重いヘルメットを被っていると髪は潰されてしまいます。そこでオススメの髪型は、女性なら編み込みや三つ編み、男性は短髪にすることをオススメします。頭の上の方にボリュームがある髪型はどうしても潰れてしまうので髪型が崩れてしまいます。なので編み込みの髪型や段差の少ない髪型にすることでヘルメットを被っても形の崩れが少なくなります。

ヘルメットで崩れにくい髪型は短髪の他に思い切って坊主にするという方法もあります。髪が短いと水分が逃げやすくなるので。髪型の型崩れしにくくなり手直しもしやすくなります。

ヘルメットの髪型崩れ防止にインナーキャップを選ぶポイント

ヘルメットを被ると髪型が崩れてしまうのが気になりますよね。髪型崩れ防止にインナーキャップを被ることをオススメします。

インナーキャップには、吸汗速乾、清涼効果、髪型の崩れ防止、殺菌効果などがあります。ほとんどのインナーキャップには吸汗速乾などの機能がついているので、機能面はあまり気にしなくてもいいです。他にも抑えて欲しいポイントを紹介します。
まず自分のヘルメットで着用できる形状か確認しましょぅ。ヘルメットとキャップの組み合わせによっては被れない、被りにくいなどがあります。快適に被ることができるインナーキャップを選ぶようにしましょう。

仕事でヘルメットを被る人はとても長い時間被りますよね。仕事で長い時間ヘルメットを被るとキャップによっては痛みが出ることもあるのです。キャップの大きさは自分の頭に合っていない、ゴムがキツい、縫い目がヘルメットに押されて頭が圧迫するなどがあります。購入後に後悔しないように出来るだけ調べて購入することをオススメします。

ヘルメットを取った後に気になる髪型崩れはこの方法で直そう

バイクに乗る人はヘルメットを被らないといけないので、髪型が崩れてしまうので気になるという人が多いですよね。バイク通勤している人は特に気になることが多いです。

ヘルメットを被っても髪型が崩れない方法はどんなことがあるのでしょうか。ヘルメットで髪型が崩れないようにするためにはコツがあります。まずはしっかり洗髪すること、としっかり乾かすことです。そして髪の毛を乾かす時はドライヤーだけでなくブラシを使うことも大切なポイントになります。

目的地に到着したらヘルメットを取り髪の根元に空気を当てることで潰れてしまっている髪が解消することもあります。ヘルメットを取った時の髪型の崩れが気になる時は髪の長さを短くしたりすることでも崩れが気にならなくなることもあります。