一人暮らしの部屋にクローゼットがないときの収納方法を紹介

一人暮らしをしている部屋にクローゼットがないことで、増えてしまった洋服を上手に収納できないというお悩みをお持ちの人もいるのではないでしょうか。

一人暮らしの部屋はもともと部屋の作りが狭く、洋服を収納できないと部屋が更に狭くなったり、散らかって見えることがあります。

クローゼットのない一人暮らしの部屋に散らかった洋服は、一体どうやって収納すれば良いのでしょうか。上手な収納方法を知って、一人暮らしの部屋をスッキリ片付けましょう。

ここでは、クローゼットがない部屋の収納のアイデアについてご紹介します。自分の部屋に合った収納方法を見つけて、上手に収納してください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

庭をタイル張りにする手順。DIY初心者でもできるタイル張り

庭の一部におしゃれなタイルがあると、お庭の雰囲気も大きく変わります。庭のタイル張りと言うと業者に頼む...

結婚式に歌手を呼ぶことはできる!費用の目安や呼び方を解説

自分の結婚式に歌手を呼んで盛り上げたいと考えている人もいますよね。でも、実際に呼ぶことができるのか、...

スッポン【飼育について】水槽の大きさや水量と温度などの注意点

スッポンを飼育するには水槽を用意しなければなりません。初心者だとどのくらいの大きさの水槽を用意したら...

【足の臭い対策】男性の足の臭いの原因と効果的な臭いの改善方法

働く男性の悩みの一つ、足の臭いに悩んでいる方はいませんか?一日中履いた靴を脱いだ時に、自分でも気にな...

原付の書類を紛失!再発行可能?手順と必要なもの・費用について

原付の書類が必要になって探しても見つからない!書類を紛失してしまった時、再発行ができるのか気になりま...

一人暮らしのベッドはマットレスが必要?すのこベッドの場合

一人暮らしをスタートさせる中で、寝る場所はベッドがいいという方も多いでしょう。ベッドを選ぶ際に、価格...

メッキと塗装の違いは何?どちらが良いか迷った時の選択基準

メッキや塗装など、いろいろな場所で耳にしますが、その違いはどこにあるのでしょうか?どちらも着...

【一人暮らしの手続き】実家から離れる人の不安を解消します

実家から初めて離れて一人暮らしを始めるとなると、男性であっても不安になってしまうでしょう。し...

一人暮らしの食事は自炊しよう!男性におすすめの簡単料理

一人暮らしをしている男性の食事は、外食がメインになっているのではないでしょうか。しかし、その生活...

同棲をするのに良いタイミングって?新社会人ならいつが良いのか

お付き合いをしているカップルが同棲をするのは珍しいことではありませんが、それを始めるのに良いタイミン...

平成生まれが驚く!昭和の知らない常識とあるあるネタ

あなたは平成生まれですか?それとも昭和生まれ?昭和では当たり前だったことも、今となっては通じない...

【脇腹の筋肉の鍛え方】脂肪を取りたい男性はこうやって鍛えよう

脇腹についた脂肪が気になり始めて、脇腹の筋肉を鍛えよう!と決意したものの、その方法がわからないという...

在家と出家の違いについて。在家と出家では同じ修行はできません

在家と出家の違いについては、一言で説明することが難しいのですが、俗世から離れないとある意味本当に『捨...

セラミックヒーターは火事の心配が少なくても使い方には注意

セラミックヒーターは火を使わないので他の暖房器具と比べると、火事の危険度は低いでしょう。ですがまった...

手が小さい男性の特徴とコンプレックスをプラスに変える魅力

手の小さい男性は自分の手が小さいことに対してコンプレックスに感じているかもしれません。確かに見た目で...

スポンサーリンク

一人暮らしでクローゼットがないときの収納術・突っ張り棒を利用

一人暮らしの部屋は広くはない上に、収納場所も少ない場合が多いです。部屋にクローゼットがついていないこともありますよね。クローゼットのような収納場所がひとつもないと、部屋の中に物が溢れてしまいがちです。特に洋服を出しっぱなしにしておくと、余計に乱れた部屋に見えてしまいます。

クローゼットがないために洋服が片付かない時は収納場所を作る

自分で行う必要があります。たとえ家具を用意しても、一人暮らしの部屋だとそれほど大きな家具は置くことができないために、全部の衣類を収納しきれないこともありますよね。
その場合は突っ張り棒を使ってみてください。

突っ張り棒なら部屋のちょっとしたスペースに取り付けることができて便利

壁に穴を開ける必要がないので賃貸物件でも安心です。

突っ張り棒を取り付けて不便と感じたら簡単に場所の移動することもできますし、家具を用意することを考えるととても安く済みます。

突っ張り棒を取り付けたら、衣類を掛けておく他にも、S字フックを使うとカバンや帽子なども掛けておくことができます。突っ張り棒なら衣類の保管場所や洗濯物を干す場所など、用途に合わせて増やすことも簡単です。気軽に収納場所を増やすことができますので、突っ張り棒はとても便利です。

突っ張り棒には耐荷重量があるので注意

購入する時は気をつけて選んでください。

細い突っ張り棒にたくさんの衣類やオーバーなどの重たい衣類をかけてしまうと、重さに耐えきれずに突っ張り棒が外れてしまいます。壁に凹みをつけたり傷をつけてしまう場合もありますので、収納する量に合わせた突っ張り棒を選んでください。

クローゼットがない一人暮らしの収納術・デッドスペースを活用

クローゼットが部屋になく、収納家具も増やすことが難しい場合は、部屋の中を見渡すとデッドスペースがあるはずです。そこを収納場所として使うようにしましょう。

クローゼットがなくてもデッドスペースはあるはず

デッドスペースは使っていない空いたスペースなので、物を収納するには最適な部分でもあります。

例えばベッドの下に何も置いていないのなら、そこにたんさん収納することができます。ベッド下に置くことができる収納ボックスなども販売されています。収納ボックスにはいろいろなサイズがありますので、ベッドの下がどれくらいのスペースでも必ず置くことができる収納ボックスがあるはずです。ベッドに高さがある場合は引き出し付きの収納ボックスやコンパクトなタンスを置くことも可能です。

家具を置いた隙間などにも収納場所にすることができる

壁と家具の間に突っ張り棒を取り付けたり、隙間家具を置いたり、またはカゴやボックスなどを置いて小物を収納しても良いでしょう。カゴの中に粘着ローラーやハンディモップなどの掃除道具を入れておいても良いです、ちょっとしたストック品を保管しておくこともできます。部屋の中を見渡すと必ずデッドスペースがあるはずです。そこを有効に使ってみてください。

一人暮らしの部屋にクローゼットがないときはカラーボックスや収納ケースを利用

クローゼットやタンスのような大きな家具を置くスペースがない場合や、購入することは避けたいという場合もありますよね。

洋服専用のクローゼットはカラーボックスで代用可能

積み重ねることができる収納ボックスでも十分です。
カラーボックスは必要な数だけ用意して積み重ね、その中に畳んだ衣類を収納することができます。洋服の販売店でも衣類を畳んで棚に置いているのをよく目にしますよね。

衣類はハンガーにかけて収納したほうが取り出したり片付けやすくはなりますが、畳んで棚に収納した方がオシャレに見えてスッキリとします。

この時、あまり衣服を積み重ねないことがポイントです。

スッキリと見せたい場合は数枚だけを積み重ねて余白のスペースを増やすことがオシャレに見せるコツです。たくさん収納したいのなら、扉付きのボックスにしたり、カーテンを取り付けて目隠しすると良いでしょう。

一人暮らしの収納・収納ケースで上手に収納する方法

衣類の収納ケースも収納力が抜群で便利です。あまり着ない洋服や季節物の衣類を保管しおくときに便利です。

衣装ケースにはフタがついているタイプと引き出しタイプのものがある

普段からよく着る衣類の保管には蓋付きではなく引き出しタイプのもの選んでください。フタ付きだといちいちフタを外さなければなりません。フタがあるので積み重ねることができますが、下のボックスにあるものを取り出すときは上にあるボックスをいちいち動かさなければならずに面倒になります。引き出しタイプなら積み重ねることもできる上に取り出すのもラクです。ただし、蓋付きの衣装ケースの方が収納力は高いので、シーズンオフの衣類を収納する場合などはたっぷり収納できて便利になります。

クローゼットがない部屋だと衣装ケースも部屋の中に出したままになる

透明なクリアケースではなく半透明のものを選ぶこと

中に収納した物が見えにくくなります。

または、衣装ケースの内側に目隠し用にシートを貼り付けるのも良いでしょう。衣類のいろいろな色が見えてしまうと生活感が出やすくなってしまいます。

一人暮らしの部屋に押し入れがある場合は押し入れを利用しよう

部屋にクローゼットはなくても押入れならあるという場合がありますよね。押入れはそのままだと洋服を保管するのが難しいですが、ちょっと工夫するだけで使いやすくすることができます。

押入れの上段には突っ張り棒を取り付けてクローゼットとして使う

長い衣類を掛けるのは難しくなりますが、ズボンなら半分に折って掛けられるハンガーがあります。押入れに設置する突っ張り棒なら、左右の壁と下の3箇所で突っ張らせて取り付けるタイプを使うとたくさんの衣類を掛けることができます。

小さめのハンガーラックなら押入れの中に設置することも可能

前後に2本ポールがあるものを選ぶと収納力もアップします。

押入れの下段は引き出し式の衣装ケースを置きタンス代わりに使う

衣装ケースには押入れ用として奥行きのあるタイプもあります。幅も豊富で押入れに丁度よく組み合わせるて選ぶこともできます。収納したい物をイメージして、上手に選んでみてください。

一人暮らしの部屋でクローゼットがない場合でも、工夫次第で収納場所を作ることができます。ぜひ、参考にしてみてください。